fc2ブログ

若山牧水93回忌ー牧水祭は2年目のおあずけ

2021-09-18
台風が過ぎ豪雨が去り秋の風
若山牧水93回忌は公の行事は開催されず
忌日に偲ぶことの大切さを思ひて・・・

昭和3年(1928年)9月17日午前7時58分、若山牧水はこの世を去った。約1時間半前の午前6時30分には、希望があると診て主治医である稲玉信吾先生が「葡萄糖液静脈注射」に加えて朝食として「卵黄」「玄米重湯」さらには「酒100cc」の提供を進めている。しかし、最期には「末期ノ水ニ代ハル酒ニ口唇ヲ湿サセツツ」と家族・親族・友人・門下の方に看取られ、「千本浜ニ寄セテハ返ス波音ノ消エ行ク如ク、静カニ安ラカニ」と「永眠」の際の様子が稲玉先生の「病況概要」によって遺されている。それから93年の朝を迎えた。前夜までの台風の影響による豪雨は少し収まったが、時折、牧水を偲んでか悲しみの雨が宮崎に降りつける。43歳という若さでこの世を去ったのは、言わずと知れた「酒呑み」であったから。稲玉先生が記した「病名」は「急性腸胃炎兼肝臓硬変症」とある。先日の吉田類さんを迎えてのトークショーでも話題になったが、1日1升以上、しかし仲間や友人との「酒縁」を大切にしたからこそ「飲み過ぎた」のだと伊藤一彦さんが語っていたが、「人好きゆえの酒好き」という牧水の穏やかで和やかな人柄が浮かび上がる。

宮崎で生きる上での大きな利点は、自然と融和的に生活できることだ。この時季なら秋の風に吹かれ、朝には早起き鳥の声に目覚め、夜には虫の音を子守唄に寝入ることができる。畑で採れ立ての野菜を食し、日向灘から揚がった魚を口にできる。自宅や大学を問わず、小さな蜘蛛や虫類も周囲には豊富に存在するが、それは無害な空気の中で生活している証拠。東京生まれ・東京育ちの僕は「虫嫌い」であったが、最近は虫を見ると安心するようになるまでに成長できた。こうして文章を綴っている今も、外から鳥が鳴きかけてくれる。牧水は山野を歩くと、その声を聞くだけで鳥の種類がわかったほど、生き物と同化して生きていたらしい。「自然と親和」な関係であったからこそ、「死」も恐れなかったのだと云う。家族・友人・知人を大切にする素朴な生き方、「酒呑み」と云う言い方は否定的に使用されることも多いが、「だれやみ文化大学」で吉田類さんとトークしてみて、あらためて「(酒)縁を大切にする人」なのだと悟った。この日は、新型コロナの対応で生家のある日向市東郷町坪谷での「牧水祭」は中止、宵の口に密かに牧水先生に献酒。

あらためて牧水短歌の韻律を読み解く
宮崎の良さを牧水の短歌との共通性から読む
さらに深く牧水先生について考究し続けたい。


スポンサーサイト



tag :

短歌は聲で創るー若山牧水母校坪谷小学校訪問

2021-03-09
「園の花〜あ〜あ・あ」
朝の小学校玄関に響く短歌朗詠の聲
山と川に囲まれた自然豊かな環境の中で・・・

これまで牧水祭や牧水賞授賞式をはじめとする行事で、牧水の母校・坪谷小学校の児童たちによる短歌朗詠を聴く機会があった。その都度、なぜか聴いているだけで涙が溢れ出て来てしまった。その理由はなかなか説明できないのだが、未来ある子どもたちの素朴な聲と純粋無垢に朗詠に向き合う姿勢とともに、牧水短歌の持つ愛誦性の複層的な要素が涙を誘う要因だと思う。今回はその秘密を探るべく、坪谷小学校の朝の朗詠と「牧水タイム(短歌創作の時間)」を見学するために同校を訪れた。自宅をまだ闇の深いうちに出立し、日向の山路を登る頃には春霞とともに明るさが増して来た。7時前に現地に到着すると、既に一人の児童が登校し玄関前にいた。それを校長・教頭が出迎えて、冒頭に文字で一部を記したような朗詠を始める。背景には「群ら立つ山々」があり、どこからともなく人家の煙が棚引いている。全員が登校するまで、しばらくこの朗詠が繰り返されていく。

