fc2ブログ

驕らず素でありますように

2021-07-07
欲なき素朴なこころでいるために
自らを見つめるもうひとりの自分
選歌に際して思うこと・・・

先月開催した「日本国語教育学会西日本集会宮崎大会」において、視聴者からの質問として次のような内容があった。「児童らの創った短歌から秀作を選ぶ際に明確な根拠を持ちたいが、どのように考えたらよいか?」というものである。「学校」では、いや昨今の社会ではと言った方がよいだろう、「根拠を持って意見を言え」ということが一般的な通念になっている。小学校の授業で何らかの発問に児童が答える際も、「私は・・・・・だと思います。なぜなら・・・・・だからです。」という発表の話型があって、児童らはその通りに機械的に言う習慣化が為されていることは少なくない。世の中は「エビデンス(証拠)」などとなぜ英語を使用するのかわからないが、クレームを言う際の決まり文句のようにもなっている。その割には「科学的根拠」が明確に示されずに進められる事態が多過ぎることに愕然とする社会の衰退ぶりである。さて質問にどのように応えたかに話を戻そう。新聞歌壇などでも選者を務める俵万智さんからは、「(根拠など)無理だと思います。新聞でも複数人が同じ応募短歌を読んでいるが、みんな選ぶ歌は違うものです。」と答えた。そこに短歌を選ぶということの核心が述べられたように僕自身は受け取った。

ここで整理しておくと、「根拠」「証拠」「理由」は同じではない。「根拠」と「証拠」は科学的なデータに基づくという範疇で使用されるわけで、「拠り所」という点が強調される言葉であろう。だが「理由」であれば存分に主観的でよいわけで、「好きだから選びました」で何ら問題はない。歌の批評においてどんなところに惹かれて選んだかがはっきりと語られれば、それで何ら問題はないのだ。選歌に異議を唱えるほど、短歌をわかっていない行為はない。僕自身の経験でも「この歌は選ばれるだろう」という驕りがある際は、たいていは選ばれることはない。特段に選んでいただいた歌はすべて、「自分では選ばれるとは思わなかった」歌たちである。驕りがあると、人間は自らが見えなくなる。学校で「うちの子がなぜ・・・」という保護者の物言いがある場合、たいていは「うちの子」の本質を保護者が見えなくなっているわけだ。偏狭な愛情を注げば注ぐほど「うちの子」は育たない。短歌はそれにも似ている。僕自身も講義課題である創作短歌を選ぶ立場を経験して思う、驕らず素である表現にいつしか惹かれている。くり返すが、牧水は歌人として有名になっても名乗ることなく「無名の旅人」を貫いた。短歌とは、欲なき澄んだ自分でこころを見つめ己を知るための「ことば」なのだろう。

「七月六日はサラダ記念日」
驕らず素である代表的な秀歌
あなたがいつも己を見つめられますように。


スポンサーサイト



tag :

短歌と一体になるあくがれのこころ

2021-07-06
「やまとうたは、人の心を種として、
 よろづの言の葉とぞなれりける。」
(『古今和歌集』仮名序・紀貫之)

短歌をよむ(読む・詠む)には、それにふさわしい「心」になる必要がある。ある一定の思考状態の時、どうしても短歌頭にならない。一般的に言うならば、映画やスポーツ中継を観る際にはそれにふさわしい思考回路になっていると自覚する人が多いだろう。また美術館で絵を観るならば芸術頭になり、ライブ会場で音楽を聴けば音楽頭になる。時折、自宅のTVで映画などを観ていて電話が鳴るなど「現実」に俄かに差し込まれると、どうしようもない嫌な感覚に陥ることがある。思考は身体まで伴って、ほとんど映画の世界観の中にいるからだろう。こうして我々は避けがたい「現実」の中で生きながら、どこかで「芸術」の域に脳内において旅に出る。「現実」を現実のままに生きていたら、無味乾燥な生きるために必要な栄養素を流し込むようなものだ。人はなぜ美味しいグルメに魅せられるのか、それは「芸術」が必要な理由と似ているかもしれない。

