fc2ブログ

正しさと批評の自覚

2009-10-04
 言語は単なる道具ではなく、世界自体を言語が造り上げている。こうした立場をとれば物事の考え方も知的で批評的な方向を得られる。正しさとは何であるか?あるパラダイムで「正しい」とされていたことが、状況が変化すれば「正しくない」ことに、いとも容易に変化するものであるはずだ。

 よく発言の端々に、「・・・して当然だ。」とか「・・・が常識。」と言って、自身の今現在の状況でしか通用しない「正しさ」を、他者に押し付ける人物がいる。これらの語彙が存在する時点で、「思考停止」を強要しているようなものだ。しかし、こういう輩に限って、「議論して」とか、「明確な意見を」とか「自分を省みて」などと、表面的に陳腐な語彙を使用して、狭い世界において他者を圧迫する。

 批評のあり方や奥行が急に気になり、夕方になって書店に駆け込んだ。批評に関する書物を数冊購入。自分の場合は、「文学」を起点にしているのだが、様々な批評への視点を拡大していくべきだと自覚した。「正しさの強要」という横暴の前に、自身がより理論的であるという自負を確立するために。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>