fc2ブログ

3カ月は一単位

2013-07-01
2013年も半分が経過した。
年越し・年度更新ほど世相は敏感に反応していないが、
中間点においてせめて自分の歩みは確かめておきたい気分になった。

今年、僕の場合は6カ月というよりは〈3カ月〉+〈3カ月〉という捉え方が適切である。新しい勤務地に来るまでの「準備」を中心に展開した〈3カ月〉。新しい環境への「適応」を主眼にした〈3カ月〉。それぞれ周囲にいる人々との豊かな出逢いに支えられて来たと、あらためてその感慨に耽る。

「準備」の〈3カ月〉のうちには、それまでお世話になった人々と、数多く会食などをともにした。研究関係者・友人・恩師・先輩後輩・教え子・親戚・家族等々、人との繋がりはやはりどんな時でも大切にすべきだと再認識した。そして両親との関西旅行や金婚式を開催できたことは、この上ない歓びであった。

「適応」の〈3カ月〉のうちでは、新たな人々との出逢いの連続だった。職場である大学の様々な先生方、事務関係の方々、購買部の方々等々、大学内での新たな生活を支えてくれる方々との出逢いは、いつも新鮮であった。そしてまた、僕の生活上のリズムを作るのに欠かせないフィットネス。新たなジムに通い始め、多くのトレーナーの方々と出逢った。そしてまた不動産屋さんとか何軒かの飲食店の方々。戸惑いなく新たな生活に「適応」できたのも、多くの方々の支えがあったからである。

〈3カ月〉は一単位として機能する。
時間の枠組を意識できる範囲として適切な長さ。
もちろんそこに「四季のうつろひ」が存在する。
〈冬→春〉・〈春→夏〉が経過した。
次は〈夏→秋〉の一単位。
9月末にどんな感慨を抱いているだろうか。
その時点を楽しめる〈3カ月〉を構想(妄想)したいものである。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1324-d7ec3ea4

<< topページへこのページの先頭へ >>