fc2ブログ

テーマ詠「桜」ー宮大短歌会新歓歌会(1)

2024-04-17
宮大短歌会新年度初は新歓歌会、今月は毎週のように合計4回の歌会が設定されている。14日(日)に新歓祭というサークル紹介歓迎行事が行われ、いよいよ新入生に活動を味わってもらう時期となる。早速に1名の新人が歌会の席に並び、嬉しいスタートとなった。この日はテーマ詠「桜」、やはり「入学」と切っても切れない文化としてのテーマである。コロナ禍初年2020年には、4月から学校が開始できないことから「9月入学への移行」が取り沙汰されたが、まったく一時期の暴論であっさり議論もなくその声は消えた。世界的基準の9月入学にできないのは、「桜」のせいだと断言できるのかもしれない。

出詠9首参加7名、歌の素材は「並木」「進路」「サクラクレパス」「花びら」「さくらばな」「セイヨウミザクラ」「シャーペン」「眩さ」「デジャビュ」等であった。温暖化のせいか咲く時期が3月中旬ぐらいまでズレ込んでいるが、今年の桜は4月まで咲いたものの宮崎では見頃のないような感じで散ってしまった。「桜」が和歌短歌の詠い継がれて来たような時期に適う咲き方をしないのは、温暖化の文化面への侵攻とさえ思う。過去の名歌を見れば、日本人が咲くことを待ち儚く散ることにどんなにか時間意識を刺激されてきたのが明白だ。1000年以上の「花(さくら)」の和歌短歌史を引き継ぎつつ、宮大短歌会の新たな年度が始まる。


スポンサーサイト



tag :

宮崎大学短歌会追い出しの宴

2024-03-13
宮崎大学短歌会が初めて角川主催「大学短歌バトル」に出場したとき、僕も顧問として東京の会場まで足を運んだのを鮮明に覚えている。それ以前は「九州大学短歌会」との合同チームで、1名が本会会員であった。単独チームになって予選歌の評で「骨の太い文体」と指摘され、まさに出身高校を同じくする骨のある3名の出場であった。結果は初戦敗退と残念ではあったが、ともかく会の存在を全国の大学短歌会に知られる最良の機会であった。その際のメンバーが医学系学部ということもあって6年在籍し、昨年と今年で相次いで卒業となった。この日は追い出し歌会と宴があったが、校務で前者には参加できず宴から参加し往時を語り合う良いひと時となった。

感染拡大に悩まされた4年間であったが、この間もむしろオンラインを存分に活用して会の命脈を保ち続けた。中でもオンライン講義の受講者として、任意のオンライン交流会を機に入会してくれた会員はことさら思い出深い。感染増加にあたり殺伐とした社会の中で、県の事業にも申請して「うたごはん」という飲食店とのコラボ企画を中心になって成し遂げた会員も卒会となる。今では馴染みとなった店で限定されたメンバーで「歌会収録」(YouTube配信)をしたり、市内の書店で「公開歌会」をしたこともあった。映像やWeb配信を駆使し、感染拡大の渦中を逆手にとって泳ぎ切ったというような印象が濃厚に残っている。県の「短歌県みやざき事業」に大きな足跡を残した。卒会するみなさん、引き続き歌を詠む人生の旅を楽しんで欲しい。


tag :

#うたごたつ 2日目 百人一首占いと公開歌会

2024-02-25

宮崎市中心部の若草通り、第4土曜日は街市の日。アーケード街に様々な出店が並ぶ中、「うたごたつ」(2日目)が通りの中央に2台設置された。道ゆく多くの人が、気軽に「うた」に出逢うことができる。宮崎駅と中心繁華街を結ぶ通りで、人の流れに「うた」を委ねていく。13時からの「百人一首占い」には、その街行く人の多くが参加してくれた。パソコン上で『百人一首』の札がスタートと言うと早送りでめくられてゆき、ストップと言った時に出た札の歌が「あなたの今日の運勢」ということになる。僕自身も挑戦すると「恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか」(壬生忠見)が出て、「人に知られないように隠しておいたものが・・・」という運勢が提供される。街ゆく人の反応もよく、『百人一首』のそれぞれの歌には人の世の運命(さだめ)が乗せられているのがわかる。

