fc2ブログ

あくまで現代に読む古典

2017-07-21
「温故知新」再考
「伝統的な言語文化」という文言の罠
「現代」を生きる我々が何を読むか・・・

大学生にアンケートを取ると、概ね「古典は好きではなかった」という回答が多い。たぶんそれはここ20年〜30年か、それ以上変わらない「定番不人気」であるように思われる。「古典教育をどうしたらよいか?」という命題も、様々に議論されながらもなかなか明るい未来が見えないままになっているわけである。とりわけ現行指導要領から加わった「伝統的な言語文化」という「一事項」に関しては、「古典重視」の方針が明らかに打ち出されたのであるが、小学校から古典教材を扱うようになったという革新が見られた程度で、その授業のあり方や享受のあり方を改善する方向性が明確になったわけではない。抑も「伝統的な・・・」という文言が使用されることで、古典には「核心」となる「権威」が含まれていて、それを再び甦らせるといった動きだけが見え隠れして、真に現代人として「古典をどのように読んだらよいか?」という意識が希薄なのが問題だと思われる。

「昔」は崇高で「現代」は頽廃したのか?だとすれば、我々はその「頽廃」たる文明を享受して、少なくとも「便利」だなどと「甘えて」いるのであろうか?考えやすいので数世代の歴史の中でこれを考えるならば、祖父祖母・父母の世代が「戦争」を経験し苦労したから「崇高」で、その苦労を知らない僕ら「戦争を知らない子どもたち」は「頽廃」したのだろうか?こうした懐古主義に走ればむしろ「戦争」という体験が「貴重」だとも考えられてしまい、無闇に「戦前回帰」をするような悪質な考え方を助長しかねない。もちろん「戦争」の経験を語り継ぐことを、否定する気は毛頭ない。語り継ぐにはどのような考え方を採るかを、精査すべきだと思うのである。「今」を生きる我々は、宿命的に「今現在」しか生きられない。だとすれば、受け継いだことばを想像力豊かに「現代」における「意味」を創り出すしかないのではないか。中高の「古典学習」を考えた時、まずは指導者自身がその「現代的意味」を持てるか否かが、重要ではないのかと痛感するのである。

「現在」の歌創りにも生きる
「古今和歌集仮名序」の抒情論と効用論
和漢・和洋との相対化の中で育てられた「やまとことば」とは何かを考えたい。
関連記事
tag :

新たなる守護神登場

2017-07-20
玄関を開けると宅配の方が
「いま上から降ってきました」
と驚く状況に加えてさらに・・・

その名称としては「守宮」とか「家守」という漢字が当てられる。『日本国語大辞典第二版』の用例には白秋の『思ひ出』柳河風俗詩・沈丁花「ふっととだえたその窓に守宮吸ひつき、日は赤し」が挙げられており、壁や窓や天井にはりつく性質がある。我が家では以前から、玄関扉に張り付いていたり、その扉の隙間が居心地がよろしいようで、この時季になるとしばしば姿を現していた。最初はそのような想定もしなかったので、不意に玄関扉を開けるとその振動で耐え難くなるのだろう、扉から玄関前に落下してしまい「ピチッ」という比較的、はっきりとした身体を床のタイルに打ち付ける音が印象的であったゆえ「ピチ太郎」と名付けて共存していた。先日、不意に宅配さんが玄関ベルを鳴らしたので、出てみると冒頭に記したように彼の眼前に落下したようなのである。その際には、特に音は聞こえなかったのであるが・・・

ところが先日の出張から帰ると、勝手口側の台所の窓にも張り付いている「新ピチ」を発見するに至った。網戸には手足の毛状突起の吸盤を使用しやすいのであろう、そのあたりに頻繁に姿を見せるようになった。一度は勝手口扉にも張り付いていたので、意図して扉を開けて「ピチッ」さながらな状況を体験してもらった。この辺りは棲む場所ではないんだよ、と教えたつもりであったのだが、どうもこうした扉周辺を好むのは何か理由があるのだろうか?『日国』に拠れば、「夜活動して昆虫を捕食。動作は敏速で、驚くとごく弱い声でキーッと鳴いて逃げる。無毒。」とある。僕自身はまだ、この驚いた際の鳴き声を聞くすべもないのだが、特に害もなく虫を食べているだけに駆除するものでもないと考えている。特に漢字表記の「家守」からして、まさに守護神であると思うしかないのであろう。これぞまさに自然との共存なのだと考えてはいるが・・・

