fc2ブログ

道を拓く対話

2014-10-01
最中・集中・夢中
なかなか己を省みられない
それでも均衡を保つ方法とは・・・

後期授業の開始を控えて、再び気ぜわしくなって来た。夏期期間中は、研究発表へ向けて時間を費やして来たから後悔は無い。だが、あらためて今後も様々な実務に追われることを実感し始め、心が喧騒の渦中に巻き込まれそうだ。いや巻き込まれてはいけない、一つ一つ整理して着実にこなせば、自ずと落ち着きを取り戻せることもわかってはいる。

そんな日の宵の口、今は英国に在住している親友と、久し振りにWebを介して対話した。相互の近況や最近の興味など、話題は多岐に及んだ。すると自然に己の”今”が見え始めた。混沌とした思考を整理できないでいたのに、自ら語り出すことで進むべき道が拓けて来る。更には、己のことに夢中になっていた僕が、実は親友の悩みに応えていなかったこともはっきり悟った。

自分に正直であれ、と思ってはいても、結構自身を誤摩化していることがあるものだ。忌憚のない親友の言葉は、僕自身の”今”を対話の中で暴露していく。この自身の頽廃なる誤摩化しと、正統なる暴露の間に横たわる溝を埋めることで、この10年間ぐらいの己が形成されて来たことに気付いた。僕自身が求めたいものは、この相互を炙り出す率直な対話に他ならない。

また一つトンネルを抜け出た
人は無い物ねだりに陥りがちだ
”今”の幸福に感謝して、また前を見て視野を保ち歩き出そう

ありがとう!友よ!
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1780-fc3ed0c5

<< topページへこのページの先頭へ >>