鼎談「年齢の花ーそれぞれの年代の歌」神話のふるさと県民大学

2017-09-24
小島ゆかりさん・なおさん母娘
伊藤一彦さんによる年代の歌トーク
各年代の生き方が歌の表現に・・・

宮崎県は「神話のふるさと」として古事記・日本書紀編纂1300年(2012年〜2020年)に当たるこの8年間、県内では様々な関連学会やイベントが開催されている、今回は短歌関係ということもあり、特に来月の和歌文学会でもパネリストをお願いしている小島なおさんが、お母様のゆかりさんともども来宮するということもあって、事前から申し込みこの日がやって来た。鼎談では各「年代の歌」をテーマに、楽しく穏やかなトークが展開した。

前半は主に10代・20代の短歌に、小島なおさんがコメントをつけていく。「終電ののちのホームに見上げれば月はスケートリンクの匂い」(服部真里子)などに読めるように、「自然(月)」を扱いながら「感覚」で詠む歌が特徴的である。なおさん曰く「言葉へのフェチズム」が覗き見えて、「口語」の自由奔放な使用に「作者の息づかい」が読めると云う。それが30代ともなると、「三階のフィリピンパブの店員の肩の刺青「夢」の意味らし」(佐佐木定綱)や「すでに老いて父の広げる間取図のセキスイハイムの「キス」のみが見ゆ」(染野太朗)などに読めるような、実感や生活上の現実感が見え隠れするようになると云う。

また鼎談の席上、伊藤一彦さんの指摘もあって、小島なおさんの評論が一部紹介された。その生活において「ノイズレス」化が進み、若い世代の短歌に擬音語が減少しているのだと云う。茶の間のテレビよりはスマホ、友人との会話よりもWeb上のSNS、などによって情報を得て娯楽を楽しむ若者の「耳」と「音」を表現する感覚・感情の変化への指摘は卓越である。

さて、40代50代の歌は小島ゆかりさんのご担当。「木草弥や生ひ月といふ三月の死者の身体の木草がさわぐ」(本田一弘)など、3.11以後の福島を切実に捉える鎮魂歌など、「言葉」「風土」へのこだわりが増す。それでも感覚派として「世のなべて少女とならばおそろしき少女のむかで、少女のみみず」(水原紫苑)などもあり、歌が湧き出る「泉型」歌人と云う指摘。それに対して「細くかたく鋭いこんな革靴で一生歩いてゆくのか息子」(米川千嘉子)など就活の息子を詠む歌を挙げて、「樹木型」歌人といった類型の指摘にも話が及んだ。

そして、70代以上は伊藤一彦さんのご担当。「老年の品格などとは要らぬ事ただ生きるただそれだけの事」(清水房雄)などに読める、肯定的「アナーキー=無秩序」いわゆる「伸びやかに生きる」点に魅力があると云う。「キスうくる女優の眼鏡(グラス)とらるるを思ひつつめがねをはづす秋冷」(伊藤玲子)などありのままの自己批評が「ユーモア」として表現される。100歳以上の方の歌も、宮崎県で行なっている「老いて歌おう」には多数投歌される。歌を創ることによる「出逢い」と、歌を創ることで「歳をとるのも楽しみになる」と、人生を歌に生きる喜びが小島ゆかりさんから語られ、約2時間の鼎談は楽しいうちにお開きとなった。

母娘で短歌を語り合う楽しみ
ゆかりさん・なおさんの人間的な魅力にも触れた
まさに歌を創り語ることは、人生を語ることに等しい。


スポンサーサイト
tag :

和歌文学会第63回大会公開講演ジンポジウム好評受付中!

