FC2ブログ

謝辞に短歌をー旅立ちの笑顔

2021-03-24
コース専攻ごとの学部卒業式
ゼミ生の謝辞に込められた短歌
この大学から笑顔で旅立つ

昨年は急転直下に卒業式の実施方法が変更になったが、今年は事前より予告され大きな落胆もなく学部ごとの卒業式が挙行された。もとよりコロナ禍で仕方なくというより、学部コース専攻ごとに手作り感ある教室で挙行される卒業式は利点がないわけではない。黒板には美術専攻の学生らが描いた「黒板アート」、玄関や廊下に花が飾られ、間隔を空けて座るとはいえ学生らの個々の顔が見える。教員養成を旨とする「教育学部」であればこそ、こうした「教職員の温かい心」が見える卒業式で、学生らの旅立ちの餞けとするのは意義深いだろう。教師は明らかに、教え子個々の笑顔の旅立ちを祝いたい。この日こそ4年間の日々の教育のあり方が、問われる日であるからだ。大きく自力で空に羽ばたこうとする若者を見送るのは、いつでも教師の大きな喜びである。

さてコース専攻ごとに学部が三分割されて実施されたが、小学校主免専攻ではゼミ生が謝辞を代表して読むことになっていた。4年間の学びを振り返り未来へ希望を込めた言葉の締め括りに教育実習の際の子どもたちとの関わりを素材にした短歌が据えられた。なかなか心を開いてくれなかった児童に向き合い続け、やっと表現をしてくれたことの喜び。個々の子どもたちの心の機微は、土の中に埋まって見えないことも少なくない。だが忍耐強く向き合えば、必ず如何様かなる表現をしてくれる。それが「日常」にふと訪れる、誰しもが暦の上で過ごしている今日という「曜日」であるが、そこに成長の小さな芽を見逃さなかった実習生としての発見があった。「社会」とは、個々の人の個々の「物語」で成り立っていることがわかる。教師として個々の子どもに真摯に向き合うことが伝わる謝辞となった。

宮崎大学を旅立つ君へ
「お元気で」を忘れず
この日からが本当の人間としての付き合いが始まるのだ。


スポンサーサイト



tag :

短歌のオンライン高大連携交流授業ー「短歌県」の実践として

2021-03-23
「コンビニの店員さんの友だちの上司の息子の塾の先生」
(俵万智『未来のサイズ』より)
高校生16班81人の投票で最高得票10の短歌

俵万智さん『未来のサイズ』は冒頭に昨年の「2020年」の短歌が置かれ、新型コロナを素材とした歌が並ぶ。そこから10首を教材として81人の高校生が16班編成を組んでもらい、各班で一番「いいね」と思う歌を選んでもらった。いわば「歌会」の形式・方法をまずは体験してもらうための授業1時間目である。その結果、冒頭に記した歌が一番人気を獲得した。「コロナ社会が人と人とが繋がることを目に見えて浮き彫りにした」「コロナの感染力の強さが実感できる」など、代表者が班内で「いいね」について対話する際に出た評を発表し合った。その後、「新型コロナ社会」についての素材の掘り起こしなど、班内で引き続き対話をしながら、全員が1首の歌を創作する。最後に各班の代表歌16首に大学生の歌3首を加え、19首の歌会を実施した。

以上のような3コマの授業を高大連携の研究企画として、宮崎大宮高等学校との間で実施した。県内の感染状況は落ち着いてきたとはいえ、様々に考慮して授業はオンラインで実施した。これは何もコロナ社会であるからのみならず、県内で高大連携を進めるための大きな一歩とするためでもある。大学側は附属図書館でオンライン設定がしやすい環境に基地局を創り、僕と参加するゼミ生がそこに集まる。双方に教室の全体映像とzoomをともに起動し、広い視点で双方の様子を観ながら進める。投票は各班のタブレットからチャットで送信、ゼミ生が投票を集計する。また各班の代表歌が決まったらチャットで送信、ゼミ生がWordにコピペして詠草を作り上げた。音声がよく通らないとかチャットが送信できないなどの小さなトラブルはあったが、まずは全員が短歌を創り班内の対話と全体共有で批評に参加できたことは大きな成果であった。これから秋にかけて宮崎県の高等学校の先生方と協力し「牧水短歌甲子園」方式で国語力を増進するという目標の実現に向け、この日のような高大連携授業をくり返し実践していく予定である。