小欄巻頭に記したのは、平安時代に漢詩文に対峙し和歌を公的に認められたものとすべく編纂された勅撰和歌集『古今和歌集』の仮名で書かれた序文の冒頭である。漢詩文ではなく「やまとことば」で書かれた「和歌」なら自由に思いの丈が表現できるので、「人の心」が「種」のようなもので、どんなことでも「よろづ(萬)の言の葉」へと芽が出て成長するものだと宣言している。「抒情」こそが詩歌の根源であり存在価値であると、高らかに宣言した名文である。天皇の命により編纂された同集は必然的に政治的な側面はあるのだが、「人の心」を述べた点は現代短歌にまで通底する壮大な理念である。近現代短歌になってようやく「我」をその内に詠むようになった。若山牧水は「自分を知るために短歌を詠むのだ」と言って、歌こそは自らの「命の砕片」であるとまで述べている。若き日の恋にも、自らがどんな「苦悩」に置かれているかを知ろうとするために短歌に表現した。そしてどんなに短歌界で有名になっても「無名の旅人」であった、と伊藤一彦氏の著書に教わるのである。牧水の短歌の根源は「あくがれ」、「いま此処(在処)」から「離れる(離る)」ということ。それは「現実」を捨て去り、「言の葉の芸術」の世界に行くことでもある。なかなか牧水の境地には至らないが、最近は少し「あくがれ」の心のあり方の入り口に立てたのだと思わないでもない。

歩けば短歌ができた牧水
声に出して短歌の空気に包まれる「我」を創る
潤いなき現実に枯渇してはならない。


tag :

「太古よりウィズ・ウイルス」永田和宏氏のコラムより

2021-01-29
「数かぎりなき死と引き換へに飼ひならし我らウイルスの遺伝子を持つ」
(永田和宏「つぶやく短歌 コロナ時代に14」宮崎日日新聞 連載より)
「人類の継続性に必須」であると云う。

1月28日付宮崎日日新聞17面文化欄に、前記の永田和宏さんのコラムが掲載された。世界的な細胞生物学者でもあり、歌人としても名高い永田さんの真骨頂ともいえる分野を素材にした一首である。昨今「ウイズ・コロナ」と盛んに喧伝されるが「人類はもう何万年も前からウイルスと共存、共生してきたのである。」として、「ウイルスの遺伝子の力を借りなければ、人類の継続性が保障されないという訳である。」とされている。新型コロナに関する昨春からの各国における対応を俯瞰していて、「ウイルスに打ち勝つ」と敵対視するような見方や発言に違和感を持った理由を明らかにしてくれたようで、喉のつかえが取れたような気持ちになった。我々人類の生存そのものが、「ウイルス依存」でしかあり得ない事実をまずは深く噛み締めておきたい。

東京の親友から電話があって、「新型コロナに感染した」と聞かされた。既に数週間は経っているようで、自宅隔離療養を経て陰性となり保健所から「隔離解除」の確認をもらったのだと言う。40度以上の発熱が2日も続き、病院からは抗生物質や頓服の漢方薬を貰っただけ。既に入院ができる医療の状況ではないらしく、首都圏の厳しい現実として生々しい声を聞いた。ここに来て特に「変異ウイルス」の感染について報じられているが、大抵は報じたられた頃には蔓延しているのが相場だろう。味覚・嗅覚の異常という自覚症状はひた隠しながら、感染力のみが増量している傾向にあるという報道も眼にした。まさにこの「変異」を目の当たりにしている我々は、人類が生き延びて来たことの一過程をまざまざと見せつけられているのかもしれない。もはや「ウイズ」ではなく、人の存在そのものにウイルス性があると言うべきではないか。

何万年も前から「死と引き換へに飼ひならし」てきた
多くの人々の歴史上の「死」の上に僕たちの「生」がある
敵として殲滅しようとすれば、自らを滅ぼすことにもなりかねないことを学ぶ。


tag :

「時」を創るのが短歌

2020-12-19
「『時』を区切り、
 無限から有限へと転換することだ」
(角川『短歌』12月号特集「比喩の魔力」川野里子さんの文より)

いまも絶えず「時」が流れている。だが「いま」と言った「時」も多様で、みんさんが小欄をお読みいただいている「時」もあれば、僕自身がこの文そのものを書いている「時」もあり、多様でいくつもの「時」ということになり定まらないものである。だいたいにして「昨日」という見えず掴めない「時」を区切ることで、その「時」のどこかで体験したことや見聞したことを元にして、「有限」かに見せかけるように小欄の文が成り立つ。決して止まることのない「時」に無謀にも投網を打つかのように、とりあえずWeb画面に刻みつけようと足掻く。だが投稿し終えた瞬間から「過去」となり続け、遺跡か化石のようになり打ち上げた花火が忘れ去られるように骸だけの文字となってしまう。

冒頭に記した川野里子さんの「『時間』を創り出す比喩」は、誠に示唆的な文章内容だった。短歌の「時間、時代、世代の比喩」が、誠に「人間的」な行為だと説く。例えば伝統的な古典和歌からの主要な主題である「四季」について、「四季という概念獲得とそのバリエーションの展開は漠然とした無限の時間の流れのなかに人間の時間を刻みつける行為なのだ。」とある。さらに近代の「私」の時間意識を例歌を引きながら述べる。「比喩」をテーマにした文章であるが、和歌から近代短歌への変質を誠に巧みに掬っているという意味で、「短歌史」の「時」というものを「有限」に切り取っている。その「短歌史」の「時」に、僕ら自身の参加を促すかのように。

