FC2ブログ

題詠「残」ー宮崎大学短歌会9月例会(その1)

2020-09-10
夏の名残あるこの時節に
題詠「残」にどんな歌が出されるか
Zoomにて交流することば

9月になり学部によっては試験が行われたり、実習が行われたりする時節。学生も教員も暇なわけではない。特にコロナ禍の今年はその皺寄せが集中して押し寄せているようで、じっくり歌作に集中できる状況ではない。そんな中で5首の出詠、5人のZoom参加、オンライン投票8票を加えた歌会が開催された。題詠は「残」、題材としては「皿に残る」「残りはんぶん」「居残りテスト」「残る数字」「残像」(*歌そのものの表現ではないものもある)などが並んだ。「残る」というのは嬉しいことか悲しいことか?否、その両義性のある微妙な心が各歌に表れているようにも思えた。漢和辞典で「残」を繰ると、「そこなう」「きずつける」「むごい」「わるい」の語義が並び、「残余」の熟語に見えるように「のこる」の語義がある。「余」は「余裕」にも通じ、肯定的な趣旨を持たせることもできる。

「ボトル内にワインが半分」ある場合、「もう半分しかない」という言説と「まだ半分ある」という言説では、語り手の心が異なる。文学理論を講ずる際によく使用される例で、「国語」の中で「心情を問う」設問というのはこれを基本とする。「もう半分しかない」と言えば、そのワインが美味しいのか惜しんでいる「心情」を読むことができる。「まだ半分ある」と言えば、早く飲んでしまいたいほどワインを好んでいない「心情」となるだろう。もちろん文字面のみならず、「場面と言い方」の条件が加わると「心情」にいくつかの微細な枝分かれを読むことができるだろう。「残」一つにも表裏上下左右から、多様な見方があるものだと永遠の時間とこの世の普遍性を感じることになった。

「糊代」の重要性
何が「本・・・」であるのだろうか?
地球に残された時間はあとどのくらいなのか?などにも考えが及んだ。


スポンサーサイト



tag :

Zoomでゲストも宮大短歌会歌会

2020-08-29
題詠「百」夏休み歌会
九大からゲスト参加2名もお迎えして
出詠13首なかなか多彩な批評の展開

今月からZoomを活用した宮崎大学短歌会歌会を復活させているが、月2回の定例2回目。今回は九州大学に在籍の宮崎出身者2名をゲストにお招きし、普段より多人数での歌会が開催された。以前から夏休み時期にはこうして宮崎に帰省している他大学参加者も招くことがあったが、Zoomの利用でむしろ気軽にどこからでもゲストに参加してもらうことができるようになった。「本来はWeb利用でこのくらいのことができた」ことを実行しないでいたことが多いことにコロナ禍は気づかせてくれる。今後もより多彩なゲストを、宮大短歌会にはお迎えしたいと思う。

今回の題詠は「百」、「百億」「三百円」「二百円」「百度」「百万回」「百パーセント」「百キロ」など数詞としての使用とともに、「百円ショップ」「百均」「百日紅」「百葉箱」「百恵」などの名詞(中には固有名詞)の使用もあったが、なかなか難しい面も否めなかったようだ。「百千」と並列すれば平安朝の用例(『菅家文草』)にも見えるように「数の多いこと」を表現するわけだが、現代では「億千」に格上げされ、決して「百」は「多い」とは限らないという印象も受けた。むしろ「百均」などの存在が「安さ」の象徴のように作用するあたりが面白かった。

各自が自宅で手軽に参加できる
新入会員の初出詠も嬉しい!
また来月の定例会が楽しみである。


tag :

Zoomで宮大短歌会

2020-08-01
何ヶ月ぶりの歌会だろう
Zoomを使用して宵のうち
短歌を語り合うことの楽しさ!