2017-09-23
10月21日(土)公開講演ジンポジウム(一般公開・要申込)
22日(日)研究発表・総会(会員のみ)
23日(月)実地踏査(牧水記念文学館・牧水生家・青島神社)

約2年ほど前、標記学会大会開催校への打診があり、それを引き受けさせていただくことになった。当初はまだ先のことと考えていたが、いよいよ開催はあと1ヶ月後となって緊張感も増してきた。その2年前に日向市で開催された「牧水短歌甲子園」の休憩時間、歌人の俵万智さんにこの大会のパネリストをお願いできないものかと、大学学部の後輩をよいことに唐突にお願いしたのも今はよい「思い出」である。その後、昨年4月に万智さんは宮崎市に移住され、新聞やトークなどで「短歌県みやざき」を合言葉にといった声を上げるようになった。それに乗じて「全国の和歌研究者、短歌県みやざきに集う!」を大会のテーマにしようと考え始めた。長年、宮崎で活躍する伊藤一彦さんをはじめ、若手歌人の小島なおさん、第20回牧水賞受賞者の内藤明さんの計4名の歌人の方々が、パネリストに名を連ねるシンポジウムを構想・計画することができた。

もちろん研究学会の大会であるから、「研究」を主眼とするのは言うまでもない。だが昨今の社会的な人文学軽視の風潮を鑑みるに、「なぜ古典和歌研究を行う必要があるのか?」という自明ながら大切な問いを、我々研究者が再考する必要があるように思われる。研究分野・方法の細分化が進み、昨今の和歌研究者で短歌実作をする人は稀となった。明治期の佐佐木信綱が典型なように、和歌や歌学を対象とする国文学者はそのまま、名高い実作者であるのは過去のものとなった。実に根本的な問いとして、「和歌」を対象に研究しているにも関わらず、「実作」をしないで深い「読み」ができるのか?という問いにも突き当たろう。短歌に関わるということは、即ち「やまとうた1300年」の歴史の中に身を置くことなのである。となれば、こうした機会に研究者と実作者との交流を促進する機会を設けるべきではないかと思うのである。和歌文学会としてはやや異色な講演シンポジウムになるが、それ即ち宮崎で開催する意味ではないかと思っている。

【一般公開】講演ジンポジウム「古典和歌と近現代短歌ー研究と実作ー」
 基調講演:伊藤一彦氏(歌人)「若山牧水のあくがれーその歌言葉と韻律の特色」
 パネリスト:伊藤一彦・俵万智(歌人)小島なお(歌人)内藤明(歌人・早稲田大学)
       永吉寛行(神奈川県立上南高等学校教頭)
    司会:兼築信行(早稲田大学)

10月21日(土)13:30〜17:00(受付開始12:30〜)
(会場)宮崎市民プラザ オルブライトホール(一般定員300名)
一般参加申込先:wakabunmiyazaki@gmail.com


tag :

「心の花9月号 今月の15首」ー「楽しい」選評に感謝

2017-09-09
「白玉のフロントガラスに尾を曳きて濡れるも果てぬ恋もするかな」
(『心の花』9月号「今月の15首 佐佐木幸綱選)
初めて選んでいただきました。

昨日の小欄で9月は「実り」の「好機」が訪れるだろう、などと記したところ本当に心から嬉しいことが起こった。所属する短歌結社「心の花」会誌(9月号)冒頭に載る「今月の15首」に初めて選ばれたのである。これはまったく予期しないことであったが、今にして思えばその兆候はあったのかもしれない。実はこの歌稿を提出した6月は、諸々の仕事が重なり精神的に大変苦しい時期であった。当の作歌の方も誠に惨憺たる状況だと自覚していた頃で、今までで歌稿提出に一番苦しんだ月だったように思う。梅雨時でジムから帰りの車に乗り込んで、しばし駐車場で放心状態になっていると、どこからともなくこの歌が「降りて来た」感覚があった。こうした意味で「恋」は、自分の中の一つの「主題」なのかもしれない。そしてまた古典和歌を長年研究して来た身として、その継承という点も作歌の上で大きな課題にしたいという気持ちが、無意識に働いたのかもしれない。いずれにしてもこの歌は、自分の中でも不思議な1首であったことは間違いない。

