fc2ブログ

語り合う酒場カウンター

2014-04-18
同僚と街へ出向く
懇意にするおでん屋のカウンター
その安堵感たるや

この地に赴いた頃から、懇意にする店が何軒かある。開店1時間もすると大抵がほぼ満席となってしまうカウンター。この晩はどうかと思いきや、幸運にも同僚と2名分の空席があった。店主がいつもの優しい笑顔でお出迎え。

ともかくカウンターで語り合うのが好きだ。この上なく美味しいおでんに舌鼓を打ちながら、同僚と大学や研究に関する”現場”の話に興じる。「瓶ビール」を差しつ差されつの波に乗りながら、豊かなコミュニケーションの時間が過ぎ行く。

酒場カウンターでの「話す・聞く」こそ、「自己認識」に役立つものはない。己の置かれている状況が、同僚の言葉として客観的に耳から飛び込んで来る。そこで思考したことを忌憚なく表現し、その己の言葉を自身の心の中で冷静に反芻してみる。

路地裏のカウンター
そこにある己のことば
何物にも代え難い大切なひととき
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1613-49457b1d

<< topページへこのページの先頭へ >>