主張に育つ宮崎の美学ー宮大短歌会学祭慰労会

2017-11-22
忌憚なき主張を闘わせる
それこそが相手への理解と尊重の一歩
学祭を終えてまた大きく前進した短歌会の面々

大学祭での宮崎大学短歌会ブースでは、会誌第1号が約120部ほどの方々に配布されたと報告があった。当初はどのくらい配布できて、どれほどの新人勧誘効果があるかなど不安も大きかったが、こうした一石が次第に会の存在を知らしめ、やがては大きな波紋となって行くであろう。これも会員である学生たちが、学年を超えて協力し様々な産みの苦しみを経験しつつ踏ん張った成果である。赴任から今までの4年間は、学部の国語専攻のゼミ生としか深い関わりがなかったが、この短歌会のおかげで農学部・工学部の学生たちとも交流が深まり誠に嬉しい限りである。さらには彼らが対話や議論に対して、忌憚なき主張を闘わせる習慣を備えており、学年の上下関係や顧問である僕なども公平に「短歌」という表現の「学び」の中で向き合う姿勢があることに、ある種の驚きと深い感謝を覚えるのである。

昨夜も今月3回目の短歌会例会を開催。ある応募のために「奈良」の題詠を扱った。やや難しい題詠であったようだが、それだけに個々の歌への表現の豊かさがあらためて感じられた。応募作品ゆえに小欄での内容的言及は控えておくことにしたい。例会後は、学祭の慰労会へ。話題は多岐に及んだが、「意見の主張」を積極的にする姿勢について”主張”し合った議論がとても豊かな内容であった。自らのゼミの学生たちには、こうした姿勢を身につけられるように日常から工夫をしているが、自然と短歌会の学生たちも「主張」があるのが嬉しい。これも高校時代に「牧水短歌甲子園」やその他の文芸部での活動を通して、貪欲に「表現」を求めてきた面々であるからだろう。話題は「宮崎の将来の生きる道」などにも及び、世代を超えて「短歌」を見据えて、豊かな地方での生き方などの意見が交わされて、大変意義深い時間となった。昨今の学生に聊か物足りなさを感じていたが、一番身近な学生たちにこそ「主張」があったわけである。

「短歌」を創ることは「生きる」ことそのもの
ならば生活する風土のことにも無頓着ではいられない
荒んだ都会にはない「宮崎」が、学生たちの中にも見えたことが何とも感激なのである。


スポンサーサイト
tag :

若竹の伸びゆくごとくー宮崎大学短歌会学祭へ向けて

2017-11-17
「やよ少年たちよ
 若竹の伸びゆくごとく子ども等よ真直ぐにのばせ身をたましひを」
(若山牧水『黒松』より)

牧水晩年の歌を集成した歌集『黒松』に、冒頭の歌がある。よく生誕地の日向の小学校などを訪れると、天井まで届かんほど立派な天然の木製ボードに、この歌が刻まれていたりするのをよく眼にする。牧水は晩年、自分の子ども等にも、また若い多くの少年少女等にこのような思いを持っていたのがよく伝わってくる。教育に携わっているか否かを問わず、子ども等が「若竹」のごとく伸びる姿に関わるのは、誠に嬉しいものである。ちょうど1年前頃であろうか、市内で行われる短歌イベントで、牧水短歌甲子園の優勝校に大学生が対戦しないかというお話をいただいて、ゼミのメンバーを中心に出場チームを構成した。それが「宮崎大学短歌会」の「若芽」となった。その後、今年度になってやはり牧水短歌甲子園に出場した経験のある学生が宮崎大学に入学して会員となり、他にもたくさんの仲間を連れて来るようになった。今や会員10名ほどのサークル母体ができた。

