fc2ブログ

シュークリームと旅の妄想

2010-02-12

11日(木)「旗日」である。もはやこの語は死語かどうかとTwitter上でつぶやき合い。今や公共機関やバスの前面に掲げられる国旗を見て、せめて「旗」を実感する程度だと。ことばは時代とともに過去の旅のように時間の流れの中に姿を消していく。

 休日ながら朝から出勤し半日の特別な仕事を終える。帰宅途中に新たなPCを吟味するためにビッグカメラへ。寿命は3年ぐらいとPC通の知人に聞いていたが、やはり最近、画面に筋が出たり色が変化したり。その上、小欄の更新などをしていても、変換が遅かったり、Web上の動きが緩慢であったり。何度かの海外渡航や持ち歩いて講義などで使用しているゆえ、自宅で安静に使っているのとは、また訳が違うのかもしれない。

 その後、池袋の地下街でコージコーナーのシュークリームを購入。普段食べないせいか、たまに妙に甘いものが食べたくなる。身体が欲していると善意に解釈し、エクレアやワッフルと合わせて3つを買い込んだ。昨夜参加したボディパンプの筋肉疲労や脳への栄養素と考えて、帰宅しておやつにすることに。

 コーヒーとともに早速頬張る。そのカスタードクリームの何とも言えない甘さは、脳を活性化してくれる。最近デフレの時代と話題になるが、考えてみるとコージコーナーのシュークリームはかなり以前から100円だったと記憶する。そのシンプルなおやつに、納得の時間が過ぎる。

 そうこうしていると、来週に迫った四国の旅の宿が気になり始めた。愛媛は松山在住である大学の先輩からメールをいただき、手頃でお薦めの宿を紹介してもらっていた。さっそくWebで検索し、予約を検討。豪華に行くなら道後温泉の老舗旅館だが、先輩の家での宴会なども予定されているので、宿にいない時間が多くなりそう。しかし、温泉好きな自分としては道後温泉にこだわりたい。ということで妥協点として、道後温泉本館前にある洋風ホテルに予約することに。ホテルから浴衣で本館へすぐに行けるという。そこから先輩宅までの徒歩10分程度だというので、何と格好な宿かと納得した。

 交通機関が決まり、宿が決まり、旅先で知人に会うことができるという条件が揃うと、旅の妄想は一気に拡大する。その後、ジムのサウナに行き、筋肉疲労の残る身体を癒やす。身体各所からの汗を感じながら、羽田から松山へ、そして徳島まで足を伸ばして高松から帰京する行程について、各所での妄想が絶え間なく脳裏をよぎる。『龍馬伝』の影響もあって高知までもという欲がでていたが、やや現実的な妄想をすると、それは厳しい日程であると理解できた。

 旅の楽しみは、現地での偶然な予想もしない出会いである場合が多いが、それはこのような事前の妄想があってこそ。その妄想の枠を超える意外性があるからこそ、旅はやめられないものとなる。シュークリームに端を発して、旅への想いが深まった。街歩き用の小さなバッグを一つ調達しようかと、再び旅用品への執着心も出てきてしまう。しかしそれが、旅の最中にTwitterを使えば、まさにそのつぶやきの集積が、実感がこもったブログにもなるはずであるという行動に直結する。ブログ化できるクラウドも試行に入り、旅の実況中継の連続を小欄にも構成してみよかと企んでいるところである。

関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/141-02923e56

<< topページへこのページの先頭へ >>