「消毒液」「マスク」などの素材を高校生の言葉で
大学生の「コンビニバイト」や「県外ナンバー」と「花粉症」を組み合わせた歌
通い合う短歌によって若者たちの輝く未来を開拓したい。


tag :

「新しい歌あそび研究所」開講

2021-03-01
アートマネジメント講座
アーツカウンシル宮崎主催
あそびながら短歌を身近に!

ちょうど1年と少し前のこと、まだコロナでこのような社会状況になる以前に「ニシタチ歌垣ピクニック」を実験的に実施した際に参加させてもらった。真の「短歌県」になるためには、日常社会の中に身近に短歌が根付いていることが大切であると県庁の方々とともに進めたプロジェクトの一環である。その後、なかなかコロナ禍で開催が困難であったが、今回はオンライン(YouTube配信)と書店店舗でのハイブリッド公開方式で、ようやく「歌あそび」に関する対話機会が持てた。既に「歌垣風呂」などを考案開発している陸奥賢さんが大阪からオンライン講師として参加いただき、宮崎を短歌でさらに豊かにする機会について様々に対話をすることができた。

基本は「あそび」であること。短歌をよむ(詠む・読む)ことそのものをハードルが高いと思わないことである。短歌は古来から「心」が自然にそのまま言の葉となって現われたものとされる。「難しいできない」と考えずにまずは「五七五七七」の形式で今の心を言葉にしてみることが大切だ。せっかく「今」しかない人生を生きている、ならば「心」を「言葉」にして刻むべきと思う。今回は特に前述した「歌垣ピクニック」にさらに大きな可能性を覚えた。気軽なマッチングには、何も男女の境がなくてもよい。友だち作りや観光地をともに散策する仲間とか、SNSのように「友だち」が短歌によって繋がる楽しい機会となればよい。「古代」からある「歌垣」を考えると、「古墳で開催したい」と陸奥さん。西都原編・青島編・綾照葉樹林編・日南モアイ編・都井岬野生馬編・高千穂編等々、県内の観光資源とのセットアップは、なかなか面白い企画ができそうである。

結果、自分の歌が選ばれても選ばれなくとも
まずは大学附属図書館で定例化して実施したい
「三十一文字」の楽しい「あそび」の可能性無限大


tag :

文学の学びを深める宮崎へ

2020-11-20
みやざきゆかりの文学全集
足掛け3年、刊行へ向けて大詰め
県内の多くの中学校・高等学校・大学での活用へ向けて

企画の発案より3年、みやざきゆかりの文学全集の編集・執筆に携わってきた。その全集もいよいよ、刊行への最終段階となった。正直なところ専門分野以外の古典文学に関する執筆は負担も大きかったのだが、みやざきにゆかりの文学を深く知ることができる好機でもあった。宮崎に住み宮崎の教育に関わる身として、人生の上でも大きな足跡となった。また刊行にあたり多くの協賛企業などから寄付をいただいたが、全県でこのような点に関心を向ける傾向があるのは好ましいことだ。文化・文学を大切にしない土地は、未来への視野が開けないと思うがゆえである。

書籍は企画・編集・執筆・刊行の段階を経て世にでるものだが、やはり大切なのはその後にどう読まれるかである。今回の書籍は県内各所の図書館をはじめ、中学校・高等学校・大学へ配布されることになる。課題は、そこでいかに活用されるかである。編集・執筆に関わった者としては、ぜひ国語の授業で諸々の教材と比較読みをするなどの活用を促したいと思う。郷土に根付く文学について知ることは、自らの由来を知ることにも連なる。豊かな自然・豊かな食材に加え、県民のみなさんの多くが「文学」によって真に豊かな暮らしをして欲しいと願う。

来年の早々の刊行となる
文学のみやざきを巡ろう
刊行後に可能ならイベントなどが企画されることを願う。


tag :

