fc2ブログ

県内公立図書館の夢を語ろう

2021-08-24
県立図書館主催の専門研修
創発読書活動による対話を
研修そのものを対話的な活動で

本来は県立図書館に一堂に会して実施する予定でああったが、オンラインでの開催を余儀なくされた研修で講師を務めた。県内の公立図書館における司書や職員の方々が参加し、「読書活動」を据えた図書館づくりを考える研修会である。今の時代、図書館は蔵書・資料を揃えて利用者を受け身で待っていることは過去のものとなった。地域に根ざした活動を図書館に仕込み、その活動に参加する地域の人々が互いに出逢い、蔵書・資料を活用して新たな発見や創造をしていく場と認識した方がよい。まさに図書館は「創発」の場である。「創発」とは「要素間の局所的な作用が全体に影響を与え、その全体が個々の要素に影響を与えることによって、新たな秩序が形成される現象。」(『デジタル大辞泉』より)と辞書にある。元来は『岩波生物学辞典』に「創発的進化」が項目にあるように生物学などで使用されていた語のようである。物質や細胞の化学的・物理的変化による「新たな秩序の形成」と考えればよい。人間の思考もまだまだ「創発」する必要があるということだ。

さて、研修はまずある県内公立図書館の「読書活動実践報告」で始まった。「古い・暗い・汚い」図書館から「重厚・貴重・綺麗」な図書館への転換を目指し書架等を整備し、また地域の人々とつながりながら、自らの弱点を補強して人々が出逢える図書館づくりを目指していた。各公立図書館は施設や予算には限界がありながら、地域の人々の力を集めるということが肝心と思う。その後、僕から「読書活動の意義」について話した。「読書は体験である」という基本的な姿勢を元に、「人生を増やす」「自分を見つめ直す」など、読書活動の基本的な考え方になる内容をお伝えした。午後は宮崎大学附属図書館の学生創発活動実践についての報告を元に、「うちの図書館の夢」についてオンライン班別対話を実施した。「コロナだからこそできたこと」を自己紹介に盛り込み、結論を求めず自由奔放に質より量で他のアイディアとつながる自由な対話をすることができた。これも実情ではオンラインであるからこその効用、よって今後は県内でもオンラインでつながる企画などを展開すべきという「体験」にもなった。総じて、参加者は自らが夢を語るという体験を通して、あらためて各地域で「人々に夢を与える図書館づくり」をお土産にしたようである。

一方的でなく語り合う研修形式
「短歌県の図書館」という点も強くアピール
文学を大切にする「みやざき」に生きた血が流れ始めた。


スポンサーサイト



tag :

空(ゼロ)の発見ー創発読書会Vol7

2021-06-12
車輪が回転するのは中心に「空」な部分があるから
「無為」にこそ大きな力が宿っている
端役が人と人とを繋ぎ社会が動く

朝から講義の準備、国文祭・芸文祭みやざき2020の附属図書館連携企画の打ち合わせ、講義、学部内での打ち合わせ、と隙間のない1日を過ごす。その隙間時間には、メール返信など「やるべきこと」は絶えない。常に「走ってる」ような状態であり、「自己」という「車輪」はどのように回っているものかと思う。「回転」し続ければ摩擦が生じ、やがて熱を帯び摩滅していくことになるのだろうか?『老子』に「三十輻一轂を共にす」のことばがある。『故事俗言ことわざ大辞典』によれば、「車輪は三〇本の矢が一つの轂(こしき)に集まり、轂は中心に穴があり、空であることによって回転できることをいう」とある。物事が回るためには実は「空(ゼロ)」なる部分が何よりも重要であり、目に見える「三十輻」はその車輪全体の均衡を相互に支えているということになる。生きる上でも「空」の時間を持たないと、うまく回っていくことはできないということになるだろう。

