fc2ブログ

我ら健康家族

2015-01-13
風邪の特効薬
それは栄養と睡眠
自らの身体が菌と闘うということ

昨日の海沿いでの寒さのせいで、やや風邪の症状が。日頃から免疫力が高くなる食生活や質の高い睡眠、そして身体トレーニングに取り組むことを標榜しているだけに、「悔しい」という思いが先立つ。その精神性からか、決して風邪ごときには負けないという気持ちが強い。聊かの咳や鼻水が出ようとも食欲は旺盛であり、あとは睡眠で休養さえ十分取れば問題はない。どうもそのように思い込んでいる自分自身を、寝床の中であらためて見つめ直す。そしてまた、現状で一番考えたいことが、脳裏を常に駆け巡る。

元来「医者嫌い」な家で育った。日頃から美味しいものを食べていれば大丈夫といった感覚が身に付いている。あまりに「医者」に行かない両親に対して、心配が募る時期もあったが、最近「免疫力」を培う生活こそが健康の秘訣であり、過剰な「医者通い」で余計な薬を服用する方が問題があるといった主旨の書物を複数読んだ。風邪であれば、発熱によって菌と自らの身体が闘っているのであるから、解熱剤などで無理矢理下げてはいけないといった理屈である。(もちろん発熱の程度にもよるであろうが)むしろ処方された薬の副作用に悩まされ、体調が戻らないことも多いのかもしれない。要は、健康というものは”日常生活”が創るということだ。

餅・うどん・野菜たっぷり豚汁
加えて丹念な水分補給で症状も回復した
我ら健康家族、である。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1884-19d0df2e

<< topページへこのページの先頭へ >>