fc2ブログ

テーマ詠「魚」ー宮崎大学短歌会9月例会(3)

2021-09-29
身近な命を考える
実験教材・食べ物・食べ方・観賞用・属性など
生命の根源としての魚

今月は図らずも、宮崎大学短歌会例会が1週おきに3回開催できた。これもまたオンラインによる利点であろうか、毎回の参加メンバーは決して多くはないが歌会が持てることそのものが尊い。出詠6首・参加5名・テーマ詠「魚」である。宮崎は畜産王国とも呼ばれるが、それと同等に東側がすべて海に面しているので海産物の豊かな県である。我々は「魚」に対して、どんな点を捉えて生活をしているのだろう?冒頭に記したように、実験「教材」として、食べ物として、その食べ方の問題、観賞用の飼育状況、そして魚の名前が持つパワーを感じさせ、さらには映画「MINAMATAーミナマタ」で描かれた魚の状況などを題材にした歌が並んだ。海に囲まれ、山と平野を河が結び、この国土に魚との付き合いは欠かせない。その姿勢そのものを考えることが、自然そのものとの向き合い方を考えるような歌会の内容になった。

大学短歌会の面白いところは、様々な学部学科の学生がいること。今回は特に農学部獣医学科や医学部医学科の学生たちの大学での学びの一部が開陳される歌会のコメントが興味深かった。実験用動物の保護の問題、動物の出産後の人間から見ると考え難い現実、研究倫理とは何か?というようなことまで考えさせられた。高校で進路指導される「文系」「理系」などという狭い視野の区分けを超えた学びが、短歌によって起動するような気がしている。「ことば」を捉えることとは、これほど学問横断的な話題に接することができるのかと驚いた。また「おさかな」の食べ方はテーブルマナーとしての大きなトレーニングであり、超えるべき生育段階なのだろう。さらに焼き魚には何をかけて食べるか?柑橘系の果汁の選択における議論も面白かった。我々の生命の根源は「海」にあると云う。僕らの遺伝子の祖先は、海に生まれたのだ。近現代は「便利な生活」を求める傲慢な人間の嗜好が、その海を汚染してきた。これは人間みずからが、地球上の生命を冒涜する行為だと心得るべきだろう。

短歌から派生する様々な話題
脱線・横道もまた楽しきオンラインの余裕
やはり短歌は素晴らしい!!!


スポンサーサイト



tag :

夏の終わりの花火ー宮崎大学短歌会9月例会

2021-09-15
「手持ち」か「打ち上げ」か?
夏の風物詩に限るのだろうか?
あれこれ考えさせられる、テーマ詠「花火」

宮崎大学短歌会9月2回目のオンライン例会、出詠8首、参加者5名で開催。夏期休暇中であるが定期的な開催を維持している。教育学部で3年生は教育実習、医学部では試験前ということで、参加できない会員もいたが、何より続けることが肝心であろう。短歌は芸術でもあり、また運動の感覚同様に「1日創らないと下手になる」と佐佐木幸綱が言っていたことが思い出される。脳内のことで考えるならば、たぶん様々な脳の部分を統合的融合的に使用して三十一文字を編み出しているのだろう。さて今回はテーマ詠「花火」、急速に秋が来たような今年であるが、「花火」は夏のものだけなのか?はてまた「手持ち」か?「打ち上げ」か?さらには「花火見物」はデートの定番か?など、若者らしい発想の歌も多かった。考えてみればここ2回の夏は「打ち上げ」の大会なども自粛されており、「花火」を取り巻く光景も変わりつつある。

ある期日に恒例として開催される花火大会には、地域に住む者にとって大きな意味がある。例えば、新潟長岡市の花火は有名であるが「長岡大空襲」を忘れないという祈りを込めて「8月1日」に開催される。その土地土地に育った者にとって忘れ難き花火大会なのだ。「君」と「僕」との関係が読める歌で、一言も「花火」らしき表現がないが「打ち上げ」と読める歌があった。「テーマ:花火」を参加者が知っているからか?などの議論も歌の読みを考える上で興味深かった。またやはり「二人」で観る花火らしき表現の中で、「涙に映る」という趣旨の歌にも神秘的な香りが漂っていた。一方「手持ち」の花火の歌では、どのように花火を掲げるか、どのように点火するか、などが繊細に描かれていた。幼少時の体験に基づいたものなのか?なぜ人は夏に「花のような火」に興じるのであろうか。