佐佐木幸綱先生は選評に「オリジナルな、長い序詞が楽しい。」と書いてくださった。初句から「濡れるも」までが「果てぬ恋もするかな」を導き出す序詞というご指摘。自分でも聊か「序詞」は意識していたものの、ここまで徹して読んでくださり、何より「楽しい」と書いてくださったことがあまりにも嬉しい。選評の最後に「読者は遊び心を楽しみたい。」とあるのも同様で、読み方によってかなり「遊び心」をくすぐる多様な解釈を生む歌であると思っている。また幸綱先生の評とともに嬉しいのは、結句「恋もするかな」の歌が選ばれたことである。これは学部時代の和歌研究の恩師・上野理先生執筆で、今もなお和歌研究史に刻まれている名論文「平安朝和歌史における晴と褻」(ご著書『後拾遺集前後』風間書房刊・所収)においてその指摘の起点としている恋歌の類型的表現なのである。結句「恋もするかな」として、そこまでの表現を「オリジナル」にすれば、実に多様な(褻の)恋歌を読むことができるというもの。『古今集』恋の部立の巻頭歌が、やはりこの類型歌であることは有名である。自分の作歌活動において、今は亡き恩師にもご助力いただいたような気持ちとなって、思わず涙腺が緩んでしまった。

悪戦苦闘の末に変化が起こる
伊藤一彦先生のお言葉に励まされたあの頃
歌を創り続けて来て本当によかったと思える秋の日であった。

tag :

無数の小さな傷を創ること

2017-08-28
「図式的に言えば、歌人は一つないし幾つかの〈主題〉を育てつつ日々を生き、
 個々の一首一首制作の場で〈主題〉にかかわりつつ〈発想〉を得て行くという
 ことになる。」(佐佐木幸綱「発想・主題」1990年『國文學 短歌創作鑑賞マニュアル』)

自らの〈主題〉は何だろうか?そんなことを探り考えてみる。作歌してきた歌を振り返ってみても、歌会などでそれなりの評を得たものは、確かに〈主題〉が立っているように思われる。だが日々の生活で着実に歌を創ろう、ましてや”量産”しようなどと考えると、むしろ〈発想〉とか〈素材〉から起動し始めてしまい、〈主題〉の立たない歌になることも少なくない。もちろん表現そのものの未熟さもあろうが、この〈主題〉の問題は作歌活動の上でとても大きい。

「実存そのものに直接に刺さる歌」(佐佐木幸綱「現代短歌の魅力」1986年『國文學』)こそが「古典」の「述懐」という「観念性」を振り払うことである、という評語は、まさに心に直接刺さる。「生きるとは、生活のなかで無数の小さな傷を創ることであり、その傷こそがつまり〈私〉にほかならないのである。」「自身に踏みとどまりつつ日常的な私を超える〈私〉をうたおうとしている。」(佐佐木幸綱「時代の柱」1997年『短歌年鑑』)といった「境地」が求められるということ。

模索・思索・思案
あらためて今年の2月「短歌の主題」御講演を反芻する
「無数の小さな傷」がまさに「創」(きず)なのであろう。

tag :

「わが世に又あひがたき今日の日の」引き継ぐということ

2017-08-16
「わが世に又あひがたき今日の日の一日も暮れぬ筆をおきて思ふ」
(佐佐木信綱『瀬の音』昭和15年)
また巡りくる夏の日に・・・・・・

72年目の終戦の日、「今日の日」を多くの人が重く受け止める日。だが最近は、広島・長崎の原爆の日などを知らない者がいたり、ましてや6月23日沖縄慰霊の日などに思いを致す人は減ったと聞く。肝心なのは一人ひとりが、「今日」の自らの命を思うこと。自らのことばに耳を傾けること。その「命」=「ことば」は、72年前の戦禍をかろうじて潜り抜けた貴重な命である。父母が、祖父祖母が、曽祖父曽祖母が、どんな思いであの戦時中を生き抜いたか。そう考えれば、自らの「命」のみならず、「ことば」もこの平和で繁栄した社会も、長い時間の中で「今」を生きてきた人々によって支えられている。歴史を考えるというのは、知識ではなくこういうことではないのだろうか。