僕のみならず牧水賞を受賞した歌人の方々は、この子どもたちの朗詠にほぼ例外なく涙する。その原点は、この日々の積み重ねであると秘密の一端を知る思いがした。「おはようございます」はもちろんであるが、大人(先生)ととも「聲」を交わし合うことは、「生命」を確認し合うことでもある。自然に囲まれているからこそ、ちっぽけな人間として子どもたちは個々の「命」を「聲」で確かめている。そしてその「命」が出逢うものを素材にして、「五七五七七」のリズムに載せていく。朝の課外活動から延長される「牧水タイム」は全員が短歌創作に向き合う時間である。興味深かったのは、1・2年生の短歌創作への取り組みである。まだ「文字言語」が未成熟であるが、子どもらは「聲」を駆使しつつ自らの体験を「三十一の聲」にしているのだ。中には「・・・・◯〜◯・◯」と小声で呟いている子どもがいる。一定の発達段階以上の「大人」は、短歌は「文字」だと思い込んでいる。あらためて牧水の歌を読み返せば判るが、「短歌は聲」なのである。

坪谷川のせせらぎの音を身に染み込ませ
自然の中で自らの生命を聲で確かめ合う
「短歌県みやざき」原点たる小学校である。


tag :

年またぎ酒場放浪紀ー若山牧水と吉田類さん

2021-01-04
絶景・温泉・酒!
日本ロマンチック街道の旅
録画をじっくり観る夕べ

大晦日は紅白にサザン年越し配信ライブを妻の実家で観た。BS-TBSではその裏番組として恒例の「吉田類の酒場放浪紀4時間スペシャル」を放映しており自宅で録画をしておいた。三が日には観ようと妻とこの日の午後は類さんの足跡を追った。旅・温泉・酒をこよなく愛する若山牧水を吉田類さんは以前から興味深く思っており、日向市の牧水文学記念館を伊藤一彦先生の案内で巡ったこともあった。その際には宮崎市内で俵万智さんを含めた鼎談もあって、あの語り口を生で聴くことができた。その会の終演後のサイン会で少々お話してともに写真を撮ることもできた。僕が宮崎に来る以前にも東京で懇意にするBARが類さん御用達であったご縁で、東京でも一度だけグラスをともに傾けたことがある。「放浪記」同様に親しみやすいお人柄、真実に酒を愛し酒に強いお方であった。

そんな吉田類さんが群馬・長野を中心にして若山牧水がめぐり綴った『みなかみ紀行』を辿るのも何かの縁かと心を踊らせて番組を観た。牧水終焉の地である沼津(牧水記念館もある)から旅が始まり、信州は佐久・懐古園・鬼押し出し・小諸・草津・暮坂峠・四万・月夜野・法師温泉・沼田をめぐる旅であった。もちろん随所に居酒屋を訪ね名物の肴とともに当地の銘酒を味わう。また牧水が逗留した宿も紹介され、歌碑や宿に残る歌なども登場した。俳人でもある類さんはさすがに詩心がわかるのであろう、牧水の歌の読みなども相応に適切であった。僕としてはまさに「みなかみ町」に愛着があるので、そちらもめぐっていただきたかったが、「日本ロマンチック街道」も再び妻とともに巡り歩きたくなった。旅・温泉・酒は牧水の大好物、その短歌の身体性や自然との親和性はこうした嗜好の賜物である。あらためて類さんと飲みながら、牧水の話がしてみたくなった。