いまも「無限」に「時」は続いている
いや、もしかすると「無限」という概念そのものが「有限」なのかもしれない
定められた運命の「時」を生きる人間が生きた証として「短歌」があるかのように。


tag :

与謝野晶子の「髪」と「われ」

2020-10-23
「髪五尺ときなば水にやはらかき少女ごころは秘めて放たじ」
(与謝野晶子『みだれ髪』収載歌)
「和歌」から「短歌」へ 浪漫的に

ゼミ生が卒論で「髪」に関する和歌短歌を扱っており、与謝野晶子の「髪」が詠まれた短歌についてのゼミ発表があった。興味深い内容であり指導の関係であらためて『みだれ髪』を読み通してみた。晶子の歌は人口に膾炙したものも多く、個別に読んでいる場合が多いことにあらためて気づかされる。だが歌集として、399首の配列や題をモチーフとしたテーマ性などを考えることも重要である。冒頭に記した歌も大変に有名であるが、「少女ごころ」を表象しているところは奥深く読んでみたい。歌に詠まれる「君」の存在、与謝野鉄幹との関係を前提として読みがちであるが、歌集収載前の初出なども考えて浪漫的な詠風の成り立ちを考えたい。

また明治30年代の情勢を考えると、「和歌」から「短歌」へと革新が名実ともに進められた時代。「公的主体・儀礼的(和歌)」なものから、明治近代色を帯びた「個的主体・日常的」な発想に意識が転換した時代である。こうした転換は瞬時に起きるものではなく、晶子の中での変遷も考慮すべきであろう。このような意味で、古典和歌の持つ没個我的な象徴性を踏まえた上で晶子の「われ」を読むべきと思う。さらにいえば、「君」と「われ」との対象性を見出しつつも古典にみられる一元的な「神」の存在も意識されている。平安朝和歌に詠まれる「黒髪」という素材、恋の情念を表象し自由を束縛される要素もあるからこその「みだれ髪」なのかと思う。卒論のさらなる進展が楽しみである。

「清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき」
「その子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな」
こうして明治に始まった近代短歌の延長に我々はいるのである。


tag :

自分の眼で現実をみること

2020-10-22
「実相に観入して自然・自己一元の生を写す。」
(斎藤茂吉『短歌写生の説』)
「他人の借り物ではなしに・・・」

いまさら言うまでもないが、冒頭に掲げたのは茂吉の『短歌写生の説』である。根本的なところに据えておくべき考え方であるが、ともすると忘れがちになってしまうので反芻すべき機会も必要と考えてみた。特に思索的な研究者である身にとっては、執拗に反芻する必要性を覚える。「実相」ではなく「観念」ばかりが先行し、「理屈」にまみれた「・・・とは?」といった落とし穴に嵌りがちであるからだ。「物事を正確に直接に見るということである。」や冒頭の「借り物ではなしに・・・」は佐藤佐太郎の言葉であるが、この「正確に直接に・・・」がなかなか容易ではないものである。

日常生活や仕事上の組織内でも、前述したような「見方」をするのは難しいと思うことがある。我々は多くの物事を、「他人の借り物」で見がちなのではないか?仕事上の場合は、あまりに「実相に観入」するとなると、心が伸び切ってしまうため防衛本能が働いているのかもしれない。正岡子規に拠れば「取捨選択」が必要で「面白い処を取りて、つまらぬ処を捨つる事」の大切さが説かれているが、これも簡単なことではない。仕事ともなれば「面白い処に気づかず、つまらぬ処に目くじらを立てる」ことになりかねない。短歌に向き合う頭と仕事に向き合う頭は、明らかに違う。先日、妻から「(自動車を)運転しながら歌を考えれば」と言われたが、それはあり得ないことだと実感した。どうやら本日に記したことが、作用しているのではないか。歌人の方々が、あまり自動車運転をしない傾向にあることも薄々感じていたことだが。

「大を取りて小を捨て、長を取りて短を捨つる事にあらず」(子規)
世間には数多くの歪んだ眼も存在している
ただただ人間を見つめること。


tag :