冒頭に掲げたのは佐佐木信綱の歌で、昭和15年発刊の歌集『瀬の音』から。時局は開戦前にして暗澹たる様相となってきた頃、「又あひがたき今日の日」のことばが重く響く。「筆」は「仕事」や日々従事していることの象徴と読めるだろうか、ふと眼前の仕事から離れて自らの「命」を思うというわけである。こうして小欄に文章を書き連ねていると、ちょうど東の空に新しい日が昇っているのが見える。又「今日」が始まり、「一日も暮れぬ」となる。昭和26年の信綱歌集『山と水と』には次のような歌も見える。

「あき風の焦土が原に立ちておもふ敗れし国はかなしかりけり」

我々が「夏」と刻んでいるこの日は、立秋後にて暦の上では「あき」。又季節も巡るのである。

「春ここに生るる朝の日をうけて山河草木みな光あり」
(『山と水と』より)

明治・大正・昭和を生きた佐佐木信綱の歌から学ぶ。
tag :

「われここにあり」を噛み締めて

2017-08-13
「かの夏に掃射逃れし少年の繋いだ命われここにあり」

ここ数日間、小欄では「かの戦争」について様々な角度から書き記している。だがあれこれと書くよりも、効果的な短歌一首で表現できないものかと考えてしまう。要は「かの戦争」が自らの存在とどのように関わっているかが、端的に示せればよいのであろう。多言は無用、まさにその一点において自らの「命」を考えることしかない。

冒頭に記したのは心の花宮崎歌会に初めて出詠した際の歌。ちょうど「夏」であったゆえ、自らの「命」がなぜあるのかを「かの夏」との関係から素朴に捉えることができた。歌会では「少年」とは誰かと様々な解釈が議論されたのを記憶している。その時はあれこれと歌を捏ねくり回すこともしていなかった。どうも最近はその素朴ながら一語の解釈に奥行きのある表現に至らない。「命」を見つめて自らと向き合うこと、いや、多作の中から拾い上げること。もう一度、自らの歌から学ばなければなるまい。

「かの夏」は必ずどこかで自らと関係する
「繋いだ命」ゆえに「われここにあり」
過去は決して断絶することなく未来に連なる
tag :

台風通過と〈息つぎ〉ー『作歌の現場』「句切れの重要さ」から

2017-08-07
「強い台風」とTVニュースの喧伝
相変わらず近所で蝉が鳴き続けている
水・食料などを備え家に籠るだけの〈私〉の無力さ

今もまた近所では、蝉の大合唱が聞こえる。台風5号が奄美大島方面から「人が歩くほどの速度」で九州南部に接近し、日向灘を北上しつつ宮崎をかすめていくようなルートで通過して行った。一昨日から「万全の備え」と思い、食料を調達し風呂に水を溜め込み家の外回りにある物は屋内に収容し、雨戸をすべて閉め切って部屋の中に籠もる状況が続く休日であった。そんな中で気になったのが「蝉の声」である。人間が「台風」を恐れているのを尻目に、平気で日常通りに鳴き続けている。蝉にとっての「一生」のうちで地上で”鳴ける”時間は限定的なのであろう。「台風」などに左右されず毅然と我が道を行く姿と、鳴き果てればむなしく地上に転がる姿の対照に、「生命」とは何かを考える〈モチーフ〉が起動するのである。それにしても、家の中だけに籠るというのは楽ではない。次第に精神が鬱屈してくるような自覚。東京の母からの心配した電話にも次第に無愛想な返答になってしまい、蝉にも及ばぬ矮小ぶりを自己の精神に見出す。