宮崎に移住して出会った生き物たち
ベランダが煤煙で黒くなる東京のマンションに慣れ過ぎたのか
「生きているということ いま生きているということ」(谷川俊太郎「生きる」より)
関連記事
tag :

宮崎大学短歌会(第6回)ー繰り返し(リフレイン)を活かすには

2017-07-19
山を見よ山に日は照る海を見よ海に日は照るいざ唇(くち)を君
(若山牧水『海の声』より)
短歌の中の繰り返しを考える・・・・・

宮崎大学短歌会定例の活動日。自由題により十首の詠草が提出され、活発な議論が為された。奇しくも提出された歌には、「繰り返し(リフレイン)」を含んだものが多く、こうした偶然性というのも短歌の面白みであると思われた。三十一文字(みそひともじ)という限られた字数内で表現する短歌は、素朴に考えるならば同語の重複は避けるべきであり、繰り返しにはそれなりの効果が求められる。だが冒頭に記した牧水の歌のように、敢えて同じようなフレーズを繰り返して個性を発揮できる可能性もある。特に牧水の場合は第一歌集『海の声』にこうした歌が多く、その要因として、一次言語(音声言語)としての意識が強く作用しているのではないかといった指摘を、昨年の『牧水研究』(第20号)の評論に書いた。一次言語にはいくつかの特徴があり、総じて「力動性」があるもので、その中でも特に「累加・累積性」があることを活かした歌作りといえるのではないかということである。

冒頭に記した歌も「山」と「海」の対照性を、「見よ」という命令形と「日は照る」という自然の根本的作用の組み合わせで繰り返しを構成している。その大自然の中に自己と恋人のみが置かれているかのような、壮大な虚構的物語的な景色が想像されつつ、結句では恋人の「唇」を頑なに力強く求めている。もちろんこの歌は、牧水若き日に熱愛した小枝子を求めた歌である。大自然に抱かれながら今此処にいるふたり、その求め合いたい愛への永劫な思いが繰り返しによってよく表現されているように思われる。思えば楽曲の場合も繰り返しの効用は実に大きく、所謂「サビ」の部分というものは、複数回繰り返されることで人の心に響く曲となる。思いつくままに例を挙げるならば、昭和歌謡の名曲「Love is over」なども、この題のフレーズがかなりの回数繰り返され、歌い出しから締め括りまで一貫して嵌め込まれている徹底した繰り返しが効果的であるように思われる。

短歌の中の「音楽」
美しくことばが響くためには
音声言語の力を再考する契機ともなる
関連記事
tag :

受け継ぐゼミの志

2017-07-18

自由闊達に発言する
各自が表現して考えを深める
そしてまたよく酒を呑む

大学院の恩師がこの世を去って10年目となった。病のことを知らされてから数ヶ月での急逝、僕たち院生はもとより、学部生で卒論ゼミであった学生たちのショックは甚だ大きかった。その卒論ゼミを急遽代講させていただき、彼らが卒論を提出し卒業するまでを、経験もない僕が担当することになった。5月の連休や夏休み中に、彼らが卒論の題材としている文献を読み漁り、恩師ほどではないまでも、何とか「指導」できるまでの次元に至ろうと死に物狂いで努力したのも、今では懐かしい思い出となった。そして恩師もお呼びしようと計画していた夏合宿。1月の卒論提出を経て、2月には京都に中古文学を巡る卒業旅行も実施した。このあまりに急な経験が、僕のゼミ指導の基本に据えられている。

当時の学生たちとは、恩師の命日であるこの時季に毎年欠かさず会うことにしている。その時間設定やお店の予約など、毎年のことながら彼らの中の女子たちが用意周到にこなしてくれる。また当時からそうであったが、会えば忌憚のない談話が次から次へと展開する。まさに彼らの20代をそのまま、僕も付き合わせてもらった感覚である。ゼミ生の多くは仕事に向き合いながらも家庭を持ち、子育てなどの話題も頻繁に話されるようになった。中古文学を自由闊達に語っていたあの頃と同様に、彼らとの対話から学ぶことも多い。紛れもなく僕自身が今もゼミで求めることは、彼らとの時間を起点としている。

恩師が導く僕自身の定点観測
穏やかな笑顔で今も見守ってくれている
「教育」に携わり人に接するこの上ない幸福の時間。
関連記事
tag :

