FC2ブログ

海水面の下降と戻るではなく進む

2020-09-24
新型コロナ禍が社会の海水面を下降させた
「(以前に)戻る」のではなく「進む」
普段から基礎基本に忠実であるか・・・

世界各国の政治指導者の「新型コロナ対策」への評価が、様々な形で問われている。もちろん各国なりの「文化」などを背景に多様な考え方があるので、一概に評価はできないようにも思う。だが、我々の身近な日常を含めて「社会の海水面」が「コロナ以前」よりも下降し、見えなかったものを見えるようにする作用があるのは確かである。感染拡大の大きな要因に「人との接触」があるわけで、社会的なモラルやマナーの面が影響しているのだろう。そんな中で、世界の大学はいづこも「遠隔講義」を強いられている。その成否や学生の評価が最近は大きな話題となっており、ここでも海水面が下降して「講義」にどのような姿勢で臨んでいたかが問われているようにも思う。

社会生活全般に「(コロナ以前に)戻る」という考え方があるが、前述した海水面の下降で海底が見えたならば、その反省を踏まえて「(新しい生活に)進む」べきではないだろうか。大学では「遠隔講義」によって、「大学の真の学びとは何か?」という問題意識の海底が見えた。学生は「授業」をやっている「空間」に居れば「学んでいる」わけではなく、いかに「授業テーマ」に対して自ら「調べ読み書きして思考を表現するか」というように脳内を働かせたかが肝要となる。「対面」で直接に語り掛けた事実があるから、学生は「学びが深まる」わけではない。授業担当者が直接対面で語り掛けた方が自己満足に陥りやすいと、やや皮肉めいて考えることもできるのではないだろうか。

あらゆることで「基礎基本」の大切さが見えた
「新しい・・・」は何も感染対策のみにあらず
地球上での生き方を多くの人々が「(あるべき方向へ)進める」のだ。


スポンサーサイト



tag :

歩むこと声を出すこと再考

2020-09-20
二足歩行の原始の時代から
好きな人に声をかけるその心もて
人間の根源的な身体性を失わぬように

「暑さ寒さも彼岸まで」すっかり秋めいて涼しい気候になってきた。月別の平均歩数をスマートウォッチが計測しスマホに表示してくれているが、5月が最低の数字を記録している。コロナ禍での自粛に加えて遠隔講義の開始と、外出や歩き回る授業をしなくなったせいである。「人との接触を避ける」という標語が浸透し、ともかく必要以上に外出することが憚られたのであろう。自宅周辺をウォーキングすることなどもせず、スポーツジムにも行けなくなった。遠隔授業の制作に無我夢中になっていたこともあるが、仕事上でも研究室からトイレ以外は一歩も出ない日々が続いた。すると必然的に「人と接しない」ことになる。されば「声を出さない」で過ごす1日となるが、生声で話せるのはせめて妻のみという状況であった。

歩くこと、声を出すこと、この二つが人間にとってとても大切だということをあらためて実感する。歩かないと単に足が弱るのみならず脳内が活き活きと動かなくなり、精神も卑屈になりストレスが抜け出ない。声を出すこともまた同じで、脳内で「思う」だけではダメで「声にする」脳内作用をするかしないかで精神の安定は大幅に違う。繰り返しての話題であるが、歌人の若山牧水は作歌スランプになると散歩するとか『万葉集』を音読するなど、歩み声を出して解消していたようだ。古来から歌人・俳人・詩人らはよく歩きよく吟ずるものだ。創作をするには脳内のみではなく、こうした身体性が必然的に伴うものだ。となれば「国語」の授業内で創作活動などを行う場合も、「歩む・声を出す」に配慮する必要があるのではないだろうか。新型コロナが多くのものを奪う世情にあって、この二つの身体性を僕らは根源的な人間性として確保しなければならない。

近所の知人は子どもを抱いて散歩を
適度な揺れが子どもを安らかな眠りに導く
路上での世間話で声を出すこともまたよし。


tag :