牧水の足跡を辿るのも今後のライフワーク
吉田類さんの詩情豊かな酒の飲み方が好きだ
文学は実に味わい深く豊かなものなのである。


tag :

牧水研究会ー文化を継承していくこと

2020-12-28
「牧水研究会」総会
中堅や若手の投稿そして会員拡大へ向けて
明日の宮崎を考えるために・・・

新型コロナ感染拡大は、特に都市部で歯止めはかからず、さらに変異種の確認など先行きが不安なニュースが絶えない。そんな中ではあるが、事務局長の医師の適切な対応が施された会場で、対面による牧水研究会総会が開催された。この1年間は、僕自身も編集人に加わり「一首選」企画などを担当したが、それでもなかなか1冊の内容に見合った原稿が集まらなくなったという問題が提起された。会員の主体的な投稿を尊重するという意味では、会員本位の研究誌でもある。昨今の文学研究誌では、研究学会所管誌であっても投稿の減少が問題視されている。研究分野の後継者の育成が急務であるのは明らかだ。新型コロナで企画参集が難しい社会状況下で、いかに中堅や若手の会員に声を投げかけるかが重要であるだろう。

幸いに宮崎では大学生・高校生をはじめとして、若手で歌作に勤しむ人々は少なくない。もちろん僕自身の大学講義を受講した学生たちへの働きかけも、重要な窓口となろう。会員諸氏の声を聞くと、評論などのレベルが高くなかなか投稿は敷居が高いのだと云う。こうした点を勘案すると、25号(現在編集発行準備中)まで続いてきた『牧水研究』をさらに年代層を超えた人々が交流する場にしていかねばなるまい。Web投稿なども利用して、「牧水の広場」などを創り出していくべきではないかと思う。またシンポジウム開催などには、オンラインを積極的に活用すべきと思う。ここは大学図書館と公立図書館との連携をはじめ、「短歌県づくり」とも連動しながら中堅や若手をいかに参画してもらうか?これは日本社会全体の縮図としての問題ではないか、とさえ思いつつ帰路に着いた。

教育の役割と責務
これまでに築かれた先輩諸氏の文化を継承するために
短歌を盛んに住んでいて幸せな宮崎を創るために。


tag :

宮崎に聴こえる聲

2020-12-13
耳をすませば「海の聲」が
そして瀬の音、日の光もきこゆ
牧水の歌から学ぶ宮崎の魅力

地域定着推進事業における担当の集中講義を実施した。オンラインで9回のコンテンツを配信済みで、感染対策を施して2日間(3コマ×2日間)の対面実施となり15回の講義を満たすことになる。受講人数20名に対して十分な広さの教室で座席は間隔を空け、喋る方向には人がいないよう配置して担当職員の方々に会場を設定いただいた。ここまでの対策が必要であってもやはり、受講者が集まって各自の生の声を聴き合うことには誠に大切な意味があることを痛感する。広い教室でマスクをし、ましてや僕の前にはアクリルボードが設置されている。相互の発言も正直、聴きづらい。しかし、やはり生声で語り合い、その姿を相互に生で見られることには意味があるのだ。

牧水の短歌を中心にした講義で「聴く」ことをテーマとしたが、周知のように牧水の第一歌集は『海の聲』と名付けられている。宮崎の素晴らしさを十分に知るには、日常生活の中でも耳を澄まして自然の「聲を聴く」ことが求められる。大学キャンパスから潮騒が聴こえるところが、全国にはどのくらいあるだろう?キャンパスから至近なところに自然豊かな渓谷があり、二つの川に挟まれた地形。田園風景が広がり鳥や虫に動物の聲も頻繁に聴くことができる。そんな豊かな環境に学生たちは気づいているか?この地で学んでいることに、大いなる意義を見出すべきではないか。交通が不便であるとか、店が少ないとか、経済最優先主義な価値観を取っ払って豊かな感性を働かせるべきであろう。牧水の歌には、そんな自然観へ眼を向けるものが豊富にあることを伝える講義となった。

