fc2ブログ

語学ゆえの解放感

2009-10-14
 13日(月)朝から淡々と仕事。今日から英会話クラスの新しい秋冬学期が始まる。夕刻から期待に胸を躍らせて職場を出る。まずは腹ごしらえ。英会話クラスの行われる校舎近くの洋食屋へ。以前から何度となく立ち寄っているが、未だメニューを手探り中だ。ハンバーグにガーリックステーキ、カツカレーなどいずれも美味しいのだが、私にとって「この一品」というに値するメニューではない。そういえば、いつも「ビーフシチュー」を注文している紳士が、カウンターの隅に座っているのを思い出した。

 今日は、迷わず「ビーフシチュー」を注文。やはりあの紳士は、カウンターのいつもの指定席にいた。同じ注文が2品続いたようだ。カウンター越しに、コック兼店長の料理の腕前が全て見える。いよいよ待ちに待ったビーフシチューが、グツグツと煮立った鉄鍋で目の前に置かれた。一片の牛肉を口に運んで納得!これが求めていた「逸品」だ。デミグラスソースに、玉葱の甘味が溶け出して、更にフライドポテトが散在している。その微妙な組み合わせが、肉の味を引き立てる。毎度、時間さえあればこのメニューに決まりだ。

 英会話クラスは、従来のメンバーのうち3人が今日は欠席。10月は何かと仕事が忙しい時期でもあるのだろう。大学生の受講生と私の二人で講師を独占。二人とも主に近況を、詳しく英語で表現した。これまでも常に感じてきたことだが、この英会話クラスには、えもいわれぬ解放感がある。ストレスフリーで、しかも普段は言えないような内容も英語という表現手段に乗せると、何故か素直に言えてしまう。また講師も、我々個々の好みや個性を尊重してくれる。これまでも何度となく精神的に救われたことが多い。通常、英会話というと、逆に上手く喋ろうとする重圧がかかる場合があるが、この空間はそうではない。講師の寛大さとメンバーの優しさが、良質な空間を作り出している。

 帰宅して、改めて英会話学習に意欲的になり、就寝前の文法と単語練習。CDを聴きながら英語脳にした上で、今宵もおやすみなさい・・・。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/20-cc0b3e45

<< topページへこのページの先頭へ >>