入学前から卒業後まで

2020-11-08
県内高等学校出前講義
「全国高校生短歌オンライン甲子園」
そして卒業生の集い

9月以降、県内の高校への出張講義へ赴く機会が多い。地域の大学として地元の高校生の進学を誘う活動は重要である。同時に地域の教育そのものをどう考えるか、まさに地域のあり方・文化を継承していくための「教員養成」でもある。宮崎ではどんな学びが特長的で風土と響き合うのか?単に出身者を「教師」にすればよい訳ではない。県全体の未来を見据え、文化的な後継者を育てられる人材を育てる。地域の教育を担うとは、そういうことではないか。この日も91名の高校生に110分の短歌に関する講義を行った。

大学へ帰り附属図書館での「全国高校生短歌オンライン甲子園サテライト会場」にて決勝を観戦。実に優れた短歌の高度な現代版歌合の光景には、深く感じ入るものがあった。この全国三冠統一戦が宮崎で開催される意義は実に大きい。これぞ宮崎の文化的継承ではないか。高校生の短歌に深く感じ入るままに、夜には自宅の卒業生らがやってくる準備へ。明るい報告もあり今後への相談もあり、実に充実した時間を過ごした。卒業後3年、あれこれ悩みも多いがこれを超えてこそ「教師」として「社会人」としての未来が見えてくるものだ。

人と向き合い迎え入れる
卒業後こそ人としての付き合いが
宮崎を短歌県にするための地盤を築くために


tag :

「全国高校生短歌オンライン甲子園」サテライト会場

2020-11-07
「全国高校生短歌オンライン甲子園」(11月7・8日YouTube配信)
附属図書館でオンライン配信サテライト会場設営
イベント会場作りに勤しむ

コロナ禍でイベント開催の性質も新しいものとなったが、オンラインの普及は地理的な距離を縮め負担を少なく人々が交流できる機会をもたらした。来年に延期された「国文祭・芸文祭2020」のプログラムの一環であった前掲の大会が、「さきがけプログラム」として予定の日程でオンライン開催されることになった。宮崎の出場高等学校3校は市内の会場に集まるが、他県からの参加校はオンラインで参加する。全国で3箇所の短歌にゆかりのある土地で開催されている「短歌甲子園」、石川啄木の出身地盛岡、万葉集ゆかりの高岡、そして若山牧水の出身地日向である。今回は3大会の各優勝校が頂上決戦としてこの「統一戦」に挑むというわけである。

企画・運営を担当している県庁の方とここ数年間の交流があるが、何とか大会に大学附属図書館が協力できないものかとあれこれと模索してきた。そこで牧水短歌甲子園出身者もいる宮崎大学短歌会が高校生を応援できる場があればと、附属図書館にサテライト会場を設置してはということになった。大学講義も感染対応でオンラインと対面を融合して実施しているが、図書館利用の上でも感染対応の規約が整備されてきた。会場の収容可能人数の半分、座席には指定番号が付され行動履歴が追えるよう配慮されている。この日は夕刻から会場設営、担当学生とともに図書館事務長や係長が前向きに設営に取り組んでいただいた。いつしか文化祭前夜のような気分になり、小さいながらイベントが開催される喜びを久しぶりに味わった。

さあ高校生の熱き青春の短歌が楽しみだ!
今回は例年の審査員に小島ゆかりさんも加わった
土地をつなぐ人をつなぐ、そして短歌は時空を超える。


tag :

「第4回みやにち俵万智短歌賞」表彰式

2020-10-04
「短歌県」日本一を目指す
1000首以上の公募短歌
ゼミ生・卒業生・そして短歌会の学生らが

従前から歌人・伊藤一彦先生の御尽力で「牧水短歌甲子園」や「老いて歌おう」などの短歌関連行事が盛んであった宮崎、そこに俵万智さんが移住されてきたことは、誠にありがたくも大きなことであった。「千載一遇」宮崎で幸運にも大学教員の職を得ていた僕にとって、この「出逢い」には大袈裟ではなくこの四字熟語で語り尽くせない絶大なものがある。ここから自分に何ができるのか?自らの創作を始めたことも含めて人生の大きな模索を宮崎で行い得ることができている。数年前に「大学案内」のパンフレットにコメントと写真が掲載された折には、「短歌県の教員養成」を大胆にも掲げた。短歌に親しむ学生を小中学校教員となるべく育て、宮崎の社会をさらに豊かにしたいという構想である。

