fc2ブログ

BlogとTwitter

2010-02-16

15日(月)今月も折り返しを過ぎた。日々を大切にして、読書を進めることやTwitterでの交流も盛んであるので、何か新しいことに身を処しているからか、毎日が新鮮である。興味があるものは、頭で考えているだけでは前に進まない。ともかくやってみることで何かが見えてくる。

 小欄を継続して5ヶ月目ほどになるが、更新自体はほぼ習慣化し、毎朝起きてすぐの頭で前日を振り返る。先年まではほぼ日記の形式そのものであったが、今年に入ってテーマ性をもった内容に、意識して変化させた。毎日のネタ探しに苦心するかと思ったが、意外や日々の充実度が、テーマの豊富さを支えている。むしろこうして「今書いていること」自体に言及しているのは、ネタが見つからない証拠なのかもしれない。

 Twitterで交流している方々の多くが、Blogも行っている。しかし、Twitterを盛んに行っていればいるほど、Blog更新が疎かになってきているようだ。たとえ更新していたとしても、文章が以前より短縮されていたり。ましてや日記的な内容の更新ならば、その日のその場で、リアルな感想を述べた方が的確であるようだ。その即時性があると同時に、時間の流れの中で消えゆくものも多い。

 それゆえかTwitterは、Blogよりも気楽に単純なことを書き込むことができる。あまり構えずに、リアルに思いついたことをつぶやく。現実を再構成せず、その場で文章化されるので、生身のその人が表現されてくるような印象もある。こうした進化の中で、文章表現の質や思考の変化が、次第に表れてくるかもしれない。
 試みにTwitterとBlogの融合を試みるべきかと思う。小欄のネタ収集も、最近はTwitterに依存している場合が多いからだ。されど、こうして毎朝に、前日を回顧することで、また前進するものもある。即時性に背反して、しっかり引き取った内容を、睡眠中に脳が整理することで自己の中で咀嚼し、その上でこそ表現できる内容も、あるのではないかと思う。

 
 日垣隆氏『ラクをしないと成果は出ないー仕事の鉄則100』(大和書房)の文庫版が発行されたので、さっそく読み始めた。これまた、Twitterでの出会いからである。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/145-e5bf1f78

<< topページへこのページの先頭へ >>