新型コロナ禍によって、大学のサークル活動も停滞を余儀なくされていた。通常であれば月2回ほどの定例歌会を開いていた大学短歌会も4月以降、なかなか活動を再開できなかった。もとより学生も教員も遠隔講義に与することで精一杯、サークル活動するまでの精神的な余裕がなかったのも事実である。しかし遠隔講義で得られた方法は、様々な応用を見せ始めている。Zoomなど同時双方向会議システムの利用は、気軽に大勢の会議を可能にする。講義での使用のみならず、これまでも僕自身は読書会や朗読会に対談まで、多くの方々と有効に利用し始めていた。

各自の自宅で暑さも気にすることなく、自由奔放に短歌を語り合えるのはある意味で便利である。詠草ファイルの共有をしチャット機能を使用して選歌投票し、得票数も即座にファイル上に打ち込むことができる。考えるにこのシステムの機能は、歌会のためにあるかのように独りよがりな考えにもなって来る。「蝉」「彼氏」「チェキ」「猫」「煮しめ」「ペットボトル」「ジャケット」「ゴールドキウイ」「ひづめ」など夏を意識した素材も含めて、学生らしい個性的な歌が並んだ。若さと潔さ、素朴で明らかな素材の中に核心がある。そんな印象の歌から、教えられることも多い。もちろん対面での再会をどこかで願いながら、Zoom宮大短歌会は来月からも続く。

歌は日々つくること
Zoomなら多様な学生との歌会も可能
新しい歌会様式を始めていこう!!!


tag :

「たんかフェ」にいらっしゃい

2019-11-17
宮崎大学「清花祭」開催中
宮大短歌会の出店は「たんかフェ」
県文化振興課とのコラボよろしく

宮崎でも、空気はすっかり秋の湿度と冷たさを感じるようになった。大学キャンパスでは「清花祭」と呼ぶ大学祭がこの週末には開催されている。「清武キャンパス(医学部)」と「木花キャンパス(教・地域・農・工の4学部)」という車で5分程度の両キャンパスでの学祭ということがこの名の由来である。役職柄、緊急時の対応も仕事として頭にありつつ、木花キャンパス内を巡り歩いた。教育学部を中心に講義などで顔なじみの学生たちが模擬店の飲食物を売りに来たり、ゼミ学生が構成するバンドの野外ライブがあったりと、学祭の波に次第に呑まれていく。しかし中でも大変に興味深かったのは、宮崎県の山間部の小学生が来場し地域の魅力を伝える教育学部の企画であった。学園祭がエンターテーメント化する中で、新たな方向性を感じさせたからだ。

さて、僕が顧問を務める「宮大短歌会」は、「たんかフェ」を開催している。教室にて、短歌会機関誌「みやたん3号」を配布するとともに、歌集が読めたり会員の短歌に投票ができたりするカフェ(飲物無料)である。特に今回は来年2020年宮崎開催の「国民文化祭・障害者芸術祭」に向けて、県文化振興課によるPR企画がコラボして開催することになった。短歌など宮崎の文化に関するアンケートの実施や牧水賞などの紹介などが為され、宮崎県のゆるキャラ「みやざき犬」も登場した。日本一の「短歌県」を目指すという県の方針が、学生短歌会と連携するというまさに日本でもここだけの企画と言えるかもしれない。昨今は日本中どこでも、大学祭や高校の文化祭に「文化」の影はほとんどなくなってしまった。地域の大学として県の文化振興とともに取り組めることは、大変に貴重な環境にあると思う。来年へ向けて若い人たちの短歌熱がさらに高まることを願って。

新たな時代の新たな大学祭とは?
学生たちの生き方は将来のこの国のかたち
本日まで開催中「たんかフェ」にいらっしゃい!!!


tag :

「古」とはいかなるものかー宮崎大学短歌会歌会

2019-10-29
「古き昭和」
「古々米」「中古車」「古民家」「古着」「古本」等々
「古」ものの中に見出せる「新」しき価値

宮崎大学短歌会10月2度目の定例歌会。題詠はある大会への出場を考慮して「古」であった。この7月に参加した徳島で開催された「心の花」全国大会の座談で佐佐木幸綱先生が、「白蓮(NHK連ドラ「花子とアン」で仲間由紀恵が演じて一躍有名になった「心の花」歌人)の歌はもう古びている」という趣旨の発言をされて、それ以来「古」とは何かと考えていたところだった。人間が止めようもない「時」が経過すれば、必然的にすべてが「古」となっていく。生き物でもいやこの世界・宇宙そのものが、常に「古」へ向かっての時間の進行を止められない。同時代的に脚光を浴びた短歌でも、時間が経てば「古」びてくる。その「古」は、一般的に負へと向かうと認識されがちであるが、冒頭に羅列した歌に詠まれた素材の中には「新たな価値」が見出されているものも少なくない。