今週末は宮崎大学の学祭であるが、その場を活用してさらに会員を増やせないかと学生たちが考え始めた。僕自身が何かを勧めたわけではないが、いつの間にか短歌会が学祭中に使用できる教室を確保してきた。そしてやはり「短歌会」を名乗る以上、会誌が必要であろうということになり、先月末から毎週のように歌会を開いて題詠歌を競って創り、また今までの詠草歌を7首連作に仕上げるよう全員が努力した。さらには先週の歌会の状況を録音し、文字起こしをしてその状況がわかるようなページを個人的な努力で作成する者もいて、その若い力にこちらも呼応してできるだけのことは尽力しようとした。その会誌もようやく印刷し閉じこまれる作業にまで辿り着いた。手書きの表紙も愛嬌があって、手作り感満載の一冊となった。その完成した一冊を見て、あらためて「若竹」のような学生たちの底知れぬ力を実感した。1年でこれだけ伸びるのだ。高校生・大学生、そして一般の方々はもちろん、高齢の方々まで、「短歌県」と呼ばれるには、こうした世代間を超えた連携がぜひとも必要となるだろう。中でも多様に動ける大学生の力は大きい。

宮崎大学「清花祭」11月18日(土)19日(日)開催
木花キャンパス教育学部棟L313教室が宮崎大学短歌会ブース
会誌を無料配布しております、学生たちの短歌をぜひお読みください!


tag :

九州学生短歌会の交流をー宮崎大学短歌会定例歌会

2017-09-06
宮崎出身の学生たち
福岡・熊本から郷里の宮崎大学短歌会へ
大学の枠を超えた交流を!

大学はまだ夏期休暇中であるが、定例月2回の宮崎大学短歌会歌会を開催。前回より、この休暇中を利用して郷里・宮崎に帰っており牧水短歌甲子園などに出場した経験のある学生たちも参加してくれて、賑やかな歌会となっている。牧水短歌甲子園の試合では、自らのチームの歌を主にチームメイトが読んでその魅力をアピールし、相手チームの歌に対してもその一首一首に敬意を払い真摯に読んで長所を述べた上で、わからない点や推敲案などを提示して批評をし合う攻防によって勝敗が決するという方式である。この相互のやりとりによって一首の歌が多様な読みの上に置かれ、その魅力が増してくる。経験者の参加によって、まさにこうした多様な読みの議論が活性化し、実に面白い歌会となった。

こうした「牧水短歌甲子園式」ともいえる「対話」に参加して思うのは、これぞまさに「国語」の学習が目指している境地なのではないかということである。「私」を主体的に起ち上げ、相互の率直な意見交換による「対話」を醸成し、表面的には見えなかった歌の奥行きを「深く」探し続ける。学習主体の「生きる私」がそこにあって、喜びも怒りも悲しみ楽しみも「三十一文字」の形式にある調べに載った美しい日本語を起点に語り出す。歌は古来から相互交流の具であり教養であったわけで、その営為によって「やまとことば」の美しさも自覚されてきたといっても過言ではない。ゆえに若い世代からこうした歌に関わる環境が、誠に重要な活動だと思うのである。歌会席上では今後の宮崎大学短歌会の目標も定められた。まずは創設1周年に向けて、会誌を発行すること。そこで全国学生短歌会に名を連ね存在感を示すことなどが語り合われた。そして何より宮崎県出身者の母体のような温床となること。さらには九州大学短歌会の交流を促進していこうという気概が学生たちから感じられた。

いいぞ!宮崎!!!
羽ばたく牧水短歌甲子園出身者たち
小中高大一貫短歌を目指し「短歌県みやざき」からはじめよう

tag :

