fc2ブログ

身体が重いときは重りで解消

2009-10-30
 29日(木)起床も6時と通常より遅い。何となく身体に重さを感じる。昨日は映画を観た爽快感から、鏡に映る自分の顔が健康そうであると自覚して寝たはずなのだが。心の動きと身体の状態は、なかなか自分でもその関係性がはっきり分かるわけではない。

 仕事は午前中で。午後は自宅で可能な内容なのですぐに帰宅。昼食は昨夜作った味噌煮込みうどんが、まだ十分に残っている。身体の重さは甘い食べ物を要求するようなので、コンビニでシュークリームとアイスクリームを買って帰る。どうやらこれで少し疲れが取れてきたような気もする。その後は順調に仕事内容を終える。

 夕刻からはジムへ。行こうかどうしようか迷ったが、やはり身体が重いときは「重りを挙げた」トレーニングで解消すべきかと、ボディパンプに向かう。この週末はハロウィンだということで、今日のレッスンでは、インストラクターの女性が猫に扮していた。どうやら先週には「仮装して来て下さい」と会員にリクエストしていたみたいだが、聞き逃していた。参加する会員の中にもカボチャのかぶり物を付けてきている方が1名。レッスンが進むとそのかぶり物が、ヒヨコやゴジラに変化する。この1名が脚光を浴びていただけだ。クリスマスに比してハロウィンは日本にはまだ十分に馴染んでないみたいだ。

 トレーニング後は、馴染みの中華屋。いつもウエイターの中国人男性が笑顔で迎えてくれる。水餃子・肉野菜炒めに玉子炒飯。食べ過ぎかとも思ったが、筋力トレーニングをして食べないと、またまた疲れだけが残る。野菜と肉と炭水化物とのバランスを考える。そしてこの日は、酒を断った。特に飲みたいとも思わなかった。帰りに会計を済ませると、いつものように「ありじゃしたー!」とやや中国語訛の笑顔で見送ってくれる。自分にとって欠かせない一店である。

 帰宅してソファでくつろいでTV。長妻厚生労働大臣が生出演していたが、何とも厚生行政は課題が山積のようだ。しかし、言っていること、行おうとしていることには国民の立場を重視した内容であり、誠実に話している。こうした政治家が台頭してきたのは心強い。しかし2055年には、1人の働く若者が1人の高齢者を養う世の中になるという。現在は3人が1人を支えている。司会者が眉を顰めて、「騎馬戦から肩車になってしまうんですね。」と比喩していたが、少子化対策は急務のようだ。

 そうこうしていたらソファで寝てしまっていた。身体の為にはまたよくない。規律よりのんびりしたので、まあリラックスしたと解釈することにしよう。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>