fc2ブログ

第28回若山牧水賞授賞式&祝賀会

2024-02-02
受賞者:永田紅さん
受賞作品:『いま二センチ』(2923年3月1日発行・砂子屋書房)
科学者として、母として、人として、そして家族

今年の若山牧水賞は、永田紅さん『いま二センチ』に贈られた。永田さんといえば、父・永田和宏さん・母・河野裕子さんの娘さんであり、和宏さんは第3回受賞者、裕子さんは第6回受賞者である。両親と娘が受賞するという初のケースであり、ご家族で歌人として素晴らしい作品を世に出したことはもとより、若山牧水賞が第28回という歴史を刻んでいることを実感できる時であった。大変に残念なことに母・裕子さんは2010年に64歳でこの世を去り、もしご存命ならどんなにか紅さんの受賞を喜んだかという声が、授賞式・祝賀会の席の随所で聞かれた。もちろん父・和宏さんと兄の淳さん、さらには紅さんの娘さんが来席していたのが家族の姿を浮かび上がらせた。娘さんを妊娠した際の歌が「いま二センチ」であるが、その成長する姿とともに喜びが分かち合えることに誰もが素晴らしさを覚えた。

授賞式では恒例の選考委員の選評が話されたが、個人的には栗木京子さんの評に大変に共感した。シンプルな歌が多く、言葉も内容も歌に詰め込みすぎない、それでいて深みと的確なものを見る客観性がある。科学者としての才が発揮されつつも、決して理に走らない実感を伴った表現豊かな歌であるということだ。昨今は難しい言葉を詰め込んだり呟きのような歌が目立つ中で、紅さんの短歌は際立っているということ。歌集全体に余白や余裕があり、読んでいて素直に受け止められる歌が多いのである。さらには社会に向けた厳しい眼差しも失わない、まさに短歌を詠む上で見本としたい歌集であるといえるだろう。席上では、和宏さん・淳さんをはじめトークイベントに加わった大松逹知さんらとお話をすることができた。短歌県宮崎にとって大変に大切な1日であった。

「聞くよりも先に字幕を見ることに慣れゆくわれら肉声を忘れ」
「聞き逃せばそれだけのこと夕暮れに多くの字幕は要らないだろう」
個人的な興味から印象深かった2首である。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>