fc2ブログ

古典を声で学ぶということ

2013-06-30
古典をなぜ学ぶのか?
「学ぶ」でなくてもいい。
なぜ「味わう」のか?
その理由がわからないなら、
せめて声に出してみよう。
ただ楽しめばいいのだ。

今年度第4回目「授業に活かす朗読講座」のテーマは「古典散文の朗読」。4回目となって、だいぶ受講者の「朗読創り」もスムーズに進行するようになった。古典を声で味わう。『平家物語』や『源氏物語』の文体リズムを表現として追体験していく。本来、古典学習は、古典が持つ総合的な魅力を自らの表現を通して理解して行くものである。過度に詳細な文法事項の学習に代表されるように、われわれは「文字」として古典を見つめることだけに偏りすぎているのだ。

表現という目標があると、主体的な内容解釈が深まる。まずは作品内容の共有が朗読表現を創る始発点。高校教科書程度の脚注を使用しながら、班内での作品解釈の時間。声にするということは、すぐにでもできる行為でありながら本気で挑むならどこまでも奥深い。「読みを深める」という目標があるのなら、最後に表現を見据えるべきだ。

この日は、即興で僕たち講師及びスタッフによる『万葉集』の秀歌朗読で幕を開け、『源氏物語』「若紫」の垣間見場面、そして『平家物語』から「木曾殿の最期」「能登殿の最期」が各班によって発表された。作品が提供され発表まで約2時間。このぐらいの中で一定のレベルの作品が創り出せるようになった。受講者の朗読へのひたむきな取り組みに、今年度は特に驚かされることも多い。

さて、来たる7月27日(土)がこの授業のクライマックス。
「朗読実践への提案in早稲田2013」である。
今年度は、とりわけ秀作が披露できそうである。
小欄読者諸子におかれましても、ぜひ会場に足をお運びいただきたい。
各班の今後1か月の成長を担当者として存分に楽しみたい。

関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:
素晴らしい取り組みに頭が下がります。7/27は何時からでしょうか。
[2013/07/06 00:14] | akiyama(onodera) #Eea30o0w | [edit]
> 素晴らしい取り組みに頭が下がります。7/27は何時からでしょうか。

コメントありがとうございます。
7月27日(土)は、13時〜16時(予定)で早稲田大学8号館B101教室で開催します。

また途中経過、詳細等小欄でも告知するようにします。

お時間がありましたらぜひご来場下さい。
よろしくお願いします。
[2013/07/07 08:10] | 中村佳文 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1323-f7ce35d8

<< topページへこのページの先頭へ >>