fc2ブログ

わかりすぎる歌ー第362回心の花宮崎歌会

2021-10-10
3ヶ月ぶりに対面歌会
まだ車座は控えているが盛んに意見が交わされて
「わかりすぎる歌」という指摘について

全国の新型コロナ感染状況がだいぶ落ち着いてきた。宮崎では「感染者0」という日もあり、「まん延防止」の解除もあって、ようやく街に人が出てきた印象だ。宮崎駅前にはちょうど1年前に開業したアミュプラザ宮崎のビルがあり、その東側の公園内敷地に中央公民館がある。隣接する市民体育館は、宮崎一番の規模のワクチン接種会場。今も接種のために来訪する人の波が続いており、接種率を可視化できるような気分になる。宮崎歌会は出詠44首、評をする選者に伊藤一彦・大口玲子・長嶺元久の三名で、会員は主に互選票を入れた歌に対して意見を言う方式で進められた。互選票は事前にメールその他で提出されており、集計されて「心の花だより」に示されている。「たより」にはその他の短歌関連情報も掲載され、毎回の事務局長の努力には頭が下がる。コロナによってこうした歌会の方法も改められ効率化が促進した部分もあるようだ。未だ以前のように活発な討議までは及ばないものの、同じ空間に各自が一首を持ち寄って語り合うことの意義は大きい。

今回の歌会の批評でくり返されたのが、伊藤一彦先生による「わかりすぎる歌」という指摘である。読後に「心に引っ掛かりがない」とか、「付きすぎる」とも言葉は置き換えられたものも同想の指摘だろう。常套的な表現にさらに上塗りをしていくとか、「発見」のように見えるが読者として「そうですか」と考えが深まらない歌ということになろうか。牧水も歌論の中で「そうですか歌」という言い方で指摘している。歌の取材の独自な視点とともに描写の的確さ、その表現の中にどんな主張があるか?を読者があれこれと深堀りできる奥行きがある歌が、やはり互選票でも得票が高い。独自な視点でありながら、読者の多くが共感することも重要であろう。取材・表現・歌の心といった三要素に加えて、独自の噛み応えがあることが重要だ。素朴だが深い、深刻だがユーモアもある、その絶妙な地点に歌を直立させることが肝要と悟る。

表現を入れ替えるなどの推敲
不思議が多い歌のおかしみ
「ふかいことをおもしろく」(井上ひさし「創作の原点」)


スポンサーサイト



tag :

決め過ぎ・ワントーン・結句の着地ー第359回心の花宮崎歌会

2021-07-05
国文祭・芸文祭開会式から一夜明け
毎月1回は集まれる短歌の仲間
依然、感染対策は十二分に施しつつ

心の花宮崎歌会の月例会、出詠40首、欠席者はあるが日曜ながら多くの方々が中央公民館に集まった。会場は市立体育館に隣接しており、そこではワクチンの集団接種も行われている。歌会そのものも依然、席を囲むようには座らず講義形式で座り、歌評をする際はマイクが置かれている特定の場所で発言するような会場作りへの配慮がある。もちろんマスク・手指消毒は必須である。会員の中には医師もいらして、助言を活かした運営となっているのはありがたい。まずは少なくとも月に一度はみんなで集まれることに幸せを感じるべきなのだろう。選者は伊藤一彦先生と俵万智さん、投票した歌への各会員からの歌評ののちにお二人から評をいただき歌会は順調に進行した。以下、主に選者の歌評の気になった点を覚書とする。

【決め過ぎ】詩歌は決まりすぎると、むしろよくない場合がある。全体の表現が実に巧みで素材が光り輝くような歌、決め過ぎはむしろ虚構の味付けが濃くなってしまうのだろうか?確かにファッションでもブランド物で決め過ぎると、むしろオシャレに見えない場合がある。言語芸術の匙加減は誠に難しい。

【ワントーン】一首が「ワントーン」であるという指摘が何首かに見られた。もちろん「詰め込み過ぎ」はさらに避けるべきではあろうが、「素直過ぎる」歌には読者の目に止まる引っ掛かりがないということだろう。関連して、「字余り」の歌が散見されたが、全体の構成上の均衡があればむしろ効果的な場合があることを再確認した。

