FC2ブログ

「匂い」にまつわること

2021-04-16
夕方に隣家より漂うカレー
金木犀の咲く道を
そしてあの人の匂い

「匂い」には極めて敏感であると、幼少から自他ともに認めている。幼稚園に入園前までは、ある特定のタオルを日夜手離さずにいた。それは何となく自分なりの「匂い」になって、それを嗅ぐと安心感が得られたような感覚であった。母親がそのタオルを洗うと1日は代替品になるがそれでは用を為さず、洗い上がったタオルを再び要求し再度の「匂い付け」に励むといったようであった。そのタオルには「ひよこ」の刺繍がなされており、幼稚園入園とともに泣く泣く捨てられたことが鮮明な記憶として残る。その後も食べ物に異様な匂いがするとか、他の家を訪問した際の特徴ある匂いとか、自分の中では大変に大きな問題として存在していた。しばらくは布団の襟の部分がタオルを代行し、小学校の給食などでも匂いには、ある意味で過剰に反応していたのかもしれない。

学生らと「匂い」について語る機会に恵まれた。冒頭に記したようなのが、その典型的な例である。家路についた際にどこからともなく香るカレーの匂い、日本人はいかにもカレーが好きな国民なのだと思うことがある。隣家となれば、確実にそのメニューが特定される。草木では、金木犀の香りが鮮烈だ。庭に金木犀を持つ家があると、その周囲に近寄るだけで匂うものである。そして何より恋人の匂い、愛し合うという関係の中でお互いの匂いは個人差はあれど大変に重要な要素であろう。以上は「良い匂い」の例であるが、「おならの匂い」などやや負の匂いの存在も欠かせない。もとより人間の中の動物性の要素が、「匂い」においては表面化するようにも思う。などと考えると、学生らは洗濯の柔軟剤の種類などにたいそう敏感なことも知った。動物性への回帰とともに、より化学的な匂いにも囲まれている生活環境を知る。

「匂い」と言うか「香り」と言うか
マスク必須が求められて1年、嗅覚は衰えていないか?
「匂い」のDNAの合致は大変に重要だとも聞いたことがある。


スポンサーサイト



tag :

春・別れ・旅立ちー宮崎大学短歌会追い出し歌会

2021-03-05
「三月・花束・春・桜・思い出」
別れの季節に卒業生へのはなむけを
感染対策を取りつつ今年度初めての対面歌会

もう年度内はあと1ヶ月もないが、12ヶ月目にして初めて対面にて宮崎大学短歌会歌会を開催した。附属図書館1階ワークショップコートを占有できるように予約し、80名定員の部屋に10数名という収容率、移動式椅子で相互に距離を取る等の対策を取って実施された。また隣県の熊本大学所属の会員が参加するためにオンライン回線も準備、会場の様子を映し出し、マイクを使用すればオンラインに音声が流れるというハイブリッド方式の歌会とした。この方式は今後も卒会生の参加や高校生との交流など、幅広い短歌会活動にも貢献すると思う。しかし、ほぼ1年以上も間が空いた対面歌会は、何か不思議な雰囲気があった。「久しぶり」ではあるがオンライン上で毎月2回は会っていたので、「ご無沙汰」ではないという感覚だ。それにしても、今年度に新入会した会員にとって、リアルで会うのは初めてという事実もあった。

自由詠・出詠歌17首、多くの歌が卒会生へのはなむけを意識した歌が並んだ。「三月・春」は、自ずと出会いと別れの季節。昨年コロナ禍の一斉休校で一時的に「9月入学」が話題となったが、すぐに立ち消えになった。短歌にするとあらためて実感するが、「卒業と入学」は「春」であるべきだろう。「春風」や「桜」などが呼ぶ新たな生命感、年末年始という区切りから3ヶ月後という距離感もいい。僕自身が長年にわたり「教員」をしてきたせいもあろう、「弥生三月」の生命の交代のような新陳代謝が悲喜交々を織り成すものである。「あなたのすべてを食べたい」「卒という字」「代わりに花束」といった趣旨の歌が高点歌となった。本年度で卒業する仲間たちは短歌会の創設期を超えて、会誌の発行・大学短歌バトルへの出場・大学祭で県と連携した出店など、活動の幅を大きく拡げてくれた。次なる新天地でも、短歌に親しみ続けながら豊かな人生を歩んで欲しい。