「自分」の中にある「文化」のみなもと

2017-07-17
先祖の墓参
わが生まれ来しみなもと
意識・無意識に引き継いでいるもの

高校生ぐらいになると勉学に怠惰な気持ちも生じるゆえ、「古典」に対して「なぜ現在は使われない古いことばや文を勉強しなければならないのか?」と疑問を口にする者も多い。僕も現職教員の頃、こうした場面によく直面した。大学で教員養成に携わってからというもの、「中等国語教育研究」の講義などで学生たちに、こうした場面を想定してどのように中・高生を説得するかという場面指導演習を行うことがある。その際に僕自身が最後に一例として示すのは概ねこういう内容である。「君らは両親なくして生まれておらず、その両親もまたそれぞれに両親がいなければ生まれておらず、同じように先祖代々のDNA(遺伝子)を引き継いでいま此処にいられる。それと同じように君らがいま此処で使っている日本語もまた、そうした蓄積の上に初めて成り立っている。」

少なくとも大学生であれば、こうした内容にそれなりの納得を示す。「自分」の中に持っている「日本語」は、自分だけの存在では獲得できない「文化」であるわけだ。その始原は誰しも、たぶん母から投げ掛けられる「ことば」から始まって、次第に「言語」を獲得して来たということになるだろう。更に「大人」になって分析的に考えられるようになると、「言語」以外の「行動」も母や父から継承したものがあることに気づかされる。日常行動の順序、他者とのコミュニケーション方法、食事の習慣、食べ物の好み、動植物の好み等々、まさに「性癖」といった遺伝子次元で、自己の中に備わっている傾向があることを捕捉していくことこそ、年代を重ねるという意味ではないかと思うのである。

故郷は場所のみにあらず
こうした「言動」を引き継いだ場所
個々の人の中にこそ「文化」があることに自覚的でありたい。
関連記事
tag :

「からくれなゐにみずくくるとは」よみの歴史を遡及する

2017-07-16
「ちはやぶる神世もきかず龍田河韓紅に水くくるとは」
(『古今和歌集』秋下・ニ九四番歌)
『百人一首』にも入る著名な歌の解釈と読み方のことなど

和歌文学会7月例会が、東京・品川の立正大学で開催された。いずれも興味深い発表が3本なされたが、特に冒頭の業平歌についての考察をされた森田直美氏の「水は括られたのかー在原業平『ちはやふる神世も聞かず』歌の再検討」には、自分の研究領域に近く様々な気づきを得た。現代においても、『百人一首』入集の著名な歌となると、その解釈なども定番となって疑う視点が少なくなるが、『古今和歌集』入集以来の長い注釈史・享受史を考えて再検討すべき点が多いことに気づかされる。当該歌も初句「ちはやぶる」と表記されがちだが、中古中世時代のことを考えると「ちはやふる」と濁音化しないで読むことが妥当という一説も紹介された。あらためて『古今和歌集』であれば、1100年以上の「よみ」を遡らねばならないことを念頭に置くべきであろう。

森田氏のご発表では、「水くくるとは」の「くくる」の解釈に注目し、現代において通行している「水をくくり染めにする」といった解釈に疑義を呈し、中世古註でなされていた「潜る(くくる)」という解釈へと再考すべきというものである。この歌の注釈史において近世になって賀茂真淵が「絞り染め」というよみを提出してから、一斉に解釈がこの方向性に偏ったことを指摘する。その要因として、「文悪意匠と小袖」のデザインが普及したという服飾環境の変化が作用したのではという興味深いものであった。このご発表に対して僕は、『古今和歌集』において素性法師の歌に続けて配置され、その詞書で「御屏風に龍田河に紅葉流れたる形をかけりけるを題にてよめる」を重視して、歌配列によめる当時の解釈についても考えれば、より一層「潜る」というよみの妥当性を補強できるのでは、という質問を投げかけた。さらに他の方の質問で、「なぜ『ちはやふる神世もきかず」と大仰な物言いをしているのかについても、下句との関係から考えるべきでは」といった方向性についても、あらためて考えさせられた。『古今和歌集』仮名序の業平評には「心あまりて詞足らず」とあるが、このよみを含めてまだまだ考えるべきでは点は多々ありそうである。

ひらがな表記ゆえの多様性をどう読むか
固着したよみから歌を常に開放し続けなければなるまい
近世・近現代と僕たちが生きている時代を俯瞰してみる必要もある。
関連記事
tag :