佐佐木幸綱の一首(『心の花』2020年9月1463号)執筆

2020-09-08
学生時代の出逢いから
宮崎に赴任してからの再会まで
佐佐木幸綱先生の「酒の歌」について

学生のレポート、とりわけ基礎教育科目「日本の恋歌ー和歌短歌と歌謡曲」についてのそれを読んでいると、自らの学生時代のことを思い出すことが多々ある。学生はこんな恋愛を思い抱いているのか、その若さの素晴らしさと自由さと蒼さについて自らの当時をひき比べる作用である。「失恋でもすりゃ歌を詠むようになるよ!」そんなお言葉を大学4年生当時の僕は、佐佐木幸綱先生に一対一で語り掛けられた。文学部日本文学専修学生研究班代表を務めていた僕は、その夏合宿の際に所用で遅れて参加される先生を西武秩父駅に車でお迎えに上がり、埼玉の山間部の大学生協の運営する合宿施設まで同乗した。今にして思えば、日本の短歌会の牽引者を一介の学生が運転する車で山道を小1時間も走行するのはあまりにも大胆で危うい行為のようにも思える。しかし、何らかの縁がこの時に起動していたように思うのだ。

若き日の僕は、その合宿での幸綱先生とのやりとりを克明に覚えている。合宿から帰るとノートに「短歌らしきもの」を書き散らした覚えはあるが、当時は卒論『古今和歌集と中国文学』を執筆することに夢中になり、再び和漢比較文学的研究方法による論文に向き合う時間が大半となった。学部卒業後は、勢いに任せて中高教員への道を歩む。中高生と日常をともにする教員生活は、部活動を含めて実に楽しい日々であった。しかし、30代になって再び古典和歌論を極めたくなった。「うた」という意味では僕の歩んだ道は一貫している。学位取得に至り全国場所を選ばない公募採用に向けて模索の日々を経て、宮崎への赴任が決まった。その後、宮崎を拠点に活躍されている伊藤一彦先生に出逢う縁もいただき、日向市で開催された「日本ほろ酔い学会」(2015年)にて僕は佐佐木幸綱先生と再会した。それを機に劇的に前述した学生時代の経験が反芻されて以後、「牧水賞授賞式」「ほろ酔い学会」には必ず参加するようになった。そして遅まきながら、ようやく自らも短歌を詠むようになったのだ。様々な意味でだいぶ迂遠してしまったようだが、人生はまだ半ば。この度は伝統ある『心の花』誌に標題の原稿を掲載いただく次第となった。

「大事なものは若さじゃなくて 素顔のままのしなやかな日々
 振り向くほどに人生は悪くない 明日を信じるならば」
(サザンオールスターズ『DIRTY OLD MAN〜さらば夏よ』より)


tag :

新しい歌会様式で新しい発見

2020-08-03
Zoomを利用して広い地域の方々と
世代も超えて様々な素材の歌が
暫くは新しい歌会様式で

コロナ禍に加えてここ連日の猛暑、平日よりやや遅く起床し恒例の朝のトレーニングと散歩。「やや」はせいぜい誤差1時間であるが、早朝から太陽熱は容赦なく人体を攻め立てる。そのまま朝食となったが、牛乳のみ飲んでいたからか身体に熱が溜まったような状態を自覚した。コロナ禍によって体調管理に敏感になっており、身体の微妙な変化でも気になる。常に自己の心身の内面と向き合うことは、よいことであるとは思うが、聊か難儀であることも確かである。炎熱とコロナの二重苦、となれば家で適温に調整してできることに臨むしかない。この日は懇意にする歌人の方に結社を超えた歌会にお誘いいただき、午後2時間ほどをZoom画面に向き合った。

参加者の世代も背景も様々で詠草にも多様な歌が並んだ。「蝉」「花火」「風鈴」などの夏定番のものから、「能」「マント」「薄(すすき)」など深読みを求めるものまで。またコロナ禍で特徴的に表出した「オンライン授業」など、世相が反映した歌も。また「(電車の)車両」など公共交通の歌などに、現状の社会を重ねて読んでしまう「コロナ読み」といった傾向も見られ様々に勉強になった。素材として特筆すべきは「メアリー・マローン」の固有名詞を詠んだ歌、この名前は「世界で初めて臨床報告されたチフス菌の健康保菌者。(無症状感染者)」であると云う。家政婦として料理が評判であった彼女が雇われる家から、次々と感染者が出るという事例が繰り返されたという事実があるらしい。コロナ禍でも若者の無症状感染者がウイルスを拡散させているという指摘がある中、我々はこうした「歴史」に真摯に向き合わねばならないであろう。

自宅で世界観を拡げるための工夫
ありがたきかなZoomの普及
短歌とともにこの世相をいかに歴史に刻み付けるか


tag :

