fc2ブログ

「言語力・思考力」って何?

2015-01-31
「言葉と言葉の巧みな繋がりを
自分の言葉で表してみる。」
「人と言葉で関わることの楽しさ」が学びである

地元地域で開催されている国語教育の研究会では、提案授業・パネルディスカッション・講演を通した展開の中で、「言語力・思考力」が大きなテーマであった。講演者である恩師のお言葉に拠れば、このテーマこそが次世代の指導要領の核になる発想であるという。現行指導要領においても「言語活動」を通して各領域の学習を進めるという方向性が明確に打ち出されているが、更に充実した「言語」と「思考」の関係が求められる方向にあるということだ。冒頭に記したのは、提案授業者である、授業力で著名な先生の言葉であるが、学びの中において「巧みな繋がり」に、どのように注視するかという点が、大変重要であるということだろう。

我々は、日常生活の中でどれほどにその「巧みな繋がり」を精査し、「自分の言葉」で表現しているであろうか。何らかの言葉に出逢った際に、性急に短絡的にわかったような気になってはいないだろうか。すぐに気がつかなくとも、何日もぐるぐると考えて、「あっ!そうなのか」と思うような、柔和で穏やかな思考があってもよいだろう。「スピード感」とか「効率化」といった標語に踊らされ、強引に答えともならない不安定な結論へと急いでいないだろうか。

国語の学びというものは、特にそうした”長期熟成”が求められる筈である。7歳の、12歳の、18歳の、30歳の文学作品の「読み方」は自ずと違うものである。あらゆる年齢で「再読」した時に、新たな「自己」が見えてくる。幼少の頃に味わった絵本を、中高年になって今一度紐解くとよい。そこには自らの人生を起ち上げた「物語」を読むことができるだろう。それでこそ人としての、「言語力・思考力」ではないだろうか。

技術に溺れ固着しては何も見えてこない
言葉を通して物事が見えるには、穏やかな「待つ」が必要だ
「言葉」を通した繋がりに、僕たちは生かされているのである。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1905-3f3d62c8

<< topページへこのページの先頭へ >>