坪谷にひびくしみる瀬の音ー第67回牧水祭

2017-09-19
「溪の瀬のおとはいよいよ澄みゆき夜もふかめどいづくぞやわがこころは」
(若山牧水『みなかみ』より)
日向市東郷町坪谷にて牧水祭挙行

台風18号は宮崎・大分にも傷跡を残し列島を縦断していった。被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。一転、18日は台風一過の快晴を望むなか1日延期となったが、「第67回牧水祭」が坪谷の生家前で挙行された。日向市の十屋市長のご挨拶から始まり、教育長をはじめ牧水顕彰会の方々が参列し、夫婦歌碑に献酒がおこなわれてゆく。前日の予定では伊藤一彦さんと対談予定であったこともあって、小生も「代表献酒」の一人として牧水の刻まれた歌に酒を献じた。「をとめ子のかなしき心持つ妻を四人子の母とおもふかなしさ」が牧水の歌。「うてばひびくいのちのしらべしらべあひて世にありがたき二人なりしを」が妻の喜志子の歌。個人的には牧水歌の「おもふかなしさ」の一句がいつもこころに響くので、ここにたっぷりと酒を染み込ませ、牧水の魂と対話をした気持ちとなった。

その後、前日に懇談の席をご一緒させていただいた、牧水のお孫さん・榎本篁子(えのもと むらこ)さんらとともに生家へ。牧水が生まれ落ちたという縁側、土間からの上がり口などに座り写真撮影。通常は一般公開をしていない二階まで上げていただき牧水を偲んだ。伊藤一彦さんのこの歌はこの納戸で詠んだといった解説もあって、牧水の坪谷への帰郷時の心境が深く想像できた。この点はまた稿を改めて論じたい。今回の対談で語ろうと思っていたことは、この坪谷という土地の「瀬の音」である。生家の眼前には坪谷川が極端に湾曲しており、山から流れ来る急流に瀬音も激しい。牧水が幼少の頃から育つ過程で、常にこの瀬音を耳にしてそのリズムが身体化されていたのではないかと想像できる。冒頭の歌は坪谷帰郷時のものだが、「瀬のおと」が澄みゆく中で、自らのあてどないこころを見つめ直していると読むことができる。牧水が「聲」(聴覚)にこだわるのは、こんな生家の環境に起因していると考えたい。

牧水の産声も聞いたであろう生家前の栴檀の樹
この生家を起点とし牧水は人生という壮大な旅を続けた
牧水・喜志子の夫婦関係にも思いを馳せ宮崎市への帰路についた。


スポンサーサイト
tag :

牧水の繋ぐ縁よいまここにあり

2017-09-18
牧水のお孫さん曾孫さん
日向の地に出逢い楽しき懇談
牧水の命日にこれ以上なきありがたき御縁を

牧水祭は台風18号のために1日延期となったが、そのために日向を訪れている牧水のお孫さん曾孫さんらと懇親する席に、伊藤一彦さんとともに出席した。ホテルのロビーでお孫さんの榎本篁子さんと対面すると、その視線はまさに「牧水の眼差し」が感じられた。柔和で温厚なお人柄、何か自分が牧水の歌に惚れ込んでいるわけが、理屈ではなく腑に落ちた不思議な感覚に見舞われた。その上、榎本さんは「この台風の中、遠いところを」と我々の日向来訪を気遣ってくれている。そんな人と人を繋ぐ思い遣りが、牧水の血統の中で受け継がれているものかと、懇談を進めるうちに更に深い感慨を覚えた。

榎本さんには、小生の出身地・東京は田端のお話もした。それは実家のすぐ近くに、明治時代には歌人の太田瑞穂が住んでいたゆえである。その太田邸には、牧水の妻となった太田喜志子が身を寄せていたのである。榎本篁子さんからすれば、祖母にあたり喜志子は昭和43年まで存命であったから、記憶の中にたくさんの思い出があると云う。まさに牧水とその歌人としての人生を支えた喜志子の出逢いは、小生の故郷である田端なのである。田端文士村記念館の地図入りパンフレットも持参し、太田瑞穂邸と実家との位置関係などもお話することができた。ましてや小生が生を受けた産科医院のある路地や、幼馴染と遊んだ路地裏は、瑞穂邸のすぐ近くなのである。