『老子』の話題は創発読書会で議論して再考したものだ。夕刻からオンラインで開催された読書会に参加して、ようやく「自己」を「空」にすることができたように思った。引き続き、河合隼雄『神話と日本人の心』を読んでいるが、「中空均衡構造」に関する記述の続きである。日本の場合は欧米に比べて、「調整」を旨とする長が組織の上に立つことが多いというのも興味が惹かれた。欧米からすると「長」には適さない人物が、なぜか「長」たる位置に座ることが少なくない。「調整」ならばまだ良心的な物言いだが、ここ最近は「忖度」にすっかり変化してしまった。リーダーシップなき新型コロナ感染対応を我々は目の当たりにして欧米諸国を羨みながらも、変質し歪んでしまった「中空」に身を委ねるしかない混濁の中にいる。明治以降の西洋文化の摂取・受容への前向きな姿勢の賞味期限も切れ、世界でも有数の経済大国であるという「過去の夢」だけを抱え込みながら、均衡なき歪んだ「車輪」がギクシャクしながら新型コロナの「悪路」を激しく揺れながら走っているのだ。そこに「TOKYO2020」という荷物を過剰積載を承知の上で、同じ「忖度」構造の中で車輪の上に載せようとしている。「歪み」ならばまだよいが、「三十輻」が折れ始め最後には「轂」の「空」を喪失した時、回転しない車輪になりはしないか?などと最悪の想定も考えておかねばならないのだろうか。

「空(ゼロ)」の存在を発見すること
「自然」の摂理に通ずる動きを歪めてはならない
せめて読書会の議論で意識化し、僕ら自身が均衡ある健全な「空」を保つべきか。


tag :

中空均衡構造ー無意識と思考の傾向(創発読書会Vol6)

2021-05-29
己が思考する傾向を知るには
「無意識」と「意識」の領域
河合隼雄『神話と日本人の心』読書会

前期講義も7週目に入りほぼ折り返し点、新入生も受講や課題に慣れて来たように見受けられる。毎回の講義課題については、講義外の学修を経てWebシステム上に提出してもらう。そこで必ず、短くともコメントを付して提出確認をしているのだが、次第に個々の学生の考える傾向が掴めてくる。まずは見よう見まねで課題に向き合って「やってみた」学生らに最近語っているのは「自分の思考の傾向を自ら意識せよ」ということだ。単純な二者択一方式で、一方の考え方を排除してはいないか?文学史などの場合は、往々にして自らが明治以降の近現代の偏向した思考に位置する場合が少なくない。しかも、それを「無意識に思考してしまっている」としたら大変に危ういことになる。形式的な「論理と名付けられたもの」よりも、「文学批評」こそが思考の道筋をつける。

講義を終えて夕刻からは、附属図書館「創発読書会」オンライン開催に参加。この日から河合隼雄『神話と日本人の心』(岩波書店)を講読することになっていた。日本神話の特徴を「中空均衡構造」として「中心にある力や原理に従って統合されているのではなく、全体の均衡がうまくとれているのである。そこにあるのは論理的整合性ではなく、美的な調和感覚なのである。」などと説明されている。これに対して「ユダヤ・キリスト教のような一神教の場合」を比較し「中心統合構造」と呼び、その「変化」や「進化」のあり方に違いを見るという考え方である。前者は「受け入れる」ことから始まるが、後者は「対立」から始まる。「中空均衡構造」の場合は、外来の優位性があるものが侵入して来ると、「時と共に、その中心は周囲の中に調和的に吸収されてゆき、中心は空にかえるのである。」と説明される。それは「外来の仏教」の受容のあり方を見れば、明確に理解できると云う。「日本神話」の構造を分析した上での論考であるが、大陸文化の摂取・受容を考えた時に、多くの事例に当てはまる考え方でもある。明治以降の急速な西洋文明の過度な摂取・受容の際にも、こうした精神分析的な構造が働いたことも併せて考えたい。『古事記』『日本書紀』を考えることで、明治以降の思考に染められた我々の汚濁を払拭する可能性があるのだ。

次回へ向けて現代社会の構造との比較も
我々の無意識を少しでも明らかにしておくために
読書会の深さが次第に増している


tag :

自然の演ずる芝居ー創発読書会Vol4

2021-04-20
「自然の演ずる芝居はつねに新しい。
 なぜなら彼女はつねに新しい客をつくり出すからである。」
(『自然ー断章』より)

附属図書館の活動として行なっている「創発読書会」も数えること第4回目、「ゲーテらしきもの」の手による『自然ー断章』をスローリーディングしてきている。この日は冒頭に「学校らしくない話題をすべき」といった趣旨の雑談があった。小中高の「国語」は明らかにそうであるが、「学校らしい」対話にしか発展しない傾向がある。規律正しく実直というか、「学校」にある一種の「道徳」の枠内に収めようとする矮小な話題に終始するということである。だが果たして「文学の学び」は、それでどれほどの達成を見るだろうかと疑問が尽きない。「教師ー学生」という相互の仮面を剥ぐことで、初めて見えるものがあるはずだ。人は誰しも多様な「人格の仮面」を被っている。「教師」「学生」「家族」「部員」「バイト」「町内会」等々、その「仮面」を一枚一枚剥いだら、どんな「顔」が残ると言うのであろう。

