FC2ブログ

助詞の難しさ美しさー第344回心の花宮崎歌会

2020-02-02
「前を」なのか「前に」なのか?
「時間」なのか「場所」なのか?
短歌そして日本語の助詞の難しさ美しさ

毎月第一土曜日に開催される心の花宮崎歌会、今月は朔日ということで二月は短歌で始まる。また宮崎ではプロ野球5球団が一斉にキャンプイン、駅のコンコースにも各球団のユニフォームが展示されファンの方らしき観光客も姿も多かった。宮崎歌会では毎度、活発な意見交換が行われるが、今回特に話題となったのが助詞の使用法。冒頭に記したように「・・を」なのか「・・に」なのかで解釈は「時間」か「場所」かとふた通りの解釈が生じて、時間をかけた議論となった。この助詞が受ける動詞が「待つ」であり、「到来するべき時間(を)待つ」という文脈と、「到来すべき時間を待つ場所(に)」という解釈が生じた双方の意見があったと云うことである。議論は相互の解釈ともあり得るとして、なかなか着地点が見つからなかった。

日本語の助詞・助動詞を文法的には「付属語」と呼び、「単独では意味をなさない」ものと解説される。義務教育においては、小学校ではおおらかに前後文脈から適切な用例を学び、中学校では「口語文法」として学ぶことになっている。だが所謂「学校文法」としての体系や教え方が決して活用しやすいものではなく、教える側の教師さえも曖昧な中で模索しているのが現状である。まだ外国人向けの「日本語教育」の方法を採用すれば、むしろ明快な学びになるのではないかと思うのだが。「文法」そのものの学びも重要であるのだが、それ以上に「文脈」を読む力を重要視した方が活用できるものとなる。前述の短歌解釈の問題も、「待つ場所」に一首の焦点があるのか、「待つことで至る特別な時間」に焦点があるのかで、「を」か「に」の適切さが判明することになろうか。やはり短歌には、日本語の難しさと美しさが集約的に表れるものである。

同じ語の繰り返しの問題なども
小説にあった比喩的表現の使用はいかに
単純化の成功例なども


スポンサーサイト



tag :

第343回心の花宮崎歌会新年会ー題詠「長」

2020-01-05
「長椅子」「長寿」「長男」から
「長い夜」「長介」や「長・内科」の固有名詞
「白長須鯨」まで

新年歌会始、心の花宮崎歌会は第一土曜日の原則もあり例年より早い三ヶ日明けの開催。詠草には通常よりも多い47首と50に迫る歌が並び、賑やかな新年歌会となった。題詠は「長」、冒頭に記したような使用が特に目を引いたが、比較的どのようにでも形容詞として使用できる語だけに、歌に仕立てることは容易だが、注目作にするためには工夫が求められるようだ。家庭の中の「長椅子」の存在は、ときに疲れた人を睡眠に誘導したり、家族の存在や役割を相互に自認する装置となり、また学校の相談室などのそれは心の対話の痕跡ともなる。また時代相からして「長寿」の語の使用も目立つが、それだけに高点を獲得するまでの素材としてはむしろ難しい印象があった。中には、松山千春の「長い夜」という曲名を入れた歌もあり、同曲の知名度の高さと宴会などでの使用頻度の高さが窺え場面も浮かび、固有名詞としては成功している歌となったようだ。

以下、歌会の議論の要点となったことを覚書とする。上句と下句の結びつきがわかりやす過ぎても良からず、またかけ離れ過ぎてもわからずという微妙な点のやりとりがあった。一首に「長男」を5回使用した歌があったが、作者の主張はどこか?と迷いつつも言葉遊び的に注目を引く歌となであった。「長く編む」という遊びの名称が実に響きがよい上に、遊びの本質を突き「長い」とは何かを考えさせられた歌。獣医という職業と結びつく「白き長靴」も、清潔感の象徴であるとともに、宮崎での口蹄疫の記憶も想起させる貴重な素材であった。また「白長須鯨」は、人間並みの寿命を海で長らく孤独に生きる、その姿から「この世の全ての孤独」を感じさせる秀歌もあり、それぞれ議論も活発に盛況な歌会であった。

