新刊『さらに悩ましい国語辞典』ー「忖度」の用例に納得

2017-07-06
メディアで頻繁に使用されるようになった「忖度」
「他人の心を推し量る」という意味のみ
「何かを配慮する」という意味はない

大学学部の先輩である神永暁さんが、新たに『さらに悩ましい 国語辞典』(時事通信社)を刊行され早々にご恵贈いただいた。当該書籍は、話題を呼んだ第1弾の『悩ましい国語辞典』(同社刊)の続編であり、Web上の「日本語どうでしょう」で神永さんが連載している記事を一冊にまとめたものである。先日は、宮崎日日新聞コラム欄「くろしお」にも引用されており、人口に膾炙した一冊といえるであろう。神永さんは長年、辞書編集一筋の人生を歩んでこられ、その調査・編集の中で得られた貴重な情報により、通常の辞書では表面化しない部分を興味深くまとめていて実に面白い。まさに日本語の奥行きを知り「言語感覚を豊かに」するには、当該書籍は常に座右に置きたい2冊である。学生から一般の方まで、そして繊細な言語感覚が求められる短歌関係の方々にも、ぜひとも推薦したい好著である。さて冒頭に記したのは同書において、今年上半期話題となった「忖度」の項目の記事の一部引用である。同項目は、「本来なかったそのような意味があたかもあったかのように使われ始めている。辞書編集者としてはそれが気になるのである。」と結ばれている。「あったものをなかったように」も許し難いが、その逆もまた「日本語」に失礼であろう。いずれも公言の中でさえ、捏造や揉み消しが氾濫していることを思わせる。


さて、まずは「忖度」は難読語ではという指摘もされているが、これほど話題にならなければ「ソンド」「フンド」「フド」などと誤読されることも多い語彙だと同書にある。そして何より同書同項目で納得したのは。神永さんが編集長を務めた『日本国語大辞典』における「忖度」の用例である。著名な福沢諭吉『文明論之概略』巻二第四章の文章が引用されているようだが、同書にはその現代語訳(神永氏訳)が示されているので、ここに覚書として引用しておきたい。

「人の心の働きはたくさんの事柄から成り立っていて、朝は夕方と異なり、夜は昼と同じではない。今日は徳行のそなわった人でも明日は徳のない品性の卑しい人になり、今年敵だった者が来年には友達になるかもしれない。人の心の働きが時機に応じて変化することは、それが現れれば、ますます思いがけないこととなるのである。幻や魔物のようで、あれこれ考えをめぐらすことも、推し量ることもできない。他人の心を忖度できないのはもとより言うまでもないことだが、夫婦親子間でもお互いにその心の働きを推し量ることはできない。単に夫婦親子だけでなく、自分の心をもってしても自分自身の心の変化を思い通りにすることはできない。いわゆる「今吾は古吾に非ず(=今の自分は昔のままの自分自身ではない)」というのがこれである。その実態はあたかも晴雨の天候を予測できないのと同じようなものである。」(同書p168・169より引用)


まさに人の心は「忖度」できないと云うのだ
それを心得た上で、夫婦親子関係を考えた方が健全なのかもしれない
時機に応じての変化に寛容であることを「愛情」と呼ぶのであろう。

スポンサーサイト
tag :

濫觴さまざま辿りて今に

2017-04-15
觴(さかずき)を濫(うか)べるほどの細流
長江も源流に遡ればそこから始まる
「細い流れ、流れの起源、転じて、物事の始まり。起源。起こり。もと。」
(『日本国語大辞典第二版』から)

漢語の持つ意味含有量は甚だ大きい。冒頭に記した「濫觴」なども「孔子家語ー三恕」に見える用例として、「孔子が子路を戒めたことば」と『日国』にある。故事成語のように、何らかの逸話・物語があって、そこで生じた含蓄ある「意味」を含み込んで二字や四字の熟語として通行する語彙となる。「矛盾」や「蛇足」というのもこれで、中学校教科書などでその原典を訓読した形で学ぶことが多い。こうした漢語を駆使するには、やはり漢文の素養が必要で、明治時代の漱石や鷗外などの文豪たちが漢籍の教養に長けており、漢詩なども創作していたのは周知のことである。中学校や高等学校の「国語」において「漢文」を学ぶのも、こうして日本語の基盤に「漢文脈」が存在するからであって、それを意識した「国語」学習をすることに考えが及ばない指導者も少なからず存在する。