「中古車」は再生され新たな所有者のものとなることで、少しはEcoに貢献する。先日は「リサイクルショップ」に不要のカラーボックスや「古着」を出してみたが、僅かながらの金銭になることでその物品は新たな道を生きるのである。「古本」に至っては僕の学生時代の経験からすると、講義の教科書を古本屋で探せば、見も知らぬ先輩の書き込みがあって試験対策に大きな力になるという新本よりも価値が高いという状況もあった。大学が街の古本屋と一体となって、学生が媒介し理想的なEco再生社会を築き上げていたことになる。昨日の小欄には「吉永小百合」を話題としたが、「昭和」の大スターは今も凛と自立した演技を求めている。高倉健と吉永小百合の共演などはまさに「昭和」が漂うのだが、それでも「古」びない魅力を感じる神秘さ奥深さがある。吉永小百合を支えているのは、筋トレや水泳を中心にしたパーソナルトレーニングであることをTV番組で知った。年齢を重ねるからこそ、自ら新陳代謝を創り出す。「古本」になぞらえるのも失礼かと思うが、時を超えた「文芸」と「言葉」は「古」と「新」の相互逆説的価値を感じさせるのである。

「アンチエイジング」
「古紙」は再生への道を暗示するのか
生きる上での哲学が「古」に見え隠れする。


tag :

いざや、みやざき宵まつり

2019-10-14
「舞いを照らすは月明かり」
県庁の中庭を舞台に神楽と朗読のコラボ
満月に照らされながら、国民文化祭・障害者芸術祭一年前イベント

台風19号で被災した方々には、心から哀悼の意を表しまたお見舞い申し上げます。

宮崎はすっかり秋の気配が漂う空気、夕刻から冒頭に記したイベントに参加すべく、県庁へと向かった。来年のこの時期から、宮崎県内を舞台に文化の祭典が開催される。僕自身も短歌に関して県庁の方と様々な企画について相談しているところであるが、一年前イベントとしてこの日の空気にも存分に触れておきたかった。第1部の途中から会場に入ったが、吹奏楽やこども落語の健気な姿を観ていると、生活の素朴さの中にこそ「文化」があることに気づかされる。この企画には宮崎大学短歌会のメンバーも3名が県からの依頼を受けて参加し、「吟行」ならぬその内容を素材に歌に詠むという命題が与えられていた。歌を詠んだ素材の写真も添付するとあって、取材の仕方・方法において、むしろ難しい「題」であったようだ。静止画や短い動画であれば、むしろ「俳句」的に切り取り方になる。「心の揺れ」が要となる短歌が、「一枚の写真」とコラボすることの難しさであろう。

第2部は秋の夕暮れ後、まずは「青島臼太鼓踊り」の披露。飫肥藩に由来するその勇壮な踊りと太鼓や鉦の音色で、「まつり」ムードは上昇してきた。そしていよいよこの日の目玉、「高千穂の夜神楽と宵語り」の共演である。これまでに神楽は何回か観たことがあるが、満月の宵にこの環境で観るのは、新たな感慨があった。さらに宮崎では朗読について当初から様々に交流してきた、薗田潤子さん・前田晶子さんらによる宵語りが、『古事記』の一節を現代でも耳で聴いてわかるようなアレンジで月明かりの中を語った。神楽はもとよりこうした芸術文化表現は、やはり生声生音でなければ真の心の響きには至らないことを再確認。次第に東の空に満月が顔を覗かせ、みやざきの「人」としての営為を優しく照らし出した。

神楽のゆったりとした時間
闇に響く声の生き生きとした響き
「みやざき」にこそ近現代の忘れものを再起させる力がある。


tag :

風の歌あれこれー宮崎大学短歌会歌会

2019-10-11
「わがやどのいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕かも」
(『万葉集』巻19・4291・大伴家持)
「風」「風邪」などの季節かも

後期になって初の宮崎大学短歌会歌会が開催された。自由詠であったが、季節柄なのか偶々「風」や「風邪」の歌が複数あって、やはり自然と短歌は切り離せないものかと実感した。一昨日ぐらいから急速に涼しいというか寒さを感じる気温となって、人間としての肌感覚の敏感さも知らされる日々である。あらためて「風」を辞書で引いてみると、その語史の長さと多義性には目を見張るものがある。古代においても冒頭の『万葉集』家持の著名な歌があり、『古事記』にも用例が見える。いやむしろ古代の方が余計な騒音はなく、身近な「風」の音を聴くには適していた環境だったのかもしれない。本日の趣旨と家持の歌ではいささか季節の上でズレるかもしれないが、「いささ群竹(わずかな群竹)と(神聖の笹)と解に二説あり」に「吹く風の音」を聴いてみるとその「幽かな」ものを繊細に聴き取る古代人の聴覚をあらためて考えさせられる。