手書き文字と人の縁

2017-07-15
会って御礼を言うことの大切さ
そしてお心づかいを忘れずに
「味のある」人づきあいを・・・

メールやSNSメッセージで事足れりとすることが多い世の中で、手書きで味のある文字の封書や葉書をいただくと誠に心が温まる。いただいたならばやはりこちらも、となって個性的な文字で手書きをお送りできる人でありたい。博物館などで歴史的人物や作家などの書簡を展示する機会に接すると、その人物が観念ではなくリアリティを持って理解できそうな気がする。とりわけ文字造形文化のあるくにゆえ、手書きの習慣というものを保存したいと常日頃から思っている。文字は上手い下手ではなく「味」が大切であろう。見ればすぐに「その人」とわかる文字。大学学部の頃、ある先生はそれを求めるために講義の出席に名前を白紙に1人1人書かせていたのを思い出す。その思いがあるゆえ、僕も講義では必ず手書きのレビュー提出を求める。回を進めるごとに、その文字でどの学生かがわかるようになる。

話は逸れたが、人間同士がリアリティをもって接し合うことが肝要だということだろう。この信条を貫くために、上京すると可能な限り「味のある人」に会うようにしている。これもSNSなどをやっていると勘違いしがちであるが、やはり直接会わないとわからないことが多いことを現代人は忘れているような気がする。会ってみての「お久しぶり!ありがとう!」のことばや笑顔には、まさにその人の人間味が深く感じられる。お心づかいという点でいえば、ちょっとしたお土産がまた心を深く結びつける。大都会の中のへばり付くような暑さの中で、やはりこうした時間だけが誠に爽やかだと思うのである。まさに今の自分に関していえば、「東京」に来ているのではなく、「人」に会いに来ているという意識が強い。そしてまた、「故郷東京」を「宮崎」から観る視点を得ていることに、人生の上でとても大きな意味を感じる今日この頃である。

こころとこころがつながるということ
人として人と出会い
味のある声と文字を交わし続けたいものである。

関連記事
tag :

囲う言葉・分断する言葉

2017-07-14
「ほんとうか?うそか?」
「思うか?思わないか?」
囲う言葉・分断する言葉・・・

TVで「バラエティ番組」と呼ばれるものを見ると、これは「事実か?事実でないか?」「ほんとうか?うそか?」といった二者択一の問いに対して、出演者が「まる」か「ばつ」かと札を挙げる場面などが目につく。元来、「バラエティ」という分野そのものの意味にも疑問を呈したくなるが、昨今は特に、見せ掛けの「教養」を売り物とした番組も多いように思われる。出演者はもちろん番組の演出上において様々な札を挙げて、その場を盛り上げる役割を担っているのだろう。意図的に外した札を挙げたり、「教養」も覚束ない”役柄”の出演者が唯一の「正解者」となって、番組上の効果としては「面白い」ということになる。だがふと目線を引いて考えてみると、多様性の時代といわれながら、ある意見に対して「賛成か?反対か?」という二者択一の思考に視聴者が陥り、囲う側と排斥される側という分断的思考を助長している気がしてならない。

こうした思考がはびこり始めたのは、忘れもしない「郵政民営化に賛成か?反対か?」を掲げた劇場型選挙からである。その後も「敵」を意図的に作り上げて、自らの囲う側を「正当化」して多くの得票をするという方式の選挙がつい最近でも行われている。政策の詳細や自らの「生活」そのものへの影響よりも、その「敵」がどうしようもないことを印象付けて、往々にして囲った側が「圧勝」するのがオチである。何がそうさせるのかは様々な要素があろうが、水戸黄門型勧善懲悪を、むしろ悪用したやり口ではないかと思うことがある。世知辛い世相に待望の権威的なリーダーとして脚光を浴びて出現し、「悪徳代官」役の物語を醸成し自らの「正義」を主張して選挙で「印籠」を民に翳すのである。どうも世間は、こうした風潮に慣らされてしまってはいないのだろうか?学生たちが実施する「模擬授業」でも、「筆者の意見に賛成か反対か」と問う内容があると、こうした世相の浸透度が「教育」以上に高いことに危うさを覚えるのである。

「虚構にある真実」をどう考えるか?
「思うけど思わない」は矛盾と切り捨てていいのか?
むやみに浸透する「分断する言葉」を僕たちは注意深く拒んでいかなければならない。
関連記事
tag :

