fc2ブログ

「おでん」の味に吸い寄せられて

2013-04-12
今週ももう一息。
といったところで少々の栄養補給がしたいところ。
居住地域からバスに乗って「街」に出た。
ある「おでん屋さん」に行く為である。
夕方6時を回れば大抵は満席になってしまうカウンター。
何とか5時台には暖簾をくぐった。

カウンターに座ると店の奥から店主が「いらっしゃい」、面前にはバイトの女子大生。この店主が面接を重視して採用するというバイト生の接客も見事に仕込まれている。「瓶ビール」を注文すると、「銘柄はいかがしましょう?」と問い返してくれる。この地方のイントネーションで「銘柄」という語彙を提供されると、なぜか”昭和”の時代を彷彿させるものがある。現に彼女ら(たいてい2名がカウンター内にいる)は、清楚に髪を束ねて結び必ず黒のシャツに白の前掛けをしているという清潔感に溢れた身なりである。たいていがこの地域にある大学の学生である場合が多い。

喉を潤すと、カウンター角で煮込まれている「おでん」の注文。新入生も目立つこの時季、1名のバイト生はまさに何日目かであった。おでんを皿によそう手つきもまだ不慣れである。そんな状況を店の常連客たちが、様々なことばを掛けて彼女らを”育てていく”感覚がある。などと考えながら、「大根(この地方の生産量は全国でも屈指であるとか)里芋・厚揚げ・ごぼう天あたりをお願いする。その上で、「あなたも新入生ですか?』と問い掛ける。「僕自身もこの地方への新入生ですから。」などということばを添えながら。

この店には、準備段階でこの地を訪れた際から何度となく足を運んでいるが、必ず隣に座る常連さんが親しく話をしてくれる。そして先に店を出る際には「また会いましょう」と言ってくれる。カウンター中心の店ゆえに、1人での来訪する客が多いのも特徴かもしれない。まだこの地に、”呑み友達”のいない僕にとっては、何ともありがたい環境である。以前に訪れた際には、焼酎の飲み方を教わった。都会では水割り・ロックなどの飲み方が多いが、この地では”お湯割り”が定番だ。それは暑い夏でも同じだという。お湯により薫る原材料の芋の風味を味わうのが、”通”な飲み方だという。

「おでん」の味に吸い寄せられて。
もちろんそれ以外の刺身なども地で揚がったもので、美味しく新鮮だ。
次から次へと常連客が訪れる。
長居は無用、1時間半程度でさっと呑むのがこの店では”粋”である。
ある意味”健康的”でもあり、早々の帰宅が可能なのもこの地(店)の特長かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1244-ca509288

<< topページへこのページの先頭へ >>