fc2ブログ

寄せては返す波のように

2013-10-08
圧倒的に心が高ぶるとき。
何かを契機に心が”引く”とき。
日々の生活には必然的に波があるものだ。
昨日と今日がいつも同じであるとは限らない。
波長を捉えて総合的に物事を見つめた方がいい。

自分のことは自分が一番わかっているようで、実はそうでもない、などと考えた。小欄などに文章を書くことで、自己を見つめ直し先入観なく客観的に捉えようとはしている。だが、それがむしろ”思い込み”となり、独善的な判断に陥っていることもある。かくも人間は愚かなものか。

自分の心を定めているつもりでも、寄せては返す波のように、予想もしない振幅で上下することもある。それは自然な波長なのか、それとも心が無益に高揚したり、逃避したりしているのであろうか。なかなか心の核心を捉えることは難しいのかもしれない。

引いた波でも一瞬にしてまた大きく寄せることも。
心はいつも”お調子者”でもある。
いつも変わらないと豪語している人ほど、どこかに無理が来る。
穏やかに波長に乗ることも大切だ。
次第に波の行方が自覚できるようになる筈である。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1423-d6042a00

<< topページへこのページの先頭へ >>