fc2ブログ

充電する夏

2014-08-14
お盆休み
閑かなる雰囲気の中で
何をしていたいか

世間は一斉休業の様相だが、帰省ラッシュなどのニュースを尻目に、僕は落ち着いた研究室の雰囲気を楽しんでいる。日常では授業や会議、それに学生対応などに追われているが、閑散としたキャンパスの居心地もいい。仕事上のメールもほとんど受信することもなく、その返信や対応をしないだけでも精神的に落ち着く。それでも尚、教員採用試験を控えたゼミ生から、面接や小論文対策の相談を受けたりもしている。

研究対象たる文献資料に向かい、読みを深めて行く。しばしの沈思黙考。その読みの深淵で得られる幸福感。文学の奥行きを肌で感じ取ったとき、安らいだ感情が顔を覗かせる。携帯などの充電池が経年劣化すると、蓄電できなくなることがあるが、人間の蓄電池は交換できない。自らその機能をリフレッシュさせて、容量を増やすしかない。研究者として自らがこの作業を怠らないことこそ、学生に対しても真摯に向き合えるというものだ。まさに「閑適」の境地なのである。

研究室で1日を過ごし、夕餉に近所の店へ。
あとから偶然にも親友が笑顔で来店した。
実にいいリズムである。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>