「60連発スターマイン」を詠んだ歌
意外に9月に花火による祭りを催すところも
夏の終わりの花火、短歌により学生らと季節観を交流する貴重な時間。


tag :

固有名詞を活かすー宮崎大学短歌会9月歌会

2021-09-02
「雪の宿」「ウンディーネ」
「ザッハトルテ」「吉田類」
その属性をいかに一首に活かせるか

9月になった。1日は「防災の日」、幼少の頃から「関東大震災」の惨状を聞かされ、非常食や備蓄の水なども用意する意識をあらためて考える日でもある。「関東」と名付けられているが、震源は神奈川県の小田原付近、相模湾に潜む震源から発し大都市東京を中心に襲った地震であった。我々が今も常に意識するのは「東日本」、その先に「阪神淡路」、さらには「中越」、地名が冠された「地震名」がこれほど羅列できるのはやはり地震列島であることを再認識する。地震名一つをとっても、リアルに同時代を体験したかどうかで当人の意識はかなり違う。「十年ひと昔」と云うように語り継いでいかねばなるまい。「関東大震災」は引き継がれている方かと思うが、それだけにさらに肥大化した東京を再び襲うと考えると恐怖だ。話は逸れたが、宮崎大学短歌会の歌会が開催された。前回から間隔の短い周期での開催となる。

今回は自由詠であったが、なぜか固有名詞のある歌が目立った。冒頭に記した四種の固有名詞、「雪の宿」はお煎餅の製品名、「ウンディーネ」は「水の精」でドイツの小説の名前でもある。「ザッハトルテ」はチョコレートケーキ、個人的に調べると「ザッハ」は考案者の名前で「トルテ」は円盤状のケーキのことでドイツ語由来のようだ。そして人名としての「吉田類」、『酒場放浪紀』と云う番組のファンなら言わずと知れたことになるが、年代層によっては馴染みが浅い。俵万智さんがかつてサザンオールスターズが40周年を迎えた2018年に『文藝春秋』の特集に寄稿し、『サラダ記念日』で詠んだサザンの短歌が今も活きているのは、サザンも『サラダ記念日』以降に日本中で知名度の高いバンドとして活躍し続けているからだ、と云う趣旨のことを記していた。著名人であっても何十年後の「賞味期限」の上で、短歌として読まれ続けることができるかは難しい。それほど短歌は「1300年の地平」の上で詠むという意識が求められ、ある意味で時代を刻むものと言えそうである。

「コロナ読み」も諸々に
時代を保存する若い言葉たち
刺激の多い濃密な時間


tag :

鳴り響く音たち・テーマ詠「楽器」ー宮崎大学短歌会8月例会②

2021-08-26
テーマ詠「楽器」
演奏されている場面・そうでない場面
生きることを豊かにする楽器との付き合い

宮崎大学短歌会8月2回目の歌会をオンラインにて開催。テーマ詠「楽器」に9首が出詠された。テーマ詠は5月以来であるが、「楽器」というものがいかに身近で様々な存在感があるものだと並んだ歌を見て再認識する。演奏されている場面を詠んだ歌よりも、それ以外の場面を切り取ったものが多かったのも特徴であった。当該の楽器を落とした時、部屋の飾りとなった代物、気のない音だけの乱打、出せない音、調律されていない音、演奏者なき応援スタンド、等々が演奏時ではない楽器として詠まれたわけである。本来の目的以外で使用される楽器には、大きな破壊力がある場合もあれば、大変に無力感を覚える場合もある。短歌の韻律に抒情性があるのなら、楽器の音にも大いに語り出す力があるものだ。出詠された歌たちを詠んでいて、あらためて楽器に日常で親しむ機会を持つべきという思いも新たにした。

打楽器の持つ衝撃音は、身体の芯に訴えるものがある。僕の体験で言うならば、幼稚園の際のトライアングルとかカスタネットのリズム感はその後の大切な感覚に育つものである。小学校後半の3年間は音楽を専門とする担任の先生であったので、よくタンバリンを手にして僕ら児童を注目させていた。大人になって仲間とのバンドでパーカッションを担ったのも、こうした経験に由来するようにも思う。何せ幼稚園の際に一人しか担えない「大太鼓」に抜擢されて、見事に本番で打つべきところを忘れてしまったことがある。先生が舞台の下から人差し指で「打つ動作」を僕に向けてすると、その先生の動作通りに人差し指で打つ動作のみをして会場の保護者の方々に大きな笑いが起こったことが記憶にある。打楽器というのは、簡単なようで影響力があまりにも大きな楽器である。最後に短歌は「韻律」によって内容の訴える力が違うのであれば、楽曲も楽器が語るリズム・旋律と歌詞との関係性が大変に気になる。現在、気に入っている楽曲を考えるに、そのアレンジが歌唱の後に同じ旋律をキーボードが追いかけると暗に「言葉」そのものが復唱されるように聴こえる。音と言葉の関係は、実に奥深いものがある。