「思い出」と「損失」と
コロナ禍であれど「春がまた来る」
「けふ君が翔ぶあかねさす空」


tag :

題詠「実」ー宮崎大学短歌会新年zoom歌会

2021-01-15
出詠12首ー参加8名
オンライン歌会をじっくりと
「実」はいかように使われるか

宮崎大学短歌会新年zoom歌会が開催された。大学は当初から年末年始の帰省を鑑みて、新年開始2週間は全面遠隔授業の方針を打ち出していた。その上で年始の宮崎県内の急速な感染状況悪化による独自の緊急事態宣言もあって、あらためて人と人との接触は控えるべき事態にある。そんな中ではあるが短歌に集う学生たちによる、題詠「実」による歌会は気持ちが和む時間でもあった。歌会担当者によると、今年の宮中歌会始の題詠「実」で行いたかったのだと云う。(まさに宮中歌会始の時節であるが、感染状況の悪化によって延期されている)今年に「実りあれ」と祈りを込めた題詠であるが、むしろ厳しい「現実」といった趣が先立つ世相である。

素材として記憶にあるのは「口実」「(果実の)実」「実験」「実印」「事実」などと読み込まれた歌であった。「実行」「実践」などのように前向きな行動を表現し、結果が出たことを植物による比喩で「実り」とするのが一般的なこの語への意識であろう。だが「口実」や「事実」には正負の両面が含み込まれ、複雑な人間関係性や現況のコロナ感染の状況を憂える使い方もある。「實」(旧字)の構成要素を見るとわかるが、「屋根」+「貝(財貨)」+「周(あまねく)」であり、「屋内に財貨がいきわたる」という字源である。西郷隆盛が漢詩に遺した「耐雪梅花麗 経霜楓葉丹」を思わせる冬の「結実」を考えさせられる歌もあり、この題詠も僕らが置かれている今を炙り出してくれた。

対面でできずとも歌会は続ける
各自が自宅で寛ぎながらという利点も
オンラインの利点を「実利」と考えるべきだろう。


tag :

宮崎大学短歌会ー年忘れオンライン歌会「あたたかいもの」

2020-12-24
テーマ詠「あたたかいもの」
8首の心温まる作品たち
来年は対面歌会ができますように!

宮崎大学短歌会は今年最後の「年忘れ」歌会をオンラインで開催した。1月2月に数回は対面で実施したが、3月4月5月6月7月は前期の遠隔講義で学生らも苦闘していたためにほとんど開催できず、8月ごろからオンライン歌会を再開したという1年間であった。オンラインは各自が自宅で自由な裁量(途中入退室)で寛いで参加できるという利点はあるが、やはり物足りなさも感じざるを得ない。この年末はまだまだ感染状況が厳しい状況であるが、3月までには今年度卒業生のためにも附属図書館で対面で規模の大きな歌会を開催したい要望も出された。人間が直接に身体感覚など全てを動員して「会う」という行為の尊さを感じざるを得ない。今回はテーマ詠「あたたかいもの」に詠草8首の歌が並んだ。

素材としては「肉じゃが」「(肌の)ぬくもり」「焚き火」「赤い頰」「風呂」「湯」「ホットレモン」「カイロ」などであった。食べ物が多いのかと思いきや、湯水に焚き火・カイロなどの暖をとるものが複数みられた。また肌感覚とかむしろ「寒くて赤くなった頰」を描写することで「あたたかいもの」を表現した歌もあった。寒さや温かさの感覚は地域差も大きく、出身地によってその度合いが違うことが歌作にも読みにも表れていたようである。大学の所在地である宮崎市内では、冬でどんなに寒くとも氷点下になるかどうかという程度。北海道や長野の出身者の皮膚感覚との比較は誠に興味深かった。歌会を通じて会員の心は、少しは「あたたかいもの」になっただろうか。来るべき2021年の対面歌会を希求しつつ、今年の「みやたん」が幕を閉じた。

