fc2ブログ

姿勢矯正の大切さ

2014-03-19
あるラインにつま先を合わせて立つ。
眼をつぶって15秒の足踏み。
さてあなたの位置はどうなっているか?

ジムで「姿勢矯正」のクラスに参加した。そこで最初と最後に冒頭の”自己測定”を行う。自分では同じ位置で足踏みできると信じ込んでいたが、やや前方右手に移動していた。トレーナーさんの診断口上によれば、「前傾姿勢でやや右の股関節が固い」ということになるようだ。

僕たちヒトの身体は左右対称に構成されているが、その多くが厳密には非対称だ。眼耳の大きさ・四肢の長さ・掌や脚の裏の大きさ等々、正確に同じということはない。靴の踵を見ればすぐにわかる。左右比対称に磨り減っている人が大半である。

せめて関節の柔軟性など可能な範囲で、左右対称の均衡を保つべきなのだろう。左右の肩の凝り方の度合いが違うとか、歩く力の入れ具合が違うことで、乱視や腰痛などの生活上の支障の遠因にもなりかねない。

自分自身の身体。
思い込みを廃して見つめ直そう。
姿勢を矯正する機会は大切である。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1583-93567d6e

<< topページへこのページの先頭へ >>