16時から公開歌会。9人の若手歌人がこたつを囲み、無記名のうたへの批評をくり広げた。歌そのものもユニークで若者らしいものであり、自ずと批評も密度の深い展開を見せた。「歌の主体」「現実感」「主体の特質」「出来過ぎ」などという評語(実際には違う語で評しているが僕自身の受け止めとして)が個人的に気になった。素材は「インスタ」「ビニール傘」「ベースライン」「ビールの泡」「菓子パン」「別れる背中」「ちえのわ」「体温」「虹」であった。歌会ごたつの傍には伊藤一彦先生も見えて、比較的寒い中を1時間ほど熱心に若手の評に耳を傾けていた。今回の「うたごたつ公開歌会」にはある意味で、現在の若手を中心とする「短歌ブーム」を縮約した世界が再現されているように思った。変化の激しい不透明な時代に吹く風に向き合い、うたことばに託して自らの存在を確かめていく。「こたつ」の温みのみならず、仲間とともに温め合って時代を生きる若者の姿を見た気がした。


tag :

#うたごたつ やってます

2024-02-24
なぜ前に「うた」がつくと、「こたつ」が「ごたつ」になるのだろう?かつて中国の人が経営する中華料理店で、壁に「牛ガツ」と貼られていたメニューが気になり注文をした。湯気を立てて来たのは「牛の胃袋」を甘酢がけにした代物、少し口にしたが食べるのは困難と判断せざるを得なかった。店員も見兼ねて「食べられないね」と心配したが、僕の頭には店の人が「(とんかつなどの)カツ」を日本語を存分に習得したので「ガツ」と濁音にしたのだと感心したのが注文に心が動いた要因だった。(「ガツ」が胃袋の意だと頭に浮かばなかった)文法ではこれを「連濁」と呼ぶ。僕らは通常は「清音」のものを、言葉が連接することで無意識に「濁音」にしている。言葉が身を寄せ合うことで「ごたつ」になり、人々がそこに足を差し入れて身を寄せ合う雰囲気の「ごたつく」の趣旨が出るようにも受け取れる。

宮崎大学短歌会の井口寿則さんを中心に、宮崎市中心部の若草通りまちなかキャンパスにて「うたごたつプロジェクト」(アーツカウンシルみやざき申請)なる企画を開催している。昨日が初日で「外国語で詠む短歌」「歌につながることば集め」などの企画が行われ、後者には僕も参加した。アーケード街の屋根の下にこたつが二台用意され、まさに短歌ブームの牽引役ともいえる若手歌人としてゲストの平出奔さんらが身を寄せ合っている。。まさに大学生の部屋のこたつがまちなかに再現されたようで、その「ゴタゴタ感」に街ゆく人も目を留めていく。人と人とが身を寄せ合って「うた」を詠み合う。もしかするとこんな若者が語り合う原風景こそが、「うた」の根源的な存在価値なのかもしれない。


*本日24日(土)12:00〜18:00開催
tag :

テーマ詠「辰」ー宮崎大学短歌会1月歌会

2024-01-16
干支の「辰」あるいはもちろん「龍」
空想の動物としていかに歌に詠むか?
イーメージをどのように拡げてゆけるか

今年の干支は「辰」、十二支で唯一の空想上の動物である。宮崎大学短歌会新年第1回目の歌会はテーマ詠「辰」、干支がどんな表現の展開になるか楽しみであった。出詠5首・参加者4名、新年であるのとレポートや試験が近いためか、やや少ない参加者であった。歌の素材は「臥龍」「どんぶりの絵」「鹿児島」「雷」「マンゴージャム」と、5首のうちに2首が食べ物に関連した歌であったのも特徴的であった。空想上の動物は何にでも変身を遂げるということだろう、その変幻自在ぶりが楽しめた。

