fc2ブログ

「呑気はそれだけで傲慢だ」ー自由がなかった世の中から

2023-04-28
自由民権運動の指導者が豪語する
「呑気はそれだけで傲慢だ!」
それを聞く牧野富太郎が「雑草にも名前がある」と

朝の連続テレビ小説「らんまん」は、植物学者・牧野富太郎の生涯がモデルになっている。文久2年(1862年)土佐は佐川の造り酒屋の生まれ、幼くして両親を次々に亡くし祖母に育てられ6歳で明治維新を迎える。酒造りに興味を示す姉は「女」という理由で麹作りの蔵にも入れず、植物に甚だ興味がある弟・富太郎が後継として「当主」と担がれる。寺子屋→藩校(名教館)→小学校へと進んで学ぶが、植物と外国語だけは深く興味を持ち他の学習は身が入らず2年間で小学校中退。独学で植物の採集・調査に熱中する。これまでの数週間で、概ねこのようなあたりまでが連続テレビ小説で描かれてきた。

「長男は家業を継ぐ」江戸時代から明治の社会的慣習は、人々を縛り付けた。明治18年生まれの若山牧水はやや時代は先だが、やはり家業としての「医師」を継ぐことを求められ深い葛藤に悩み尽くす。富太郎の場合もそうだが、学校で「主体的に学びたいものを学ぶ」ことさえも許されない時代。牧水は短歌に、富太郎は植物において自らが「やりたい道」を貫き通したのはただそれだけでも深い尊敬に値する。連続テレビ小説ではさらに、「自由民権運動」の志士たちと富太郎が遭遇する。明治7年(1874)に始まり同21・22年あたりまで続いた、藩閥政治に反対し国民の自由と権利を要求した政治運動だ。本日の標題はその富太郎が出逢った志士の指導者の言葉。政治・社会・旧弊に拘束されていても何も声を上げず自由を求めないのは、それだけで「傲慢だ」と断じた言葉だ。「自由」が当たり前すぎる現在だからこそ、「自由」の獲得には命がけであったことを知るべきだろう。意識なき者は「傲慢」なのである。

「家業との葛藤」は今でも
反対に今でも残る世襲という旧弊の傲慢
「自由」に学問ができる社会を高めていかねばなるまい。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>