引き続き新年会では
昨年に出版をされた方からのコメントなども
そして今年の国文祭・芸文祭みやざき2020への期待が高まる新年であった。


tag :

焦点を絞るー第342回心の花宮崎歌会

2019-12-02
「なぐさまず歩み来れば月下にて音なくもつれ人格闘す(岡部桂一郎『木星』)
「身籠れるごとふつくらとかなしかるこの春山にけふは恋すも」(伊藤一彦『海号の歌』)
短歌における具象と抽象のことなど

早いもので師走、第一土曜日と定まっている心の花宮崎歌会が開催された。詠草には全部で44首の歌が並び、参加人数もいつもながら盛況である。午後3時半開始も定着して来て、懇親会まで時間的に余裕をもって運ぶことができる。それにしても毎回のように告知される県内の短歌行事は、実に多く実に多様である。これぞ「短歌県」たる所以であり、その各行事で心の花の会員の方々が活躍されている。さて歌会冒頭は恒例の三首鑑賞、この日に取り上げられたうち二首を小欄冒頭に記した。鑑賞担当の方が提起したのは「短歌の具象と抽象」について、特に一首目の岡部桂一郎の詠歌の姿勢は常にこの点にこだわりがあったと云う。解釈を深めないと「わからない」のだが、まさに詩的に哲学的な奥で、核心的な具象に辿り着きそうな歌なのである。

いざ歌会開始、今月も秀歌が多く得票にも迷う。高点歌からの批評となるが、その優れた点を議論するとともに、さらなる推敲を施す点にも意見が及ぶ。当然ながら時間配分も得票した歌に多くなるわけだが、「表現が未熟な歌は解釈が定まらないため、そこに時間をかけ過ぎない方がよい」と云う伊藤先生の意見もあってのことだ。秀歌に学び秀歌を目指す、その奥深く緻密な議論に耐え得るものが秀歌の条件でもあるだろう。この日の議論でいくつかの歌に対して「(一首の)焦点を絞ること」という意見があった。読者を惹きつけるに十分な比喩があるところに、言わずもがなの一句分(七音)が付加されている。だがどうやらその部分に詠者の言いたい部分があるようにも読める。「VTR(動画)的」ではなく、瞬時を切り取る「写真」にする意識で焦点が定まる。まさに短詩系たる所以が議論されたような、今年の総決算の歌会となった。

宮崎大学短歌会の学生たちの高点も目立ち
世代間交流も促進するような宮崎歌会
新年会へ向けてまた個々の作歌の時間に戻っていく。


tag :

「短歌でしか表現できないこと」第341回心の花宮崎歌会

2019-11-03
『心の花』編集部から田中拓也さんをお迎えし
「『心の花』と私」の講話と歌評をいただく
結社ならではの充実した1日が宮崎で

歌誌『心の花』編集部から地方歌会への派遣事業が本年から始まり、田中拓也さんが宮崎へといらっしゃった。午前中には、宮崎大学を会場に「短歌の授業づくり」と題した講話とワークショップが実施され、一般の方や学生まで約20名の方々が参加した。僕自身は校務で附属学校園での式典に参列する予定があり、主に宮崎大学短歌会の学生たちが運営に当たった。本年『心の花』の5月合7月号で「短歌の継承ー短歌と教育」が特集されたように、現職教員が歌人として活動し短歌を児童生徒に継承していく責務は大きいように思われる。また教員という職業は短歌に向き合う知性や感性が発揮でき、学校という交流の場での人生を活写することができる特権があるとも思う。宮崎のさらに多くの先生方が、短歌に向き合う契機となればと願う。