「ことば」あるゆえ現実を知るー宮崎大学短歌会から

2017-08-15
世界は「ことば」でできているとも
「平和」「戦争」といった語彙で語り合うこと
風土・居住地で違う「津波」ということばの捉え方・・・

72年目の終戦記念日。先ほど来の激しい雷鳴で、目が覚めた朝であった。覚醒してからの意識が、「これが雷鳴でよかった」などと考えさせる。「神鳴り」という語源のごとく、目に見えない神霊的な存在が、人間に警告を発しているのか。自然との融和もまた「ことば」による作用によって、古来から人々は対応してきたのであろう。翻って、戦時中の体験がある方ならば、空からの大きな音は空襲の音を連想させるかもしれない。自分のことだけを考えて、うかうか寝てもいれない。TV映像などで耳にする、あの爆弾が落下してくる際の音の悲壮なことよ。大空からの閃光そのものに、耐え難い体験が蘇ってしまう方も多いだろう。だがしかし、そうした人為的な醜い争いで命の危機に曝された経験を持つ方も次第に減ってきている。先日も小欄で紹介した『角川短歌』8月号別冊付録「なぜ戦争はなくならないのか」は、紹介しきれない様々な考え方に溢れている。中でも「日露戦争」の悲惨な体験者が政権内部にいなくなった時期に、「太平洋戦争」が勃発したといった趣旨のことも書かれていた。また政権のみならず、「国民が引き起こした悲劇」だといった趣旨もあった。「なぜ戦争が・・・」という問い自体を否定するものもあった。

お盆の最中であるが、宮崎大学短歌会を開催した。会員の学生の高校時代の友人で、昨夏の牧水短歌甲子園を経験した九州大学短歌会の2名の学生さん、先日の「サラダ記念日30年」の折に公募された短歌が入賞した熊本大学の学生さん、さらには茨城県出身の会員のお友達を加えて、全11名による賑やかな歌会となった。題詠は夏にちなんで「祭」、若い年代の祭りに対する感覚が興味深かった。「縁日」「花火」「神輿」「甲子園」などの場面を中心に、様々な捉え方の歌があり批評も温度同様に白熱した。いつも感心することだが、牧水短歌甲子園を経験することで、自己の歌作りはもちろん、他者の歌の読み・批評・修正案などを具体的かつ的確に指摘した有効な議論方法が身についている。短歌会そのものが、この経験者に誘発されて議論が活発にならないことはない。高校課程内の授業でいかに学力を育てるか、などを「国語教育」の立場から考えている身として、実に微妙な葛藤を抱かざるを得ない。「理解」「表現」「思考力」「想像力」「言語感覚」を育てるなら他言は無用、ただ「短歌」のみであるような思いに至る。さて聊か興奮して趣旨が逸れたが、この日に一番考えさせられたことひとつ。ある短歌に詠まれた「津波」という語彙に対する考え方である。3.11以後、この語彙に対する感覚が明らかに変化したであろう。その時期前後が活動休止・再開の時期と重なった要因もあろうが、サザンの「TUNAMI」もあの日から、ライブをはじめ巷間で聞かれることもないように思われる。歌会中にも議論されたが、茨城や関東の者と九州の者とでは、その語感に差があるようにも思われた。だがしかし、重要なのはそのことばに乗った個々の「経験」を実感として語り合い、語り継ぐことの重要性である。ある学生が「そのように言葉の使用を抑制する社会が問題だ」といった趣旨の指摘をした。同感である。それは「一語」に敏感である「短歌」を考えるからこその発想のようにも思う。「ことば」への信頼が社会の中で大いに失われているいま、こうした感覚を世代を超えて共有することに大きな意義があるように思われる。だからこそ「短歌」なのである。

「祭」を興じ合える「いま」
多くの国語専攻の学生たちも参加させたい短歌会議論
72年目の夏、いま短歌とともに「平和」を創り続ける、
tag :

「自由研究」に短歌をー宮崎大学短歌会TV初出演

2017-07-27
地元TV放送局企画
「自由研究お助け隊」
宮崎大学短歌会の学生たちがいざ!

大学もようやく補講期間となったが次週は試験期間、今やすべての校種の中で一番夏休みに入るのが遅いのが大学である。小中学校では夏休みに「自由研究」なる宿題が出されるのだが、その「自由」なる点がなかなか曲者である。学習者主体な発想から出てきた課題なのであろうが、なかなか学習者が真に楽しく自ら進んで課題に取り組むことが多いわけではない。現在では(以前からその傾向がなかったわけではないが)宿題も保護者が関わって消化する時代と聞くが、地元TV局の「自由研究お助け隊」という企画に宮崎大学短歌会が出演することになった。主に小学生を対象として、日常生活を短歌にしてそれを大学生たちが歌会のように批評し、その歌について本人と対話をして魅力を発見するという内容である。午前中から研究室に2名の小学生が訪れて、レポーターの方とカメラクルー2名とともに撮影が敢行されたのであった。