一方で「和歌・短歌」は、明らかに「和文脈」を意識し発展・継承されてきた日本語表現ジャンルということになるだろう。江戸の漢学隆盛を受けて、明治の西洋文化の急速な流入。そんな社会・文化的背景の中で、西洋語の翻訳にも多く漢語が使用された。その上で平易でわかりやすい日本語表現を目指すならば、やはり「和語」が重要だということになろう。若山牧水の場合、その短歌表現は、「和語率」が高いことが既に「牧水研究会」の諸氏の評論で指摘されている。元来小生は、古代和歌に関する「漢文脈」から「和文脈」への様々な影響関係を研究テーマとしているだけに、こうした明治の短歌創作語彙の問題も実に興味深い。などと、ある方の歌集を読んでいて「濫觴」のタイトルがあったゆえ「漢籍の教養が高い」ことが窺い知れた。豊かな日常言語生活を考えるにも、「漢語」と「和語」の問題は決して無視できないのである。

「東アジア」の観点で日本語を考えること
短歌創作をするときの語彙選択を何如せむ
兵器による愚かな諍いではなく、言語的姉妹関係をもって対話を醸成するのが叡智であろう。
tag :

「強靭」の本質とは?

2017-02-10
「しなやかで強いさま。柔軟でねばり強いさま。」
(『日本国語大辞典第二版』より)
「其の強靭の繊維の力が脆く成って」(『土』1910 長塚節の用例から)

TVニュースを観ていて「強じん」という語彙・表記が気になった。例によって「ひらがな」で「じん」と、談話が文字化されて画面に映し出される。また「きょうじん」という音の響きは、「拗音+濁音」の組み合せで、聞く側に一定の強い印象を与える。音の連想からは、「凶刃」(凶悪な、また凶暴な人。)「京塵」(都の塵、転じてごみごみとしたわずらわしさ。)や場合によると魯迅の『狂人日記』に見られるような、比較的負の意味で使用される語彙さえ思い浮かぶ。「靭」の文字は元来は「なめし革」の意で「しなやかにじょうぶになめした革」のこと、転じて「しなやか」という意味の形容詞として「革のように柔らかくて丈夫である」という語感がある。(参考『漢字源』学研1988)だがしかし、どうもその本意にある印象をニュース報道におけるこの語彙からは感じられなかった。

膝などの関節を自由に動かすためにあるのが「靭帯」である。人間の身体で一番柔軟であり酷使される箇所ではないか。それだけに痛めやすい箇所でもあり、歩行や階段などに支障が出てくる場合も多いだろう。「しなやかで強い」ということは、裏を返せば「痛みやすい」わけであり、冒頭に記した『日国』の長塚の用例も、そんなことを語り出している。「靭帯」ばかりに負担がかからぬように、周囲の筋肉や骨の質それに血流なども含めて総合的に健全な状態を保つ必要がありそうだ。そのためにも栄養素への考慮や歩き方への配慮も欠かせないであろう。何事も部分的局所的に「強く」保とうとすれば、必ずその反動で歪みや脆くなる箇所が生じる。その歪みは次第に、修正できないほどに大きな齟齬になる可能性もある。「強そうに見える」箇所こそ脆いものであり、偏りによって痛みが生じるのは「膝」を考えれば明らかであろう。

語彙・表記に隠された語感
僕たちは言語感覚を豊かに、注意深くこれを読み取る必要がある
少なくとも「強さ」を豪語する輩は疑ってみたほうがよいだろう
tag :