心の花宮崎歌会は夜6時に開会し、冒頭の30分で田中さんから「『心の花』と私」の講話。高校生の頃の短歌の出会いから、「心の花」でどのように歌や歌人の方々と出会ったかを、短歌を引きながら実にリアルに話していただいた。あらためて心の花歌人の方々の多様さ層の厚さを思うとともに、いかに短歌に向き合う人生を送るかというモデルが示されたようでもあった。「短歌でしかできないことを歌うんだ。」「一人に千回読まれる短歌」など佐佐木幸綱先生や、「短歌を作る時間帯を変えると短歌の内容まで変わるんだ。」という伊藤一彦先生らから田中さんが得られた言葉の紹介もあり、宮崎の会員諸氏にとっても大きな気づきとなる内容であった。歌会は49首出詠、互選票の多い歌から批評が開始されていく中で田中さんの主題や表現構造を視点とした評が新鮮であった。特に宮崎歌会の特徴として挙げていただいたのは、「文末(結句)表現の工夫が多い」「様々な主題(素材)が詠まれている」「固有名詞が少ない」というご指摘であった。また「コンビニ」という素材の扱いの難しさや、ネットを使用しないで歌評する歌会の試みの紹介もあり、歌会とは歌評とは何か?という命題を考える意味でも貴重な機会となった。

歌会後は恒例の懇親会
さらに深く歌の奥行きを探った
「宮崎でしかできないこと」も悟った宵のうち


tag :

痛感・触感・語感ー第339回心の花宮崎歌会

2019-09-08
痛みを転じて
身近な食品を通して
違和感を覚える言葉

未だ暑さも残る9月第一土曜日、恒例の心の花宮崎歌会が開催された。出詠歌そのものの小欄への掲載は控えているゆえ、互選票を多く獲得し話題作となった作品の議論について覚書を記しておきたい。頭で作る歌が多い中で、身体の痛覚を表現した作品は眼を引いた。回想のうちなる痛みをそのまま否定的に終わらせることなく、五感を働かせ受け止めてよき思い出に転化するような構造。少年少女の頃の「痛み」には誰しもが共感しつつ、現在ではあまり為されなくなった自然体験に取材したあたりも巧妙であった。

日常生活で誰しもが味わう飲食物に取材し、その販売される容器の辿る道に焦点化した作品も面白かった。その飲み物を擬えた恋の思いが絶妙で、恋心の一面にこんな具象化された行動があるものかと個人的に驚かされた一首であった。近現代社会の消費文化は既に見直され始めているように思うが、「リサイクル」の概念に人間の恋心の切なさが重ね合わされる点は大きな発見であった。

新語・造語の類も巷間に溢れかえっている。手元のWeb有料契約の辞書総合データベース(現代語・流行語も掲載した書籍もデータに入るが)にも掲載されていない神出鬼没な語彙。我々のような短歌人であればこそ、その語感に違和を覚える度合も高い。辞書データベースになくとも、Web上では盛んに検索で頻出する語彙。それは「現代の様々な人間関係を映すもので、その関係性が問われる歌として貴重だ」と伊藤一彦先生の弁。

他にも話題作の多い楽しい宮崎歌会
伊藤先生・俵さんの批評も存分に聞ける
学生たちや卒業したばかりの若い人の読みが加わることも大きな楽しみである。


tag :

「ヤモリの子ども」短歌の素材と語形ー第336回心の花宮崎歌会

2019-06-02
「空きペットボトルの溜まってゆく部屋で干からびてゆくヤモリの子ども」
(佐佐木定綱「魚は机を濡らす」第62回角川短歌賞受賞作品から)
定綱さんの素材発掘と語形と