俵万智さんが移住されて以後、『サラダ記念日』30周年・『牧水の恋』出版記念・地元紙宮崎日日新聞連載「海のあお通信」などを据えて、毎年題詠公募短歌が実施されてきて今年が4回目。その年数と並立するように、宮崎大学短歌会の歩みがそこにある。真の「短歌県」を目指すためには、若年層の短歌愛好を活性化する必要がある。高校時代から「牧水短歌甲子園」に参加してきた学生が宮崎大学へ入学してきたこともあり、この数年で「大学短歌バトル」への出場を始めとして活性化した活動を学生が行ってきた。当該の公募短歌にも毎年のように秀作が選ばれた。今年の表彰の中で特に嬉しかったのは、僕のゼミ4年生が「優秀賞」に選ばれたことと、ゼミ卒業生2名が「佳作」を受賞したこと。さらには僕の講義を受講していた短歌会の新入生が「優秀賞」に選ばれたこと。新入生から現役生、卒業して教員や大学院生になっても短歌創作を続けている者が代々繋がったことだ。前述した「大学案内」パンフレットの文言が僕ら大学教員の公約だとするならば、学生や卒業生のありがたき力をもって、その公約を実行できたことになる。俵万智さんを始め、宮崎のすべてに感謝の思いで受賞式を感慨をもって眺めていた。

題詠「新」まさに明日への発見の歌が
どんな時代の波が来ても「大切なもの」を見つける
「短歌県」を目指しさらなる新しい宮崎が見えて来る。


tag :

附属図書館「国文・芸文祭2020みやざき」PRコーナー設置

2020-07-30
「国文・芸文祭2020みやざき」
PRコーナーを大学附属図書館に
若者が育つ場にこそ文化の光を

新型コロナ感染拡大により本年10月から開催予定であった「国文・芸文祭2020」が、来年の7月からと開催期間が延長されている。今年になって開催までのカウントダウンも始まっていたゆえ残念ではあるが、むしろPR期間が長くなったと前向きに捉え「プレ企画」を含めて楽しみたいと思っている。県民全体が「文化」に親しみを持つ意義深い機会として、テーマの一つに掲げられている「若山牧水(短歌)」に関連して協力をしているところだ。県内ではここのところ毎日のように感染確認が相次ぎ、見る見るうちに感染者総数は3桁となってしまった。PR企画もプレ行事も、現状では思うようにいかない困難さも垣間見える。

こんな情勢下だが、開館したばかりの附属図書館1階コニュニケーションコモンズの一角にPRコーナー設置を模索していた。僕のゼミ生である学生創発活動の学生が仲介役となり、この日は県庁ご担当の方々が設置作業にいらした。ポスターやパンフも期間変更の訂正が為され、比較的余裕のあるスペースにコーナーが設けられた。本県出身者ばかりとは限らない学生たちに、少しでも宮崎での「国文・芸文祭2020」を知ってもらいたいと思う。大学図書館は単なる学修の場であるのみならず、「文化」交流の場であるべきだ。学生は専門の学修をするだけでは、人生の萌芽期には物足りない。正解のない人生を見通すためにも、「文化」を体験的に受け入れるべきと思う。

「学び」の捉え方が閉塞的な昨今
「文化」の力は若者の感性を耕す
宮崎大学附属図書館1階「国文・芸文祭2020みやざき」コーナーをよろしく!


tag :