書く漢語・話す和語

2016-11-24
書き言葉に適した語彙
話し言葉に適した語彙
やまとことばの持つ音韻性等々・・・

小欄の記事はあくまで「書き言葉」を前提としており、その内容をいちいち話す機会が多いわけではない。だが時折、書き記した内容を講義の「マクラ」に使用したり、むしろ逆に講義で展開した内容を小欄に記すことがある。その相互変換の際には、頭の中で自然にそれぞれに適した語彙を使用するようにしていると自覚している。最近の講義では特に、話す内容の要点をプレゼンソフトにまとめてスクリーンにプロジェクターで投影しているので、ある意味では「話し言葉」を「書き言葉」で補っているともいえるかもしれない。勤務先の学生は概ね誠実なもので、僕の「話し言葉」よりもスクリーンに映し出される「書き言葉」を、一字一句書写している者も多い。そのためか「話し言葉」の流れと速度でスクリーンの頁を先に送ったりすることもあるが、学期末の「授業アンケート」には必ずといっていいほど、「スクリーンの送りが早くて書き取れなかった」という”苦情”が含まれている。授業担当者としての僕としては、その時間は「書き写す」時間なのではなく、あくまで「話を理解する」時間なのであり、「聞き取った」内容をノートできる速度で講義を進行させているという意識なのであるが。

先述した事例ひとつにしても、現代に生きる者たちは「書き言葉」に偏重している。概ね講演会などでの聴衆の様子を観ていても、多くの人が手元の資料に意識は釘付けとなり、講演者の「話し」の機微を汲み取ろうという姿勢があまり感じられないことも少なくない。学会発表などでも「発表原稿」を読み上げる形式が多く、単に「語尾」を「話し言葉」に置き換えて「喋って」いる程度で、「音声」としての「書き言葉」が会場に流れるだけという状態が一般的かもしれない。大量の情報をその場で伝えようとするならば、やはり「漢語」の持つ情報含有量を頼りにして、「書き言葉」資料を中心に説明するのが効率的な方法といえるのであろう。アナウンスなどの不特定多数の聴衆を対象とした弁舌はむしろ逆で、同音語の多い「漢語」の使用を制限して「和語」を入れ込むことで聞き手にわかりやすく伝えるという配慮をするのだと云う。概ね「書く漢語」に「話す和語」という対象的な図式が成り立っていることになるが、これも日本語の長い歴史を考えると必然なことだと思われる。問題なのは、その「漢語和語混合率」に自覚的であるかどうかということではないだろうか。明治以降、新たな造語を含めた漢語使用が盛んに行われる中で、「短歌」においては「和語」の使用意識が保存されることに期待する、といった趣旨のことを上田万年(明治期の国語学者・「国語」の教科制定に尽力)が晩年に述べている。「短歌」そのものももちろん「書き言葉」化が進む中で、「表記」の問題にも繊細な知見を示したのは「短歌」であった、という点に関して何らかの機会に論じてみたいと考えている。

意図的に「漢語」率を高くする講義
聞き手たる学生の意識覚醒のために試みることもあり
「やまとうた」の名にし追ふゆゑんをおぼゆるべき
tag :

「がまがえる」濁音の印象

2016-05-11
「蛾」という一文字の発音
「・・・が」という鼻濁音
濁音の印象深さのあれこれ・・・

「牛丼」というメニュー名は、大変な「ヒット」であると”名称研究家”の講評をどこかで読んだことがある。確かに漢字各文字に濁音が入り、鮮烈な印象を聞く者に与える。僕が中学校時代のこと、学校の近くに「牛丼店」があって、例によって比較的脂質の多い肉を煮込んだ具材なので、学級では「あぶぎゅう」などというアダ名を付けてみんなが呼んでいた記憶がある。一見、揶揄したような表現であるが、食べ盛りの中学生としては「あぶぎゅう」を食べたくて仕方がなかった。中高一貫校ゆえに学食があったのだが、あるとき水道工事か何かで学食が閉店した折には、弁当を持参しない生徒たちで担任の先生に懇願し、代表者がまとめて購入に行くことを条件に「あぶぎゅう」を20個ぐらい買い込んできたということさえあった。「ぎゅうどん」並びに「あぶぎゅう」の思い出は、今でも時折僕をあのオレンジの看板店舗に誘引する。