巣篭もりで楽器を学ぶ人々も多いと聞く
街に弦の響きがある豊かな感覚
「楽器」という豊かな文化を身近に!


tag :

短歌の素材と使いたい響きー宮崎大学短歌会8月例会

2021-08-11
生活の中にある素材
使いたい響きを書き溜めておく
自由題11首出詠

大学の定期試験期間も終わり、僕ら教員は採点・評価に勤しむ時期になった。先月半ば以来となったが宮崎大学短歌会の例会を開催した。全国的に再び感染拡大が深刻である中、宮崎県でも独自の「警報」が出されており、結社の歌会などは会場である公民館が使用できないこともあり中止となっている。そんな中でオンラインがほぼ恒例となった大学短歌会が引き続き開催できるのは貴重である。この日は東京在住のOG会員も含めて、参加人数は限られたが和やかで家庭的な歌会が実施できた。出詠11首・参加者4名、早々に終わるかと思いきや各歌の素材から派生した話題で盛り上がり、やはり2時間半と通常の時間を要した。特に自由題ということもあり、歌の素材や趣向も多岐にわたり、豊かな時間となったわけである。

素麺・クレヨン・パンダカラー・アトラス・スマホ・陽傘・友だち・ひぐらし・サンドイッチ・泥濘(ぬかるみ)・小説等々、やはり夏らしい場面を切り取ったものが多かった。食べ物への嗜好は人それぞれであるという日常の風景を具体的なもので切り取る楽しさ、また涼を取りつつ食するという文化的な自分の発見、「食」に関する若い視点は貪欲かつ鋭い。また「陽焼け」に関連した素材の歌が複数あったのも特徴か。斑らな陽焼け、紫外線を浴びることへの懸念、繊細な身体部分の陽焼けなど、夏ならではの視点が感じられる。また恋の歌と読めるものに対して、恋愛論も展開した。果たして「友だちに戻る」ということは可能か?参加者の多くが否定的であったが、青春時代の苦い恋愛を考えさせられ誠に刺激の多い批評が続いた。

語り合うことの大切さ
自由で楽しい時間
夏季休暇中も歌会の予定は組まれていく


tag :

題詠「日」ー宮崎大学短歌会7月例会

2021-07-17
雷鳴とどろく中zoom歌会
簡単で日常的なことばこそ難しい
「もう帰らない あの夏の日」(「想い出の渚」ザ・ワイルドワンズ)

宮崎地方は早々に梅雨明けしたのだが、ここのところ豪雨に加えて雷鳴が絶えない。大学への通学時間でもかなりの雨が降り、びしょ濡れになって登校した学生を多く見かける。徒歩では困難であると思い、僕も自家用車を使うが駐車場から移動するタイミングを見測るのが難しい。スマホの雨雲アプリによって、どうにか小止みになる時間帯を探して行動している。夜7時からzoom会議室に、会員が集まって来る。学内の事情からすると図書館などでの対面ができないことはないが、むしろzoomが便利で継続しているところもある。今後は対面回も入れることを検討しつつ、zoomを併用する形式がいいだろう。自宅で時間に制約されずに行えるのはよい。さて、今回の題詠は「日」、簡単でまさに日常的に使用することばなので、むしろ活かすのが難しい印象を受けた。すぐさま栗木京子さんの「観覧車回れよ回れ想ひ出は君には一日(ひとひ)我には一生(ひとよ)」が思い出されるが、これほど「日」を有効に活かした名歌はそう多くはないだろう。