【結句の着地】例えば、結句をどうしようかと考えて「朝」などとしてしまう場合は少なくない。だが果たして一首で一番言いたいことは「朝」なのかどうか?また明らかな結論を結句で言ってしまうのもご用心。もちろんそこには、虚構の匙加減も作用する場合がある。酒量を結句とする歌があり、その分量の加減への意見が割れたのは誠に一興。これぞ心の花歌会ならではの心意気であろう。

国文祭・芸文祭みやざき2020実行委委員会会長である
伊藤一彦先生から関連したお話も
開会式で「短歌県みやざき」の存在感を天皇皇后両陛下にもお伝えすることができたかと。


tag :

ことばの精度に敏感たれー第358回心の花宮崎歌会

2021-06-14
比喩をいかに読むのか?
動詞の微妙な違いへの繊細な意識
五七五七七のどこにどのように語を置くか?

先月は県独自の緊急事態宣言もあり開催できなかった定例歌会であったが、今月は県内の感染者数も落ち着き中央公民館で開催することができた。会場の隣は宮崎市のワクチン集団接種会場である中央体育館、特設されたタクシー降車場や看板類が目に止まり時勢を感じさせた。出詠44首、選者を伊藤一彦先生・俵万智さん・長嶺元久さんとして、事前投票の結果が一覧とされ会員は投票した歌に対して評を述べるという形式で時短を意識して会が進行した。2時間で44首の評を終えるには今のところこの方法が最善かと思う。本来ならば投票歌以外にも会員の意見が多く述べられて、議論が活性化するのが本望であろうがしばらくは様子見といったところか。司会を仰せつかり、手際よく先に進めることに尽力した。以下、個人的に歌評の中で覚え書きとしておきたい点を記す。

・【比喩の読み】
比喩として提示された表現をいかに読むか?もちろん読者ごとにそれぞれの「読み」が平等に認められるべきと思うが、それだけに歌会での多様な捉え方に耳を深く傾ける必要がある。例えば「風のような」とある時に、今現在自ら読んでいる書物などに左右される自己を発見した。「比喩」そのものが流動性あるものなのかもしれない。ゆえに愉しいのだ。さらには「オノマトペ」に諷諭的な意味を取る解釈が為され脱帽。

・【語句選択の精度】
動詞などで類似したものがある際に、どれほどの精度で使用するかにこだわるべきという貴重な学びを得た。日常生活でもどれほどの精度で語句を使用しているのか?常に繊細に意識すべきと痛感した。そこにはあくまで何も知らない人に「伝える」という深い意識が垣間見えた。当然だと思って使用した語句に疑いを持ってみよう。

・【三十一文字のどこに置くか】
あらためて三十一文字のどこにどのように語句を配するかは、大変に重要なことだと学ぶ。個々の「文体」という個性とともに、いかなる順番で歌を演出するかという意識を推敲時に持つべきだろう。素材の焦点化を含めて三十一文字という舞台の見せ方は、実に多様な操り方ができるはずである。

新語を使用した歌なども
やはりライブ感ある歌会の妙味
さらに深く語り合え、そして懇親会ができるのはいつの日か。


tag :

肉声で歌を語れるー第355回心の花宮崎歌会

2021-03-14
久しぶりの対面歌会
宮崎県内の新規感染者の落ち着きを背景に
1ヶ月に1度は肉声で歌を語れる場として

宮崎県内の新規感染者は「0」の日も続き、久しぶりに心の花宮崎歌会は対面で開催されることになった。年末年始の急激な新規感染者増加で新年歌会からして中止であっただけに、会員のみなさんにとっても待望の一日であった。もちろん円座になることもなく、消毒や換気をし時間も最小限という配慮の元での開催であった。事前に互選票を事務局宛に投票しておき、「こころの花だより」に他の貴重な情報とともに投票結果を掲載していただいている。この日は司会を担当したが一覧表があるために歌評をする方々が順番にスタンドマイクの位置まで移動し、スムーズに語れたのは大いに時間節約となった。投票のない「可能性無限大歌」については、全体を三分割し伊藤一彦先生・俵万智さん・長嶺元久さんらの評をいただき、歌会は最後に選者への質問コーナーまで実施でき円滑な進行を果たすことができた。

