fc2ブログ

よき先輩との一献・報恩

2015-07-31
酒なくして文学は語れず
学生時代からの僕たちの流儀
研究室にこだまする大きな声のうちに

僕がちょうど学部生だった頃、専攻は2年生から「日本文学」へと進んだ。特にゼミなどが用意されていない課程編成であり、まさに学びたい者は自らという風潮があった。そんな中で『万葉集』や『古今集』を読む学生研究班という集まりの門戸を叩いた。そこには先生を筆頭に実に個性的な方々が集まっていて、前向きで批評的な和歌の読み方が議論されていた。自らの知識の無さをを痛感し、様々な書物を読み漁った。時に和歌の舞台である関西方面を中心に、先生らとともに旅行に出かけた思い出もある。そんな活動の中で、恩師である先生に次いで様々な学びを授けてくれたのが、当時は助手であったある先輩であった。博識で酒好きで声が大きく、日頃から何かと和歌を口ずさみ駄洒落を連発する。駄洒落は「掛詞」であるといいながら、場合によると下ネタに走ったりもする。その先輩なくして、僕が和歌研究へこんなに深く入り込むことはなかったかもしれない。

先輩は、僕が学部卒業後に中高現職教員になっても、常に何かと気にかけてくれた。暫らくして大学院へ復帰するとなった際も、いつも「論文を書け」と励まし続けてくれた。ようやく大学非常勤講師となり一緒に呑みに行くと、店の人に「教育学部の先生」と僕を紹介してくれた。僕自身はまだその不安定な身分ゆえ社会的に”脅えて”いたので、その何気ない紹介に、心から勇気付けられた。そして大学専任教員への就職が決まるまでの苦闘の間も、「地道に実績を重ねれば必ずどこかに決まる」と大きな声で励まし続けてくれた。その先輩と久しぶりに杯を傾けた。研究学会に関連した件で、打ち合わせたいこともあった。これまでの恩恵に報いるためにも、その学会に関する案件に応えることを僕は決めた。そのような重要な案件を任せてくれる信頼に、再び頭が下がる思いだ。

研究者として大学専任教員としての僕に
何ができるだろうか?
先輩に恩師にそして学会への恩に報いる時が来ているのだ。

関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2087-f23b9bdc

<< topページへこのページの先頭へ >>