fc2ブログ

人懐っこさを取り戻そう

2024-02-08
講義前後の雑談や声かけなど
先生とは楽しく話したものだ
人懐っこさこそが貴重な時代

2020年の今頃、得体の知れない感染症の話題が少しずつ社会に滲み出していた。そしてわずか2ヶ月もしないうちに、社会の人々がお互いに安易に会うことができなくなってしまった。ちょうど教務担当副学部長の任にあったため、4月からの講義開始を1ヶ月遅らせたり、オンラインの方針を模索したり人類史上の特異な体験をすることができた。あれから4年目の春、僕らの生活は「日常を取り戻した」ということなのだろうか?。もとより「取り戻す」という発想自体がいただけない、「元に戻る」だけで進歩が見えない趣旨が臭うからだ。むしろ知らぬ間に失っていることに自覚的になり、新たな歩みを模索するようでありたい。

非常勤先で試験を行い今期を終えた。特に3年生とは前後期と1年間32回の付き合いであった。何となく「最後」というのが惜しまれるようで、お互いに愛着が芽生えているのを実感できた。4月当初、初めての教室で機材のことで僕が困っていれば事務担当を呼んできてくれたり、講義前後に雑談のように話す学生たちが次第に増えた。ここ3、4年で失われたものに「雑談」があると僕は思っている。〈教室〉に行ったら、なるべく学生たちの日常の声を知りたい。小さな会話にこそ学ぶための契機が隠れているものだ。もちろん今も感染症には注意が必要だが、人と人として大切な人懐っこさこそを求めてもよいのではないか。学生の中には僕の本務校の学生とバイトが一緒だとか、諸々と話しかけてくれる。僕自身の常勤非常勤など別にして、〈教室〉での雑談を活気づけたいものだ。

僕もよく先生に話に行くことで
多くの生きるヒントをいただいた
人を孤立化させる感染症にはこんな面でも抗して行かねばなるまい。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>