大自然の中に「あたたかいもの」を享受する人間
人と人とのふれあいが何よりもあたたかい
来年に向けて高校生との交流など新たな試みも模索中である。



tag :

ハイブリッド歌会ー宮崎大学短歌会12月歌会「題詠:地獄」

2020-12-09
図書館とオンライン併用歌会
ある新聞記者の方の取材にも応じつつ
題詠「地獄」の歌をよむ

宮崎大学短歌会は、ある新聞社宮崎支局記者の方の取材をここのところ継続的に受けている。コロナ禍にも歌会を続ける若者の姿や、ことばへの向き合い方が大きなテーマのようである。今年はすっかりオンライン歌会で実施してきたが、今回は図書館で中心的に取材を受ける2名が記者の方とともに対面し、僕を含めた他の者はオンライン参加をするというハイブリッド歌会を試みた。取材への要望を取り込んだとはいえ、今後は考えていくべき形式ではないかと思う。オンラインではチャットを利用した互選投票や詠草の画面共有など、歌会との相性はなかなかよいことは明らかだ。しかし、対面でしか味わえない歌会の醍醐味とはなんだろう?身体性や空気感等々、ハイブリッドが見せてくれるものにも期待をしつつの開催であった。

題詠「地獄」出詠歌10首参加者6名、若者感覚の様々な「地獄」が歌となって表現された。多くの参加者が口にしたことは、「地獄」の題詠は難しそうに思ったが意外に日々の生活の中で使っていることばだと気付いたということ。『天国と地獄』の曲や夕焼けの色、飲食物の味などに対して比喩や思いが込められた歌が多かった。運動会で流れるあの曲には、なぜか徒競走に追い立てられるような身体反応を起こしがちだ。「地獄」が詠まれる背景には常に「天国」(安楽な場所や物)が意識されているようにも思う。奇しくも歌会開催日は12月8日、真珠湾攻撃による開戦の日でもある。そのような意味で「ひめゆり」を素材とした歌があったことは、参加者が「平和」を考える大きな契機となった。それにしても、いかにも「平和」な「地獄」が多かったのはまさに時代相であろうか。

「地獄」とは何か?
図書館を基地局に展開する新しい歌会形式
「コロナ禍」でもなお「平和」であることを噛み締めて


tag :

題詠「文」ー宮崎大学短歌会11月例会

2020-11-21
オンラインでじっくり
歌は多く参加者は絞られながら
題詠「文」が導くもの

月2回実施する宮崎大学短歌会例会が開催された。題詠「文」に出詠13首、参加者は6名と歌の半分ほどであったが、初参加の1年生も加わり密度の濃い歌会となった。題詠の扱いとしては、「文字(2)」「恋文」「文理選択」「文旦(2)」「作文」「一文」「文化(2)」「文庫」「文(ふみ)」「文末」という活かし方であった。「文字」や「文化」の重複は予想されたが、「文旦」の重複は意外性があって学生間でも話題となっていた。「朱欒(ざぼん)」「晩白柚(ばんぺいゆ)」などの異名もあり、九州地方(特に「晩白柚」は熊本県)特有な柑橘類として巨大な威容に驚くこともある代物である。正月などになると縁起物として飾られることもあり、その大きさと月のような姿が目を惹きつける。

「文」という文字には、地図上の「学校」が示すように「学問」の意味もあり、また名前によく使用される「彩(あや)」の意味もある。「文様」といえば意匠ある芸術的なもので、まさに「文化」の一部として崇高な意味がある文字である。「作文」や「文庫」など学校や読書に関係する素材として詠まれたのも必然であるが、あらためて「文」とは何かを深く考えさせられる。「学校」という「文化」は、ある意味で「文字」や「文」を教える場所といっても過言ではあるまい。僕自身も「文」の文字との付き合いは長いが、漢字として大元の中国では女性名に使用されることが多い。日本でも「あや」といった女性名の使用も少なくない。柔らかで知的な印象のある「文」、学校文化の中でもさらに好かれる存在になるべきだと思うのだが、「作文」や「文理選択」などには、個人的に批判を述べたくなるのは職業上の性かもしれない。