牧水先生の繋ぐありがたき御縁
いま日向の地に自分がいることの理由
今日は1日延期となった牧水祭に臨席し献酒し御礼を捧げよう。


tag :

自然のことゆえ穏やかに

2017-09-16
台風18号の屈折した進路
三連休の宮崎を直撃の様相
17日に予定されていた牧水祭も18日へと延期

1週間以上前なら台風18号が、九州方面に来るとは予想だにしなかった。当初は大陸方面に向かうと予想されており、この連休への直撃は避けられたと安堵していた。17日(日)は牧水の命日で生家・記念文学館のある日向市東郷町坪谷で歌碑祭(朗詠・献酒)や偲ぶ会が開催される予定であった。今回は館長の伊藤一彦先生と対談することになっていて、先月その資料も提出し準備は整っていた。ところが一転、14日(木)となって台風の進路予想がちょうど17日に宮崎方面を向いてしまったゆえ、記念文学館の方から連絡をいただき歌碑祭の18日への延期、偲ぶ会(対談・懇親会)は中止ということになってしまった。

思い入れのある牧水ゆえに、とりわけ対談そのものを楽しみにしていたので、通常ならば悔恨の極みのような心境になるが、このたびは不思議とあっさりとこの事態を受け入れられた。それは何よりも牧水の歌には自然と親和性を詠うものが多く、自然とは抗うものではないという思想めいたものを小生が感得していたからである。台風に対して怒ったり憂えたりしてどうなるのであろう?自然はいつも尊大で、たかが人間が「圧力」をかければ思い通りになるものではない。元来、この縦に長い列島に根付いた文化はまさしく自然との共生であった。四季をはじめとする天象に眼を向けて歌にすることで、「共生」を図ろうとして来た。牧水の歌には、こうして古典とも通底している面が多々見られるのである。

抗えば人事が絡み自滅する
圧力で追い込めば暴発する
今朝方の増水には驚きながらも、穏やかに冷静にありたいといつも思う。


tag :

学校にもの読める声のなつかしさー牧水の耳

2017-09-10
「学校にもの読める声のなつかしさ身にしみとほる山里すぎて」
(若山牧水『山桜の歌』より)
牧水の繊細な耳のよさよ・・・

蝉の声も聞かれなくなり、聴覚的にも平穏な休日。毎年、梅雨明け頃を目処に施して貰っている庭木の剪定が今年は機を逸してしまい、涼しくなったこともあって植木屋さんがようやく2日間の作業に来てくれた。リズミカルな植木鋏の音は、金属音ながら人間の身体性を感じさせて心地よい。もちろん時折、電動機具も使用しているのだが、家主がほとんど雑草抜きなどに怠慢なため、みるみる綺麗になる生垣を見るのは気分がよいものである。住宅街に建つ家は夜など甚だ静寂に包まれる。寝床に入ると気になる音もなく、安眠環境を整備していることもあって、毎晩ぐっすりと眠ることができる。だが朝の鳥の啼く音からして、人は何らかの「音」があることによってむしろ「静寂」を自覚し、自己存在を確かめると言ってもよいのかもしれない。

冒頭に引いたのは牧水第十四歌集から。大正十一年に長野・群馬・栃木各県を旅した「みなかみ紀行」の歌。旅の途次、山里を通り過ぎると学校から「もの読める声」が聴こえて来て、その「なつかしさ」が「身にしみとほる」と詠んでいる。周知のように牧水自身も日向坪谷という山里の生まれ。自然豊かな環境の学校で自らも含めた「もの読める声」が、山合いにこだましたことだろう。牧水生家のある場所は川の流れも近く、とりわけ湾曲した生家前ではその音も響き渡り一日中水の音に身を浸すことになる。幼き日にそのような環境で育ったせいか、牧水は大変「耳」がよく鳥の啼く声で種類を聞き分けたことも知られている。第一歌集はもちろん『海の聲』と名づけた。そして自らの歌の韻律にも敏感だったのは言うまでもあるまい。