冒頭に引用した一節が、大きな話題となった。「演ずる」とは何か?この国では「演ずる」「芝居する」という言葉そのものに偏見があり、「人を騙す」とか「真の自分を隠す」といった負の趣旨で使用されるのが一般的だ。欧米の教育では「文学」を学ぶと、必ずその内容を「演じてみよう」という課題がある。「文学」に対して遠目から「学校」という「正義」の枠内での対話よりも、「文学の現場」を自ら体験する学びに利があるのは明らかだ。「演じる」とは、他者の気持ちになって未知の状況を想像上で経験することだ。我々は「自然」のことを何もわかっていない。ゆえに「自然の演ずる芝居はいつも新しい。」わけだ。「客」とのその場限りの「ライブ性」の中に生きてこそ「自然」ということになる。文章はその後に「生命は彼女のもっともすばらしい発明である。」と続く。もとより「自然」による「芝居」の中に生かされている「生命」、「豊かな自然が好きだ」と口ばかりではなく自らの身体を賭して「演じて」みるべきなのである。

牧水は短歌の響きの中に演じた
溺愛を演じ酒呑みを演じ旅人を演じた
次回の創発読書会は、参加学生さんの創作小説を読むことになった。


tag :

新しい図書館を創った人々

2021-03-30
図書館事務の方々へ感謝
永年勤続でご退職の方も
専門職が支えているということ

年度末となって退職や異動の時節となった。例年であれば送別会などが行われる弥生3月であるが、新型コロナ感染対応で宴を持つことはできない。比較的、公の場で退職や転任のご挨拶が為されるのは、何とも名残惜しく思うのは僕だけであろうか。「惜別」に「惜春」のことばがあるように、足早に駆け抜ける春というのは誠に惜しまれるものである。それまでに築いてきた仕事の円滑な流れがある場合はなおさら、まだまだ同じ環境で働きたいものだという気持ちが強い。僕らのような仕事の場合、多くが事務方に支えられていることを、あらためて深く感謝する日々である。

事務方にも個々の分野のスペシャリストの方々がいる。大学内でも様々な分野があるのだが、図書館という大学の心臓部において長年にわたり貢献いただいた方の退職は特に惜しまれた。僕が副館長となってから図書館改修工事もあり、全国の大学の多くの図書館を視察したり、改修案を模索したり、新しい部屋の名称を考案したりと思い出は尽きない。こうした動きにいつも地道に丁寧に穏やかに取り組んでいただいた方々の誠意が、現在の新しい附属図書館を形作っている。特にどこに名前が刻まれる訳ではないが、至る所にその事務方メンバーの方々の志があることを僕は知っている。

人生は新陳代謝が必要である
変わりゆくことで新鮮味が保たれる
退職・異動の方々の豊かな前途を祈りつつ、さらなるよき図書館を目指す。


tag :

得体の知れないものの面白さー創発読書会Vol.2

2021-03-10
自然科学が世界を説明し始める
「迷信」は排除され韻律は厳密に規則となる
そこに「退屈」が生じ再び「聖なるもの」を希求する

附属図書館創発読書会の第2回目を、オンライン開催した。休暇中とあって学生の参加は少なかったが、各自が問題意識を持って興味深い対話が展開された。前回同様に「ゲーテらしきもの」が記したとされる「自然ー断章」を読んだが、難解な文章ゆえに様々な解釈を許容する。短歌がまさにそうなのだが、「説明的」で「一様な解釈」しか為されないものは退屈し面白味に欠ける。だが現在の社会情勢は、「わかりやすいもの」を求めて「論理」などという語を翳して安易な「説明」を頽廃的に求める傾向が強い。世界で其処でしか出せない「手作り料理」よりも、米国に深い関係のある国には必ずあるハンバーガーチェーンの人造的で簡単には腐りそうにない化学薬品的な味が受け入れられ、コロナ禍でも甚大に収益を伸ばしている。少なくとも僕は、穏やかな「人」が材料をその「眼」で吟味し熟練した「腕」で調理する姿が見える店が好きだ。だがそうした店に最初に入るのは、「賭け」のような思いっきりも必要となる。

