fc2ブログ

一足の靴から

2013-03-21
その交流は一足の靴から始まった。
あるメーカーにこだわりをもって履いていたその靴を、
「いい靴を履いてますね!」
と彼は言った。
「(メーカー名)の靴が大好きなんです」
と僕は答えた。

もう3年近く前になるが、自宅近所のカフェでのことである。特段日常からランニングをしていたわけではないが、そのメーカーの靴の履き心地は、日本人の脚の特性を熟知しており格別であった。そんな“こだわり”に注目する眼をカフェの店長が持っていることに大変興味を惹かれた。

その後、足繁くカフェに通うようになる。次第に“靴”のみならず、スポーツのこと・地域のこと・社会のこと等々を店長と話すようになった。次第に注文品を給仕する奥様とも親しく話すようになった。静かで落ち着く店内は、いつの間にか僕にとっての心安らぐオアシスのような場になった。

それから3年近く、小欄にこれまでも「地域社会」という項目に蓄積してきたことをこのカフェを拠点に“行動”してきた。常連さんたちと意気投合し、12時間リレー耐久マラソンにも出場した。もちろんそのメーカーの靴を履いて。その靴に注目した店長は、学生時代に箱根駅伝4区を走った経験のある方であった。

そのカフェで、僕が新たに歩む道に対して温かい気持ちを寄せていただく会が催された。この3年間は、僕にとっても自分との闘いでもあった。その苦闘をどこかで支えてくれた人々。居住地域で様々な話題を話せる人の輪。改めてその気持ちの温かさを心の奥底で受け止める一夜となった。

靴一足にもこだわりをもちたい。その一般的な視点からすれば“偏窟”とも思われかねないことに、これからも十分にこだわりたい。その個性を見るべき人が見れば、ある種の意識が合致することがある。「意気投合」とは簡単にいうが、こうした“こだわり”の中でお互いの思考が寄り添うことがあるものだ。

このカフェの店長とは、そんな“意識”が通い合う仲である。
人生のうちでも、幾度しかない岐路に立って思う。
人は人との出会いに支えられている。

店長御夫妻本当にありがとう!
そして常連仲間のみなさんにも、心から感謝の気持ちを伝えたい。
皆さんは、これからも僕の心の拠り所であり続けるだろう。

この日も店長は僕に声を掛けた。
「新しい靴ですね!」
僕はまたそのメーカーの靴で、次なる道に歩み出すのである。
関連記事
tag :

思い出の窓

2013-03-20
人生は決して平らな道ではなく、
常に起伏があり紆余曲折もある立体的な構造をしている。
その眼前にある風景は現実に道を歩くほど確実に眼に見える訳ではなく、
些細なことから自分でも想像もつかない道を歩いていることがある。
その偶有性と意外性に満ちた歩き方に魅力を感じるのもまた一つの生き方だ。

歩道橋を渡るとその正面にマンションの窓が見える。嘗て住んでいた部屋の窓だ。その部屋に住むことで、生活習慣が変わり行動が変わり思考が変わった。それまでの人生の垢を落とすかのように、自分の中で磨くべき箇所への刺激が高まった。その部屋で量産した論文の数は自分でも驚くほどだ。思考は環境によって鍛えられるのである。

久し振りに歩道橋からその窓を見上げてみた。他の誰かが明かりを灯し、そこで何を思考しているのであろうか。今や常に部屋側から見ていた景色の一部である歩道橋からしか、その部屋を見る権利はない僕。その反転にいくつもの想いが去来した。そしてまたその部屋に住んで以来、多くの人に支えられて今があるという気持ちが高まった。

その部屋に居た頃から10年、まさにひと昔。
再び今また岐路を迎えている。
思い出にこだわり過ぎれば、歩みは停滞する。
人生の進歩を望むがゆえに置いてゆくものもある。
だがしかし、
どうしても僕の生き方に必要だった時間。
何のこだわりもなくその思い出にアクセスできる自分がいい。

関連記事
tag :