「短歌は三十一文字の手紙」と、俵万智さんが折々におっしゃっている。今回もお忙しいスケジュールの中、別撮りで俵さんのインタビューも同コーナーに組み込まれる。小学校などの文章表現などの課題で問題なのは、書いても「読み手」が意識できないことである。短歌創作も「作らせる機会」は多くなったように思うが、廊下に作品を貼り出すなどはされているが、個々の歌を真の意味で「よむ」機会はあまり設定されていない。家族や友人、大人たちも子どもたちも加わって、「三十一文字の手紙」を読み合い表現主体が何を「伝えたい」のかを、様々な角度から「よむ」機会が必要だ。短歌は「他者にどう読まれるか」を知ることで、創作者も気づかなかった魅力が抽出される。しかも生活の中の小さな出来事を心に感じ取ったら、このコンパクトな定型によって手軽に「ことば」にすることができる。家族の中で話題のない場合などでも、一首の短歌が起点になって、豊かな対話が醸成される可能性がある。概ねこのような理論が、学生たちの具体的な言動で3分間のコーナーとなって、今夕地元宮崎で放映される予定である。

UMKテレビ宮崎(3ch)
UMKスーパーニュース(18:14〜)
本日7月27日(木)放映、宮崎のみなさん、ぜひご覧ください!!!
tag :

宮崎大学短歌会(第6回)ー繰り返し(リフレイン)を活かすには

2017-07-19
山を見よ山に日は照る海を見よ海に日は照るいざ唇(くち)を君
(若山牧水『海の声』より)
短歌の中の繰り返しを考える・・・・・

宮崎大学短歌会定例の活動日。自由題により十首の詠草が提出され、活発な議論が為された。奇しくも提出された歌には、「繰り返し(リフレイン)」を含んだものが多く、こうした偶然性というのも短歌の面白みであると思われた。三十一文字(みそひともじ)という限られた字数内で表現する短歌は、素朴に考えるならば同語の重複は避けるべきであり、繰り返しにはそれなりの効果が求められる。だが冒頭に記した牧水の歌のように、敢えて同じようなフレーズを繰り返して個性を発揮できる可能性もある。特に牧水の場合は第一歌集『海の声』にこうした歌が多く、その要因として、一次言語(音声言語)としての意識が強く作用しているのではないかといった指摘を、昨年の『牧水研究』(第20号)の評論に書いた。一次言語にはいくつかの特徴があり、総じて「力動性」があるもので、その中でも特に「累加・累積性」があることを活かした歌作りといえるのではないかということである。

冒頭に記した歌も「山」と「海」の対照性を、「見よ」という命令形と「日は照る」という自然の根本的作用の組み合わせで繰り返しを構成している。その大自然の中に自己と恋人のみが置かれているかのような、壮大な虚構的物語的な景色が想像されつつ、結句では恋人の「唇」を頑なに力強く求めている。もちろんこの歌は、牧水若き日に熱愛した小枝子を求めた歌である。大自然に抱かれながら今此処にいるふたり、その求め合いたい愛への永劫な思いが繰り返しによってよく表現されているように思われる。思えば楽曲の場合も繰り返しの効用は実に大きく、所謂「サビ」の部分というものは、複数回繰り返されることで人の心に響く曲となる。思いつくままに例を挙げるならば、昭和歌謡の名曲「Love is over」なども、この題のフレーズがかなりの回数繰り返され、歌い出しから締め括りまで一貫して嵌め込まれている徹底した繰り返しが効果的であるように思われる。

短歌の中の「音楽」
美しくことばが響くためには
音声言語の力を再考する契機ともなる
tag :