「水の音に似て啼く鳥よ山ざくら松にまじれる深山の昼を」(『海の聲』より)
牧水の愛した自然の「音」「聲」「響」
来週17日の牧水祭(牧水命日)は坪谷で、伊藤一彦先生とこんなテーマで対談をする予定である。


tag :

秋ぞ立ついざみづからを新しくせよ

2017-09-08
「眼をあげよもの思ふなかれ秋ぞ立ついざみづからを新しくせよ」
(若山牧水『死か芸術か』)
実りの秋に新しい自分を・・・

牧水の歌の中でも好きな一首。牧水の作歌事情を考えると、恋愛問題は終わっていたがなかなか立ち直れない「みづから」を、命令形を三度も使用して奮い立たせる歌である。その力動的な韻律とともに、「秋ぞ立つ」という季節のうつろひの中で新たな「みづから」を見つけようとする思いが感じられる。そう、秋の”気”というものは新たな何かが生まれ実る季節である。ちょうど7日付の伊藤一彦先生の短歌日記(フランス堂HP上に掲載)にも、「かへり来よ桜紅葉の散るころぞわがたましひよ凪く帰り来よ」(牧水『別離』)が引用されていた。桜の木は早々に紅く染まり落葉の準備を始め、新しい段階に進んでいるということ。牧水の「わがたましひ」もまた同じ。

秋は終息の季節と捉えられがちであるが、実は新しい何かが始まる季節でもある。この日の朝も自宅の駐車場を出ようとすると、今まででは思いもよらぬ数のトンボが空中を乱舞していた。その中に大変仲睦まじい”つがい”がいて、前後に結合しつつ空中で踊るかのような動きをその周辺で繰り返している。彼らにとって待ちに待った秋が来ているのだと、その姿に微笑ましい気持ちになった。吹く風は涼しく青空は高く月も夜空ふかく輝いている。よく行く公共温泉では、湯温が聊か下がった気がした。いたづらに熱い湯ではなく、38度前後にじっくり浸かるのが身体へも好影響をもたらすだろう。既に馴染みとなった面々も増えて、様々な四方山話をしながら日々の疲れを癒し、ひたすら「実り」を待つばかりである。

そういえばいつも9月は好機に恵まれる
ただひたすらに歩み来た結果
1年ごとに生きる「潮目」があるということ。
tag :

牧水の「身体性」そして「万葉集」ー牧水を語り合う会

2017-08-14
温めれば心が浄化して歌を詠む身体となる
「火の山にしばし煙の断えにけりいのち死ぬべく人のこひしき」(『独り歌へる』)
牧水研究会主催「牧水を語り合う会」にて

短歌三昧のお盆を過ごしている。一昨日は心の花宮崎歌会、この日は「牧水を語り合う会」が開催された。しかもご指名をいただき「牧水『短歌作法』によむ身体性」という演題で小1時間ほど発表をさせていただいた。『短歌作法』とは大正11年、牧水38歳であるから晩年に出版した短歌作法書である。所謂「作法書」は詠歌には役立たないと牧水自身も当該書に書き記しており、またこの会で伊藤一彦先生もそのように仰っていた。今回読み直した意図は、牧水の短歌に関する考え方を知るためである。特に牧水歌が「声の文化」の特徴である「力動性」を具えているのは、その「身体性」に根ざした歌作りをしていたからであろうという点を具体的に確かめてみたかったからである。「生命の力」をできるところまで「押し伸べていく欲求」を「歌にうたへ」という基本姿勢は、「顔や身体の美しく活き々」とありたいのと同様に、「心を活気づける」ものだと同書に云う。また歌ができない時は、「散歩・読書・入浴」に効用があることを説き、「瞑想的散歩」、「敬虔な音読」、「風呂で歌ができたら中音で声に」など、温める身体作用から再び歌心が昂奮することが記されている。もちろん「酒」の効用も記されていて、「尽きようとした感興がこの飲料のために再び焰を挙ぐる」とあるのは、非常に牧水ならではの説得力ある記述で面白い。