「聴く」ことは「待つ」ことでもある
今もまた鳥の聲が僕の耳に届く
こんな豊かな感性を知らずに生きるのはごめんである。


tag :

いにしへ人に祈る秋の日

2020-09-27
平安朝文化を開眼させた偉人
そして近代短歌を開拓した歌人
彼岸花咲く山の辺の道へ

今月末で節目を迎えることもあり、また毎年9月17日に訪れていた「牧水祭」に行っていなかったこともあり、県北方面へ妻と両親を伴って出かけた。最初の目的地は延岡「今山大師」、東京在住時は「西新井大師」へと事あるごとに詣でていた。母方の祖母や曾祖母が「大師信仰」に厚く、僕自身も受験など人生の難所ではいつも気持ちを整理し立て直し冷静に前に進める状況をもたらせてくれていた。「今山大師」には日本一の「弘法大師立像」があり、延岡の小高い丘の上から遥か高野山方面へ眼差しを向けている。その威光と包容力に、また新たな気持ちが湧いてくるようであった。

参拝を終えて一路日向市の東郷町へと向かう。宮崎が生んだ国民的歌人・若山牧水の生家と記念文学館へ立ち寄るためだ。今年は新型コロナ禍のために命日(9月17日)に大々的な行事は行われず、小規模な献酒と小学生による歌の朗詠が行われた。しかし、やはりこの9月に当地へと一度は足を運ばないと、うたごころが晴れないような気分。日向市内から東郷町坪谷への道野辺には彼岸花が数多く咲き、田圃には黄金の稲が実っている。生家の牧水が座った写真がある縁側に触れ、また牧水が人生の行き先に苦悩した納戸で過ごしている日々に想いを馳せる。その後は若山牧水記念文学館へ、企画展として「牧水のふるさとの風景」絵画展が開催されていた。なぜかその絵画も秋の風景が多く、現実とともに坪谷の様々な秋が楽しめる二重な喜びを味わうことができた。

精神が再び湧き立つ場所
大きな力をもらい秋の気は充実する
いにしへ人の生き方に導かれて。


tag :

聲を聴くことは待つ・治めること

2020-02-29
「聲」の文字には「耳」がある
「聴」の文字には「待つ」「治める」の意味もある
「聲」と「耳」は「視る」にも連なる

集会などの中止が相次ぐ中であるが、学部の「母校創立135周年記念式典」が慎重な配慮のもとに開催された。以前に大学主催の「ホームカミングディ」で講演をしたこともあり、この機に「記念講演」をお願いしたいと依頼をいただき、25分間のお話をする機会をいただいた。「牧水の聲と耳ー宮崎でこそ聴こえるもの」と題して、牧水の身体性ある短歌の魅力と宮崎の学校に伝統的な「読み聲」の活動に関連させて、僕自身の研究について語った。牧水が若かりし日の第一歌集は、周知のように『海の聲』と名付けられた。「ひとり海聴く」といった姿勢が、多くの短歌に読み取れる。南北に長いこの宮崎の地では、海が近い場所も多く、僕の自宅でもそうだが耳を澄ますと「海の聲」が聴こえる。それはまた命の象徴たる自らの「聲」を聴くという行為と関連させて考えるべきで、自他ともにそして思考の中の異次元の想像的な聲を聴くことにも通ずる。

