fc2ブログ

幸福の円滑スムージー

2014-11-29
何をどれほど入れたらよいか?
2冊ほどの書籍を参考に考案するが
結局は旬で手に入る野菜・果物でいい

早朝からミキサーが起動した。暗中模索ながら、冷蔵庫にあった野菜と果物を中心に投入。内訳は、大根・人参・キャベツ・トマト・バナナ・ミカンに加えて、地域産の新鮮な牛乳を注ぐ。恐る恐るスイッチを「高速モード」に捻るとすかさず撹拌が開始され、各層に積み重なっていた素材が、見る見る多彩なスムージーに変化した。ピンクを基調とした上にやや緑や黄色の粒状のものが散見される。早速、そのままミキサー本体から外し、タンブラー型の容器ゆえに、そのまま賞味した。味は如何かと思いきや、何ともいえないほのかな甘みも伴って美味しい。身体、特に「脳」に栄養を注入するといった希望していた感覚が、一夜にして手に入った。

朝食は、暫くこれだけで行こう!と納得した。炭水化物を腹に入れないと、身体は軽い。しかも職場まで約1Kmの道程は登り坂であるが、そこを歩く。至極当然のことのようであるが、この程度の距離でガソリンを浪費していた自己を省みた。歩けば「脳」も活性化し、身体が温まり研究室に到着する頃には、万全な状態に仕上がっている。まだ閑かなキャンパスゆえに、原稿を書く発想も豊かに起ち上がる。暫く原稿を書いていると、携帯電話が鳴った。地域でお世話になっている方からの、待望の報せ。どうやら、何らかの「気」が動き出したのだろう。「スムージー」には、運命や時間を「円滑」に運ぶ力が宿っているのかもしれない。

小さな習慣を改善すると
何かが変わり始める
1日の終わりは、ヨガで身体を柔軟に解きほぐした。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1839-472baa8c

<< topページへこのページの先頭へ >>