fc2ブログ

ルーティンにも小さな変革を

2014-11-27
よかれとて
日々に織り込む必修を
今はどうかと疑ってみる

生活そのものが、仕事を創り・健康を築き・個を成り立たせている。「生活習慣病」という考え方に典型的なように、日々の蓄積が身体を蝕むという重大な結果に至る。それゆえに1日1時間1分の刻み方にも、配慮と工夫が必要であると思う。だが、その「必要」に縛られて、硬直してはいないかと見直すことが求められることにも気付く。物事は柔軟な対応が何よりということだろう。

小欄のあり方からして、これでいいのか?朝食にこだわりのある食材を摂るために、時間を浪費してはいないか?当然の如く自動車を利用して通勤する必然性はあるのか?思い付きで流れに任せた昼食のあり方でいいのか?1週間のトレーニング頻度は、今の状態で健全なのか?作られた身体はバランスがいいのか?等々と挙げ連ねれば、いくつもの疑問が浮かぶ。「決める」から「実行」へ向かい「習慣」にいたっても尚、柔軟に「改善」していく必要がありそうだ。

螺旋状円環のうちに己を見直す
日々に新たな変革が欲しい
複雑化した必修はいつしか絡み合っていたりするものだ。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1837-e97c1d54

<< topページへこのページの先頭へ >>