辛口ファンが育てる日本野球へ

2013-03-19
「3連覇の夢は断たれた」
「3連覇は幻となった」
こんな見出しが巷に躍り出る。
「3連覇」が前提条件なのか?
否、常に新たなる「挑戦」であったはずなのだが。
野球日本代表がWBC準決勝において敗退した。

野球の勝負には様々な要素が作用する。打たれた投手・好機で打てなかった野手・好機でミスをしてしまった選手。その目立つ局面に立たされた選手に「責任」の二文字がのしかかりやすい。だがチームスポーツである野球選手個々への責任論は好ましくないだろう。「責任」という意味でいえば、首脳陣がいかに選手の責任感を軽減し、自らが決断した結果であると(その結果がどうであれ)胸を張って言えるか否かが重要であると考える。

勝負には後がない。間もなく選抜高校野球も開幕するが、その人気の原点は常に「負ければ敗退」という条件の中で、前向きなプレーに惹かれるからであろう。僕の母は高校野球ファンであるが、日頃から「(高校球児は)プロよりよっぽどバントが上手い」と賞讃している。中学時代の僕は「決してそんなことはない」と真っ向から母のことばを遮ったが、今にしてその真意がわかる気もする。「負ければその場から去らなければならない」という勝負の迫真さが、明らかに超短期決戦の高校野球甲子園大会には見えるからであろう。もちろん年間を通じて、こうした姿勢で試合に臨んでいるプロ野球選手がいないわけではない。ゆえにそのような姿勢を毎試合見せてくれる選手がいれば、僕は自ずと尊敬し球場に足を運ぶ労力を厭わないのである。

今回の野球日本代表の闘いぶりを見ていて、こうした勝負に対する姿勢においての甘さが否めなかった。プロ野球各球団を代表する力のある選手が集結したにも関わらず、その“雰囲気”が感じられなかった。それは宮崎にこの代表選手が召集された合宿の折から感じ取ることのできた、ファンとしての僕自身の大きな不満である。実際にその行動はさし控えたが、「声ぐらい出せ」と球場で怒鳴りたいぐらいの気持ちで練習を観ていた。本来ならスタンドからそんな類の野次が浴びせられてもよいはずであろう。だが宮崎県営サンマリンスタジアムにおいて、その批判は野次ではなく観客数に顕著であった。前回09年の代表合宿が24万人の観客を集めたと言われているが、今回は8万人であると報道されている。ファンの期待は前回の三分の一であったということである。

唯一この大会で“痺れた”場面は、2次ラウンド台湾戦の9回2アウトから盗塁敢行の上での適時打で同点としたこと。その薄氷を踏むようなプレーを経て、ようやく日本代表が“チーム”になったと感じ取れた。だが、その薄氷は二度目には明らかに瓦解した。その紙一重の上にある勝負というものを、練習段階から意識している選手がどれだけいたか。それが勝負に対する“甘さ”として、潜在していたような気がしてならない。

大仰な物言いが許されるならば、その“甘さ”をファンが日常から許しているということであろう。今回の代表チームにおいても、どんなに結果が出せない選手であっても、代打などで起用されれば大きな声援が起こった。日本プロ野球のシーズンでは、かなりの“数字”を残している選手が、全く頼りにならなかった。シーズン中においていかに「温室」の中で、ユニフォームの「威厳」を翳して“結果”を残しているかが窺い知れた。そしてファンは、どんな“状態”であってもオリジナルな吹奏曲に合わせて、集団一斉的に共通した動作を惜しみなく繰り返し、声を枯らして“場面を選ばず”「ホームラン」や「かっとばせ」を連呼する、無批判な「声援」を無条件に提供する。僕自身の偏見に満ちた感覚であるが、たぶん肝心な一球を見つめる精度など無関係であるがゆえに、どんな凡フライでも溜息の前に歓声が立ち上がる。無批判な妄信ともいえるファンの姿勢が、こうした「温室」に加味されていると言わざるをえないのではないだろうか。