会の後半は、関西からお見えの田中教子さんによる「牧水の恋と死ー若山牧水と万葉集」のご発表があった。牧水第一歌集『海の声』・第二『独り歌へる』・第三『別離』には、「死」を詠む歌が多く、その多くが「恋」との関係にあり、万葉集の「朝霧のおほに相見し人故に命死ぬべく恋わたるかも」(巻4・599)などに見える「恋死」の類想があるのではというご指摘。小枝子との若く激しい恋が、牧水の歌にこうした感興を起こさせている。「恋死」とは、「恋しさのあまり死んでしまいそうである」「恋いこがれているより死んだほうがましである」「死ぬ思いだが、逢おうため死なない」「死んでも恋心をあらわさない」などと分類した青木生子の説も紹介され、牧水歌をこの分類に従ってよむことや、万葉の「寄物陳思」の影響などが指摘された。また与謝野晶子の歌との比較もなされ、牧水が第4歌集以降「死」を詠む歌が少なくなるとのは違い、晶子は生涯を通じて「死」を詠みつつも明治43年を中心に「死」「恋」の歌が多いことと、牧水との関連性を窺う視点が提供された。明治期における新しい素材としての「恋」、旧派・江戸以前の歌ではあくまで「恋」を観念として詠む歌があったのと違い、「私」を起ちあげる新しい歌への変遷が、この期の多くの歌人に表出していることを考えさせられた。また、この会には今年2月に牧水賞を受賞した地元宮崎御出身の歌人・吉川宏志さんもお見えになり、幅広い知見から多様なご意見をいただき豊かな対話となり、学びが大きかったことを書き添えておきたい。

心と身体と歌との関係性
「生命を伸長させる」こと、「心を浄める」こと
まさに内観し外の世界との差を見極め「命」を見つめるということ。

tag :

強い心は静かで素直である

2017-07-04
「欲求・満足・不満」
「生命の力を押し伸べて行かうとする自らなる欲求」
「歌を知るは人生を知ること」(牧水『短歌作法』から)

原稿や研究会での講演に必要があって若山牧水『短歌作法』(大正11年)を読み直している。そこには、短歌創作への心得として参考になる記事とともに、牧水自身の歌論として再考すべき点が多いと考えている。冒頭に記したのはその一部抜粋であるが、「欲求・満足・不満」をもととして、「唯だその人はその人としての歌を詠み得たら充分ではないか」などと力を抜いて素朴に歌に向かうことが述べられている。また「生命の力を押し伸べて行かうとする自らなる欲求」として「歓喜」とともに対照的な「苦しさ」「寂しさ」をも、「心を開いて」捉えて歌にするのがよろしい、といった趣旨が語られる。まさに「歌を知ることは人生を知ること」なのだという一文も見える。

先週末の公開講座で扱った第一歌集『海の声』には、若き日の牧水の「力動性」を読める歌が多く、その「調べ」からすると前向きな歌が目立つ印象がある。だがその内容は「歓喜」よりもむしろ「苦しさ」「寂しさ」をもとにした歌が遥かに多いことに気づく。現在『文學界』に連載中の俵万智さん「牧水の恋」に描かれているように、それは小枝子との叶わぬ恋に由来する心を歌にしているからである。人の「欲求」は自ずと「満足」にも「不満」にも大きく振幅し、むしろ表現したい「欲求」は、後者によって駆り立てられることの方が多いようだ。やまとうた1300年の歴史を顧みても、「恋の歓喜」よりは「恋の苦闘」を多く素材にしていることは一目瞭然である。だが、そのような「苦しさ」「寂しさ」に接した際でも、牧水曰く「強い心は静かで素直である。」という構えがあればこそ、状況を受容し歌として表現することができるのであろう。牧水の「力動性」というのは、晩年に著した『短歌作法』にも、このような形で表出していると考えたい。