出詠歌についての言及は控えるが、特に話題となった点を覚書としておきたい。まずはよく言われることだが助詞の選択、「は」「の」「が」「も」「に」等々どれがその歌に適切かは推敲に推敲を重ねる必要があるようだ。次に「五七五七七」において、どの語句をどこに置くかということ、下の語への係り方によって意味が十分に伝わらないとか、解釈を取り違える可能性がある場合に注意が必要だ。また特に俵万智さんから提案された「短歌トレーニング」方法として、結句を「三月」とする歌をいかに「詩のことば」で表現できるか?その月の季節観を自分なりの歌にする良いトレーニングだと云う。さらに短歌は俳句と違い、当該の季節の歌でなくとも出詠が可能だということも確認された。いずれも具体的な場面・情景が見える歌、思いも寄らぬ比喩のある歌が互選高点となり、選者の5首選にも選ばれている。

それにしても肉声の歌会はやはりいい
春に浮かれず感染対策への意識を持ち次の歌会を待つ
この日があることで1ヶ月間、短歌への力が湧いてくる。


tag :

短歌史を進める文学運動体

2020-12-08
「進行形の短歌史の最前線」
「1300年のやまとうたの歴史上に身を置く」
意識が動き出す佐佐木幸綱先生のことば

今月も所属する短歌結社誌『心の花』が届いた。家のポストだと時折、雨水が流れ込んで濡らすと困るので、大学学部宛に毎月届けられることになっている。メールボックスでその封筒を見つけるのが、1ヶ月で一番ウキウキするお届け物である。その場で即座に開封したい衝動を抑えソワソワしながら研究室に戻り、すぐさま開封しまずは自らの短歌がどのように選ばれたのかを探る。しばらくは夢中になって、その誌のページを繰り続ける。この想いは何であろうか?Webが活況を呈する時代に、書簡の恋文への返信が届いたように心を揺さぶられるひと時である。このような気持ちをさらに高めてくれる、主宰の佐佐木幸綱先生のことばにこの度は出逢った。先週末の「心の花宮崎歌会」で配布されたバックナンバーのコピー「短歌の現在ー選歌の現状」(2001年12月号)である。

本日の標題や冒頭に記したことば、「『心の花』はサービス機関ではない」「営業的投稿雑誌でもない」と勘違いを矯正しつつ、力強く「短歌史」の上に立つ「運動体」であると宣言している。選者の方々も情熱を注ぎ、それは「短歌に対する愛着と短歌史の未来への期待」によって支えられていると説く。前項で記したワクワク感のみでは済まされない、まさに「1300年の短歌史の上」における「最前線」で躍動する「運動体」こそが毎月の『心の花』なのである。このことばには、身震いがするような気概を覚えている。僕自身としては研究の射程にあった古典和歌と同線軸上に身を置いているというのが、あまりにもダイナミックな生き方である。今月号では「作品評」のご担当の方に「秀歌三十首+今年の収穫」に一首を選んでいただいた。もちろん、「月詠」と「メール題詠」にも自らの表現を見出した。「運動体」の一要素として、「最前線」に立つ決意を新たに歌を詠み続けたいと思う。

『心の花』1466号(2020年12月号)
日本で一番古く長い「運動体」である
今日の一首が大きな明日へと翔び立つごとく。


tag :

歌に集う「運動体」ー第352回心の花宮崎歌会

2020-12-06
「ユーモア」の詠み方
単純化への匙加減
そのものを言わずそのことが伝わる

日本全国が感染拡大第3波に襲われている。状況からしてまた春先の対応に戻るのかなど懸念は多いが、感染対策を十分に施して年内最後の「心の花宮崎歌会」は開催された。三人掛けに1人が座り同じ方向を向く、限定1時間半、歌評は短く明解に、等々の配慮を十分に心掛けての開催である。事務局の対策を徹底する施しには、いつも頭が下がる思いである。出詠歌は43首、互選評の得票が多い歌から歌評をはじめ、ほとんど投票した歌にのみしか意見は言えない限定的な状態はやむを得ないところ。投票者の歌評ののちに、伊藤一彦先生と大口玲子さんの指摘が為されていく。

