fc2ブログ

「英語教育、迫り来る破綻」講演会に参加して

2013-07-15
「入試、卒業要件にTOEFL等」
「英語の授業は英語で」
「小学校英語の教科化」
という現政権が放つ"3本の矢"が英語教育を破綻させる。
極めて緊急性が高く「考え、行動」すべき趣旨の講演会に参加した。

僕は、国語教育・文学研究者である。だが、この「英語教育の破綻」への危機感は、決して"対岸の火事"ではないと考えている。「論説文・説明文等中心の教材文選択」(数値的読解・評価への偏向)「授業技術ばかりを見据えた現場指導・教員養成」「小学校国語に古典」といった3要素が、実に「英語教育の破綻」と相似な様相を呈しているからである。文学の力を無視し、教材を置き去りに言語力をどうつけるかという活動を指導の中心にし、早期導入を良しとし無批判に刷り込んで行く方向性は、まさに「国語教育の破綻」という末路を考えずにはいられない。

大津由紀雄氏・江利川春雄氏・斎藤兆史氏・鳥飼玖美子の4氏が、4月に出された自民党・政府提案に対しての危険性を様々な機会を通じて訴えて、ひつじ書房から標題と同じブックレットも緊急刊行。そしてこの日の講演会(集会)に至った。4氏はそれぞれ英語教育分野では実績ある研究者である。ただ研究分野がそれぞれ違いながらも、英語を使用した実務経験があるという共通項もある。したがって、机上の空論にならず(政治家や経済界人のように英語をしゃべれない人が提言すると、とんでもないものになる)、多様な視点からの説得力ある指摘であった。


ここで当日のメモから、各氏の講演内容を覚書の意味を込めて記しておきたい。

江利川春雄氏講演
成長戦略に資する?
結果の平等主義から脱却?
二重基準による現場の混乱
語彙数の整合性なし(3000語と1万語との差)
米国留学用の基準
高校3年生の準2級合格は3割程度
教師の力量=英語力指導力人間性
数値目標主義 は歪みしか生み出さない
グローバル人材育成に1兆円(財務省の意見で見送り)
少人数教育?はほど遠い35人断念政策
グローバルスタンダード?
教育予算 最下位(OECD )
授業料は高く予算は最低
ネットビジネスの巨大市場
「英語=グローバル人材」の危険性
下がる英語力増える英語嫌い(中高生)
幸福感が世界一低い日本の15歳
過労死状態の教員 予算が必要
協同学習を取り入れた授業改善(問題行動の減少)
学校が居場所になる
QUで生徒の実態把握



齋藤兆史氏講演
英語教育混乱のカラクリ
全国英語ディベートコンテスト優勝 (宇都宮高校)
上位にスーパーサイエンス指定校が多い
日本の英語教育問題の本質
構造的なかけ離れ
体験談に基づく英語教育批判「習ったようには教えるな」
文法・文学を使うな
音楽教育で「楽典は教えるな・カラオケ機で全員80点を目指せ」というのと同じ
漱石 屈辱の英語漬け教育
植民地政策の結果としての「国際英語」
英語ができないと生きていけないと思い込んでいる
英国 米国の販売戦略に乗ってしまう
母語教育を充実させるべし
コミュニケーションという呪文をとなえるのをやめるべし
英語が使えるようななりたかったら、ある程度自分で努力すべし

大津由紀雄氏講演
わたしが小学校英語教科化に反対する3つの理由
公立小学校で良質の入門期指導ができるはずがない
小学校教育の破綻の危険性
必要性なし 益なし 害あり
英語嫌いの大量増産
証拠を出せ(数値?への疑問)
音声中心の英語活動により小学生は語彙や文法を自然に身に付けるという児童英語教育者の主張を否定する
英語嫌いの増加
教科調査官 菅正隆?
タスク?
担任が指導する英語活動?
直山調査官?
外国語活動の原点を再確認
全国小学校英語活動実践研究大会
教科化は最初から織り込み済み
中学校の入門期英語教育の充実が求められる


鳥飼玖美子氏講演
慢性改革病とグローバル人材症候群
ラストサムライパロディ(カップヌードルCM)
改革の連続 70年代から
平泉案の継続的適用が続く
大学入試 文法は国公立では0
大学入学の、需給関係が激変
合格率90%が100校
大学全入時代
外部試験で本当にコミュニケーション能力が測れるのか?
相互行為=コミュニケーション
数値で測れるのか?
異文化能力
異質な文化と人に対して開かれた心
異なる世界観を尊重する寛容性
ネイティブスピーカー規範からの解放
思いつきで過去の経緯を、無視した提言
専門家が黙っている時代ではない!
憎たらしい子供をたくさん作る(真のグローバル化)
埋れてしまう人間が多過ぎる

(注:お断りしておくが、上記は中村の当日メモからの抜粋である。微妙なニュアンスにおいてメモ書き上の無意識の解釈が含まれる可能性がある。4氏の詳細な主張を知りたい方は、ひつじ書房のブックレットを購入されることをお勧めします。)


この講演会を通して、外国語教育の大きな目的の一つは「母語の相対化により理解を深める」という点が提示された。これは斎藤氏が主張する「母語教育の充実」に連なる。やはりこの問題は、英語教育に関わる人だけで議論するものではないことは明らかだ。日本の言語教育系をどうするか?いままさにこの部分が、大変危険な水域まできているという危機感を持つべきだ。

4氏は(自ら"4人組"と称して)立ち上がった。
そう!大学人がまずは黙っていてはいけないということ。
選挙の投票だけでもダメ、行動しなければならない。

講演後の懇親会で、特に斎藤氏・江利川氏と懇談できた。
『教養の力』の著書に示されたように斎藤氏の主張は大学教育の正道だ。
そして江利川氏の提案する「協同学習」の試みも大きな期待が持てる。
そんなことを実感した対話となった。
そして英会話番組でしか視聴したことがなかった鳥飼氏に、
「国語教育こそ頑張ってくれないと」
と声を掛けていただいたことがまた大きな力となった。

やはりどんな分野の機会でも参加してみるべきである。
まず行動!
その先で深く考えればよい。

黙っていて教育を絶対に破綻させてはならない。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1338-97db5411

<< topページへこのページの先頭へ >>