新聞記者の方の取材参加も
若者が描く三十一文字(みそひともじ)
あらためて「文」が好きになった。


tag :

秋らしいものー宮崎大学短歌会10月第1回例会

2020-10-13
「秋っぽいもの」なんだろう?
学生と見つける秋の情趣
日中はいささか暑いながらも

後期となり10月第1回目の宮崎大学短歌会例会、大学も後期開始2週間は遠隔という方針もあり、未だオンラインでの開催となる。それはそれで他に用事があっても部分参加できたり、途中から参加できる可能性を拡げているようにも思う。この日は「秋らしいもの」のテーマ詠ということで、学生たちの季節観を知る上でも興味深い歌が並んだ。「乾いた空気」「秋桜」「夕暮れ」「紅葉」「初秋」「芋名月」「梨」「焼き芋」「金木犀」「紫蘇の実」「太刀魚」「彼岸花」などが歌の素材であった。詠草を眺めても、やはり宮崎に住む学生たちの季節観は、自然に向き合っており多彩さを感じる。『万葉集』や王朝和歌以来の四季を愛でる素材へのまなざし、こうしたテーマ詠は、誠にやるべき価値がある。

今回で得票の高い歌は、「命」に向き合う愛情に溢れた歌である。秋の味覚に向き合う際に、命からがらその食べ物に辿り着いた深い身体的な欲求を感じさせる歌は魅力的である。また植物にも「命」を見出し、だが「生き物」ではないと逡巡する抒情は奥深いものがある。また「太刀魚」など魚にも季節観があること、その魚の容姿を我々が想像でしか経験できないものを比喩とする歌にも共感できた。さらには「秋」といって独特な感性で捉えた歌もあり、その多様さ意外さに驚きを持つことも少なくなかった。少しずつ新人も加入し感染対応のオンラインも定着してきた。会のさらなる発展に向けて、4年生から厳しくも愛情ある評が為され、今後への提言があるのも頼もしい。

今年度の活動も後期はさらに活性化させ
図書館活動との連携も図っていく
学生たちと豊かな対話が僕を支えてくれている。


tag :

宮大九大合同歌会ーテーマ詠「丸いもの」

2020-09-25
オンラインの効用
宮崎と福岡を結ぶ短歌の縁
14首の「丸いもの」について3時間の歌会

宮崎大学短歌会の定例歌会が、九州大学短歌会と合同で開催された。従来も先方のメンバーの一部が帰省した際など交流の機会はあったものの、オンラインを使用した本来の「合同」は初めての試みであった。新型コロナがもたらした新しい方式は、このような広域の縁を繋ぐ効用もある。総歌数14首、テーマ詠「丸いもの」。月・太陽・地球などの天体やシャボン玉の歌が複数みられたが、卵の黄身、(時節柄で)おはぎ、ドアスコープやスマホのカメラなど、ユニークな素材を「丸いもの」と見た歌もあった。また宮崎のお土産品として有名な「青島せんべい」は、九大の人から「宮崎愛」があると好評であった。また中には「魂」を詠んだ歌も見られた。

歌評は様々に展開されたが、概して「肯定的」なのか「否定的」なのか?という議論になることが目立つ。これは講義の学生レポートにも顕在化している現象だが、いかがなものかと疑問に思っている。和歌の長い歴史を見れば、「否定」することで物事を鮮烈に印象付ける表現もあり、「肯定」することで稀少な価値を露わにする表現もある。歌評の中で「肯定とも否定とも言えない」という意見もあり、その融合の曖昧さの中にこそ、詩歌が目指す表現の混沌があるように思う。また語彙の知識によって、歌の読みが多様になる面白さが随所にあった。例えば、スマホカメラにはどの程度の機能があるか?その使用方法をどのように見るか?新しい機械、また新しい科学的知見などの語彙の場合、「深読み」かもしれないが多様な読みができることを個人的には楽しめた歌会となった。