不思議な時間を過ごしている

2020-09-19
新型コロナ感染が始まった3月頃
あの頃がもう遠く遠く感じるのはなぜ
9月お彼岸の時期ではあるが・・・

10月更新の仕事の引き継ぎをすべき時節となった。3月とともに「年度」の中間点でもあるが、その「3月」を思うと遥か遠い時間であるような感覚に今年は囚われている。言い換えるならば、「新型コロナ」が明らかに社会的個人的な時間意識を変えてしまったかのようである。「半年」が特急のようでもあると同時に、その局面が数週間で変化に変化が折り重なることによるものであろう。夏の豪雨と台風という暴虐な季節の記憶だけはあるが、桜や紫陽花や向日葵といった歳時記的な草花の記憶には乏しい。

とりわけ仕事上で新型コロナ対策の講義に関する様々な対応に追われてきて、ゴールなきマラソンのように走り続けていたことも「不思議な時間」の要因である。会食や飲み会がないこと、スポーツジムに行けなくなったこと、授業といっても研究室に籠ってパソコン画面越しに顔から上だけで授業をすること等々が、生活を一変させてしまった。いかにも身体性を喪失した頭でっかちで動きのない生活感が、時間意識も変えてしまったのだろう。顔を局所的に捉えるならば、大学構内で人に会っても会議で距離をとって話すにしても、眼のみしか露出していない対面がある。口紅の売れ行きが大幅に減退したと聞くが、「心の出口」たる口の存在が内実ともに疎かになるのは憂えるべきことのように思う。

この時間は今後はどのようになるのだろう?
季節なき季節がまだ続くというのか
人類史に遺る時間を僕らは生きているのだ。


tag :

With Coronaいまこの時代を生きて

2020-08-14
お盆に家族親族が集い
祖先の霊を迎え入れる
帰省も自粛というこの時代を生きて

通常の大学暦であれば、この12日から3日間は「一斉休業」であり、土日を含めて5連休というはずであった。しかし4月当初から前期授業の開講を見合わせ、ようやくGW明けに始動。よって文科省通達通りに15回の講義(曜日によっては補講日を含め)を終えるのが今週である。次週16週目に「定期試験」を据えており、週末を挟んで学生たちも気の抜けない日々が続く。何かにつけて「盆と正月」というものだが、今年はGWも自粛、そして「お盆」も家族団欒を許さない非情な社会の終わりが見えない。学生たちも宮崎での住環境から離れないように感染対策を求めるとともに、遠隔で講義を受け続けるお盆がまだ続ている。

考えてみれば、3月4月の歓送迎会も暑気払いも、もうしばらく「宴席」からも遠ざかっている。市内の繁華街にも2月以降は行っておらず、外食は限定したお店しか利用していない。もちろん短歌関係をはじめとして、人と交流する機会も失われている。遠隔講義をしていると、まさに「巣籠もり」をしたような状況で大学内でも研究室から出る時間が少ない。講義は〈教室〉で生の声を発し身体に汗をかき、学生たちの体温を受け止めて対話をするものだが、その身体性も失われたままだ。どうもPC画面の前で喋るだけでは血の巡りがよくない。もうこのような生活の急激な変化に遭遇し半年が経過する。未だに先が見えない共生共存、With Coronaの時代を生きている。

とりあえず前期講義を終える目処が
それなりに開発できた方法もありながら
社会も大学も新たな時代を生きる再編を余儀なくされている。


tag :

二重写しの夏を生きるために

2020-08-08
「猫と女は、呼ぶと逃げ、呼ばないとすりよってくると言うが、
 運命もまた、こっちが冷たくしていると機嫌とりにやってきて、
 こっちがしつこく追いまわすと遠ざかってしまう。」
(寺山修司「さかさま世界史」より)