一日より心の花宮崎歌会という六月のスタート、今月は恒例のゲストをお迎えしての歌会。東京より佐佐木定綱さんが宮崎に来てくださった。定綱さんとは以前から全国大会などで話していたが、特に数年前に「日本ほろ酔い学会伊丹大会」が開催された折に、佐佐木幸綱先生とともに父子でいらしていて、伊藤一彦先生と僕の四人で深夜まで地元の銘酒・老松と白雪を楽しんだことが、心に刻まれた思い出である。さて歌会の冒頭は、定綱さんの講話。「現代短歌の語形」と題した内容で、「口語と文語」「地域の言葉」「物語の文体」の三項目で、現代短歌が孕む「語形」の問題を具体例を示しながら提起してくれた。寺山修司をはじめ俵万智さん・永田紅さんなどの文語と口語が一首の中に混在している短歌について的確な批評。曰く「口語(と文語)を混ぜて、歌の質感を調整していく。」ということ。また「口語の進化が方言」という発想で「自分に即した言葉で伝えきる」ことの大切さ、「方言でないと表現できないもの」を本田一弘さんの歌を例に述べられた。また「物語の文体」では、「ですます調で第三者的」な表現や「公共の言葉」を使いながら、作者と作品の距離感がある作品などが紹介された。

佐佐木幸綱先生の作品を手本として、俵万智さんによって市民権を得た「文語と口語」の混在した短歌語形については、個人的な作歌の上でも常に考えるべき問題であると思う。古典研究者として「文語」のもつ繊細・的確ながら圧縮された表現の有効性を堅持したい欲求とともに、どこかで「口語」を駆使できないかという欲求が脳裏を駆け巡る。この日の歌会でも随所で伊藤先生から指摘があったが、「文語・口語」双方で創れる言葉の使い手を目指すべきとの着地点を意識すべきであろう。歌会では、「素材」を光景から拾うのと「心(言いたいこと)」では、どちらから作歌されたのかという点も多く議論された。双方が一首の中で上手く融合していることが大切なのは言うまでもないが、一首の調和を理解するには双方の表現に不足がなく相互に「手掛かり」となる(呼応する)ことを目指すべきという学びが大きかった。「わかり過ぎず」されど「限定的・確定的」な像へと読み手を誘う表現が求められると云うことである。懇親会では、冒頭に示した角川短歌賞を受賞した定綱さんの作品から11首が選ばれ、宮崎大学短歌会の卒業生1名(教員)と2名の学生チームが「だれやみインタビュー」と題して奥深い質問が為された。動物好きで、食べ物を「入れるもの」とすると「出すもの」も好きな定綱さんの素材への嗜好とともに、光の当たらない物に言葉で光を当てるという短歌人としての心の広さを感じる座興となり、宮崎の夜は二次会まで続いた。

賞に応募し続ける意志
食べ物へこだわる生命感
学生たちと中間世代の定綱さんが、宮崎歌会にさらなる力をもたらした。


tag :

宮崎にいるからこそー第335回「心の花」宮崎歌会

2019-05-05
「一生に一度の遊行花びらはわづかの間をかがやき舞ひぬ」
(伊藤一彦『土と人と星と』)
「宮崎は自然しかないのではない、自然こそあるのだ。」

宮崎日日新聞コラム欄「くろしお」に、県外からの来訪者に対し宮崎では「自然しかありません。」と「謙遜と自嘲交じりの言い方」が為される傾向があることを取り上げられた。それに対して伊藤一彦先生が、冒頭3行目に示したように「自負をもって」対応すべきと随筆集『青の国から』に書いていることが紹介されている。さらに歌集『海号の歌』で「読売文学賞』を受賞した際にも、「田舎の宮崎にいてよく受賞できたね」と云う祝辞に対して、「宮崎にいたからこそだ」と胸を張って応じたことが讃えられている。実はちょうど1週間前に、僕が大変重要な要件で伊藤先生宅を訪れた際に、これに類する讃辞をまさに『海号の歌』を取り上げて申し述べた。宮崎での「生き方」という面での伊藤先生の評価と、己が感得しつつある「宮崎のよさ」への思いが同じ方向性にあることが客観的に知られる貴重な機会となった。

