fc2ブログ

楽しみはやはり食事

2014-02-13
仕事に追われてふと小休止。
辛さの反芻もいっとき忘れられる。
楽しみはやはり食事に勝るものはない。

食事を大切にしたいと常々思っている。単に栄養補給のみが目的でもなく、空腹を満たせばいいというものでもない。値段云々でもなく、幸せな気分になるためにこれ以上ない時間。食事のことを考えれば、自ずと様々な物事が先に進みやすくなるように感じている。

朝餉は1週間単位で、何らかを鍋で作っておく。新鮮な野菜や肉を煮込んでできる、温かい物が1日始発する身体を元気に起動させてくれる。納得したものを作れば、ほぼ毎日同じでも飽きることもない。要は自ら作ることで、感性が満たされているかどうかということだ。(食品の安全性を含めて信頼があるということ。)

夕餉は外食になりがちだが、馴染みの店の馴染みのメニューが必要なバリエーションをもって揃うようになった。あの店ではこれ、この店ではあれ、という”お目当て”があることで満足いく食事となる。大抵の店で店主との談笑が持て、作る人への信頼が厚くなっている。

楽しみはやはり食事。
ついつい次は何を食べようかと考える。
「美味しいもの」が人生に彩りを与える。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1551-1f9ab5bb

<< topページへこのページの先頭へ >>