「温室」という意味でいうならば、ドーム球場の快適さもまた同じ。僕自身も雨風を防ぎ快適な温度で、場合によると花粉症まで改善されたかのように感じる“ドーム球場”の恩恵を高い入場料を支払い享受した。快適なのは観客のみならず。寒さや風の影響を受けない環境は、まさに選手にとっても「温室」である。海に面したサンフランシスコの強風とこの時季の寒さにおいて、日本代表選手が逞しく野球をしているようには、映像を通じても観て取ることはできなかった。野球は大空の下でやるものである。

MLB所属の選手が全く参加しなかった影響は、単に技術の問題ではない。どんな環境にも適応し、常に負けたら(実績を残せなかったら)いつでも自由契約さえあり得る環境で闘う、迫真の勝負師がいないということだ。だがしかし、今回のWBCを通じて感じたのは、MLB偏重の意識だけではならないということ。一野球ファンとして、日本のあらゆる野球において真の勝負を見出せるよう批判的な視線を注ぐべきではないかと感じられた。それはどこか政治・社会に対する“監視”にも似た社会的意識と共通するのではないかと思う。

民意の低さが政治を頽廃させるように、
日本野球を育てるのは、僕たちファンの意識なのではないだろうか。
4年後には日本野球の特長を存分に魅せられる日本代表が観たい。
一野球ファンとして昨日の敗北から新たな決意を心に誓うのであった。
“辛口”にあくまで批判的に全ての野球を愛してみようかと。
関連記事
tag :

一番今が素敵

2013-03-18
人は“今”しか生きられない
過去を悔恨し未来を夢想する。
だがそれも所詮は“今”の“行為”である。

遥かに生きて来た道を回想する。両親から生を受け、そこから己(おのれ)が始まった。本性として具えていたものは何か。そして生育環境が与えてくれたものは何か。そんな自問自答を繰り返す数日間を過ごした。

日常の喧騒の中にいると見えないもの、誤摩化しているものがある。“世界と繋がる”といった幻想を抱きながら、Web上への表現によって自己認識をする。目の前の“今”を本当に大切にしているであろうか。ひとりごとのような小さな呟きや写真等を友人に“見せる”ことが目的化して、五感をフルに躍動させていないのではないか。PCやスマホに向き合う本当の意味は何か。4日間の“デジタル断食”を経てこそ、書き込むことばの重みを再認識する。惰性でもなく、建前でもなく。

変えようのない過去。
今現在を大切にすれば訪れる未来。
そんな時間軸を再認識することが時に必要になる。

「虚」に「往」くとは。
何もないところに探究の心が宿る。
“ことば”から離れようとすれば“ことば”に回帰する。

「実」に「帰」すとは。
中身のつまった現実・事実・充実。
己のできる思考の往還によって高まる精緻なものを見つめる心。

次の自分を起動する時間。
現実を動かす力。
それは一番今が素敵だと認識し大切に生きること。

たった一つの素朴な方法。

関連記事
tag :

“デジタル”をひとまず置いてみる

2013-03-13
小欄への記事投稿は殆ど朝の習慣と化している。
そしてまたTwitterやFacebookを見て書き込むことも。
この5年間ぐらいで生活がこのように変様した。
自らが書いた情報は蓄積され他者の意義ある情報も共有できる。
大変便利でもありそれを良しとしてきた。
だが果たしてそうなのであろうか?

デジタルに浸り切った生活を今一度見直してみるべきではないか。そんなことをふと考えてみる。現実生活がありながらそれを投稿することで初めて意味を持つかのような錯覚に陥っているのではないか。写真を撮影し投稿することを最優先にしており純粋な現実の記憶を疎かにしてはいないか。いわば、「中毒」状態かのように“デジタル”漬けになっているのではないか。そんな様々な疑問を自問自答してみる。

慢性化し“デジタル”依存した日常を見つめ直す。
電波を遮断して己だけを見つめてみる。
それでこそ小欄に表現してきたことの意味も理解できるはず。

上記のような発想から明日より4日間の「更新」休息となる。
己の奥底を見直す為に最適な場所に暫くは身を置く。
そこで今までの人生そのものを反芻するとともに、
今現在という現実を感じ取りたい。
そして未来の展望として何ができるかを今一度模索する。

