fc2ブログ

2013トレーニング継続を振り返る

2013-12-30
通算157回。
今年ジムに通った回数である。
多いか少ないか?
2日に1回には満たないが、3日に1回以上は。
今年のトレーニング事情を覚書として記す。

決して小欄に公表するのが目的ではないが、一つの糧にはなる。昨年は年末にこのような記事を書いていないが、一昨年は142回というトレーニング頻度が記してあった。個人的な手帳を見れば済むことだが、友人たちに公言して自らの糧にするように、不特定多数の方々への公表というのも意味がないわけではない。なにより後の自分自身が見返した時に、確実な足跡として意識できる。

そこで今年の月別トレーニング回数を記す。

1月=9回
2月=8回
3月=7回
4月=14回
5月=13回
6月=12回
7月=18回
8月=16回
9月=18回
10月=17回
11月=12回
12月=13回

勤務地が東京から地方へ移る準備に追われた1月〜3月は、かなり低調である。特に送別会を多数開催していただいたり、両親との関西旅行などに明け暮れた3月は年間最低回数である。しかし、ポイントは4月である。新しい環境での仕事が始まったが、並行するように新しいジムに通い始めて14回を記録している。新しいジムのトレーナーさんたちに、大変温かく迎えていただき、僕自身のやる気を喚起させてくれたことには、心より感謝したい。聊かこのあたりの事情を記しておきたい。

東京では全国ネットのジムに通っていた。地方に出張に行っても同系列のチェーンがあり、ほぼ同じ内容のレッスンを受講できた。それ以上に、僕の通っていた東京のジムでは、スタジオプログラム担当のトレーナーさんごとに、所謂「ファン」となっている方が多くいて、その”相性”をトレーニングの糧にしているような方が多数存在した。もちろん僕自身も、ある女性トレーナーさんの大ファンで、彼女の担当クラスに参加することで、トレーニングへのアドバイスも随所にいただきながら充実した”フィットネス”を実践していた。これはこれで僕自身を支えてくれたことは、過去の小欄に何度も書き連ねた。

地方へ赴任するとその県には、ジムの全国ネットがなかった。実は、僕にとって重大問題であった。新しく選択したジムには、同様のスタジオプログラムもない。それまで4年間ほど継続して来たトレーニングの流れが、断絶されるのではないかという思いがした。しかし、そこで考えたのはトレーニングの原点である。プログラムに参加することよりも、”フィットネス”の質に自分自身が眼を向けるようになった。現状の自己の身体をあらためて省みて、今何が必要かということを見定めようとした。そこに4月以降も、トレーニングが継続できた”秘訣”があると今にして思う。

そうこうしているうちに、新しいジムのトレーナーさんたちとも親しく話をするようになった。新しい職場のことやご当地事情、そして僕の好きな野球の話、更には東京のジムとの違いなど、忌憚なく話せる方々がたくさんいた。次第にスタジオプログラムからして、”手作り”感のある内容がとても好きになって行った。夏場に向けて暑い中でも、むしろトレーニング頻度が上昇したのは、こうした素朴な人間関係に根ざしている。地方では地方のよさを活かしたジムの活用法を見出したといえるだろう。

7月からは、東京で参加していたスタジオプログラムを、僕の通っているジムでも導入した。次第に、そのプログラムを楽しむ会員さんたちと親しくなった。10月にかけての頻度上昇維持は、トレーナーさん・会員さんたちとの人間関係が確立したことと相俟って、より僕自身の身体を引き締めた。たぶんトレーニングの原点を見つめ直したことで、今年作り上げた身体は、過去のどの時点よりも自信が持てると断言できる。

昨日は、チーフトレーナーさん担当のクラスに参加。
充実した”トレーニング納め”であった。
新しい環境への適応という課題を背負いながら、
今年もトレーニングが、僕の心身を支えてくれた。
「来年も頑張りましょう!」チーフのことばにまた励まされた。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1506-41b8289d

<< topページへこのページの先頭へ >>