だが、蝉ばりの「大合唱」ができなかったわけでもない。ここ2日間ほど小欄に覚書のように記しているのは、『作歌の現場』(佐佐木幸綱著)から多くを学んだゆえである。時間を忘れ時に無心に時に興奮し、その書に記された「肉声」を読み取るがごとく夢中になって読んだ。蝉のように外へ向かって「声」を上げるわけではないが、自己の内なる核心に佐佐木幸綱の〈肉声〉が独唱として語り掛け響いたのであった。ここで〈肉声〉という語彙を使用するのは、他でもない、同書第Ⅱ部第3章「句切れの重要さ」にある「肉声の復権」に触発さたれたゆえである。「近代短歌を超克する方法として前衛短歌に多大な恩恵を受けながら、知への傾斜、メカニックな構造指向に反発して、肉体や生理感覚の開拓を言い」という主張である。これは「作歌の現場では、まずモチーフ、そしてモチーフと不即不離のかたちで〈句切れ〉の意識(句切れなしの場合もむろん含む)が始動する。」という歌の「発想」の問題と関連している。いわば「発想の段階で、モチーフと呼吸がどうぴんと張った緊張関係を持ちうるかの問題」なのであり、「一首のモチーフに呼吸を感じたとき、読者はそこに〈肉声〉を聞くのだ。」と同書の主張は、明解かつ毅然としている。

台風に物怖もせず蝉の鳴きおり
家に籠りつつも「知」の独唱を聴くことができる
時に大きな〈息つぎ〉が求められるのであろう。
tag :

〈私〉とは誰か?ー〈詩型〉の〈強制力〉を考える

2017-08-06
台風接近の家でひとり
果たしてそれは〈私〉それとも私
〈一人称詩〉について考える

小欄をお読みいただいて、その内容はどれほど「事実」なのかとお考えになったことがあるだろうか?「プロフィール」欄の”Author”には「研究室」という表示。大学の「研究シーズ集」という冊子に載る「研究室紹介」の「HPなど」にアドレスを掲載しているので、「研究室」を「主語」として考えるべき「テーマ」について、ひとりか?はてまた複数?の「誰か」が、今この文章を綴っているのかなどという書き手の想定をしたことがあるかということでもある。SNSを中心としてWeb上の〈私〉は実に曖昧であり、仮構したいわば「匿名」によって、言葉が投げられるところに大きな問題も孕んでいる。特に日本の場合は、この「匿名性」に対する意識が非常に稀薄で、いわば「褻」の生活をWebを介して世界に晒してしまっていることへの意識が低いように思う。米国の大学生たちと話した際に、SNS投稿が就職を希望する会社に一覧されることを入念に意識して使用していたのとは、大きな差が日本の学生たちにはある。

話は迂遠したが、昨日紹介した『作歌の現場』(佐佐木幸綱著)の第二章「詩型の強制力」において、短歌の〈私〉について深く考えさせられた。特に近現代短歌では、「一人称代名詞を補って解する」ことが〈詩型〉によって〈強制〉されるという傾向が強い。散文中なら「君は」「彼は」を補って読む可能性があっても、短歌となれば〈私〉を補って読むことが暗黙の了解となっているわけである。現に歌会でも匿名で歌を批評し合った後に、二次会で自らの歌についてコメントしようとすれば、「どんな事実たる体験があってこの歌を詠んだのか」という内容を吐露することが求められている。学生との短歌会でも名前を明らかにした後には、詠み手は現状でどんな「体験」に身を置いているのかを前提として話が進行する。とりわけ私などが「恋歌」めいた詠草を提出した後には、その情報を基準に懇親会などで学生から質問を受けることも少なくない。だがしかし、まさにこれは「近現代短歌」の大きな特徴であるという大局的な視野をもって考えておくべきではないのだろうか。古典和歌においては「代作」「題詠」という「システム」が、「〈詩型〉の〈作者〉への干渉を断ち切る」と『作歌の現場』では指摘されている。「古典和歌にあっては、〈一人称詩〉でありつつ作中の〈私〉は生ま身の私からかなりの程度自由であった。」というわけである。となれば、「古典」でも「短歌」でもない小欄の文章については、どのような解し方が適切なのか、それは読み手のみなさんに委ねられているとしかいえない。

「作歌とは、生ま身の私を作中に押し上げ〈私〉という俳優に変身させる試みだ」
(『作歌の現場』より)
〈私〉と(生ま身の)私・・・「事実」という頼りなさを考えつつ
tag :