『古今和歌集』の秋巻頭歌は、これも著名な「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかえぬる」(169・藤原敏行)である。立秋になると吹くとされていた「涼風」によって秋の到来を聴覚的に知覚したという歌だ。漢籍由来の観念的な着想に発しているが、やはり自然を耳で聴こうとしている歌であることには注意したい。詩的な「宇宙観」の中で、聴覚そのものが「生命」との関係性をつなぐ大きな鍵となっている。「音」は「声」にも通じて、まさに「命」を確かめる端緒となるものだろう。この寒さの中で秋草の中の虫たちの声も、次第に衰えてきているようにも思う。「音」と季節の中に生きている自己の存在感、風邪を引いたり、自他が発する声の過剰さに驚いたりと、学生たちの歌もこうした宇宙観の中で読むことができる。日常生活の歌でありながら、やはり『万葉集』以来の1300年の歴史の上に身を置くことが、歌を創ることなのだと強く意識したいと思う。

実感・描写・詠者の立ち位置
気温の変化に敏感であること
蜜柑の香り高き歌会の卓上でもあった。


tag :

虫はやはり嫌いなのか?テーマ詠「虫」宮崎大学短歌会7月歌会

2019-07-24
手のひら大の蜘蛛とか
血液を吸った蚊を打つのは
アリに同情する歌はあったが

東京で育ったせいだけではないだろうが、虫が苦手である。大学時代の同級生で北海道出身の親友がいるが、彼は僕以上に苦手で田舎町出身ながら上手がいたと低レベルの争いに勝ったような気になったこともある。だが宮崎に移住するようになって、次第に虫への免疫力がついた。自宅の中でも大型の蜘蛛や百足、ましてやヤモリまでもが登場したことがあり、何とか僕自身の居住権を主張し彼らを退去させるまでの行動が取れたからである。考えてみれば虫は自らの本能で生きるだけ、近現代の都市生活主義が人間こそがこの地球で万能であるという妄想を振り翳し、彼らを迫害して来たのが歴史的実情のように思う。ホームセンターへ行けば、春先から夏頃にかけて駆除のための製品が所狭しと並ぶ。まだ防虫に止まり、共存を模索する製品は良心的なのかもしれない。

宮崎大学短歌会の7月第2回目の歌会を開催、テーマ詠「虫」。前述のような問題意識を抱いたのは、多くの歌が虫のグロテスクさとか害虫としての人間生活への侵害行為を詠ったものであったことだ。席上でも話題になったが蛍やてんとう虫などのメルヘンなイメージを抱く虫の歌は、8首の中に見ることはできなかった。吸血する蚊を掌で打つ行為、そこで鮮明な血液の露出。ホラー映画的という評もあったが、壁を這い上がる手のひら大の蜘蛛。だいたいにして「蜘蛛」という漢字表記は他の語彙にはほとんど使用されないという限定稀少な漢字への意見なども。家の中に侵入するアリなどは、偵察する役割の連中がいて彼らにゴミ箱などを察知されると次に本体が大群で押し寄せるなどの知識も話題になった。短歌会では教育学部のみならず農学部・工学部・医学部の学生たちもいて、様々な学びの体験を踏まえた評を聞けるのも大変に面白い。開催した国語演習室の網戸には、短歌会を盗み聞きしたいのか多くの宮崎の虫たちが集まっていた。

共生のこころ
自らの傲慢な快適のために彼らを排除していいのか?
二極化分断した社会を憂え、虫たちへの親和的な心が起動する。


tag :

「忖度」しない短歌の読みー宮崎大学短歌会七月歌会

2019-07-11
「他人の心中やその考えなどを推しはかること。推量。推測。推察。」
(『日本国語大辞典第二版』より)
いつしか利害関係に擦り寄る下劣な行為のことに・・・

