fc2ブログ

『こゑは消えるのに』佐藤文香句集

2024-02-12
「こゑで逢ふ真夏やこゑは消えるのに」
活字にすると、俳句にすると、「記憶はもう消えない」
電話、メッセージ、そして俳句・短歌・・・・・

佐藤文香さんとの長年にわたるつながりは、昨日の小欄に記した。NHK短歌2月号「あの人と短歌」のコーナーで穂村弘さんと対談しており、彼女の俳句の才能や短歌へ越境する自在な文才についてが語られている。近刊『渡す手』という詩集もあり、また写真展へも踏み出していて、その越境超越具合は今後も益々楽しみだ。短歌に踏み出した書籍として小欄でも紹介した『おやすみ短歌』がある。当該書での彼女の睡眠へのこだわりは、大変に面白いと思っていた。「寝ることに苦労はしない」という自己のあり方を書籍あとがきで吐露していたが、それは「睡眠を規則正しく大切にしている」ことが今回あらたにわかった。「夜0時に寝て朝7時に起きる」のだと、今回の写真展でいただいた「写真解説・語句解説」のパンフの小エッセイに記されていた。入眠に苦労せず規則正しい、という意味で僕自身の睡眠のあり方と同質性があると親しみを覚えた。昨晩もメッセージのやり取りをしたが、23時を回る頃にはお互いに入眠モードでスマホを置いた。

冒頭に記したのは、新句集のタイトルになった一句。前述の睡眠の事情もあって、日本では深夜の「酔っ払い」からの電話など対応できなかったものが、米国生活の時差が有効活用された海を越えて「日本にいる泥酔者の帰宅を心配していた」という海外生活での「嬉しさ」がエッセイに綴られている。かつて「国際電話」と呼んだ時代には高額料金ゆえに控えたものだが、SNS経由の音声メッセージによって「泥酔者」と時差によって米国で会話することが容易になったのだ。このような日米架橋の「こゑ」を楽しみつつ、文香さんのアメリカ生活で紡ぎ出された「こゑ」ならぬ俳句が収められている。俳句というジャンルゆえに文語であり漢語も豊富、現地で見聞した「アメリカ的なるもの」がこうした表現手段によって「消えないこゑ」となりその紙面に散りばめられている。特に「加州(=カリフォルニア)」というワイン産地に赴いたのもまた、「酒」があるという必定な運命か。「ナパバレービレッジ」の「ライティングワークショップ」に参加した体験は何より興味深かった。

「君が詩に書く自画像も背の高さ」
今思ったのだが、小欄に打ち込む俳句を僕は一度「こゑ」で引き取っている
「口承」と「書記」の問題は古代文学のみならず、今も詩歌の大きな問題意識なのかも。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>