高校漢文学習と教科横断のことなど

2017-07-13
「国語」で漢文を学習する意味
そして言語系科目の教科横断を考える
これからの時代に求められる学力として

ある高校の校内授業研究に、本学部から数名の大学教員が参加した。高校1年生「国語総合」の「漢文」の公開授業から参観。入門期にあたり「寓話」の教材をどのように扱うのか大変興味深かった。比較的多くの教科書に掲載されている「漁夫の利」の教材で、その「譬え話」にどのような効果とか意味があるかを考える授業構想となっており、多くの点で共感できる内容であらためて漢文教育の重要性を考えさせられて大変勉強になった。まずはプリントに記された白文を、生徒たちは文構造としての「述語」を探し出すように読み解いていく。自ずと主語やそのうちなる固有名詞が明らかになっていく。入門期というのは、往々にして訓点の扱い方を記号的に学ばせる方法が採られがちだが、無機質な四角の中に訓点に従って番号を記していく学習などは、むしろ様々な錯綜を招き起こし、有効な学習とは思えない。こうして内容ある本文(白文)に対峙して読み解く過程を経験してこそ、訓読がいかに意味ある直訳法であるかが体験的に理解できると考えたい。

事後研究会では、語彙的な理解が必要になった際の「二字熟語」に変換した学習を進めることを提案した。「強秦」(強い秦という国名)の理解であったら「強敵」という現代日本語を考えて、上の漢字が下の漢字を修飾しているという漢語構造を考えさせる。「幣大衆」(大衆を疲れさせす)であれば、「幣」の単語家族として「疲弊」の「弊」の字があることを考えさせる。こうした習慣をつけておくと、日本語への理解力と表現力がつき、まさに「国語」で「漢文」を学ぶ意味が具体的に浮上する。もちろん大学入試対策にも誠に有効な方法である。自らが高校現職教員だった頃より、こうした漢文教育方法の提言をどこかでしたいと考えていたので、誠に意義ある機会をいただいた。その後、英語の授業も参観。「国語」で学んだ「論理的文章展開」を意識しながら、自らの興味ある「音楽」について英文を書き、最後にはそれを会話として表現するという内容であった。個人的な見解であるが、この「国語」でいうところの「論理的」という観点が、非常に曖昧であるようにも思われる。長い日本語の歴史も鑑みるに、口語性が高く時系列的に物事を記していくという特徴があり、それがまさに奈良平安朝以後は「漢文」の、明治維新以後の「西洋文化(言語)」に依存して「論理性」を築き上げてきたことを認識しておく必要性を感じた。

生の現場の授業改善に関わることの意味
「入試」学力に偏重した高校教育を変えるべく
教科横断の鍵は「自分のことばを持つこと」ではないかという気づきを得た。
関連記事
tag :

そうだ歩いていなかった

2017-07-12
原稿〆切その他諸々
それでも十分な睡眠とともに
行き詰まった時にすべきこととは・・・

複数の原稿〆切に校務と会議と出張等々、変わらず忙しい日々が続く。そんな中で平常心を保つために、心掛けたいことを考えてみた。まずは、何より重要なのが睡眠である。これを削ってはむしろ、頭の回転が鈍くなってしまうように思う。それでも若かりし頃は、ある一定の期間において2〜3時間の睡眠で修士論文などを書き上げた経験もあるが、それでも身体へのダメージが大きかったように思った。首肩の張りが極点に達して、まさに”首が回らない”状態に陥ったこともあった。最近は最低でも6時間、できれば7時間の睡眠を励行している。そのためにはなるべく早く就寝すること。意外に就寝前というのは、無駄な時間が多いものである。ともかく適切な睡眠をとった翌朝の頭は冴えているものだ。

さて、原稿などが行き詰まった時にどうするか?そのまま机に張り付いていると、余計に立ちはだかる壁は厚くなるようだ。気分転換には様々な方法があろうが、何よりも大切にしたいのは「歩くこと」である。小欄でも過去に何度も記しているが、明らかに脳の活動は足の活動に連動して活性化する。梅雨時でなかなか屋外を歩くことも儘ならぬ日が続けば、自ずと気分は鬱々としてくるものだ。そこでこの日はジムのマシン利用でありながら、約40分間で5Kmほど”早歩き”を続けてみた。知らぬ間に脳内が晴れたような気分に至り、靄が取れたように明るい気分になった。「人生を前に進む」ためには、こころだけで考えていては覚束ない。足を動かして「前進する」という身体性を確保してこそ、初めて前に進めるものである。

「頭でっかち」の意味を再考
そうなんだ歩いていなかったんだ!ぜひお試しを
様々な思考をしながら身体を前に進める具体的行動の重要性を再認識した。
関連記事
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>