「なにとなく君に待たるる心地して」宮崎大学短歌会「自由題」

2017-06-21
「なにとなく君に待たるる心地して出でし花野の夕月夜かな」
(与謝野晶子)
いつかどこかで読んだことのある・・・

ある街やある駅の景色を見ると、「いつか此処に来たことがある」と直感的に思うことはないだろうか。また夢の中で「また此処に来た」と思える場所を見ることはないだろうか。これは「文学」上の「此処」の場合でも同様で、体験的に「読んだことがある」に出会うことがある。文学理論的な物言いをするならば、我々は「内面の共同体」の上で「文学」を享受しているということになる。そのなんともいえない思い出すような郷愁とか、過去の貴重な経験の反芻によって、人は人生を一本の糸のごとく紡いでいるのかもしれない。このような経験的な「読書」という行為も「国語」が学習者に提供する大きな役割に違いない。とりわけ短歌の場合は、この「読んだことがある」という感覚が起動することで、こころに訴えかける歌に出逢うことが多い。

メールやSNSが全盛の時代にあって、「なにとなく君に待たるる心地して」という感覚そのものが失いかけたものなのかもしれない。だが似たような感情を抱いてメールやメッセージをすると、相手からもほぼ同時に送信されて来たという経験はないだろうか。それはあくまで偶然なのか?それとも”テレパシー”でも通じているのであろうか?そのタイミングが頻繁に一致すればするほど、相性のよさを実感したりするものである。「待つー待たれる」という関係性が「性急さ」へと変質した現代の事情については、哲学者・鷲田清一の著名な評論がある。そのような現代にあってもやはり、「なにとなく」の「心地」を実感することにはある種の深い情趣を覚える。現代社会の性急で高速化した時間軸の中にあって、穏やかにその一点を摘み取るような短歌に出逢うと、実にホッと安心した心境になるのは僕だけではあるまい。

学生たちの歌から感じられた
晶子・牧水らの歌の一節
短歌に出逢うことで「待つ」感覚さえも回復することができるのである。

tag :

宮崎大学短歌会ー題詠「サラダ」

2017-06-07
『サラダ記念日』30年記念トーク
題詠「サラダ」短歌募集
全員で出詠すべくまずは短歌会で・・・

今年は俵万智さんのベストセラー歌集『サラダ記念日』が出版されて30年になる。それを記念して今月25日に地元紙・宮崎日日新聞主催でトークショーが開催される。同時に題詠「サラダ」の短歌を募集しており、当日その中から「俵万智賞」が表彰されるというのだ。この地元地域でのまたとない機会に、宮崎大学短歌会としては参加しない手はない。ということで、この日の学内歌会のお題は「サラダ」として九首の詠草が提出された。30年前「「この味がいいね」と君がいったから七月六日はサラダ記念日」の一首は、それまでの「短歌」という概念を打ち破り、日常的な口語を導入しつつ爽やかな韻律に乗せて清らかな相聞歌(恋歌)として一世を風靡したわけである。「サラダ記念日」という語の鮮烈な印象、それは今でも旧くは思われず新鮮に人口に膾炙する一首であろう。

それだけに、題詠「サラダ」は難しい。元来「サラダ」という「料理?」の定義はなんだろうか?『日本国語大辞典第二版』によれば、「生野菜またはゆでた野菜を主材料とし、ハム、魚介、卵、果物などを取り合わせてドレッシングなどで調味したもの。元来、ロースト料理の付け合わせだが、前菜や料理の添え物としても用いられる。」とある。用例は1874年・服部誠一『東京新繁盛記』を初出として、漱石の『草枕』などにも見えて明治維新以後の語彙であることがわかる。短歌では、『日国』の用例として啄木の「新しきサラドの皿の 酢のかをり こころに沁みてかなしき夕」があり、また白秋の「サラダとり白きソースをかけてましさみしき春の思い出のため」が見えて、いずれも「かなし」「さみし」という心情とともに詠われている。さて学生たちの「サラダ」歌は、いかなるものであったか。本日〆切で投歌するので小欄では紹介できないが、なかなか多様な「サラダ」に対する感覚が詠まれており実に勉強になった。

学生たちの歌は、俵万智賞に選ばれるだろうか?
この日から新たな会員3名を加えて賑やかになった
学部専攻を超えた短歌談義がこの上なく面白い

tag :

