fc2ブログ

小さな負を摘み残さない ー甲子園決勝に思う

2013-08-23
今できることを今する。
後回しにしてろくなことはない。
負の材料こそ随所で摘み取っておくべきだ。
蓄積されてたいそうな重圧になる前に。
小さなうちに小さな解決を施しておこう。

全国高等学校野球選手権大会も幕を閉じた。甲子園大会は地方予選を含めると、真夏に始まり、秋が目覚める頃に終わる。今年は準々決勝全試合を始めとして、決勝でも白熱した1点差ゲームが展開され手に汗握る好ゲームが多かった印象である。ここ何年かは、様々な理由があって甲子園大会をテレビで観ることを意図的に避けていたが、今年は折々にテレビ観戦を楽しむことができた。

文学研究をしている性(さが)か、文脈の節目を見極めたくなってしまう。決勝戦・前橋育英高校対延岡学園の4対3の試合。1点差の分水嶺はどこかなどと僕なりに考えてみた。3点を先制した延岡学園が迎えた5回表、前橋育英の攻撃は8番打者・田村君。1ボールからの2球目、延岡学園好投の横瀬君がストライクを取りに来た直球を左翼席に本塁打。前橋育英のベンチは、劣勢の沈滞した雰囲気から一気に息を吹き返した。問題はこの次の打者への対応にあった。

前橋育英9番打者・楠君は初球を投手横瀬君の右側にセフティーバント。転がるボールへは十分に追い付いていた横瀬君だが、グラブを上からボールに被せるように掴もうとする。ゴロ処理の基本としては”グラブは下から”である。仮にバント打球と自分の身体との関係性で上から出さざるを得なくとも、(特に横瀬君は左投手ゆえ、一塁側で右手グラブで処理する場合は難しいのは確かだが)敢えて逆シングルに出せば、最後には下からイメージでゴロ処理が可能で、一塁への送球やトスに対しても良好な姿勢が保てたはずだ。いや、というよりはむしろ本塁打直後の初球を、左投手が処理しにくい位置にセフティーバントを決めた楠君の決断と緻密さを褒めるべきかもしれない。尚も2点リードと優位に立っていた延岡学園守備陣を大きく揺さぶった。現に次打者・1番工藤君のセカンドゴロはエラーとなり、1・3塁となりスクイズで2点目を前橋育英が捥ぎ取っている。更に四球で1・2塁から2アウトとなるが、前橋育英5番・小川君の右前打で同点となる。

この場面で同点になるか否かが、この試合の大きな分水嶺であったように思う。本塁打を打たれた後に、やや高揚した気持ちを抑えきれずに動揺した延岡学園守備陣。横瀬君のバント処理に象徴されるように、やや冷静さを欠いた雑な面を露呈してしまったように僕には見えた。甲子園では、華々しくパワーあるプレーに話題が集中しがちだが、あの聖地で勝つ為には、緻密さと丁寧さが必要であると痛感する場面であった。

僕たちの日常にも言えること。
眼前の負の材料は、精緻に冷静に摘み取っておくべきだろう。
感情に起伏が現れたときが要注意なのだ。

長々と理屈を書き連ねたが、
本大会に参加した全国の高校球児たちすべての健闘を讃えて、
結びとする。

「熱き夏をありがとう』
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1377-9a416ea7

<< topページへこのページの先頭へ >>