これぞまさに「虚往実帰」の理念を文章表現ではなく
“行動”として実践することになる。
「心を空にして先入観をなくしていけば
 ものの道理を知り得ることができる。」

「虚」となる数日間。
文章でもことばでもなく
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関連記事
tag :

3.11からの2年間

2013-03-12
14時46分どこでどんな状況であったか。
忘れようにも忘れられない時間の記憶。
命があってここまで生きて来られた。
身体に刻み込まれた記憶は、あの日あの時を常に蘇らせる反応をする。
自宅近くの横断歩道で信号待ちをしていたあの日の場所に立つだけで。

3,11から2年間という時間が経過した。この間、僕たちは何を考え、何をして来たのか。被災し命を落とした多くの方々のご冥福を祈るとともに、生き続けられる僕たちが、何をしていかなければならないかを深く考えたいと痛感する1日であった。果たしてあの日から、何が変わったのか。

学校等では半旗が掲げられている。記憶を退化させない一つの象徴的な方法であろう。また被災者の方々の慰霊式典も開催された。「第二の戦後」とも呼称されたこの未曾有の大震災に対しての政府としての姿勢が見える。記憶を保存し式典として形を整えるのももちろん重要であろう。だが、あの日から僕たちの中に巣食ってしまった“思考”をどのように表現し未来に継続していくかという意識の上での前進というものは、何をどのように表現したらよいのだろうか。

「安心・安全」の崩壊。そして「情報の信頼性」が揺らぐ。この大震災は、地震と津波という自然の猛威のみならず、福島第一原子力発電所事故という人災を伴う複合的災害として、今も尚多くの問題を抱え込んでいる。大きな枠組みで語るならば、戦後日本社会の裏側が大量に露出したといえるかもしれない。2年前の担当政権による対応にも多くの“過ち”があったであろう。だがしかし、それを局所的な“過ち”では済ませることのできない、日本社会そのものが抱え込んでいる負の裏面が構造的に明らかになったのである。

「復興」へ向けての合い言葉として「一つになろう」といった類のものが喧伝されるが、果たしてそれだけで真の「復興」は遂げられるのだろうか。「一つになる」ということで、個々が置き忘れてしまう重大な“意識”があるように常々感じている。いわば、僕たちの生きる社会が、どのような構造の上にどのような悪弊を抱え込みながら歩んでいるのかを“思考”すること。その意識の高さを喚起しない限り、真の「復興」はあり得ないのではないのかということである。

小欄にも「2011.3.11以降」というカテゴリを設置し、様々なことを思考してきた“つもり”である。そこに刻み込んだ意識を更に錬磨し進化させていく必要性を、この2年目にして新たに誓うのである。

この2年間を自分はどのように歩んだのか。
そんな個人的な振り返りを重ねてもやはり
忘れてはならない“意識”がそこに刻まれている。

関連記事
tag :

批判してこそファンである

2013-03-11
スポーツの贔屓チームがある。
本拠地の試合でファンがどんな姿勢を持つべきか。
仮に贔屓チームに“プロ”として納得できないプレーがあったとする。
それを徹底的に批判するのが真のファンであると思っている。
無批判な選手への応援は、そのチームへの愛に欠けるというのが僕の信念だ。

米国のMLBを現地で観て来て、こんな信念が一層強まった。とりわけ僕が贔屓にしているチームの本拠地ではそんな姿勢が強い。地元チームの投手が四球を連発すれば、激しいブーイングを浴びせ、怠慢なプレーすれば野次を飛ばす。もちろんライバルチームへの“攻撃”も半端ではない。先発メンバーの発表時点から、気に食わない選手にはブーイングが飛ぶ。