宮崎大学短歌会ー題詠「道」

2017-05-17
「過ちは永久にこれを放棄する
 誓ひてもなほ右折する道」
 さまざまな「道」を発見できた歌会

5月第2回目の宮崎大学短歌会例会を開催。今回は題詠で実施しようということになりお題は「道」、さまざまな表情の「道」の歌が出揃った。冒頭に掲げたのは愚詠で、やや観念的・抽象的な歌であるが、今この時にこそ学生たちと考えてみたい社会詠であると考えて、敢えて出詠したものである。初句「過ち」は、即座に「戦争の過ち」であると解釈された。それは特に「ヒロシマ」の平和公園の慰霊碑に刻まれた言葉が連想される、という意見が傾聴に値した。続く「永久にこれを放棄する」はもちろん、憲法9条の文言そのものである。この「誓ひ」によって、72年という間、少なくとも「平和」が護られて来たのである。この9条を2020年までには「改正」するということが、明言されたのは記憶に新しい。

まさに今「平和」とは何かが問われているのだろう。「新たな脅威」だと隣国を位置づけ、目には目をの対応を拙速に進めれば、決して引き返せない位置に、知らぬうちに至っているかもしれない。既に「避難訓練」であるとか、警報により交通機関が停止したりする事態が国内で起きていることそのものを憂える。だが、その「脅威」と位置づけた国のみが絶対的な「悪」なのであろうか?歴史的に見ればそのような戦争状態を「世界」が作り出し、同じ国を二分し対立する構図を解消できずにいる。そのこれ以上ない「不幸」を、「対話」の力で解決に導く「平和」理念こそが「9条」ではないのだろうか。被爆経験をはじめ凄惨な「過ち」を経験した者たちとして、果たして「圧力」をかけることだけが「解決」の手段なのだろうか。拉致問題もそうであるが、「制裁」のみを手段とするならば、教育でいえば「体罰」を強いているのと違わず、いつまでも根本的な解決にはならない。だからこそ「誓ひ」を持つ我々の存在をもっと見つめて行動すべきではないだろうか。ひとたび「右折する」と、もう元の「道」には戻れなくなる恐ろしさがある。

雨の道・人生の道・わかれ道
いや「道などあるか」と学生たちの「道」は豊かだ
短歌のことばを信じ続ける活動を地道に続けたいものである。
tag :

若いことばで今を詠おうー新年度第1回宮崎大学短歌会

2017-04-20
今しかない学生時代
その思いを歌に詠む
新年度宮崎大学短歌会始動!

昨年の12月に結成した宮崎大学短歌会、新年度第1回歌会を開いた。従来からメンバーであった国語専攻の学生たちに加えて、新たに農学部の新入生、さらには大学院生も加えて多彩な顔ぶれになってきた。歌を対象に様々に語り合う歌会は、なるべく多様な発想の人が集まるのが面白い。多様な詠草が出てくるとともに、多様な発想の読みが交響することで、歌は何倍も魅力的になってくる。特に「国語専攻」であるゆえの盲点もあり、理系の発想による詠歌は一味違った料理を味わうごとくであり、場の趣が実に豊かになったようである。出された詠草の小欄への掲載は当面控えておくが、どの歌も実に個性的で楽しい歌会となった。

こうした場でいつも例として挙げるのは、永田和宏さんのこと。世界的な細胞生物学者でありながら、歌人としての活動も超一流である。理系の「研究」たる仕事と作歌・著述活動の両立だけを考えても、誠に尊敬に値する偉大な歌人であるといえよう。学生時代には様々にやるべきこと、やりたいことがあるはずだ。本学部の学生ならば、教育実習や教員採用試験へ向けての学習などが本分であるのはいうまでもない。また農学部の学生も実験や実習に勤しむ時間が必要であり、大学院生に至ってはかなりハードな課程内容をこなしていくことになる。その本分たる所業のみに専念していて、果たして「豊かな学生時代」と言えるのであろうか。学生時代にしか得られない感覚と感性で、その若いことばで若い時代を歌にすることは、必ずやその後の人生を、花も実もあるものにするだろう。

ともに歌を学ぼうそして歌を楽しもう
常時、会員大募集中!!!
次回歌会は5月2日(火)18:30〜(毎月第1・第3火曜日に開催予定)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>