『心の花』6月号の「東京歌会記」欄に、佐佐木幸綱先生の「大学短歌バトル」への感想談が記されていた。「皆が忖度して読んでくれると、表現が荒くなる、甘くなる、それでいいや、ってことになる。皆が意地悪して読んでくれた方がいい。」とあって誠に的を得た談であると記憶に刻んだ。僕自身もこの2年間の「大学短歌バトル」を観戦して、同様の所感を持っていた。相手方の歌を「深読み」し過ぎるあまり、舌戦の中で「敵に塩を送る」ような結果になった戦況を何度か目にした。もちろん緻密に読むことは大切なことであるが、緻密を究めればむしろ相手の歌の表現の不確かさこそを「送る」べきではないかと思う。昨今、巷間では世代を問わずに「同調圧力」の旺盛な頽廃した社会が垣間見える。公正に正当に意見を交わすことさえ、失われつつある社会を憂えざるを得ない。

前述した佐佐木幸綱先生の談には「冷たく読まないと、歌が下手になるんだよね。」ともある。そのような意味において、宮崎大学短歌会の歌会はどうなのかと考えてみた。可能な限り顧問である僕自身も歌を出詠し、会誌などにも自歌を寄稿する。会長を務める学生が、このような顧問も参加する姿勢が「みやたん」(宮崎短歌会の愛称)の一つの特長であると言ってくれたことがある。何より僕自身が若い学生とともに短歌を学ぶ機会として、歌会を大切にしたいと思っている。固まって来たメンバーで歌会をやっていると、どうしても出詠歌が誰のものか必然的に予想がつくようになる。僕の場合は基本的に「文語」で作歌しているので、比較的に「みやたん」の詠草においては目立ってしまう。だが学生たちの「読み」に、僕への「忖度」を感じたことは一度もない。むしろ「わからない」と言った意見もよく出て来て、表現力の不十分なことを悟ることも多い。こうした意見交換の基本姿勢こそは、今の若者たちに求められる「対話力」ではないか。

頽廃的な思慮が社会を濁らせる
短歌は正直に何もかも曝け出してそこに立つ一行の詩である
「ことば」を大切にしてこそ真っ当に生きることができる。


tag :

勝敗はつけるべきか?ー令和老若歌合へ向けて

2019-05-22
県歌人協会の企画
宮崎大学短歌会も参加しての歌合
老若男女の交流の場として

来月6月30日(日)に、県歌人協会の主催で「令和老若歌合」という企画が開催される。協会の方々と宮崎大学短歌会のメンバーが混在してチームを構成して短歌を競い合うというものである。宮崎県内では短歌関係の行事が盛んではあるが、参加者の平均年齢が高い。少しでも若い人との交流機会を持ち、今後も永く継続するようにしたいものである。もっとも高齢化は、何も「短歌」を嗜む人のみの問題ではあるまい。このように分野ごとに世代間交流を、積極的に仕掛ける必要があるように思う。「令和」を機として、ぜひ危機感を持ってこのような交流を前向きに行いたい。こんなことも考えて、企画では「歌合とは?」という題で講演もすることになった。自らが世代的にも仕事的にも、交流を促す使命を負っていることを自覚しつつ。

この日は宮崎大学短歌会の歌会であったが、県歌人協会の方々に来訪していただき、本学附属図書館で打ち合わせ会議を持った。その中で今回の「歌合」で、勝敗はつけるべきか否か?という議論になった。もとより短歌は、「勝ち」「負け」と二項対立で割り切れるものなのだろうか。「(現代版)歌合」にも様々な形式がある。「大学短歌バトル」(角川主催)のように、「剣道」の競技方式に似た形で対戦する一首ごとに勝敗をつける形式。この場合は2手先勝すれば、勝敗は決してしまい大将戦に虚しさも伴う。宮崎で開催される「牧水短歌甲子園」(日向市主催)では、3人それぞれが歌のアピールと質問を行い、すべてを終えた時点で勝敗を決する。短歌の出来栄えはもちろんであるが、アピールや質問の巧みさなど総合的なチーム力が問われ、個々に勝敗の責が負うことも少ない。やはり「勝敗をつけるか否か」という問いでは結論には至らず、「勝敗もつけるが一対一では抗わない」という融合策が選択された。これぞ日向方式と呼ぶにふさわしい企画内容となった。

今一度、根本的に歌合を考えてみる
対抗ではなく対話の場として
企画へ向けて宮崎大学短歌会の新たな地域交流である。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>