地元紙を始めとするメディアもまた同じ。不甲斐ない選手を批判的に論評する。契約金や年棒に匹敵しない働きしかしない選手には、容赦のない酷評が待っている。それでこそ地元がチームを育てているという感覚があるからだろう。日本における特にスポーツ紙といった類が、贔屓チームに対して“妄信”してしまう視点で見出しを掲載し続けるのとは、実に対照的である。

久し振りに日本の球場で野球を観て、やはりファンの応援姿勢の違いを痛感する。僕が小学生の頃は、それでも贔屓チームへの“愛”のこもった野次を飛ばす“大人”が数多くいた。現在は、多くのファンが集団的に塊となり、鳴り物に合わせて声を揃え、共通した道具を手に持ち共通した動作で共通した歌詞を球場にこだまさせる。必然的に打撃の成否を“妄信”的に判断するものだから、凡フライに対しても大きな歓声が巻き起こる。

ところが昨日の東京ドームで、久し振りに“熱い野次”を目にした。不甲斐ない投手交代をした際に、ベンチ前に出て来たコーチに徹底的な野次を浴びせた中高年の男性がいた。僕は思わず時代が30年ぐらい戻ったかのような印象を持った。周囲の観客はあっけにとられていたが、こうした批判こそ日本代表チームを愛するならば、必要なのではないかと僕は感じた。

日本プロ野球の人気が低迷したといわれて久しい。視聴率が取れないという理由でテレビ放映自体が少なくなり、生活の中から野球の影が薄くなる。それでも4年に1回のWBCの折は、かなりの視聴率となるという事実がある。やはり日本国民は野球が好きなのである。だがしかし、権威主義的な球団への一極集中の構図や、“プロ野球選手”が特権を持っているかのようにファンに対して接する態度を見るに、改善すべきことは山積している。日本プロ野球を愛する一人として、こうした機会に様々な改善点を模索したいと強く思う。

ファンがチームを育てる。
宮崎に召集された日本代表が、不甲斐ない試合を重ねて来た。
しかし、ようやく“チーム”らしくなった。
東京ドームで観た試合もさることながら、
数人発見できた“批判”精神をもって観戦する方々の存在に、
大きな期待を感じた。
試合の勝敗以外に、もう一つのWBCの意義を忘れてはならない。
それは僕たちファンが成熟する重要な機会なのだから。
関連記事
tag :

アジア人としての特長とは何か

2013-03-10
連夜の野球観戦。
野球狂としては最高の日々が続く。
前日に日本代表と熱戦を展開した好敵手・台湾代表がキューバと対戦。
双方が負ければ敗退という窮地の試合。

前述した文章からして「台湾代表が」を主語として語っている。東京ドームへ出向いた際の心境としては、明らかに「台湾代表側」を応援したいというものであった。1次ラウンドでキューバには敗北を喫している日本代表。それが台湾代表には逆転勝ちという精神的な要素があるのも確かであったが、この球場の局面で意識されたのは、自らが「アジア人」であるという自覚である。

東京メトロ「後楽園」駅前の歩道橋上からして、台湾の方々が国旗や応援プレートを配布している。球場内も1塁側には多くの台湾の方々が応援に駆けつけていた。これは「国際大会」なのであるという気持ちが、弥が上にも高揚する。それでもスタンドは前日に比べれば空席が目立つ。僕の周囲に座っていた人々も「6試合通し券」であると言っていたので、何人かに会えるものかと思っていたが、前日の興奮を語る相手は皆無であった。

チケット購入額の問題ではなく、野球ファンとしてこの「国際大会」を6試合とも見守りたいという気持ちが強い。日本代表の応援という目的のみならず、様々な国がどのような野球を展開するかを現場で観るのが、この大会の重要な意義だと考えたい。するとそこから見えて来るものがあるからである。

米国発のこのBaseBallというスポーツは、今や中南米とアジアに盛んな拠点があるといってもよい。その中心的な存在がキューバであり、この大会で2連覇している日本といっても過言ではないだろう。この日の「キューバ代表対台湾代表」の試合の図式も例外ではなかったが、往々にして「強力打線対投手守備」という図式になる。アジア諸国チームが、身体的パワーで勝るカリブ海周辺諸国に勝つには、どれだけ「守り切るか」という要素が重要である。