以下、いくつかを覚書としておきたい。「ユーモア」の歌の詠み方とはどうあるべきか?という問題提起が伊藤先生から為された。「川柳のようでは駄目」であり「どこか心の機微に触れる」表現が求められるということ。自省を込めて、やり過ぎの「ユーモア」は「心の機微」と遠くなってしまうようだ。また「単純化」の指摘もいくつかの歌に対して為された。作り込み過ぎるというか、表現が多重過ぎることで、伝えたいことがぼやけてしまうことが往往にしてある。新型コロナで新たな世相を素材とする歌も少なくないが、それが個々の心の機微といかに結びつくのか。「我」はいかにこの世界史に残る世相を生きているか。そんな気概と繊細な匙加減が必要なのだろう。

「短歌史を進める運動体である」
佐佐木幸綱先生の『心の花』(2001年12月号)
「選歌の現状」の紹介にも大きく心を動かされた。


tag :

理由なく読んで楽しい歌ー第351回心の花宮崎歌会

2020-11-15
「理由から歌を作ってしまいがちだが
 ユーモアのある読んで楽しい歌もよい」
(歌会席上での伊藤一彦先生の評)

再び第3波の声が全国より聞こえる中、宮崎はまだ感染者「0」の日も続き対面でのリアル歌会が実施された。それでも中央公民館研修室に入れる人数は限定され、時間は1時間半まで、互選票を入れた歌に対して参加者の票はあるが、なかなか多くを自由に語る時間まではない。不自由さを感じつつも、何より月に1度でも歌仲間が集えるだけありがたい機会と思うべきであろう。何より評者(選者)として伊藤一彦先生に加え、俵万智さんの参加があるのが大変に贅沢な歌会である。この月例の時間こそが作歌のモチベーションを大きく上げてくれていることを、あらためて実感する。

本日の題にもしたことだが「理由」から歌を作るのではなく、ユーモアのある読んで楽しい歌があってもよいという伊藤先生の評は参考になった。当該歌に対しても僕自身は「なぜその歌の描写する現象が起きたのか?」と「理由」を求めていた。正岡子規が『古今集』や「紀貫之」を批判し、短歌における「理屈」を排除すべく攻撃したのは有名である。現代社会にあってはさらに「理屈」がはびこりだし、リアルな描写ではなく観念により頭の中で作った歌が多いのかもしれない。自然との親和性なども含めて牧水などからあらためて学び、宮崎ならではの歌を作る意志が必要なのではないかと思う。

宮崎方言の歌にも様々な議論が
季節の歌か現実的な相聞歌か
常套から抜け出す方向性は多様である。


tag :

自然の素材が溢れているー第350回心の花宮崎歌会

2020-10-11
対面を再開して2回目の歌会
参加者の評があってこそ
歌も「新型」ばかりにあらず

新型コロナ感染対策で通信方式(メール等で詠草互選投票)のみから対面歌会を再開して2度目。変わらず消毒・マスク・距離などの対策が取られつつも、対面で歌会ができるのは誠に嬉しいものだ。出詠された短歌も「新型コロナ」に関連したものが多数ということもなく、秋の季節を感じさせる素材が増えたのも一つの傾向であった。海老・秋茄子・おみなえし・月見草・ガクアジサイ等々、植物や自然景物の歌が多く並ぶのも宮崎歌会の特長ではないかと思う。よって歌評においても植物へ造詣深い内容が聞けることもしばしばで、各ご自宅の庭にある植物と比較した評が聞けることも少なくない。あくまで統計的ではなく印象でしかないが、自然との距離が近い宮崎歌会の歌には心を癒される思いである。

さて、前回の対面は選者が三首を選んで講評をするという形式であったが、今回は事前に投票した歌に対して参加者からの評が加わった。マイクは回さずにスタンド式が会場の数カ所に立てられる、三人掛けの机に一人ずつという対策が取られる。時間も通常よりは短縮して1時間半、それだけに歌評で述べる内容を精査する必要もあり、むしろ引き締まった進行になった気もする。指摘されたこととして「地球」を「テラ」、「惑星」を「ほし」とふりがなをつけることは避けるべきではないかということ。また絶妙な比喩で現代の「生きづらさ」を述べた歌を讃える評もあった。また個人的にはカギカッコ「楽曲名」が詠み込まれた場合、その著名な歌詞のフレーズまでを含み込んで鑑賞を施してもよいかなどに興味が持たれた。

まだまだ会場での会話を控えるなど不自由さもあるのだが
いつしか350回の節目
月1回このように歌仲間と会えることだけでも貴重な時間なのである。


tag :

