fc2ブログ

新年を寿ぐ酒よ

2014-01-02
年賀状・初詣・雑煮。
元日の朝を感じさせるもの。
新たな気持ちが、時間の大切さも自覚させる。

午後になって友人ご夫妻に誘われて、この地に来る窓口となった(と僕が自認する)海鮮料理屋さんに出向いた。ちょうど1年ほど前になるだろうか。新しい住居を探すために、この地を訪れた際から急速に親しくなったお店である。店の至近には著名な神社があり、その初詣客で店は大繁盛している。

正月ならではの”行為”として、昼間から(場合によると朝から)酒を呑むのがいい。新年を迎えられたことを寿ぎ、また今年の前進を誓うときでもある。友人ご夫妻は大晦日深夜までの仕事のため、ようやく「お疲れさま。休める正月が来た。」といった感慨を口にしていた。異業種ゆえに、こうした”感覚”を身近に肌で感じることも重要である。

無条件に美味しい料理、そして酒を呑むのがいい。いつしか時間も忘れ、陶酔の域で豊かな時を過ごす。途中、友人から「新年おめでとう」の電話を貰い、また違った感性が呼び起こされる。いまこの新年にあたり、僕はどんな位置にいるのだろうか?などと酔いのうちに、考えるひとときもある。

酒のち”仕上げ”は、これまた有名な「うなぎ店」へ。
十分な栄養補給をして帰宅。
すぐさま”無条件”に床に就いた。

こんな時間こそが、
この1年の豊かな時間を、
予祝するかのようである。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1509-2b5936cd

<< topページへこのページの先頭へ >>