また機会を見て
様々な地域の学生たちが短歌で繋がる
またの機会を約束し熱い夜がお開きとなった。


tag :

題詠「残」ー宮崎大学短歌会9月例会(その1)

2020-09-10
夏の名残あるこの時節に
題詠「残」にどんな歌が出されるか
Zoomにて交流することば

9月になり学部によっては試験が行われたり、実習が行われたりする時節。学生も教員も暇なわけではない。特にコロナ禍の今年はその皺寄せが集中して押し寄せているようで、じっくり歌作に集中できる状況ではない。そんな中で5首の出詠、5人のZoom参加、オンライン投票8票を加えた歌会が開催された。題詠は「残」、題材としては「皿に残る」「残りはんぶん」「居残りテスト」「残る数字」「残像」(*歌そのものの表現ではないものもある)などが並んだ。「残る」というのは嬉しいことか悲しいことか?否、その両義性のある微妙な心が各歌に表れているようにも思えた。漢和辞典で「残」を繰ると、「そこなう」「きずつける」「むごい」「わるい」の語義が並び、「残余」の熟語に見えるように「のこる」の語義がある。「余」は「余裕」にも通じ、肯定的な趣旨を持たせることもできる。

「ボトル内にワインが半分」ある場合、「もう半分しかない」という言説と「まだ半分ある」という言説では、語り手の心が異なる。文学理論を講ずる際によく使用される例で、「国語」の中で「心情を問う」設問というのはこれを基本とする。「もう半分しかない」と言えば、そのワインが美味しいのか惜しんでいる「心情」を読むことができる。「まだ半分ある」と言えば、早く飲んでしまいたいほどワインを好んでいない「心情」となるだろう。もちろん文字面のみならず、「場面と言い方」の条件が加わると「心情」にいくつかの微細な枝分かれを読むことができるだろう。「残」一つにも表裏上下左右から、多様な見方があるものだと永遠の時間とこの世の普遍性を感じることになった。

「糊代」の重要性
何が「本・・・」であるのだろうか?
地球に残された時間はあとどのくらいなのか?などにも考えが及んだ。


tag :

Zoomでゲストも宮大短歌会歌会

2020-08-29
題詠「百」夏休み歌会
九大からゲスト参加2名もお迎えして
出詠13首なかなか多彩な批評の展開

今月からZoomを活用した宮崎大学短歌会歌会を復活させているが、月2回の定例2回目。今回は九州大学に在籍の宮崎出身者2名をゲストにお招きし、普段より多人数での歌会が開催された。以前から夏休み時期にはこうして宮崎に帰省している他大学参加者も招くことがあったが、Zoomの利用でむしろ気軽にどこからでもゲストに参加してもらうことができるようになった。「本来はWeb利用でこのくらいのことができた」ことを実行しないでいたことが多いことにコロナ禍は気づかせてくれる。今後もより多彩なゲストを、宮大短歌会にはお迎えしたいと思う。

今回の題詠は「百」、「百億」「三百円」「二百円」「百度」「百万回」「百パーセント」「百キロ」など数詞としての使用とともに、「百円ショップ」「百均」「百日紅」「百葉箱」「百恵」などの名詞(中には固有名詞)の使用もあったが、なかなか難しい面も否めなかったようだ。「百千」と並列すれば平安朝の用例(『菅家文草』)にも見えるように「数の多いこと」を表現するわけだが、現代では「億千」に格上げされ、決して「百」は「多い」とは限らないという印象も受けた。むしろ「百均」などの存在が「安さ」の象徴のように作用するあたりが面白かった。

各自が自宅で手軽に参加できる
新入会員の初出詠も嬉しい!
また来月の定例会が楽しみである。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>