fc2ブログ

再起は基礎基本から

2014-09-22
好機に打席に立つ
されど凡退という野球の経験
ベンチへ帰る虚しさ

中学校で野球部だった頃、決して打撃が得意とは言えなかった。むしろ守備力と犠牲バントなどで評価されていたタイプだった。ただし、走力は学校の中で誰にも負けない自信はあった。高校で器械体操に挑戦したとき、基礎基本である倒立姿勢に難があった。顧問の先生からは、肩が固いと原因を指摘されていた。たぶん野球からの転向も一要因となっていただろう。それでも尚、あまり倒立姿勢を要さない鞍馬だけは、レギュラークラスのレベルまで到達したと自負できる。

野球の試合で好機の打席に凡退してしまう。また器械体操の試合で、倒立姿勢が演技の大勢を左右する平行棒や鉄棒で惨めな落下をする。そんな際の試合会場では、まさに"いたたまれない"心境になる。自分に何が不足しているのか?常に考えたのが、基礎基本の力であると思うようにしていた。プロ野球の華々しい打撃を観たり、体操五輪選手の堅実な演技を観ると、一足飛びにそんな境地に至れるのではないかと、妄想することもあった。だが、それは明らかな勘違いで、千里の道は常に一歩からなのである。

いまあらためて基礎基本を見つめ直す
何事もそこからが再起への道だ
立ち上がれもう一度その足で!
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1771-32d20a97

<< topページへこのページの先頭へ >>