fc2ブログ

思い通りには・・・

2009-10-09
 8日(木)。台風18号が日本列島を縦断していった。早朝から荒れ模様の天候。首都圏の交通機関にも乱れが生じていた。そのあおりで仕事もキャンセル。どうにか通常通り職場まで到達できただけに、自主的に自分の出来ることを進めるしかない。

 それにしても公共交通機関というのは、特に日本では定刻運行が遵守される場合が多い。そうかと思うと、まったく予期しないことから、自身の大きな期待をいともた易く裏切る場合もある。巡り合わせか運命か、重要な要件を抱えている時に限って、アクシデントに見舞われてしまう。物事は簡単には思い通りにいかないことが、日常において象徴的な形で姿を現す。この遅れには何らかの意味があったのか、などと自分なりの解答を模索してみるが、結局は予期できない天災か、機械は必ず故障する場合がある、という点に帰結することになる。

 「先方と縁があるかないか」というような表現も、これと似て予期しない結果となる場合が多い。自分側は常に最善のプレゼンテーションを展開していると自負するが、先方が出してくる結果は、こちらが納得できるものではないことが多々ある。自己のアピールが足りなかったのか、それともアピールした点が、逆に先方には欠点に見えてしまうのか、それは最後までわからない。理由はともあれ、いくつかの選択肢の中から、自分を選択してくれるかどうかという時には、最終的には「相性」とか「縁」とかいう部分に理由を求めるしかないのが現実のようだ。

 午後はやや気分がすぐれず無益に過ごした。強風も収まったようなので、夜はジムへ行きボディパンプ。全身の筋肉を刺激すると、精神的にも解放されてくるようだ。今日のクラスは、特に大きな声を掛ける人が多く、お互いを励ますような雰囲気の中に進行した。プログラムに参加するメンバーも、その日の「相性」と「縁」によって決定する。その予測不可能な中にこそ、自身が出会う充実感が生まれてくるというもの。やはり思い通りでないものを発見した時の喜びこそ、何にも代えがたい貴重な存在になるということを自覚する。予測不可能な「寄り道」こそ冒険の醍醐味であるともいうではないか。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>