「聲」は目に見えるものではないが、「聲色」という語があるように多様に「視える」ものでもある。五感の相互が交響・融合・交錯して自覚されることを「共感覚」などと呼び話題となることも多いが、この能力こそが芸術的に優れているものを産み出す力なのではないかと最近は思っている。「聴」の漢字には「待つ」や「治める」という趣旨もあり、文字の成分を見ても「耳を澄ましまっすぐな心できく」と解字できようか。一方で「聞く」の文字が「門」を隔てて「耳」があると解字されるのだが、「へだたりを通してきく」という語義で、何となくきくとか(間接的に)又聞きすることであり精度や深浅が大きく異なる。また「聲」は安易にきこえるものではない、じっくり対象と向き合い「待つ」姿勢があってこそ自らの心がまっすぐに対象の向き合い初めて「聴こえる」ものである。漢字の何千年という歴史は、為政者にこの「待つ」ことに通ずる「聴く」を求めたのであろう。よって「治める」とは「聴く」ことなのである。「聴く」に及ばず「聞く」ことで現場の実情も計らずに断行される負の歴史を、僕たちは忘れてはなるまい。講演を通じて僕自身があらためて「聲を聴いた」ようであった。

宮崎でこそ聴こえるもの
喧騒の世情にあってこの地で耳を澄ます
自然の一部であることを忘れた人間の愚かな「聲」が聴こえる。


tag :

牧水研究会総会・研究会ー国をつなぐ明日へつなぐ

2019-12-30
研究会の今後へつなぐ
「若山牧水と朝鮮」吉川宏志氏の講話
風俗よりも自然を愛した牧水らしさとは・・・

年1回開催される「牧水研究会」総会へ出席、今期の活動の総括と次年度への展望が様々に議論された。歌人個別の研究会と発行する研究雑誌があるのも、この『牧水研究』と『信綱研究』ぐらいであるようで貴重な近代歌人の研究会である。総会では雑誌を発行する上での編集のことや予算のことなど、会を今後も永く継続していく上で重要な案件が議論された。何事も創り出すとともに次へつなぐということは誠に重要なことであり、世代を継承する大切さをあらためて自覚する機会となった。会には京都から出身地・宮崎への帰省の足で吉川宏志さんも参加し、後半は講話をいただく機会となった。

『短歌研究』(短歌研究社)1月号では、吉川さんは内田樹さんと「いま発するべき声、歌うべき歌」として「韓国と短歌」の対談を行ない掲載されている。その基礎資料をもとに「若山牧水と朝鮮」と題して今回は講話をいただいた。牧水は逝去する1年前の昭和2年、主に短歌揮毫を目的として朝鮮半島を妻・喜志子らとともに訪れているが、途中体調を崩し(腹痛など)その後の命に大きく影響したと言われている。訪問の際も牧水らしく自然の美しさを存分に短歌に表現し、中には即詠した歌を朗詠しながら馬で道中を行くというような経験もしたらしい。随想には当時の生々しい世態風俗が描写されているが、短歌には自然への愛情を詠んだものがほとんどであると云う。また牧水と同年齢の石川啄木の「地図の上朝鮮國にくろぐろと墨をぬりつつ秋風を聴く」が、唯一短歌で「日韓併合」を詠んだ唯一のものではないかと云う話題も。近代の歴史・社会の中で歌人たちはいかに生きたかが、痛切に感じられる講話であった。

「幾百万声集まらば原発の終てなむ国ぞ稼働決まりぬ」(吉川宏志『石蓮花』より)
牧水の本歌取りとして先鋭な社会詠も
牧水研究会を明日へつなぐ旅の途中


tag :

ゆたかなる心となりて

2019-12-19
「あめつちに独り生きたるゆたかなる心となりて挙ぐるさかづき」(牧水)
人はひとりで生まれひとりで逝く
ゆえに「生きたる」いまを多くの友と語らむ

人に限らずこの世に「生」あらば、命を授かりし瞬間から失う宿命を常に背負う。自らがこの世で呼吸をし始めた時を想像してみると、どこかさびしさが伴うのはこのためではないだろうか。冒頭に記した牧水も「われの生まれし朝のさびしさ」と詠う。諸々の宗教観によれば、生死は円環的な輪の中に位置付けられるのだが、言い換えれば生死には同一の闇のごとき恐怖が潜んでいるということにもなるだろう。何も見えない何も聞こえない誰もいない、というあまりの恐ろしさに人は救済を求めたからこそ、諸々の宗教的思想が生じたとも言える。