興奮する歌書ー『作家の現場』佐佐木幸綱著

2017-08-05
短歌への溢れる情熱
スケールのあまりの壮大さ
こんなに読んで興奮する歌書があろうか

今月号『心の花』の特集が、「ぜひ読みたい短歌の本」であった。宮崎で懇意にする大口玲子さんが見開き1頁分で、『作家の現場』佐佐木幸綱著を紹介している。その文の最後に「三十五年前に刊行された本書が実作者ひとりひとりに問いかける問題は、今なお切実で新しい。」とあり、大口さんの紹介する観点の鋭さにも導かれ、書棚にあった『佐佐木幸綱の世界7』を早速読み始めた。大口さんも書いているように、「実作入門書」ながら「短歌の本質を論じた評論」であり、各章の観点は近現代短歌のみならず、千三百年の和歌短歌史を通底し未来へ向けても短歌の道を開拓するような、スケールの大きさと迫力に満ちている。読んでいると時折、同じ段落単位の文章を何度も読み返したくなり、次第に興奮度が高まり最後には黙読が自然に音読になっているほどの、誘発性を秘めた一書である。

多くの方に実際に読んでいただきたいが、こうして観念のみでこの書を語っていることそのものが、矮小な〈私〉を露呈しているようでもあるので、その興奮度の高かった文章を一部引用しておきたい。

「たとえば、西行の『山家集』を見るがいい。作歌という行為は、ぴりぴりとした神経的な行為なのではなく、もっと図太い行為なのだということが分かる。自我とか、オリジナルとか、あえて言うが、そういう小さなところにこだわらずに、太い線で、ひたすら根拠を目ざせばそれでいいのだ。『山家集』中にはおびただしい類想歌がある。八百年も経てば、そんなものは洗い流される。千三百年の歴史を持つ詩型に関わるということは、日常にはない、そういうスケールの時間に自分を晒すことなのである。」『佐佐木幸綱の世界7 評論篇2』(1998年 河出書房)


もう他言はいるまい、こんなに興奮する歌書は他にない。
なお、本書そのものの初版刊行は1982年、
当初は角川『短歌』1980年1月からの連載である。

tag :

はっ!とさせられる歌

2017-08-03
「恋の時きみのうしろにあはあはと死にいたる刻きざむ打楽器」
(塚本邦雄『透明文法』より)
読んで「はっ!」とさせられる歌

「恋は盲目」などが典型的であるが、「恋」に関する警句や成句は多い。歌の1300年の歴史を遡り、万葉の類別「相聞」にしても古今集の部立「恋」にしても、人は必ず「恋」の心情を「歌」に詠んできたわけである。一方で「四季」に代表される「自然」について、とりわけ「天象」や「花鳥風月」への心情も歌に詠まれ、人の興味がこの二大テーマとなっているのがわかる。奇しくも、朝の情報番組などで「天気予報」に続いて「星占い」を報じているのは、何も「軽薄」なわけでもなさそうである。もちろん、近代社会であるゆえに節度のある「恋」が求められるのは言うまでもないが、人は「恋」の感情あってこそ「生きる」力も湧いてくるように思われる。

だが、その「節度」を過剰に意識した「学校」空間では、あまり鮮烈な「恋歌」は教材にならない。たとえ与謝野晶子の歌があったとしても、「授業内容」が「鮮烈」までには至らないのが実情ではないだろうか。そんなことを考えながら塚本邦雄の歌集を読んでいると、時折「はっ!」と覚醒させられる歌に出逢う。表現を換えるならば、「チクリ!」と刺されたような歌である。冒頭に掲げた歌も「恋の時」という何ら変哲もない初句ではあるが、「きみのうしろに」「あはあはと」と上句を読み続けると、妙な期待感に襲われるのは僕だけであろうか。下句となって「死にいたる刻」とされると、もう針を向けられたような感覚となるが、結句で「きざむ打楽器」と収められると、その「痛さ」が「はっ!」に落ち着く不思議な感覚を味わった。「恋」とはやはり「生きる」ことそのものなのかもしれない。

「乳房その他に溺れてわれら在る夜をすなはち立ちてねむれり馬は」
(塚本邦雄『水銀伝説』より)
スケールも大きく人類全体への警句でもあろう。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>