出詠13首・参加7名、「誕生日」「日曜」「一日」「白日」「今日」「日輪」「天日」「夏の日」「昨日」「ひ」「かの日」などの使い方で歌が並んだ。自ずと時間意識を視点にした歌が多く、過去と未来を巻き込んだ素材との絡み方が読み応えとなる。また「日」の漢字は「太陽」の象形文字であり、日光への意識がある歌も特徴的であった。例えば、「夏の日」とあれば何を想起させるか?それは説明的で考え直した方がよいか?冒頭にワイルドワンズの1966年(昭和41年)のヒット曲「想い出の渚」のサビの部分を引用したが、海辺の恋の設定を「夏の日」だけで読んでいいものか?砂浜を思わせる素材との関連で、どうしても想いは「渚」に至る。あくまで個人的な趣味の領域もあるが、「夏の日」とビーチの結びつきは強く感じてしまう。我々は必然的に嫌でも「日々」を重ねて生きている。「日」とは「太陽が出てから沈むまで」つまり「お日様が見えている間」ということ。時空を彷徨いながらも、僕らは「今日」しか生きられない宿命を持つ。かけがえのない歌会の「日」が、「この日」も貴重であった。

しばらくは学期末レポート・試験等の期間へ
次回は8月上旬の開催
宮崎地方の豪雨・雷雨はいつまで続くのだろうか?


tag :

題詠「テープ」ー宮崎大学短歌会六月例会

2021-06-26
「セロテープ・ガムテープ・カセットテープ」
「つなぐ・はがす・はる・きる・ふれる」
世代間の差なども感じる批評が・・・

宮崎大学短歌会六月例会、題詠「テープ」出詠13首、出席者6名にて開催。互選票も割れて、題詠として多様なテープが詠まれたことが実感できた。果たしてあなたは「テープ」という語から何を連想するだろうか?一般的には「セロテープ・ガムテープ・ビニールテープ」などの日用品としてのテープだろうか。幼少の頃から様々な場面でお世話になっている代物だろうが、詠まれた用途は様々である。場所に印をつけるなどもあれば、ガムテープには引越しの香りが醸し出され、セロテープを絆創膏のように使用するなども。必然性と意外性の境目にどれだけの「テープ」の効用を発見できるかのような批評が続いた。また規制線のような「立入禁止のテープ」、「ゴールテープ」などの日用品でないテープも登場し彩りを増した歌会となった。

粘着用以外では、やはり「カセットテープ」が印象深い。Web音源・CDで音楽を聴くのが普通である現在の学生世代からすると、その存在自体が遺物ということになろうか。父が遺したものとか、カセットの劣化や巻きつきなどに取材した歌も見られた。そんな歌もあったせいか、なぜか「カセットテープ」には遺品のイメージが伴うという議論も。「四角い箱に声を納める」という行為がそのようなイメージ化の要因だろうか?再生機に挿入した際も、「蓋を閉める」という行為が必ず付き纏う。120分テープなど長いものは早送りの際など巻きつきやすく、あらかじめ鉛筆を穴に差し込み、テープの緩みをなくす作業などをしたことを個人的には思い出して、学生たちに伝えたりもした。最後に「ピンテープ」、小学校のギョウ虫検査で使用される製品名だが、調べると2016年以降はギョウ虫寄生率が低下したのに伴い廃止になったらしい。製品名はともかく学生たちもまだ経験者であったが、あの誰しもが経験した苦手な一品を取り上げる奇想はどう批評したらよいのだろう。

つなぐ・はなれる・しるしする
裂けたものをくっつける・境となる
「テープで貼り付けるような関係」???誠に人の世は難しい。




tag :

題詠「夕」ー宮崎大学短歌会5月歌会(2)

2021-05-27
題詠「夕」は難しいか?
やはり「夕焼け」「夕べ」「夕暮れ」
その上でいかに月並みを超えられるか

宮崎大学短歌会は、変わらずオンライン歌会を続けている。月2回もほぼ定例化してオンラインゆえに時間的にも余裕をもって進行することができる。さらには、既に宮崎の地から離れた卒業生までもが参加できる利点もある。「歌会」開催という意味では、オンラインは強い味方だと思うところ大である。さて今回の題詠は「夕」、どうしても「夕焼け」とか「夕暮れ」のイメージが強く難しさが伴うようでもあった。『新古今和歌集』の「三夕の歌」は有名であるが、時代を問わず「夕暮れ」は人の心を動かして来たわけである。出詠15首、新年度からの入会者も含めて多彩な歌と活発な議論が展開した。