若き人も牧水賞授賞式へ

2020-02-13
松村由利子さん・黒岩剛仁さん
お二人の授賞式
宮崎の春はここから始まる

「球春」と言ってスポーツキャンプが始まることもさることながら、宮崎の2月歳時記で重要なのは「若山牧水賞授賞式」である。県からのご案内もあって、ここ4年間は毎年必ず参列させていただいていた。今回は松村由利子さん・黒岩剛仁さんのお二人の受賞ということもあり、賑やかな授賞式になるであろうと楽しみにしていた。だが毎度のことながら授賞式日程とこの時季の大学暦との相談が、なかなか厳しい場合も少なくない。今回は特に卒論審査の関係と会議等も重なる1日となり、大学での校務すら隙間のない日程となってしまった。そこでやむを得ず校務を全て終えてから、「現代短歌南の会」主催のお祝いの会に駆けつけることができた。

授賞式でご披露される受賞者の弁や選考委員の講評、さらには記念講演で今年は佐佐木幸綱先生の「啄木の発明」があって、喉から手が出るほど聴きたいテーマであった。ちょうどここ2年間ぐらいは、『牧水研究』において啄木と牧水の関係と同時代性について評論を書いて来たので尚更であった。公式の祝賀会が終了する頃合に会場に到着、会場から出ていらした県知事に本日の授賞式からの出席が叶わなかったことを告げた。すると「授賞式にもっと多くの人が来られるといいと思うのですが」と仰ったので、「ぜひ学生など若い人を増やしたいものです」と応答した。昨年来、県の文化振興課の方々と「短歌県」づくりについて模索していることもあり、この宮崎の風物誌に若い年代層の興味を多く引きたいという思いを強くした。本日も宮崎日日新聞では、1面に授賞式の記事を掲載している。宮崎の春は「牧水賞」から、県の大きな誇りとしたいものである。

歌会始召人であった栗木京子さんとも
毎年のこと作歌への思いを深く刺激される
「どこか人懐かしくぬくもりを感じさせる」見習いたき歌の境地である。


tag :

「歌垣ピクニック」来県!

2020-02-01
ニシタチ歩きもピクニック
素材を狩りマッチングなど楽しむ
メッセージ性と遊び感覚が短歌県への道

宮崎県庁文化振興課の方々とともに、宮崎を真の「短歌県」にするにはどうしたらよいかという課題を模索している。今年は秋に国文祭・芸文祭を控えており、多くの県民の方々にこの趣旨を喧伝する大きなチャンスの年である。この日は大阪から陸奥賢さんをお招きして「まちなか」でできる短歌企画の体験に伴い、様々に語り合う会が実施された。陸奥さんは既に大阪で「歌垣風呂」など短歌に関連したイベントを企画し話題になり、全国に「まちあるき」による活性化の仕掛け作りなどをしている観光にも関連したアイディマンである。諸々とその秘訣を聞くに、「まちづくり」とは「仲よくなること」であると云う。集う人・お店の人が相互に仲よくなり、何らかのコミニケーションツールを介して、楽しく話題を語り合える場にすること。まさに行って楽しい場にすることが大切なのは、飲み屋さんひとつ取っても同じ理屈である。

宮崎市中心部には昭和の香り漂う繁華街「ニシタチ」(西橘通)がある。この夜は参加者で「歌垣ピクニック」という企画を試行的に実施した。「まちなか」を概ね30分ぐらい歩き、短歌の素材を発見する。五七五七七の形式だけが決まりで、あとなんら制約はない。字余り字足らずも問題なし、という自由度の中で発見できたもの、想像したものをそのまま言葉にして再び会場に戻る。男女同数の会として歌を無記名で投函し、作者以外が無作為に取った歌を声に出して読む。まずは男性側が5首の歌を読み、女性側は眼を瞑り聞いている。同じことを女性側の歌でも実施し、相互に一番耳で聞いて直感的にいい歌だともったものに投票する。音声のみで実施することも、誠に身体的な感度を上げるようで刺激的な時間であった。開票し相互の歌を選び合っていたらカップル成立、短歌の言葉に表現された感性によるさながら「フィーリングカップル5対5」である。その後、ここで使用された短歌をどうするか?例えば「ニシタチリーフレット」にするか、「ニシタチ短歌マップ」にするとか、話題は尽きずその流れで懇親会まで充実した時間となった。

宮崎だから短歌で仕掛けよう
「遊ぶ」感覚が何よりも重要
繁華街に観光名所に「歌垣ピクニック」の可能性は無限大である。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>