僕らは誰しもそれぞれの社会に向き合う際に、「仮面」を被りその役割を演じている。「学生」「教員」「妻」「夫」「子ども」「母」「隣人」など、1日に幾つの「仮面」を演じるだろう。それぞれが妙に「不自然」を自覚してしまうこともある。だが「デーモン小暮閣下」がそうであるように、「不自然」を貫き通せば「自然」となる。彼があの塗り顔で大相撲の精緻な解説をしていることに、少なくとも僕は微塵も違和感は覚えない。また「規則性」とか「行動の韻律」が「儀礼」のような意味合いを持つまで貫き通され、驚愕の結果が伴うと神聖化する例を僕らは好む。イチローが打席で投手に向かうまでのストレッチを伴い祈りの韻律を刻む一連の動き、長嶋茂雄の躍動する三塁守備や打席での小刻みな微動、王貞治の手袋なき握った手を口に当てバットを握るまでの動作から一本足での静止、いずれも当初は「不自然」であったかもしれないが、実に「自然」となり多くの人々を惹き付けた「儀式」であり「聖なるもの」なのだ。もしや現在のプロ野球は、ハンバーガーのように判で押したような選手ばかりにはなっていないだろうか。

文学・哲学でいかに現在の世相を切り取るか
読書会の多分野の参加者による自由な対話が生むもの
「答え」など安易な納得に着地しない得体の知れなさの中に・・・


tag :

創発読書会始動!

2021-02-17
ゲーテ「自然ー断章」
問題作ながら様々な解釈・視点が浮上
学生さんも職員さんも参加する読書会

附属図書館に「創発」活動を根付かせるのが、昨年のリニューアルオープン以来の大きな目標である。「創発」とは『デジタル大辞泉』に拠れば、「要素間の局所的な相互作用が全体に影響を与え、その全体が個々の要素に影響を与えることによって、新たな秩序が形成される現象」とある。図書館とは資料があって利用者たる学生を待つ場ではなく、学生が自ら創り上げたいテーマを発見し、個々の活動が発生し他の活動と協働する生きた場となることを目指す。学生と教職員が相互につながり、個と全体が有機的な連関を持って新たな創造を生み出す場である。スマホが外形ではなく内実のアプリが起動し仕事をし、その内容が表示で一元化されるような「生きた図書館」であるべきと思う。

この日は、初めて「創発読書会」をオンライン開催した。初回ながら学生・教職員10名ほどが参加して、自由で豊かな会話が持てた。同僚の独文学を専門とする先生にファシリテーターをお願いし、ゲーテ「自然ー断章」を読み始めた。ドイツは現在も自然環境や動物愛護の先進国であり、その自然観には優れた考え方が根付いているといった紹介から話題は展開し、「自然=彼女」とした文章そのものが参加者の自然観を揺さぶった。その内容から若山牧水の自然との親和性とも関連があるのではという指摘もあり、牧水短歌のあり方にも僕は言及することになった。僕自身は「自然」の象徴的なあり方は「水」ではないかという考え方に至ると、牧水もまた「海」や「川」の自然との同一性を重んじた短歌が多いことなどを発言した。

学生らの問題意識も高く
これからも継続的に開催していく
将来的には図書館カフェでの自由なサロン的雰囲気を目指したい。


tag :

オンライン講義を語ろう

2021-02-10
附属図書館学生支援創発活動
「オンライン」講義の1年を振り返り
学生との対話機会が必要なのでは・・・

月1回開いている附属図書館学生支援創発活動ミーティング。この日は定期試験最終日ということで設定したが、学生の参加は少なかった。参加者が自由に語り合って学生自身の「創発活動」を支援していくのが主旨であり、教職員も「会議」という建前ではなく実現可能かは別として実行してみたいことを対話することが重要である。話題の中心は「絵本コーナーの子ども向け備品」「オンライン講義の1年」「『国語』嫌いはなぜ起きているか?」などであった。これまでは「活動」に焦点が当てられて来たが、こうした学生の身近な話題を対話する場として、附属図書館が集う場となることも重要な機能であるという気づきがあった。