「われ歌を歌へりけふも故わかぬ悲しみどもにうち追れつつ」
「海哀し山またかなし酔い痴れし恋のひとみにあめつちもなし」
「わが胸ゆ海の心にわが胸に海のこころゆあはれ糸鳴る」
(『海の声』より)

tag :

ひとすぢにただ山の恋しき

2017-05-31
「問ふなかれいまはみづからえもわかず
 ひとすぢにただ山の恋しき」
(若山牧水 第5歌集『死か芸術か』より)

「自分」という存在のことをみずからどれほど「分かって」いるだろうか?もちろん、「自分のこと」は「自分」にしか「分からない」こともたくさんある。だが本当にすべてを「分かっている」かというとそうでもない。むしろ他者との対話を繰り返すことで、ようやく「分かってくる」ことの方が多いような気がする。「自分」という殻の中に閉じこもれば閉じこもるほど、考え方は偏り頑なになってしまう。毎日1度は鏡を見るのと同じように、「他者」という「鏡」にみずからを投影する必要がある。「鏡」は決して「自分」の実像ではないだろうが、人間は「鏡」でしかみずからの姿を「見る」ことはできない。そして「鏡」たる「他者」と対話をするには必ず、「なにゆゑに」という問い掛けが生ずることになる。

冒頭に掲げた牧水歌の歌集配列ののちには、「なにゆゑに旅に出づるや、なにゆゑに旅に出づるや、なにゆゑに旅に」という歌もあり、「旅(=人生)」を歩むことに対して自問自答していることが窺える。 この「問い」によってみずからの「いま」を深く考えることになる。我々もそうであるが、生きる上で「学ぶ」ためには必ずこうした「問い」が不可欠である。だが自問自答ばかりを繰り返していると、どうなるだろうか。やがて思考も身体も、そこから動けなくなってしまう事態に陥ったりしないだろうか。そこで、冒頭の歌の意味が再浮上してくる。「問ふなかれ」という初句に導かれ「いまはみづからえもわかず」と自分自身では「分別をつけ得ない」と詠う。何より肝心なのは、対象への「ひとすぢにただ」という熱き「恋し」さということ。牧水は周知のように、「動かない」のではなく、旅に出て「動きながら」考えた歌詠みであったといえるだろう。

「問ひ」の大切さ
そしてまた、情熱的にわけも分からず対象へ向かうこころ
人生とは誠に葛藤に満ちているから面白い。
tag :

「田端文士村」ふたたび

2017-05-22
芥川龍之介・萩原朔太郎ら
そして実家近くに太田水穂
小学校の時からの愛読書としても

現在も実家のある生まれ育った街が、東京は北区田端である。たぶん山手線内で一番「田舎」風な駅で、駅前通りの険しい切り通しがその周辺の商業地化を阻害し、発展しづらかった駅であるように思われる。その駅前に「田端文士村記念館」があるが、かなり久しぶりに中に入ってみることにした。小学校の4年生ぐらいの時であっただろうか、近藤富枝『田端文士村』という本を書店で見つけ、当時の年齢としては高価にも1500円ぐらいをお年玉から捻出し購入したのを覚えている。その冒頭付近の見開きに街の地図が折り込みで付せられており、自宅あたりに赤鉛筆で印を付けたのを鮮明に記憶している。この「文士村」の住人として最も著名なのは芥川ではあるが、実家近くに「太田水穂」という文士が住んでいたという地図上の表示が、妙に気になっていた。実家から数十メートルの路地裏に入り込んだあたりにその居があったので、現地を確かめに歩いたこともあった。後に大学生なってから、この「太田水穂」が、同郷長野の窪田空穂とも親交のあった歌人であり国文学者であることを知るに至った。漢文学者の「太田青丘」は、「水穂」の養嗣子であるが、大学時代に漢文学関係に興味を覚え、よく参照する文献の著者でもあった。