今朝は休日ゆえにややゆっくり寝て、起きて何気なくスマホを見ると「この暑さ(に信じがたいが)東京五輪の競歩が開催されていたはずだった」といった趣旨の見知らぬ人のSNS投稿を目にした。暦を確かめると「8月8日」、たぶん同じように夏の甲子園大会の開会式などが挙行されていたに違いない(正確に調べていませんが)。長年の心に沁みついた夏の風物詩「腹時計」は、例年の行事を記憶しており、それに加えて東京五輪2020の幻影が、この国の人々の脳裏にチラついている夏が進行している。夏の「行事」「祭り」はほとんどが中止となり、新型コロナウイルスと向き合う夏。今年の元旦には、誰がこのような「運命」を予想したであろうか。

冒頭に記した寺山修司の名言が卓越である。「猫と女」とあるのは「昭和」の時代を感じさせるが、現在なら「猫と思い人」として性差を問わず、「呼ぶと逃げ、呼ばないと・・・」と云うことであろう。『伊勢物語』を扱う講義などで「贈答歌」について考えることがあるが、「言い寄られたら(好きでも)まずは拒絶する」という返歌が「基本」というようなことの「なぜ?」を学生たちと議論することがある。この国は、執拗に「東京五輪」を追い回し過ぎたのであろうか。誘致決定過程の闇疑惑を含めて、五輪の「猫と神」はこの国から逃避してしまった。反対に「呼びたくもない」新型コロナは、じわじわと我々のそばに「すりよって」来ている。国の対応はこの上なくコロナに「冷たい」、ゆえに「機嫌とり」に来られてしまっている。よく「コロナとの戦い」という標語を見るが、どこか違うのではないかと思う。その存在を殲滅しようとする傲慢で我欲な発想が、むしろコロナを跳梁跋扈させるのではないか。感染拡大はこの「人間社会」が生み出すという運命、「コロナに向き合う」我々の社会の悪弊をコロナは変異しながら身に纏っているのではないだろうか。

「本来なら行われていた」という時の「本来」とは?
近現代の人間本位な世紀を僕たちは変えるべきときなのだ
「運命」とはいえ、人の「欲」に塗り固められていることを忘れるべきではない。


tag :

家族が割かれる夏

2020-08-06
家族団欒の時節にあたり
容易に帰省もままならない社会
人間社会を分断していくウイルスの脅威

家族がいるお茶の間が好きだ。幼少の頃、アポロ11号の打ち上げの際だっただろうか、家族がテレビの前に全員集まり固唾を飲んで打ち上げの光景を観た。祖父母や叔母二人も同居していた家族、叔母の一人がカウントダウンする数字が減っていくのを「0になればロケットは月に打ち上がる」と教えてくれた。まさに「世紀の瞬間」を家族全員が集まって見守った時代。TVドラマなどを観ても家族愛が描かれ、ウルトラマン・ウルトラセブンを観れば、科学特捜隊や地球防衛軍の隊員たちのチームワークよろしき家族のような関係が羨ましく思えたものだ。世代を超えて家族が集まることには、歴史・社会・文化を継承する大きな意義があったように思う。

新型コロナウイルスの感染拡大で、お盆の帰省自粛の賛否が喧しい。都会から地方への移動によってさらなる感染拡大が懸念される一方で、既に感染第二波の炎上は同じ図式で日本全国を急襲した。TVで街の人の声が流れると「キャンペーンでの移動はよくて、なぜ帰省はいけないのか」と言った声も少なくないようだ。僕の場合は既に故郷・東京へ半年も足を運んでいない。これは宮崎に移住して最長記録だが、昨夏に何を予見したか父母が宮崎に移住していたことは幸いであった。それでもなお、東京在住の妹は宮崎訪問を我慢しており、隣県に住む姪も僕の家に来ることを自粛している。ましてや例年夏の恒例となった「いとこ会」など決してできる状況でもなく、開催が途切れてしまう。家族親戚と逢うのはお盆ならずとも、自らの存在そのものを考える貴重な機会だ。ウイルスはそんな人間の本質的な喜びを、悪辣にも奪うものとなっている。

