fc2ブログ

瞬発力ある行動

2010-02-11

10日(水)日常において、他人に何らかを説明する時の明快さは何に於いても求められる筈だ。ところが、重要な会議のやり繰りなどに至っても、回りくどく要領を得ない説明をする人物が多い。概して、話に瞬発力がなく、結論を最後まで述べようとしない。自己の話し方などを客観視できず、微細なことにしかこだわらない性癖の為せる技なのかもしれない。

 どんな職場でもそうなのかもしれないが、日本社会での会議は要領を得ない。大胆な改善を施して、意味あるものに変化させたような会社は、急成長する可能性を秘めている。しかし、会議なのだか報告会なのか、果てまた自己弁護の会なのかわからない状態は、参加していて空しさだけを残し、時間だけが過ぎてゆくのだ。

 
 この日は、個人的に来月に控えた重要行事の日程を確認。予想していた日取りではないと問い合わせ先からの返答。既に米国行きの航空券を確保しているだけに、即座な対応が求められた。早速、航空会社のデスクに電話。2日間遅らせる便の予約が可能かどうか調べてもらった。やや金額を上積みすれば、何とか予約できる便があるという。これを改めて検討するか、この時点で即座に予約するか、少々迷ったが、やはり瞬発力が肝要と思い、予約を確保した。

 その後は、すぐに重要行事後の宴会場予約も。これまたHPで調べるやいなや電話をしたところ、即座に希望する内容の個室が確保できた。瞬発力を以てしての早業だと、自分自身で感心した。

 何事も慎重に考えることも重要ではあるが、即座に対応できる力こそ、意味を持つ場合が多い。生きていると、実行しない後悔よりも、実行すると、たとえ後悔があったとしても、必ず何らかの意味が生じるはず。まず行動に移し、動きながら考えてもいいのではないかと思う。Twitterで多くの異業種の方々と交流していると、世界を舞台に、まさに瞬発力を以て行動している人々が、大変尊く感じる今日この頃である。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>