この「水穂」の親族が歌人でもある「太田喜志子」であり、若山牧水の妻となった人である。「喜志子」は長野から上京し「水穂」宅に寄宿しており、そこを牧水が訪れたことが二人の縁の始まりであると云う。となれば、牧水は「水穂邸」に足を運んでいたわけであり、僕自身が生まれ育った地を訪れていることになる。さらに緻密なことを言うならば、僕は自宅至近の街医者の産科医でこの世に生を受けたのだが、その地がさらに「水穂邸」に近い。小学生の頃から意識していた「太田水穂」の名前と、「歌人」という称号への憧れ。思い返すならば、いつも頭の片隅にその意識があったように思う。そして今僕は、宮崎に居住し若山牧水研究にも従事している。以前から比較的愛好していた歌人である牧水に、ここまでのめり込んだのはやはり宮崎の地に来たからである。「田端文士村記念館」の展示は、今にしてそんな意識を再確認させるものがあった。僕の実家前を、明治・大正期に牧水は歩いていたかもしれないのである。

故郷の良さは今や「田端文士村記念館」の中だけに
強引な行政の区画整理が「文士村」を大きく引き裂いてしまった
両親とともにあらためて再確認した「田端」の地の深い価値と味わい。
tag :

いざ行かむ行きてまだ見ぬ山を見む

2017-05-03
「いざ行かむ行きてまだ見ぬ山を見むこのさびしさに君は耐ふるや」
(若山牧水『別離』より)
人はなぜ山に登ろうとするのか?

若山牧水が恋人・小枝子を連れて根本海岸に2週間ほど滞在した後、半年ほどの作である。「まだ見ぬ山」とは、この時の牧水にとって何を意味したのだろうか?歌(短歌)とは元来、一首で独立して読む場合と、歌集のなどで連作として読む場合では、自ずと意味合いに変化が生まれるものである。古典和歌でも勅撰集の部立を見れば、「四季」と「恋」がその主要なものであるが、そこに撰歌された歌は、相互にどちらとも解釈できるものも多い。万葉集の部類に見られる「春相聞」などを考えれば、元来より相互に融合して詠むのが歌の常道であることが分かる。(創作主体が個の状況に起因して)「詠んだ」歌は「どう読まれるか」によって、その表現可能性が拡がり作品を豊かにしていくことになろう。翻って考えれば、「季」と「人」は現代人が考えるよりも、親和性の高いものといえるのかもしれない。牧水の恋の心情に詠まれた当該歌も、生きる上での普遍的な心情として解釈することが可能である。

毎度、教育実習の諸行事において、担当として学生に話す機会があると、牧水の「今日の一首」を贈ることにしている。この日は、今月下旬から公立小学校へ実習に行く4年生を対象に、附属小学校での事前指導が実施された。3年生まではこの附属校という実習に対して理解の深い環境で、学生たちは実習に取り組んできた。だが、教育現場ほど多様なものはない。各地の公立校には様々な子どもたちが待っている。この母なる附属校を巣立って、「一人の教員」として自立するに到るまでには、この公立校での経験が貴重だ。その多様な環境に戸惑い苦しみながらも、自ら課題を克服すべく実習に取り組むことで、学生たちは真の「教員志望」を固めて行くことになろう。まさにその「まだ見ぬ山」に「いざ行かむ」という時期なのである。人はなぜ山に登るのか?それは登った者しか決して見ることのできない、言葉にならない素晴らしい景色に出会うためである。こうした趣旨の実習に向けて、冒頭の歌を学生たちに贈った。

学生たちも声を出して歌を読む
「いざ行かむ」の声は学生たちの朝の身体を覚醒させる
「まだ見ぬ山」に向けて、現場感覚を再認識し「さびしさ」に耐える心を持つ。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>