家族で五輪を観る夏は夢に消え
心穏やかな日々はいつになったら来るのだろう
家族を大事にしなくなった人間への警句なのだろうか?


tag :

感染拡大緊急警報の宮崎県

2020-07-27
県内でクラスター発生
人と人の接触から感染が拡大
今一度原点を見つめて

この日、宮崎県は「感染拡大緊急警報」を発出し、県内初のクラスター発生も含めた感染拡大に危機感をもって対応すると発表した。県の「感染症対策本部会議」では、県独自の「緊急事態宣言」も検討されたようだが、「警報」という次元での対応ということになったようだ。クラスターが発生した地域においては、補償をした上での「休業要請」も求めていく方針と報道されている。都市部と違い医療期間の感染患者受け入れ数が少ない宮崎においては、厳に拡大を抑える対策を迅速かつ効果的に実施をして欲しいと思う。国のクラスター対策班との協働した対応も、進むように報じられている。

東京をはじめとする感染拡大地域との往来は、やはり必然的にウイルスをもたらせてしまう。まずは「移動」を慎み、人との接触は極力避けるのが基本となるだろう。経済最優先の風潮の中で「対費用効果」ばかりが前提として喧伝され求められるのだが、長期的な視野で考えれば何にどれほどの資材を投じれば感染拡大は抑えられるのだろうか?3月4月に採られていた対策が付け焼き刃であり、長中期的な視野がまったくなかったことが今明らかになって来ている。中途半端な「経済空吹かし」をすれば、貯まっている燃料を無駄に消費し、行く先で疲弊するのは必定ではないか。さらなる我慢は我々にとっても厳しいのは確かだが、今こそ原点を見つめ直すべきである。決して痺れを切らしてはいけない、このマラソン的共存までにはまだ長い道のりが待っている。

「移らない移さない」行動
ウイルスは其処にあるのだ
警報は8月末までのロングランである。


tag :

誰もが当事者の立場で

2020-07-26
3月末4月当初を思い出す
「一人ひとりが感染していると思って行動せよ」
じわりじわりと宮崎にも忍び寄る感染拡大の実情

地震や台風などの自然災害とも違う、何か異様な身に迫る恐怖を覚えつつある。特に3.11以降は常に当事者意識を持つことと、最悪を想定しての予防措置を講ずる思考が習慣になって来た。日常の飲み水や食料品にも十分な吟味の眼を向け、Web上の情報などの精査を十分に心がける。最終的に被害を受ければ「自己責任」とならざるを得ない社会構造について、僕たちは被害を受けないうちに気づいておかねばならないように思う。3月以降の新型コロナ感染拡大においても、常に身近にウイルスはあり、自らが感染しているとして他者に移さない行動が求められると、繰り返し肝に命じて来た。

都市部や他県でのクラスター発生を、僕たちはどう見ていただろう?「宮崎はまだ感染が少ないから〜」という緩い思考に陥っていなかっただろうか?感染拡大の度合いが緩いことで、当事者意識を失っていなかったか?この連休に入ってから、宮崎県内での感染拡大が急増し、県の発表ではクラスターの発生も指摘されている。市中の日常生活の場でも感染は拡がり、身近に出入りする場所でも感染リスクが高まったと認識せざる得ない。都市部を中心に感染者数の増大を色塗りした地図は、次第に多くの地方にも拡大しており、このウイルスが夏季でもまったくその力を衰えさせずに人間を蝕む実態が明らかになって来た。この異様なジワリじわりと襲い来る恐怖、「新しい生活様式」は建前ではなく自己防衛のためにも、あらためて深い当事者意識を持つべきものと強く思う日々だ。

「家にいよう」「人との接触をなくそう」
経済も大切なのは自明だが、
感染拡大すれば余計に大きな苦しみを伴うことを忘れずにいたい。


tag :