高校の頃に「鼻濁音」について書いた書物を読んだせいか、はてまた「江戸弁」ネイティヴであるからか、比較的無意識に「・・・が」を発音することができる。文法上の助詞の発音は、特に〈教室〉での「教科書読み」では不自然になりがちである。必要以上に助詞を強調してしまい「鼻濁音」どころか、強度のアクセントが文体の自然な流れを破壊するがごとき読み方である。むしろ「がまがえる」や「蛾」という名詞の濁音と同等の発音であるにもかかわらず、「はっきり大きな声で読む」ことをよしとする〈教室〉では誰しもがその偏向に気付こうとしない。従来はまったく違う発音であるにもかかわらず、それを同一視してしまう間違いであると誰かが声を大にして言わねばなるまい。特に害があるわけではないので否定的に言うのは気の毒だが、「がまがえる」や「蛾」という強度なアクセントの濁音は、「嫌悪」の感情さえあるような気がする。ましてや「茶毒蛾」などは触れるとかなりの腫れを来すので、嫌悪し注意する対象として言葉としての濁音が活かされた例ではないかとさえ思う。企業名としても釣具の「がまかつ」など、またPCの「DELL」などの外来語であっても、濁音によって印書深くするという作用が有効に働く例もあり、その発音に意識的になるべきであると思うことがある。

〈教室〉の「音読」の不自然さを解消したい
そんな思いでこの夏の企画を検討中である
お店の名前など、濁音について意識的に生活をしたいものである。
tag :

「青」か「緑」か?信号機の色彩表現に学ぶ

2016-05-03
「江碧鳥逾白〈江碧(みどり)にして鳥逾(いよいよ)白く〉
 山青花欲然〈山青くして花然(も)えんと欲す〉」(杜甫「絶句」より)
 色彩表現について考える

SNS上で知人の研究者が学部時代の先輩後輩だという記事を挙げていたので、山口謠司氏著の新刊『日本語通』(新潮新書)を購入した。読み始めて開口一番、冒頭の杜甫の有名な漢詩が掲げられていた。高等学校教科書にもよく採択されている教材であるが、果たしてこの二句を解釈する際に、「碧」と「青」の意味を道理とともに明快に教示する高校教員がどれほどいるだろうか、などと考えさせられた。実に分かりやすい対句構成であるが、よもやこの二句が「対句」という知識のみを教えている授業はないだろうかという懸念である。「江」は「山」と対になっているので自ずと意味は分かるであろう。この双方がそれぞれ「碧」と「青」という色彩であることをこの漢詩は述べるのであるから、まさに日本語で信号機が「みどり」でありながら「あお」と呼称される理由を明確に説明する用例として貴重である。さらには「鳥」は「白」で、「花」が「然えんと欲す」というのは「燃(える)」の文字に通じて「炎のようなあか」を指すということになる。漢字は部品を見れば意味がわかり、それを推測する思考にこそ漢文教育の意義もあるというもの。

「碧」は「碧玉」という語が表すように「青く澄んでいる石」のこと。「紺碧の空」はどこぞの大学の応援歌であるが、「碧雲」「碧空」など空の青さに通ずる漢語がある。また冒頭の漢詩のように、「碧水」「碧波」と水の色彩を表現する際にも使用される。また「碧草」や「碧緑」など「みどり」に通じる語もあり、「無色の奥から浮き出すあおみどり色」(『漢字源』学研)という色彩感覚である。一方、「青」に関しては先に紹介した山口氏のご著書にあるように、漢字としての上の部分が「植物の新芽」で、下が「湧き水」であると云う。(字源というのは諸説あるので、あくまで一説として考えておく)まさに「新緑」を「青葉」と呼ぶことから分かるように、山口氏曰く「ピチピチした緑色を表す漢字」だということだ。同書で「青」は、「未熟である」とか「官位が低い」などの意味も紹介し、「出藍の誉れ」の「藍色」にも言及した上で、明治以降の「英語やフランス語」の流入で「青」と「ブルー」が混同したと解している。

色彩表現は難しい
それだけに各時代の文化を背負って今に至る
現代語の運用に活用できる漢文教育をさらに模索しなければならないだろう。
tag :

