fc2ブログ

君たちは教育のプロ選手を目指しているんだ

2014-12-04
プロスポーツ選手への批判は手厳しい
だが、他の職業人に「プロ」意識はあるか?
教師は教育のプロ選手にほかならない

「プロスポーツ選手になった教え子が多い」と、僕は自己紹介で語ることがある。教室で「国語」を教えた彼らが、フィールド上で活躍する映像などを視て、むしろ励まされて来たのも確かだ。「プロスポーツ選手」は実績を問われるが、「国語教育のプロ」は実績を問われなくていいのか?という疑問が湧き上がったのも、彼らの勇姿のお陰である。それによって中高現職教員だった僕は、研究活動を再開し現在の位置に至った。こんな感慨を、この日も学部1年生のオムニバス授業の冒頭で語った。「君たちは、教育のプロ選手を目指しているんだ!」と。

教え子が社会で活躍する姿を見聞するほど、教師冥利に尽きる瞬間はない。もちろん多様な職業での活躍でもそうだが、特に「プロスポーツ選手」で「日本代表」などとなると格別であった。その際には、いつも彼らが学生時代の「国語」への取り組む姿勢を思い出した。概して、トップレベルに至る選手たちの、勉学姿勢は悪くなかった。むしろ、どこか輝く才能を持っているように感じることが多かった。作文を書いても情報処理能力が高かったり、学級のコミュニケーションを活性化させる、推進力ある発言力に長けていたりしたものだ。

その中で、最たる人物が中田浩二くんだ。ちょうどこの日、僕がそんな趣旨のことを冒頭で語った1年生の授業を終えて研究室に戻りスマホをみると、彼が「引退表明」をしたという記事が眼に止まった。卒業謝恩会で激励して、鹿島アントラーズに送り出して16年の月日が経過した。日本代表や海外チームにも所属し、実に賢智なる選手であった。2002年日韓共催W杯の際、ロシア戦で左サイドから彼のアシストを僕は忘れられない。その”虎の子”の1点で日本は勝利したのだから。そんな可視化される活躍をしてきた教え子が、現役選手を引退するというのも、なかなか感慨深いものがあった。早速、彼にメッセージを送信した。

スポーツ選手に限らず
僕は「プロ」を養成しているという意識を持って
僕自身が何より「プロ」であるべきだと、あらためて教えられた日でもあった。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1844-9e1a35ff

<< topページへこのページの先頭へ >>