中国では「皇帝」の象徴でもあり、「昇龍」として天下を治めるイメージも強い。「臥龍(がりょう)」というのは、まさに比喩的に才能がありながら眠れる諸葛孔明を呼んだものだ。なぜか?ラーメンどんぶりには「龍」の絵が描かれている。もとより「ラーメン」は「拉麺」と書き、素材を引き伸ばして麺を作ることから「長寿」の意味にも通じる。その一杯には底知れぬ力があるのかもしれない。地形や雲や稲光が「龍」に見えることもよくあることだ。「よくある」をいかに独自な表現として詠むか?隠喩(暗喩)の使い方なども大きな要点だと実感した。

2月に企画がある話題も
今年もみやたんの歌会をさらに盛り上げよう
新たな会員の来訪を「龍」に祈りつつ。


tag :

題詠「税」ー宮崎大学短歌会2023年忘年歌会

2023-12-22
今年の漢字「税」
「ぜい」でも可能として忘年歌会を開催
学生たちにとって「税」とは・・・・・

今週は寒波の襲来によって急激な寒さの日々になった。これでこそ年末感が出るといえば出るのだが、それにしてもあと10日で今年が暮れるという感覚には乏しい。こんな中、宮大短歌会の忘年歌会が開催された。題詠は「今年の漢字」として先日清水寺で発表された「税」、これまた「今年の」という意味でやや実感に乏しい。出詠12首、出席13名、卒業生2名の出詠も含めて通常より多い歌が並んだ。素材は「贅沢」「税金」「酒税」「一口税」「税」「税金」「ぜい肉」「税率・減税」「贅沢」「税関」「血税」「中肉中背」であった。学生たちにとって「税」とは何なのだろう?漢字「税」のみでは難しいという判断もあって、「ぜい」という音が入ればよいという変則的な題詠となった。前述のように「贅沢」とか「贅肉」など「贅」の意味で使用される歌が複数あったのも皮肉な感じがする。僕たちは「税金」の不透明で意識できない構造の中で、知らぬ間に「血税」を支払っている社会に生きている。

今年は1年を通して様々な物価の上昇があった。そこに常にのしかかるのが消費税10%、そこで支払った「税」はどのように私たちの「生きる」に見返りがあるのだろう。就職直前の4年生の歌には、「所得」が上がるが「税金」も増えるという不安を語るものもあった。奇しくも音が同じ「贅」の文字には、「無駄」とか「役に立たない」という字義がある。最高得票を獲得した歌に「こたつの中で贅肉を増やす」という趣旨があったが、「贅沢」は「無駄なもの」を醸成するのかもしれない。酒には酒税、高騰しているガソリンにも「揮発油税」が乗せられている。ちなみにガソリンには現在1リットル当たり「53.8円」である。宮崎が出荷量日本一の焼酎には「1kℓ」あたり「200000円」の酒税が乗せられている。アルコール度数20度を超えると1度あたり10000円の加算があるので宮崎の20度は大変にありがたい製品だとわかる。などと学生たちとともに、「税」について認識を深める意味でも楽しい歌会となった。

かくして今年も宮崎大学短歌会は元気だった
次年度へ向けて会誌発行などさらなる活動を期待したい
顧問として基本的に出詠する姿勢を大切にし続けていきたい。


tag :

テーマ詠「本気」ー宮大短歌会23年度12月歌会(2)

2023-12-05
「本気」とは何か?
若者は「マジ」に置き換えられることも多く
あなたはどんな時に「本気」を出しますか?

