fc2ブログ

卒業式で思いも新たに

2014-03-25
人生のいくつかの節目。
卒業式もその一つだが、
僕たちの職業にとって、この行事の存在は何とも大きい。

現勤務校の卒業式と祝賀会が挙行された。全国的にも有名なコンベンションホールにて、盛大に執り行われる。この1年間、様々な指導の場で接した学生諸君が、新たな船出を迎えた。同時に自分自身の1年間をしみじみと振り返る時間となった。

毎度、卒業式に参列して抱く感情には一定の型がある。思い出を振り返るのも当然であるが、同時にこれから担当する学生諸君との「日常」を大切にしようと、新たな決意が発動する。その延長上に、己の「日々」の質をより一層高めるべきだという気持ちが高ぶる。

思えば過去の高校教諭時代に担任していた思い出深い連中も、この3月には大学卒業を迎えている。また前年度の非常勤先の生徒たちも、高校を卒業したことだろう。〈教室〉で学ぶ者に出逢うということは、この卒業式という日に向かって歩み始めるということだ。教員にとって、この日は過去と未来への交差点に他ならない。

この卒業式を以てして、
僕が現勤務地に赴任して1年を刻んだということにもなる。
そしてまた、新しい朝を迎えようとしている。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1589-ab488a6b

<< topページへこのページの先頭へ >>