fc2ブログ

大鉈は適所に振り下ろせ

2012-11-05
大学新設申請3件が、文部科学大臣の判断で「不認可」とされた。申請していた大学の評価は一言も語られず(文科省は個別の問題ではないとしている)、審議会のあり方に対して政治的判断が下された結果であるという報道である。その結果、入学を決めている学生はもとより、校舎を新築し新任教員を採用していた大学法人側は、困惑この上ない状況に陥っているという。「政治的判断」といえば聞こえはいいが、果たしてこの段階になって大臣が「大鉈を振り下ろして」新設申請を断絶していいものだろうか。甚だ疑問が残る権力行使である。

一般論として、少子化が見据えられた日本社会において、既存の大学が多過ぎるのは確かであろう。同時に大学教育の質の低下が問題視されているのも事実である。しかし、現実に進行している個別の新設申請を、一般論に応えるために拒否するのはあまりに乱暴に過ぎる。その申請にどれほどの人々が関与し、生活を賭けて動いているか。そんな人の存在を尊重することこそ「政治判断」ではないだろうか。現政権がマニュフェストに掲げていた「コンクリートから人へ」の公共的なものへ向けられるはずの思惑が、一般論を理由に個別の「人までも」断罪した形である。

教育問題に関して、大鉈を振り下ろし改革が望まれる制度や事態は山積している。しかし、それが適所に断行されていかない。先日、財務省が公表した「教職員定数5年で1万人削減案」なども、文科省と財務省の考え方の齟齬により進行しようとしている、実に危うい行政施策である。財政の健全化・エネルギー政策・教育問題等々、国家的に急務な課題は多い。その問題の勘所を既に現政権は押さえられない状況が見える。

社会全体からすれば、些細な問題に映るかもしれない。だがしかし、これは政権をも揺るがす大きな問題に発展しかねない。政権運営において、官僚主導を政治主導へと転換する大きな潮流を作って来られなかった上で、弱い所にだけ政治主導で鉈を振り下ろしている。権力行使は、未だ市民には見えざる陰湿たる利害関係を維持しようとしている、“巨大な理不尽”に対して断行されるべきではないだろうか。政治の理性が問われている。

関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/1089-386f3e73

<< topページへこのページの先頭へ >>