33年目のサラダ記念日

2020-07-07
恋の歌を読み湧き出づる力
素朴でわかりやすい言葉の中に人を動かす力が
『あなたと読む恋のうた百首』(文春文庫)を学生たちと読んで

出勤する際に自家用車を始動させると、カーナビが「今日は・・・・・日です。」と何らかの「今日」を告げる。中には「?」を感じざるを得ない「日」もないことはないが、毎年「七月六日」になると「サラダ記念日」と言ってくれるのが嬉しい。世間の人の中には「なぜサラダ記念日?」と疑問に思う人もいないわけではないだろう。また理由を知っていても「あの”俳句”のね!」と僕ら短歌関係者からすると、「そうは言わないで」と思う誤りをしている人も少なくない。いずれにしてもカーナビの365日で「短歌」に関係するの日を告げるのは、この「サラダ記念日」のみだろう。この日は出版から33年目、今も色褪せないその歌集から学ぶものは変わらずに大きい。現状で「短歌史文学史」に刻まれる歌集が『サラダ記念日』であろう。

「今も色褪せない」と記したのは、現在の学生に『サラダ記念日』の短歌を紹介しても、あまり解説などしないと同世代の歌だと思っている場合があるからだ。確かに同歌集は二十代前半の恋を中心にした「若者の日常」を題材としており、短歌表現も口語的で若者が馴れ親しみやすい。現在はSNSが革新的に発展し、若者の相聞(恋)のやり取りの様相も変化した。だがそれだけに言葉の粉飾や誤解なども激増しているようで、SNSでは心が通い合わないが会って対面で話すと理解し合えるということを講義課題で記している学生もいた。この時代の若者にして『サラダ記念日』は、むしろ若者の恋心に火を灯す可能性が高いという感触がある。小欄でも繰り返し紹介している「日本の恋歌」基礎教育科目では、『あなたと読む恋の歌百首』をテキストにしている。二十歳前後の若者には、この「恋の処方箋」が「学修」以上に必須なのではないかと思う33年目である。

「恋を考えたらあらゆることにやる気が出た」と学生の弁
簡潔に素朴な姿こそが名歌の証
「宮崎野菜でサラダ記念日」30周年パーティーに出席できた日から3年目となる。


tag :

オンライン歌集読書会ー『禽眼圖』『黒い光』

2020-06-22
「闇」「光」は「静」「声」にも
「二〇一五年パリ同時多発テロ事件・その後」
対照的でもあり共通項もあり

大阪在住の歌人の方からお誘いいただき、題に示した2冊の歌集のオンライン読書会に参加した。対面であればたぶん関西地域でのみ行われた読書会であったかもしれないが、季節が反転しているオーストラリアからも数名が参加し、国内は東京から宮崎(私)までと東西に20名近くが参加し賑やかな読書会となった。僕としても初対面の人も多く、様々な世代の方々の参加で大変勉強になった。垣根を超えた多様性が求められる時代において、オンラインの普及は新たな意識変革を生み出すであろう。既にテレワークの議論で指摘されているが、何も人口が集中する都市部に無理して居住する必要はない。僕のような地方在住者が、このような読書会に参加できる環境が生み出されつつあるのだ。

今回は2冊の歌集の読書会であった効用も大きいと思う。比較相対化されることでそれぞれの歌集の特長が読書会の中で浮き彫りになった。内面の闇に正対し他者との関係性の中にいる自己存在に、承認を求める心の動きを写生的に描く『禽眼圖』。パリにおけるテロ事件の現実とその後の日常を、モノクロ写真と精選された短歌で描こうとする『黒い光』。僕自身は両者ともに「声」という視点から批評を試みた。「朗読の声の途切れて右耳からざんと抜けゆく白き両翼」など『禽眼圖』の歌では置かれている自己へ届く声を自覚的に描写する歌に惹かれた。また『黒い光』では、「声にならぬ声響きをりモノクロの排水管よりいつの世の風」には写真家・ユージン・スミスの『水俣』が意識され、「写真は小さな声だ」「写真はときには物を言う」というユージンの信念にも通ずる社会的な訴えを読むことができる。「声」とは時に内面的に保持され心の呟きで外部と関係を結ぶ葛藤と対立の中に誰しもその存在が必要なものだが、短歌という形式が社会的な現実を見つめる客観的な成果となることもある。あらためて「短歌=声」という概念も多様であり、近現代約150年間の今に生きる僕らに「短歌を詠む」=「声を上げる」ことの大切さを教えてくれた読書会となった。

あらためて参加者の方々と肌感覚で話したくなる
2時間半を自宅の書斎で大阪まで行った気分に
僕たちの短歌は決してコロナに負けないことを悟る。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>