教員のFD活動においては、この1年間の「遠隔講義」を振り返るプログラムが進められている。だが全国のどこの大学でもそうだが、講義を受講した学生にとって「オンライン講義」はどうであったか?を振り返る機会が大切であろう。この日の対話はあくまでさわりであったが、参加した学生と教員では「オンライン講義」への評価に差があった。あくまでコロナ禍におけるやむを得ない「応急処置」であったのか?あるいは対面講義では備えられていなかった要素が学びを充実させたのか?「オンライン・オンデマンド」の功罪を複層的な視点から振り返る必要があることに気がついた。また大学の学びにおいても高校までの「国語力」がいかに活かされるかが大きな問題であることも真摯に考えるべきという気づきもあった。新たに参加した学生が新規な視点で対話する。小さな「創発」を繰り返すことでしか、前へは進まないであろう。

図書館に来ない人のための雰囲気作りなども
来月はこの日の延長戦で「オンライン講義を語ろう会」
附属図書館は大学の心臓であり脳血管である。


tag :

オンライン読書会をしよう

2021-01-31
附属図書館創発企画
集まれないならオンラインがあるさ
来月中旬試験明けからはじまる

附属図書館副館長として、学生らの「創発」活動の展開を導く役割がある。「主体的な活動」とはいうものの、現在は特に「お膳立て」が大事な時代と思う。僕自身が学生時代には、特に文学が盛んな学風ということもあったが、至る所で議論をしているような光景があった。語ることで不安やストレスを解消し、語ることで自らの存在価値を確かめていたのだろう。未読の書物の話題にも刺激を受けて、読書の範囲がさらに広まる効用もあった。「読書」というのは「読む」行為のみでは決して高まらず、やはり「読む」のちに「話す 聞く」活動があってこそ生きたものになるものだ。

新型コロナの感染状況が改善されない中で、手をこまねいているよりも「オンライン」を存分に活用すべきと思うようになった。「コロナ以前」になぜもっと「オンライン」を使用しなかったのか、とさえ思う。距離を超えて場所の制約もなく、自宅でリラックスな状態で何事にも参加できるのがよい。こうした利点を活かすべく、附属図書館発の「読書会」をオンラインで開催することにした。幸い数人の学生有志が参加したいと希望があり、また外国文学を専門とする同僚が深い興味を示してくれた。「読書」をするということは、決して「過去を読む」ことではない。今現在、我々が置かれた状況を当事者意識をもって「読み」「話し」「聞き」「書く」かということなのである。

書物の中に「我」を見つける
思索の杜に学生を誘うために
附属図書館に「読書の泉」を創りたい。


tag :

図書館を語ろうー主体的な学生活動を支援するために

2020-12-10
「宮崎県大学図書館協議会」シンポ&ワークショップ
学生がパネリストにファシリテーターに
もつ資源を「創造」するための自由な語り合い

副館長を務める附属図書館が主催し前述した企画を実施した。対面とオンラインの双方で実施したこともあり、福岡・長崎・大分の大学図書館関係で参加いただいた方々もあった。リニューアルした図書館は施設のみならず、学生が主体的な活動をする「生きた」機能を持たせることを目指す。学内で既に1年以上、ワーキンググループを創りあれこれと模索してきた内容を発展途上のままに披瀝することになった。シンポの趣旨説明でも話したのだが、「創る」の「創」という文字は「倉(持っている資源)」に「刀(りっとう)」で傷をつけるということ。何事もある程度の「痛み」を伴い煩悶しない限りは、新しい芽は出てこないものである。

シンポでは、既に学内で展開していた「チャレンジプログラム」の具体例、「地域資源たる食材」を活かす展開、宮崎県の方向(短歌県)に呼応した「文学の社会的意義」を見据えた短歌活動の萌芽についての基調報告がなされる。パネリストの対話では学生が臆さず手を伸ばすこと、「ヒト・モノ・コト」をつなぐことなどの大切さが浮き上がる。後半のワークショップでは、学生5名がファシリテーター(対話展開の支援者)の方法を学び担当した。「遊ぶ・楽しむ図書館」という自らが定めた目標を見据え、可能か否かを問わず思いついた発想を次々に「つなげ」て、連想から新たな企画を考案する自由奔放な対話を実施した。「図書館音楽会」とか「ワイン読書会」「パブリックビューイング」「子どもを放つ」「太極拳オンライン講座」等々、僕自身が参加したグループでも楽しいワクワク感ある企画が多数提起された。

「創(きずつけた)」ならば「絆創膏」を
人と人がつながり交流するための肝(臓)心(臓)な学内基地
この機会に学生さんを主体とする企画が運営できたことが大きな収穫となった。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>