fc2ブログ

情動と読解力ーシン心詞論に寄せて

2024-02-17
学部研究プロジェクト発表会
「読解力プロジェクト」からの報告として
「情動」を読み取るというやはり心詞論として

学部のプロジェクト研究発表会を、担当者として企画・開催した。学部には6つのプロジェクトが立ち上がっており、昨年から2ユニットごとに年度末に成果報告をお願いしている。いまこの文章に「お願いしている」と書いた。通常ならば「行なっている」でもよさそうである。事実、そのように書き直そうとした。だが前述したように僕が「担当者」として企画し、ユニットの代表者にも依頼してこの日の報告会が成り立っているゆえに、「お願いしている」という自らの「心」が表現の中に垣間見えることになる。このように「ことば(詞)」を発すれば必ずその背後には「心」が読み取れるもので、平安時代より『古今和歌集』仮名序に「やまとうたは人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。」と宣言され、特に詩歌の場合は大変に重要な存在意義として意識される。こんな趣旨を『短歌往来』2月号(ながらみ書房)巻頭の「視点」欄に寄稿した。

話は迂遠したが、報告会で「読解力プロジェクト」の内容が大変に興味深かった。いわゆる「国語」でいう「読解力」と、OECD各国で調査する「PISA型読解力」と2つの型に分類して考えるべきということだ。前者には詩歌に代表されるように「行間・余白を読む」ことも考えると、2つの中間に位置する「読解力」も考えるべきで、基本的な文章理解力とともに「情動」を伴うこととリテラシーと呼ぶ領域と幅広く「読解力」を考えられそうである。社会生活、特に仕事をしていると顕著に感じられるが、「心」を相互理解できるかどうかはそう簡単な問題ではない。同じ「ことば(詞)」を言っても「情動」まで掬ってもらえないことは日常茶飯事である。伝える側にも努力は必要だが、発言者の「心」まで「読み取る」ことが人間関係そのものといってもよい。学習指導要領にも「学びに向かう力・人間性等」が位置付けられるのは、「国語」が単に「国語科」としての学習課程のみの数量的評価に留まらず、「人として生涯を生きる」ための「豊かな言葉の学び」を目指すものと考えたい。ゆえに我々は狭量な「国語科教育」を含みこむ「国語教育」を豊かにするための研究をすべきと思い直すのである。

「心」と「詞」
あらためてふかくまことに(シン)極めて行くべき
あらゆる関係性の根源が「心詞論」である。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>