俵万智『未来のサイズ』宮崎生まれの愛情に溢れた歌たち

2020-10-10
心の花宮崎歌会が初出の歌たち
確か批評もしたことがある歌も
母親の愛情そして教師の愛情

出版されたばかりの俵万智さんの第6歌集『未来のサイズ』をご本人からご恵贈いただき、既に通して3回読んだ。歌集冒頭に「2020年」が据えられており、コロナ禍で歴史に刻まれたこの年を、「ふかいことをおもしろく」短歌が紡ぎ出している。此処から2013年まで、俵さんがまだ石垣島で生活されている頃を素材とした歌もあり、宮崎へ移住されてきた時間を遡及することができる。そして何より僕たちにとって、心の花宮崎歌会に出詠された歌たちが歌集に収められていることが嬉しい。確か歌会で評を申し上げたことがある歌が何首かあって、まさに宮崎に住んでいる特権であるように、この歌集を楽しむことができる。

「『短所』見て長所と思う『長所』見て長所と思う母というもの」

『未来のサイズ』は、俵さんの息子さんへの母としての愛情に溢れていると同時に、居住された土地への愛情をたくさん読むことができる。人が生きる上で「愛情」とは何かを深く考えさせられる歌が多いのだ。もちろん、ご当地の美味しい食べ物への愛情も忘れることはない。掲出した歌は母としての「愛情」を素材とした歌だが、ある意味で「教師の生徒への愛情」にも置き換えられるように読めた。向き合う子どもの「長所と短所」を言語化する際に、何をどう書くか?教師は担任する学級の児童生徒について、記録として所見を記すという大切な仕事がある。その際の向き合い方が、まさに掲出歌の「母というもの」と等質な「愛情」をもっていることに気付かされる。俵さんご自身が大学卒業後に経験した「教師」、第1歌集『サラダ記念日』には「教師目線」の歌もあるが、その当時から一貫して変わらない豊かな愛情に『未来のサイズ」は溢れている。これぞ「全肯定」を旨とする俵万智の「一貫した新境地」のようにも思われる。

ご本人への御礼メッセージでお伝えしたこと
ご丁寧な返信をいただき感謝
宮崎での俵さんとの交流は、僕の人生史の上で誠にありがたい時間である。



tag :

助詞の難しさ美しさー第344回心の花宮崎歌会

2020-02-02
「前を」なのか「前に」なのか?
「時間」なのか「場所」なのか?
短歌そして日本語の助詞の難しさ美しさ

毎月第一土曜日に開催される心の花宮崎歌会、今月は朔日ということで二月は短歌で始まる。また宮崎ではプロ野球5球団が一斉にキャンプイン、駅のコンコースにも各球団のユニフォームが展示されファンの方らしき観光客も姿も多かった。宮崎歌会では毎度、活発な意見交換が行われるが、今回特に話題となったのが助詞の使用法。冒頭に記したように「・・を」なのか「・・に」なのかで解釈は「時間」か「場所」かとふた通りの解釈が生じて、時間をかけた議論となった。この助詞が受ける動詞が「待つ」であり、「到来するべき時間(を)待つ」という文脈と、「到来すべき時間を待つ場所(に)」という解釈が生じた双方の意見があったと云うことである。議論は相互の解釈ともあり得るとして、なかなか着地点が見つからなかった。

日本語の助詞・助動詞を文法的には「付属語」と呼び、「単独では意味をなさない」ものと解説される。義務教育においては、小学校ではおおらかに前後文脈から適切な用例を学び、中学校では「口語文法」として学ぶことになっている。だが所謂「学校文法」としての体系や教え方が決して活用しやすいものではなく、教える側の教師さえも曖昧な中で模索しているのが現状である。まだ外国人向けの「日本語教育」の方法を採用すれば、むしろ明快な学びになるのではないかと思うのだが。「文法」そのものの学びも重要であるのだが、それ以上に「文脈」を読む力を重要視した方が活用できるものとなる。前述の短歌解釈の問題も、「待つ場所」に一首の焦点があるのか、「待つことで至る特別な時間」に焦点があるのかで、「を」か「に」の適切さが判明することになろうか。やはり短歌には、日本語の難しさと美しさが集約的に表れるものである。

同じ語の繰り返しの問題なども
小説にあった比喩的表現の使用はいかに
単純化の成功例なども


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>