fc2ブログ

小さな達成としてのカレー

2009-10-07
 比較的早く仕事から帰宅できたので、無性にカレーが作りたくなった。駅からの帰り道にスーパーに寄って、材料を買い込む。帰宅してのんびりと料理を始めた。野菜の皮を剥いたり、切ったりしていると、肉を買い忘れていることに気づく。それほど、最近は菜食主義で、肉を特に食べたいとも思わない。結局、そのまま、ニンジン・ジャガイモ・タマネギの定番野菜に、秋のキノコ入りカレーということになった。カレールーも低カロリー仕様だし、甚だ健康食になった。

 料理というのは、小さな達成感を味わうには最適な行動である。短時間で、しかも自身が食べて満足するという結果をもたらしてくれる。料理という中でも、カレーは特に大きな失敗がない。下手に独自な方法で調理するよりも、箱の裏側に書いてある調理法通りに遂行すれば、満足行く料理が出来る。買ってくるルーの種類を変えれば、シチューやハヤシライスも調理可能だ。果たしてこれで得意料理と呼んでいいものかとも思うが、まあ自分が納得すればそれでいいのだ。

 1回カレーを作ると、しばらくは食べられる。翌日には別な具材を加えたりして、バリエーションを楽しむ。どうせだから、保温性のあるジャー式弁当箱に入れて、職場にも持ち込むことも可能だ。明日は、忘れていた肉を炒めて入れるとするか!

 食べる立場にあっても、毎日カレーで満足。イチローはシーズン中の試合前、毎日カレーを食べるとTVで観たことがある。どうせなら、「毎日昼食はカレー」というのがどこまで続くか試してみようかとも思う。毎週のように小さな達成感を味わうことができるゆえに。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/13-b3478f92

<< topページへこのページの先頭へ >>