fc2ブログ

小事にこだわるには・・・

2009-10-12

11日(日)通常よりはゆっくり起きて、何をしようか決めない休日。自然と平日にはできなかったことを発見し、そぞろに心が動く。出版社への返信書類作成とか航空会社のマイル関係の書類返信とか。何より一番の重要事は、布団を秋冬仕様に変えることだ。上に2枚着込んだりすることで、夏用薄手の掛物で「我慢」していたが、さすがに寝ていて寒さを感じる今日この頃である。布団をベッドの下から出すと、ビニール袋の中の防虫剤が減っている。春先からタイマーを仕掛けておいたように半年近くの時を経たのだ。

 午後は読書。新たに新聞の書評欄に読みたいものを発見したので、「批評」系統のものを早く読み終えねばならない。新聞といえば今日付天声人語に次のような一節が引かれていた。「小事にこだわるには人生は短すぎる。」もっともだと納得。思考の地平を、いや宇宙を開くように無限に読書から学ばねばなるまい。

 夜は、妹弟の家に招待されて「お好み焼きパーティー」。母が仕事に一段落を付けたので、今までの苦労を労うのが趣旨だ。変化の激しい世相の中で、仕事に取り組む環境や経営者の考え方も千差万別。こうした家人の中を見ても、仕事への様々な取り組み方がある。上司や同僚の考え方をどう捉えるかも、会社の中でさえ様々な考え方が渦巻くようだ。「退職」というと、とりわけ日本では一大事として考えがちだが、「次なる人生の準備期間」に入ったと、肯定的に捉えればいい。終身雇用が絶対的ではなくなった今、「会社」は人生において「小事」に他ならない。母には、自分だけの時間を過ごし、自分だけの時間を発見して欲しいと切に願う。

 0時前後に帰宅して、深夜1時過ぎからのMLB中継に備える。心酔しているチームが、負ければ今季敗退という背水の陣で臨む試合だ。その結果やいかに?夏以来、この日記ではない、野球関連ブログを疎かにしていたので、詳細はそちらに譲るべきであろう。

 時間・季節は確実に変化し続けている。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>