その図式がキューバ代表有利に作用し、14対0(7回コールド試合)で台湾代表は、この大会から姿を消した。台湾チームの選手の中には、日本プロ野球で成功している選手も目立つ。もはや野球はアジア全体で観るのが妥当だと感じさせる国際大会でもある。

爆発的なパワーではなく、
精緻さと堅実さをどれほど忍耐強く押し通せるか。
この競技でアジア人の特長を活かす要点であろう。
だがしかし、その精緻さと堅実さをキューバは学んで実行している。
それを目の当りにすると、
どれだけお国の殻に籠ることが愚かなことかが自覚される。
「日本プロ野球」の中のみで完結しない
野球界の発展を望むと同時に、
1ファンとしてそんな意識を声高に喧伝していきたいと思う。
関連記事
tag :

土壇場で発揮する真価

2013-03-09
9回裏2アウト1点負けているという場面。
ここで打席に入る当事者の心境を想像できるだろうか。
アウトになれば試合終了となるが1塁走者として盗塁が敢行できるか。
まさにこのような“土壇場”で盗塁成功。
そして同点適時打を放つ。
これぞ野球選手として真価が発揮された場面だ。

野球の国別対抗戦、WBCが2次ラウンドに突入した。過去2連覇している日本代表だが、今回の大会は苦しい状況が続いている。この日も、台湾代表に終始リードを許す展開。そして1点差で9回2アウトまで追い込まれた。四球で出塁した鳥谷が、2アウト後に二盗を敢行し成功。そして井端が中前適時打で同点とした。

土壇場の窮地で自分の仕事ができること。
そこで物怖じしない冷静な判断力。
また打撃の基本ともいえるセンター返しを行う堅実さ。
薄氷を踏むような場面で“プロ”の仕事を目の当りにした。
その興奮たるや喩えようのないものがある。

土壇場でこそ自らを客観視できる
冷静沈着な精神性を持ち合わせたい。
追い込まれたと思った時は、相手も追い込まれているものだ。

またまた野球の虜になる場面を観てしまった。

関連記事
tag :

教員は学び続けるべきだが

2013-03-08
教員が良い授業をする為にはどうしたらよいか。
いうまでもないが、「学び」続けることである。
だが、学校現場では真に「学ぶ」余裕が奪われることも多い。
学ぼうとする者の肩身が狭く、
忙殺されていた方が高い評価を受けることもある。
本気で教育再生を考えるならば、
まずは教員が学ぶ意欲に満ちるような環境を整備することである。
教育が充実している国ほどそのような状況である。

「教えるとは学ぶこと」などと月並に言われる。自らがどれほど深く教材を追究しているかによって、授業のあり様も大きく変化する。「教えて」いれば「学び」たくなるのが自然な発想であろう。僕の大学院時代の指導教授は常々語っていた。「文学研究は、究極の教材研究である。」と。研究学会で発表すれば、「日本一の教材研究」を実施したことになると。教材の解釈に新たな提案が為されるわけであるから。

ところが、往々にして「学んで」いると現場では勘違いされることも多い。「学校の“仕事”に集中していない。」といった見方が為されてしまう。学外に学びの場を求めて“出て行く”ことに対しても、なかなか正当な理解が得られない場合も多い。だがしかし、その程度に「学んで」いなければ、最大の“仕事”である「授業」を疎かにしていることにもなるはずだ。むしろ忙殺されている輩の方が、「“仕事”に集中していない」といえるかもしれない。

ある方にお会いして、学校現場とはどうあるべきかを改めて考えた。
その方は、常に自分で物事を発想し・調べ・書き・発表している。
それでこそ教材の深淵を語れるというもの。

教材のみならず、人の気持ちを察することにも敏感だ。
「学ぶ」とは「自己を曝す」ことでもある。
教員として何が大切か、今一度深く考えておきたい。

関連記事
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>