「漢字」か「かな」かの受け取り方

2016-03-06
蕎麦屋で「大もり」と注文
「何の大盛りですか?」
バイトらしき女子の返答

母校で研究会があり昼食をと思って蕎麦屋に入ると、冒頭に記したような事があった。すかさず馴染みの旦那さんが「もりそばの大盛り」とフォローした。そのことで彼の女子は「大盛り」ではなく「大もり」という語彙と表記を学習したであろうか。どうも教師というのは、日常の些細な場所でも、「教えたくなる」性癖があるようだ。もしや小欄の文章を書くことそのものも、「人に教える上から目線」になってやいないかと、時折心配になることがある。研究会の懇親会で何人かの方々のブログを読んでらっしゃるという先生から、「以前は教師然としていた」と評していただき、「だが今は・・・」という評語にありがたみを覚えた。読者を想定することは自己の「書くこと」「話すこと」といった表現力を、意識的に高める良い手段であるということもあらためて実感した。小欄なども「何のために」は、執筆者の意図が絶対であるわけではなく、享受者の捉え方によって様々な「意味」が生じるということだ。学生などにも、ぜひこのことは伝えたいと思う。

「大もり」か「大盛り」かはこうして打ち込むと変換候補に羅列されるが、「漢字」「かな」の問題は大変重要であると、この日の研究会でも再認識した。古典写本の書写段階で行や表記のみならず変体仮名の「字母」までを注記するという態度。元にする「親本」を「骨肉化」するという書写のあり方に、日本語を考える上で大変重要な視点がある。現代では変換候補からも実に安易に語彙選択をしている日常が散見されるが、自戒を込めて「漢字」「かな」をどう意識的に使用するかには、こだわりを持つべきだろう。僕も「教師然」としていた頃、高校生に多くの漢語を知ってもらいたいがために、意図して「書くこと」も「話すこと」にも、漢語を多用した時期がある。特に授業など「話すこと」の場での「漢語」は伝わりづらいのだが、そこに享受者の「考える」要素が生じることを信じて疑わなかった。これもまた読み手・聞き手に対する意識には違いないが、まさに「教師然」を形作る要素であったのではないかと今にして思う。

和歌を読む 短歌を詠む
そこに介在する「漢字」「かな」
文学に向き合う上で今一度深く考えたい視点である。
tag :

「一般」「当然」という語法

2015-07-28
「一般には・・・ことであります。」
「・・・は当然のことであります。」
どちらも発話者の恣意的解釈だと心得た方が・・・

文学教材を読む際に、その表現を「一般化して捉える」などという場合がある。元来が固有の発想で書き込まれたテクストであるものを、「一般」という尺度に押し込めるのは、やはりある特定な解釈者の恣意に拠るもの以外の何物でもないように思う。その「恣意」を包み隠すために、「一般」という誰しもが納得しているように”見える”語彙を使用しているに過ぎない。その「恣意」を更に突き詰めると、実は「例外」が限りなく広がる余地を示唆しているのであり、敢えていうなれば「例外」を「一般」化する意図が透けて見えて来る。某新聞社の「国会答弁」に対する分析記事を読んで、国語の授業にもこうした強引な手法が潜んでいて、その語法の先にこそ、国語に対する不信感や嫌悪感が垣間見えてしまう。



内田樹『ためらいの倫理学』(角川文庫2003)に次のような記述がある。

「私たちは知性を検証する場合に、ふつう「自己批判能力」を基準にする。自分の無知、偏見、イデオロギー性、邪悪さ、そういったものを勘定に入れてものを考えることができているかどうかを物差しにして、私たちは他人の知性を計算する。自分の博識、公正無私、正義を無謬の前提にしてものを考えている者のことを、私たちは「バカ」と呼んでいいことになっている。」(p42)


前述の「一般」を語る場合が「公正無私」を、「当然」という語法の場合は「正義」を、「無謬の前提」にものを考えていると露呈しているわけであり、そうした発言者を内田氏は、「「バカ」と呼んでいい」としている。少なくとも「学校」という場では、「論理的思考力」などを育めと云っているのであるから、「バカ」と規定される範疇でものを考えるのは避けるべきであろう。ところが「国語」の授業一つをとってみても、教師は「博識」と見せ掛け、「公正無私」という実は個別で恣意的な尺度を押し付け、偏向した「正義」を翳して反論を押さえ込んでしまっているのではないか。まさに「バカ」を育む授業になってはいないか、ということを授業者がその「無知」「偏見」「イデオロギー」「邪悪」だと「自己批判」していなければ、「論理」や「思考」の前提となる「知性」は育まれないのではないだろうか。

「丁寧に説明する」のが最良の手段なのか?
否、「繊細に緻密に自己批判」できてこそ信頼たる語法となる
などと書き連ねつつ、己が「バカ」かどうかと自問自答し続けている。
tag :

「適切」たる意味の幅

2015-06-17
「適切に判断せよ」
「最も適切なものを選びなさい」
「適切」の意味を”適切”に捉えるには?