冒頭の一首は、「心の花」宮崎歌会で鑑賞担当の方が取り上げた伊藤先生の歌。「花びらがわづかの間(あはい)をかがやいて舞った」その刹那なる「花びら」の時間を「(一生に一度の)遊行」と捉えた繊細かつスケールの大きな歌。ひとひらの「花びら」にも「一生」があり「わづかの間」に舞い散るが、自然と親和的に生きる我々もまた常に「一度の遊行」をいつ迎えるかわからない。自然の時間や表情を常に人の生き様を重ねる牧水にも通底する自然観こそが、歌集名『土と人と星と』に表れているように伊藤先生の奥深い歌の境地である。さて以下、歌会で批評の要件の覚書。「経験の無い者の意見こそが重要」、その歌の素材に経験が無い人にでも伝わりイメージを抱ける描写こそを目指すべきとの指摘。それを受けてリアリティーある描写の難しさが話題となった。例えば「同じ高さ」と言った時に、どことどのように「同じ」なのかを想像できる表現であるか。塚本邦雄はともすると観念的な歌に見えるが、むしろ徹底的な描写でリアリティーある表現を読むべきとの伊藤先生の指摘には、あらためて眼を開かさせられた。

歌会や懇親会を通して私事へのお祝いも
宮崎歌会でこその学び
宮崎で生きてこその短歌へ歩みたい。


tag :

春らしさ春満開ー第334回心の花宮崎歌会と桜の週末

2019-04-08
春の雨・風・色彩
散歩すれば桜は満開にて
新しき花を求めて・・・・・

週末6日(土)は心の花宮崎歌会、試みに15時半からの開催で懇親会は18時半から。今までの19時歌会、21時半懇親会より遠方の方などが参加しやすく、明るさのち居酒屋という流れも悪くない。数ヶ月はこの時間帯での開催を試行するということ。新年度初の歌会、春らしい陽気の中に春の気分を醸し出す歌も多かった。春の雨・風・色彩・花、様々な自然の中にいかに人事を重ねるか。やはり「春」は、他の季節以上に「時間意識」が高まっているようにも思う。その「気分」はやはり古典和歌からの伝統でもあり、そこに現代の様々な風物・生活を結びつけるかも大きな課題だろう。感興を呼ぶ比喩、そして新たな発見、素朴な生活の中の一コマをいかに描写するか。新年度にしてあらためて多くの学びある歌会・懇親会であった。

先週は七分咲き程度だった桜が宮崎でも満開。日曜日は早朝から近所の公園を散歩した。桜トンネルの石段を登り拓けた視野に、居住地域の街並みがよく見通せる。桜の淡いピンクに薄雲があり、その上に空の青という構図が美しい。その途次、県議会議員選挙に出向き早々に義務を果たす。昼からも春の海を見ながらのドライブ、昼食後にはまた美しく満開な桜を見た。手元には常にスマホがあるので、いかに写真を撮影すれば美しいかなどと最近は考えるようになった。桜は遠目から並木を見ても美しくそのような見方が一般的であろうが、花一輪に接写してみると個々の花びらにも個性があることに気づく。拙速とも思えるごとく満開時期に既に赤色に萎んでいたり、奥手にも蕾のままもったえぶって咲いていないものもいる。人もまた同じように様々な生きるステージでの咲き方がある。時宜とはいかに、あれこれと考える夕間暮れである。

学校制度は「春始まり」をやめられない
桜という「文化」と「自然」の接点
短歌をよむとは、まさに1300年の歴史に身を置くことなのである。


tag :

新年歌会題詠「原」ー第331回心の花宮崎歌会新年会

2019-01-07
「九州の原は『ばる』なり西都原、国原、われの棲める平原」
(伊藤一彦『月の夜声』より)
題詠「原」

松の内5日にて第一土曜、心の花宮崎歌会新年会が開催された。恒例により新年は市内の宮崎郷土料理の老舗の大広間で、15時より歌会、18時より新年会が催される。新たな年に伊藤先生をはじめ宮崎の歌仲間のみなさんと一年の「健詠」を願う貴重な機会ともなる。前半歌会の題詠は「原」、事務局長の福原さんのお名前に由来する題である。福原さんが毎回作成してくれる「こころの花だより」には、伊藤一彦先生の「原」が詠み込まれた歌が掲載されていたが、冒頭に表示したのもその一首、九州わが地宮崎でも地名に「原」とあれば「ばる」と読む。嘗ての県知事の姓が「東国原」であったことは、このことを全国に知らしめたと言ってもよいだろう。伊藤先生はコメントに、日本語は掛詞を重視するので家(ご自宅)近くの「矢的原神社」では、「腹」が健康であるようにと祈願するというコメントもあった。