冒頭に記した牧水の歌が、ここのところ妙に心の底で響いている。日々の生活に追われ仕事の渦中から抜け出せなくなると、「あめつちに独り生きたる」という現実を忘れがちだ。「独り」であることを再確認するとともに、壮大な「あめつち」に「生き」ているという宇宙観を持つべきことに気づかされる。この広く果てしない大地に足をつけ、どこまでも広がる大空に見守られながら生きる「独り」を自覚するのだ。「ゆたかなる心」とはまさにこのように自らが自然の一部になること。眼の前の現実から「あくがれ」ていくために、今日もまた「さかづき」を「挙ぐる」のである。

「独り」を自覚してこそ
向き合う「ひとり」を大切にできる
どんなときも「ゆたかなる心」でありたい。


tag :

『エッセンシャル牧水』新刊紹介

2019-09-25
「何はともあれ飛んだり、跳ねたりする歌を作りたい。」
(「歌話断片」より)他に「自歌自釈」「牧水短歌」
妻・喜志子の愛する夫であり師への深い愛情が・・・

17日開催の「牧水祭」の前週13日に、伊藤一彦先生から「まだ数冊した手元にないのだが」と云うお断りを含み『エッセンシャル牧水』(田畑書店・2019年9月10日刊)をお送りいただいた。文庫本サイズながらハードな薄青い表紙に素朴なイラスト、帯には渓谷のせせらぎの写真が薄くアレンジされ、「すべてのクリエイターに捧ぐ! なぜ、いま牧水? それはまっすぐだから」と緑の草木や瀬の水の流れを背景にバランスよく帯文が並ぶ。この芸術書とも思えるような装幀は手元に常に備えておきたい牧水のエッセンシャル(本質的なさま)が凝縮されている。何より表紙のデザインそのものが、「牧水祭」対談で語りたかった渓谷の瀬の音をイメージしていたことにも驚いたが、冒頭に記した「歌話断片」の一節はまさに対談テーマの「力動」を牧水自身が語っていたことの証でもあった。(対談で紹介)

「牧水歌話」や「短歌作法」は何度か僕も全集で読んでいるが、そこからまさに「本質」を抜粋したのは誰か?それは牧水を心から愛した妻・喜志子である。同書は伊藤一彦先生が長めの解説をお書きであるがそこに示されるように、昭和3年に牧水が亡くなり雑誌『創作』の編集発行を引き継いだ喜志子が「本来の理念の風化」を危ぶみ「師の牧水の歌論および作品をあらためて読み直すことの必要性」を覚えて自ら選び『創作』に掲載したものである。妻・喜志子は、往々にして牧水の人生で激烈な恋をした園田小枝子と単純に比較されがちであるが、元来から信州・塩尻出身の歌人で、東京では親戚である牧水が先輩歌人として慕う太田水穂の家に身を寄せていた際に出逢っている。伊藤一彦先生とは折をみてよくお話しするのだが、喜志子にさらに大きな脚光を浴びせてもよいのではないかと思う。没後91年にしてこうした書籍の刊行があるように、牧水への注目が健在なのは、明らかにその死後に「牧水の歌徳」を世間に広めた喜志子と弟子の大悟法利雄の存在なくしてはあり得ない。昭和43年まで生きた喜志子の短歌観を知る上でも、『創作』がその後の激動の短歌史の波の中で生き抜いてきたことを思うと、誠に深い喜志子の愛情を読み取ることができるのである。牧水・喜志子の愛の共作を、牧水ファンならずとも手元に置いていただきたい。

牧水の魅力と歌作りの秘密
生家の脇の夫婦歌碑にある喜志子の愛の「ひびき」の歌
あらゆることにまっすぐな牧水を、宮崎でこそさらに顕彰していかねばなるまい。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>