師走の宮大短歌会月例歌会第1回目、テーマ詠「本気」を開催した。出詠8首出席者4名、「師走」ということでイルミネーションも点灯されたキャンパスに、忙しい学生さんも多く風邪症状も流行っていると聞く。それでも集まった8首の歌には、学生らの「本気」の様々なあり方が読めた。歌の素材は「本気=マジ」「マジかよ」「ランシュー」「断捨離」「五月蝿い」「器用貧乏」「夜汽車」「ゴール」などであった。若者言葉というより既に広い世代で使用されているが、「マジ!」という言い方そのものが「本気」に通じる。だが多くの人が日常で使用する場面は真に「本気」ではない。詠歌の中にもこの会話中の「マジ」が「接頭語接尾語」なのだという歌もあり、本来は副詞なのだが多様に汎用されているのがわかる。

いまこの文章をPCで書いていて「マジ」を入力したら変換候補に「本気」があった。嫌なこと・壮絶な場面・予想外の事態に巻き込まれるなど負の面での使用も多い一方で、嬉しいこと・至福の場面・期待以上の朗報など肯定的な使用も幅広いのが特徴だ。「ヤバイ」と同様に平安朝の「いみじ」のように正負両面に意味が派生的に拡大した語ということだろう。「本気」になるものには「トレーニング」「断捨離」「マラソン(と読める)」などがあるのも興味深かった。身体的な鍛錬を継続的に行うのを習慣化するまでが難しい。また「本気(マジ)」にならないと、断捨離は簡単には続かない。走る際などやはり「本気」度が求められるのであろう。得票の高い歌はもちろんであるが、票の少ない歌にも奥行きがさらに見出せそうな発見があった。

「本気(マジ)」で歌を詠むには?
「本気」がぶつかり合う緊迫した場面など
観念ではない「マジ」を具体的に描くことだろう。


tag :

テーマ詠「鍋」ー宮大短歌会23年度11月歌会(2)

2023-11-25
日中の暑さから急速に冷えてきた夜
飛び石連休と金曜日ということで参加者は
せめて暖かい短歌で温かい心に

宮大短歌会月例2回目の歌会を開催。今までは火曜日・月曜日の開催を中心にしていたが、曜日が偏ると来られる人も偏るということもあり金曜日の開催。暦の上では祝日後の谷間のような平日というせいもあったか、むしろ参加者は限られた面々になった。出詠6首、参加者3名、それでもなお短歌を通じて様々な話題を語り合えるのが歌会の面白さだ。テーマ詠「鍋」、ちょうどこの日は夕刻にかけて急速に温度が下がり、身体を温めたい気分になる頃合であった。歌の素材は「空想鍋」「鍋と酒」「バイト使用の鍋」「あふあふ」「火鍋」「湯気」であった。

6首の中に2首は具材が「鶏肉」と詠まれており、いささかの地域性について話題になった。「水炊き」が嗜好される九州では「鍋」といえば「鶏肉」なのだろう。同時に鍋の出汁にはあまり味付けをせず手元の「ポン酢」で食べるというスタイルも九州風か。僕などは関東風か新潟風、醤油味を鍋の出汁そのものにつけて、あまり「鶏肉」は入れないのが通例だと思っている。手元で調味料を使うなら「しゃぶしゃぶ鍋」で、むしろ「すき焼き」の方を嗜好する傾向があった。参加者の出身地が僕の東京、あとは宮崎と沖縄ということで地域性が大きな話題になった。また「火鍋」という言い方は、元来は中国料理系の鍋のこと。味を区別するしきりが鍋の中にあり、炭を込められる特殊な装置で沸かしながら食べるものだ。などと鍋談義に花が咲き、早くも忘年会はどうするなどと話題になってお開きになった。

「湯気」というのは「幸せ」な場面をなぜか描写する
「鍋」からの飛距離ある表現という指摘
独りではなく「鍋を囲む」ということが温かいことなのだ。


tag :

自由詠ー宮大短歌会23年度11月歌会(1)