元に戻れると思ってはいないか

2020-07-25
都市から都市へ
周圏論ではないが地方に波紋を描くように
元へ戻れると思いたいのだが思えず・・・

東京をはじめ都市部の感染拡大が深刻で、在住の妹をはじめ親友らの顔を思い浮かべては歯止めのかからない現状を憂えている。しかしそれのみならず「過去最大」の感染者数が更新される都道府県が多い中で、旅行客の増加を狙って税金を投入した政策が強行されている。その背後で医療現場は逼迫しているという実情が囁かれ、明らかに「第二波」であるにも関わらずその語句使用がされないという子どもじみた隠蔽体質。一度決めた「作戦」は情勢が大きく変化しても敢行されると犠牲が大きくなることは、誰もが知っている歴史的な事実であろう。「元に戻りたい」という誰しもが抱く希望を叶えるかのような経済政策であるが、我々一人ひとりがこの愚弄されたような政策を注意深く拒む必要があるのではないだろうか。

全都道府県の中でも感染者数が少数規模に抑えられていた宮崎県であるが、連休に入ると同時に感染拡大の速報が相次いでいる。前述した観光キャンペーンが直接の原因とは言えないが、都市部との人の往来が契機になり「市中」にウイルスが放たれたかのような印象である。また感染拡大予防の「新しい生活様式」についても、多くの人々が飽きるかのように重要視しなくなってきてやしないか。大学キャンパスでも一部の対面授業に学生が来ているが、ここのところ幾度となく「マスクなし」を注意せねばならない機会が多い。手洗い・換気の励行はもちろんであるが、大勢の会食を避けるなど「元に戻りたい」欲求を今こそ抑え込む必要があるだろう。いや「元に戻れる」と思うこと自体が無理な注文なのだという現実を、僕たちは十分に肝に銘じる必要があるのだろう。

被害・犠牲が大きくならないうちに
撤退する勇気こそを英断と呼ぶ
もう既に遅いのかもしれないという恐怖が宮崎でも身に迫る。


tag :

土日の変革かくあるべきか

2020-06-15
研究学会シーズンながら
土日は家で自分の時間として活かす
コロナ以後の時代のあり方として

コロナ禍によって見えていたが意識して見ないと見えなかったものが、社会や生活の表面に現れて来ている。満潮であった海面が潮が引いて干潮となり、本来はその海底にあったものが顕在化していると比喩するようにしている。改善したいが改善しないままに過ごしていたもの、「わかっちゃいるけどやめられない」ものを今こそ意識すべき時なのかもしれない。土日をいかに過ごすべきか?という意識は誠に顕在化したことの一つである。心身の休養という意味を含めて、僕にとっても新たな意識で過ごす日々である。通常であれば5月下旬ごろから研究学会の春の大会の時期にあたり、都市部へ数回は出張しているところである。今年は移動規制もあるが、もとより所属学会は全てが中止となっている。

状況としては遠隔講義の準備や学部内の実務により、かなりの負担が生じたのも事実である。せめて土日ぐらいは心身を休めないと続かない時期もあった。講義開始から約1ヶ月が経過して様々な負担にも慣れて来たのであろう、聊かあれこれと考えられる余裕も出て来た。研究仲間がTwitterでこうした趣旨のことを投稿していたが、「まったく同意!」と返信をした。遠隔講義そのものもそうだが、「遠隔」=「Web活用」は悪い点ばかりではない。学生たちが自ら学ぶべきことを自覚し、自ら調べ考え表現して学ぶ主体的な意識を付ける好機であるとも考えている。その上で適度な「対面」との融合を施し、教育効果を総合的に考えるべきであろう。研究学会もこの数年で会場校の負担(物理的・経済的)や会員の世代間の偏り、そして研究発表の質的な充実や国際化など、改善すべき問題は山積であったはずだ。今新たに可能なWeb活用などの方法で合理化しつつ、「対面」の大会・例会などの意味を問い直す必要がありそうだ。

地方大学所属の場合は特に重要な問題
テレワーク地方移住が目立つ世の中で
都市部にいなければできないことの溝が埋まりつつある。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>