fc2ブログ

性癖の自覚

2013-01-12
親兄弟の言動に対して、喩えようのない嫌悪感を抱くことがないだろうか。
それは明らかに他人とは違い、妙な抵抗感を覚えると言い換えてもよい。
果たして、それはなぜなのかと考えてしまうことがある。

その抵抗感の裏側には、自分も同様の言動をする傾向が潜むことを発見する。
他者から指摘された、言動の癖。
そこには、親兄弟に自らが抱いていた嫌悪感と同じものが建ち現われる。

遺伝子に起因するのだろうか?
それとも生育環境の中で植え付けられたのか?
いずれにしても、やはり「血は争えない」のである。

各年齢において、親兄弟に対して抱く感情も様々だ。
だが、その言動に対して感情を排除し客観的に見る必要性もある。
そのことで自らの性癖を明解に自覚できることがある。

親兄弟、何より大切な存在なだけに・・・
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1158-52f59991

<< topページへこのページの先頭へ >>