さて歌会では過去最多得票とも思える11票を、宮大短歌会の学生会員の歌が獲得。歌そのものの紹介は控えるが、「原色」という題詠の活かし方に「図鑑」というアイテム、さらには「図書室」という「学校空間」の情報の密な場所を思わせる光景から、誰もが思い描ける場面で実に不思議な現象がまことしやかに見られそうな現実感を伴って描写された秀でた歌であった。他にも高点歌では「原人」「原則」「原点」「海原」「草原」「高原」「原告」などと題が多様に詠まれた歌について積極的に議論が為された。中でも文語「む」の使用について、推量・婉曲の意味や文節の中での置き方など文法に関する問題。丁寧な描写が為されているが、お膳立てが整いすぎるという指摘。随所に「散文的」と批判する指摘など、新年から活発な歌会となった。

牧水没後90年以後へ
宮崎大学での短歌研究の認知度
宮崎大学短歌会の大学短歌バトルの出場
(自身の新年会挨拶の要点より)


tag :

対話するよみー第330回心の花宮崎歌会

2018-12-03
「コンビニ袋」は「レジ袋」では
「深々」は「ふかぶか」それとも「しんしん」
「喪中の葉書」が「流れ着く」という喩は軽いのか?

今年も早、最後の心の花宮崎歌会となった。この日の投歌数は「46首」に及び、50に迫る勢いで新たな会員の方の参加や見学も続いている。東京歌会には実数ではもちろん及ばないが、人口密度からしたら心の花歌会において、全国で一番の都道府県民参加率であるのは間違いないであろう。宮崎大学短歌会の学生たちや30代ぐらいまでの方の新たな参加もあって、様々な世代の歌が読めるという領域・世界観の拡大という意味でも面白さを増している現状がある。歌会冒頭の「3首鑑賞」は、宮崎大学短歌会の1名が担当し学生短歌会の歌を3首取り上げた。1首の後に「なんてね」を付して解釈するという感覚や「すべての内容が空想」という歌の読み方が提起され、「即座にはわからない」若い人の歌の在り処が話題となった。「いろはす」など商品名の使用などを含めて、世代の捉え方は大きく動いているのがわかる。伊藤一彦先生からは、「今回の牧水賞受賞者である穂村弘さんの歌も、最初はわからなかった。だが歌集で再編成されたり読み手が読み方を感得すると大変よい歌となる。」と云った歌の提示と読み手との関係について指摘があった。

さて、今年最後の歌会は、僕が司会進行を担当であった。歌数も多いゆえに高点歌からの批評となるが、それゆえに様々な「よみ」を対話的に交流させたいという思いを強く持って臨む。「高点歌は票によって評価はされているゆえ、修正点への指摘も存分にすべき。」という伊藤先生の方針もあり、様々な「よみ」の方向性が会員の批評として求められているように思う。結句で「・・・と思う」と表現されているのはどうか?「毛虫」が「奔る」という表現は描写として妥当かどうか?など具体的な表現の機微に入り込む批評が提起されていく。互選票を入れるということは、その歌の情景が見えたのみにあらず、歌の核心たる「心の揺れ」に共感と反発を持つ行為であるようにも思われる。「いい歌でした」というのは票を入れる行為で示しているゆえ、「こうすればさらに心の揺れが表現される」という観点からの指摘こそ、歌会全体の学びが深まることになるだろう。冒頭に示した3項目も、歌会の中で活発に議論された具体例である。

共感すれば指摘せよ
発言を繰り返し自らのよみを定めていく
短歌の対話性の現場が歌会である


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>