「適切」とは国語辞典(『新明解第6版』)に拠れば、「その場(物)などに、よくあてはまる様子だ。」とある。漢和辞典(『漢字源』)で「適」の字を引けば、「1、ゆく。まっすぐにいく。まともに向かう。」「2、とつぐ」「3、心地よい。思い通りの。」と多様である。いずれの場合も、「その場(物)」の基準の如何や、「まともに向かう」の「まとも」をどう捉えるかによって、その意味に振幅が出るようにも思われる。また、同じ「適」の字を使用した漢語であっても、「適切に行なった。」と「適当に行なった。」では日本語としての語感に大きな差が生じる。更には「かなう」と読めば、「ぴったりとあてはまったさま。」と漢和辞典の意味にはあるので、「まともに当たる」といった語感も生ずる。

試験の設問には「最も適切なものを選びなさい」とある。嘗ては「正しいものを選びなさい」とされていたこともあったが、今は選択解答式のセンター試験「国語」でも前者の表記である。なぜ「正しい」から「最も適切」に変化したかといえば、「正しい」は作問者の恣意こそが「正解」であるという趣旨が強く反映するからだろう。作問者のみならず、「一般的」に考えて「ぴったりとあてはまる」ものを選びなさい、というのである。更には「最も」が付随するのも曲者である。二番手・三番手に「適切」であっては「正解」ではなくして得点にならず、「もっとも」な基準に適ったものを選べといっているのだ。その基準には、行き着く所は作問者の恣意が反映せざるを得ないのではないだろうか。

語感を和らげつつ強制する策略がある
「適意」とは「自分の思い通りになること」である。
昨今、巷間で頻繁に聞かれる「適切」の意味の幅に御用心あれ。
tag :

「絶対」「全く」ー語法の恐怖

2015-05-15
「・・・ない」の前に付く副詞
「まちがいなく・・・」「全面的に・・・」
100%など人類史上「絶対に全くない」

自らの日頃の行動を省察すれば、いとも簡単に気付くだろう。「絶対」が絶対ではなく、「まったく」が全面的でないことに。あくまでそれはむしろ願望に過ぎず、「絶対」「まったく」ではない可能性を示唆している。とりわけ議論の中において、対立意見にこうした副詞の語法で答弁するのは、「絶対にまったく答えになっていない」のである。対立する側に対しての「全面的否定」は、自らの脆弱性を露呈しないがために隠れ蓑を着ているに過ぎない。確固たる信頼というものは、むしろ対立意見の可能性を認めて、そのような場合には具体的にどうなるかを慎重に緻密に知的に構築しているということであろう。

「絶対」を辞書で引くと筆頭に、「他に対立するものが無いこと。」(『新明解国語辞典第6版』)とある。その立場は確かであるかといえば、むしろ相対化されない偏向性が際立った脆弱な立場となることは、歴史を紐解けばいくらでも容易に理解できる。換言するならば、「絶対」という立場をとった時点で、対立側を排除するわけであるから、幼稚で妄信的な思い込みを恣意的に持続するための語法であるのは明らかだ。まさに「裸の王様」の逸話のように、「絶対にまったく裸ではない」という語法によって妄信するための環境整備をしているに過ぎない。そのような「裸の王様」”語法”が、頻用される情勢を鑑みるに、誠に究極の憂いを抱くことを禁じ得ない。

「当然・・・ではない」「・・・は当たらない」も同様に
言葉は発話者の思考を表面的に炙り出す
人文学研究は、それほど現実に活用できないなどと舐めてもらっては甚だ遺憾である。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>