2023-11-07
後期初めての歌会
自由詠に様々な学生の今が
AI・阪神・牧水賞・・・・・

本年度後期になって、初めての歌会を開催した。出詠8首、参加7名、やはり歌を読み合うために同じ空間を共有するのは貴重である。やや大仰な言い方をするならば、学生たちが今どう生きているかをお互いに知ることができる機会であるからだ。生きるを言い換えるならば、若者が何をどう感じて日常を送っているか?その感覚や感性を知るのは大いに勉強になる。歌を詠めば日常を丁寧に生きることができる、という趣旨は常に俵万智さんが語ることだが、それは仲間と短歌を共有することにおいてさらに深まるといえるだろう。

出詠歌の素材は、「AI」「蟻」「信じる」「プードル」「アリバイ」「煙草」「あの人」「虎」であった。「AI」に対しては、いささか将来への不安が覗き見える。「蟻」という小さな生命への思い。相手へ質問する際に「信じる」はどこまで及んでいるか。「プードル」に似た髪型はどこかで見たことがある。「日曜日」の昼下がりの空白のような時間。かなり喫煙者は減ったが「煙草」を共有するような歌。実は牧水賞の今年の受賞者についての予見。そして阪神優勝に酔いしれた歌。それぞれを突き詰めていくと、2023年現在に考えるべき様々な話題に及ぶ。ちなみに「昼ドラのようだ」という評語が連鎖的に展開したこともここに書き残しておこう。

自由な語り合いから見えてくるもの
様々な可能性を排除せずに語ってみること
俵万智賞優秀賞受賞者から『アボガドの種』の話題も


tag :

テーマ詠「結婚式」〜宮大短歌会23年度6月歌会(2)

2023-06-28
参列の経験がある人はどれほど?
時代感とともに変化している「結婚式」への見方
さらには「結婚式場」という言い方、「式」なのか「披露宴」なのか

宮大短歌会の今月2回目の月例歌会が開催された。出詠8首、出席6名、黄昏の明るさの残る附属図書館のやや大きな一室に集まった。今回はテーマ詠「結婚式」、現代の学生がどのような「結婚式観」を持っているか?大変に興味深い歌会であった。先日も「日本の恋歌」講義にて紹介した数字だが、「2022年度男女共同参画白書」に拠れば、2021年婚姻数は「51万4千組」で戦後最少、30代の4人に1人は「結婚願望なし」という状況が報告されている。未婚化・晩婚化の社会は少子高齢化社会に拍車をかけ、政府が「異次元の」などと言ったところで大きな改善への期待は望み薄というか手遅れな感さえ否めない。講義でもそうだが短歌を通じて、恋や結婚の素晴らしさを知る機会になればと、老婆心ながら考えている次第である。

歌の素材は「祝福の鐘」「激励」「来場の多さ」「司会者」「ブーケ」「結婚式場」「母親」「花束」であった。歌会では司会者が「結婚式に参列した経験がある人」といった問いも発し、その経験の有無をまずは披瀝する。僕などは自らのはもとより、友人知人の披露宴司会の経験が豊富であり、学生たちの経験とは大きくかけ離れていることが意識された。かつて昭和の華奢な結婚式のイメージは、既に時代を大きく隔てていることを実感せざるを得なかった。果たして「結婚式」とはいかなる存在か?「結婚」をそのものを選ばず、または多様な「結婚」を考えるべき時代、真に伴侶と結び合うとはどういうことか?どうやら戦後最少の数字の陰で、結婚式場も経営が厳しいはずだと気づきも。変な連想であるが、街中には「セレモニーホール」がかつてより目立つ世の中である。いくつかの歌から、そんな背景まで読んでしまう。だがこの現実を学生たちと共有しつつ、昭和の「結婚式観」を伝えることができたという意義が僕の中に生成された。

形式よりも「あなた」と生きるための意志こそ大切
少子高齢化を助長してきたこの国の社会のあり方として
やはり「恋」の素晴らしさを短歌によむ機会を学生たちと共有していきたい。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>