「夕焼け」とは本当に「赤」なのだろうか?そんなことを考えさせられる歌が複数あった。厳密に言うならば「朱」であり、その時間の推移とともに多彩な色を見せるものだ。一瞬を見逃したら二度とみられない色、そして一日が終わりゆく哀切感。それは「生命」の象徴としても機能し「終焉」を表現する場合もあれば、「陽はまた昇る」へ導く生命の恒常性を意識できる場合もある。『日本国語大辞典第二版』に拠れば、「(上代では)・・・明るい間の終わりの部分を指すが、単独で用いられることはほとんどなく、『夕風』『夕霧』『夕日』『夕さる』など、他の語と複合して使われる。」とある。また「夕べ」などと表現すると「夜の時間帯の初めの部分」であり、闇の異界への入り口のように捉えた歌もあった。同辞典には語源説も掲載されていて、「気がユルリとなる」とか「行く日」などがあると云う。宮崎では皆既月食は曇って見られなかったが、学生たちの「夕」にあらためて天象の中で生きる「われ」を思った。

「夕張メロン」などの応用も
文語助動詞の難しさへの議論も
歌よむ夕べは楽しかりけり。


tag :

「夏」のイメージの戸惑い

2021-05-14
「私たち夏だから」のイメージは?
「熱々」「愛愛」いや「爽やか」
季節観を奪われたかのようなこの一年

新型コロナの感染が昨年に増して拡大し、とどまるところを知らない。「この社会」になってから、季節観もだいぶ変わってきてしまったのではないか。桜も新緑もいつしかやって来て、意識することも少なく時節が移り変わっている。世間ではそんな情趣のない意識であるようだが、個人的には日々の散歩でなるべく自然を多く感じるように心がけている。定まった場所の定まった樹木たちに話しかけると、日々表情の違った反応がある。特定の樹木には鶯などの鳥が棲みつき、こちらも日々鳴き方が上手く進化している。季節は勝手に動くわけではなく、捉える人間の感性の度合や態度に拠るものだとあらためて思う。

先日、短歌会で学生らと歌を評し合っていると、微妙な季節観の違いを覚えた。「私たち夏だから」といった趣旨の短歌を、僕は「熱々のお二人」というイメージで読んだが、学生らからは「爽やか」というイメージが提起された。もちろん歌全体の素材の取り合わせの影響もあるだろうが、スポーツ飲料水のCMのイメージだと云う。暑さと汗を背景に、まさに「清涼(飲料)」の爽快さが漂うということ。とりわけ「世代論」的なギャップを感じたわけではないが、時代が季節観を平板にしているような気もした。それに追い討ちをかけるように新型コロナが季節を奪ったように作用していないか。やはり花見も風薫る五月も、そして海水浴場も紅葉の観賞も、みんな祭典かのように「人が集まって」こそ味わえるものだったのか。やむを得なく、ただひたすら個人で季節観を見つめ続けてみようと思う。

南九州は平年より19日も早く梅雨入り
雨への心構えもできないうちに
虫や鳥たちはどのように感じているのだろうか?


tag :

宮大短歌会オンライン歌会ーテーマ詠「茶」

2021-05-11
身近な飲み物としての「茶」
種類・色・茶菓子・茶碗
ネットプリントも発行しました!

宮崎県は県独自の緊急事態宣言を発令した。単に感染者数だけを見れば、他県よりは低いが要は比率や医療状況の上で「危機的」との判断が肝要だろう。1月の際もそうだったが、早目の対応こそが「感染爆発」を抑える上で重要だ。ということで対面を模索していた歌会もオンライン継続(従来からGW明けということで学生が自主的に決めていた)、大学からは「サークル活動禁止」の御触れも出ている。歌会はオンラインとの相性よろしく、卒業生なども参加してくれてできるという利点もある。対面となってもハイブリッドの継続を考えてもよいだろう。さて、今回のテーマ詠は「茶」、冒頭に記したように様々な「茶」がイメージされた。

「茶渋」を比喩として見事に描くとか、「茶菓子」を食べる際の習性を切り取った歌が高点を獲得した。「茶碗」に関する歌も複数あり、また「茶の淹れ方」を比喩としたものも。さらには「茶」の種類を前面に出した歌も目立ち、「麦茶」「ウーロン茶」「ジャスミンティー」などが居並んだ。さらに時代だと感じたのは、ペットボトルの「茶」の特徴を比較した歌があり、製品の開発競争に思いを馳せた。また学生の中では「茶髪」も大切なおしゃれアイテムらしく、学期を思わせるうちに髪の色の変化に取材したものもあった。あらためて「文化」としての「茶」を考えさせられ、また学生の年代なりの色が出るものと感心した。いずれにしても日常生活で、丁寧に「茶」と向き合っていることが、計り知られる歌会となった。

宮大短歌会では「ネットプリント」歌集も配信
コンビニ等で出力できると云う
歌会のかたちも諸々と進化しつつある。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>