FC2ブログ

「国民的」と云う欺瞞

2021-04-27
「国民的・・・」と語られた時
果たしてその本質は何なのだろうか?
新型コロナが暴いた「個人」や「我」

若山牧水やサザンオールスターズに、「国民的」と云う形容がつけられることがある。近現代短歌史に欠くべからざる歌人として、全出版社(高等学校)の教科書に短歌が掲載されれいる牧水。43年間にわたりヒットチャート上位の曲を創り続け、Jpopの先端を走り続けて来たサザン。国民の多くが知り得るという意味において、そのように語られるのだろう。過去には最大視聴率が50%を超えたことのある「8時だよ!全員集合」なども、「全員」の響きよろしく「国民的娯楽番組」と言われた時代があった。だが視聴率が「50%」で「怪物番組」なのであり、単純に考えて「半数」でしかない。「視聴しない」という個人も半数はいるわけで、「国民的」と呼ぶのは強引であると言わざるを得ない。現に僕の学校の級友や従姉妹なども、家庭で「全員集合」の視聴が禁止されていた。そんな「個人」の考えが背景にあっての「国民的」なのである。

「国民的」とすぐに言いたがる体質は、明治時代に由来する。幕末から明治の世の中を迎えて、各藩が「国」であった世の中が「日の本」の統一した国に大きく転換した。「尊王攘夷」の思想のもと、「夷狄」(外国人を野蛮と卑しめて呼ぶ語)と呼んだ外国船の渡来は「国」の観念を一変させた。(今年の大河ドラマを観るとよくわかる)幕末の志士は各藩の方言で喋るゆえ、なかなかコミュニケーションもままならなかった。そのために新学制が明治33年に制定され、「国語」という教科が誕生した。「令和」に改元される際に典拠として話題になった『万葉集』が「国書」であり「国民的歌集」だと喧伝されたのは、この明治の方針に由来するものだ。既に僕ら多くの研究者は、『万葉集』を「国民的」とは思っていない。明治政府が「国」を「形」にするために「国民的シンボル」を作り出し、半ば強引に民に押し付けたともいえよう。

明治から153年目の今日、新型コロナがこの社会をあらためて暴き出している。都市部での緊急事態宣言、地方でも感染が急拡大している折ながら、「(国民的)聖火リレー」が宮崎にもやって来た。感染対策は「各藩の大名」がやってくれと言うが如く、地方自治体の長に委ねられている。いくつかの県知事は感情を露わに、「中止」に言及する会見を開いたりしている。歪極まりない「この国のかたち」、世界もまた危うさを含有するゆえに「国」として過剰に権力を行使するところが目立つ。今日向き合う「ひとりの学生」を尊重するように、「個人」が何よりも大切にされるのは何世紀になったら成し遂げられるのだろう。

あらためて考えたい「国民的」
僕らは社会の何を信じたらよいのだろう?
明治以降の社会に生きるという視点で考えたい。


スポンサーサイト



tag :

安全第一のオリンピック

2021-02-19
透明性らしき茶番
「必ず開催する」の危うさ
もとより「東京」であることの不公平感

組織委員会会長の一連の発言・釈明・辞任・新会長選出を、僕たちは本番の5ヶ月前に見せられている。ただでさえ感染拡大という世界的問題がある中で、もし他国でこのような開催国事情を見せられたらどのように思うだろうか。男女平等は基本中の基本であるが、公平に評価されるべきスポーツが政治に関わり恣意的な臭いを放つことそのものが、いかがなものかと思う。遡れば開催地候補に「東京」が決まる経緯、招致に関する賄賂の疑念、国立競技場の建設問題、エンブレム騒動等々、この「東京2020」が抱え込む「呪い」のような構図は最後まで払拭されずに延期と直前の騒動に至っている。

片や島根県知事が「聖火リレーの県内中止案」を提言した。理由は大きく2点、自県は必死の感染対策を実行してるのに、開催地である「東京」の感染対策の杜撰さを改善して欲しいという点。また緊急事態宣言発出都道府県には飲食店をはじめとする補助金が国から支出されるが、宣言が出ない県で国からの補助がない実情も非常に苦しい。そんな中で「聖火リレー」に費やされる「・・・・千万円」を県から支出することは困難だとう点であると云う。島根県知事の会見では「聖火リレーをやらせてやる、やらされる」といった中央との関係も切実な現状として吐露された。考えるに元よりオリンピックの為に「東京」だけが優遇され特別視される状況そのものに、この国の歪みが見えるのではないか。

「どんな状況でも開催する」という無謀な思い込み
撤退する勇気を持たない閉鎖的な判断が悲劇を生んだ歴史がある
新会長の「安全第一宣言」が本質的なものであるかが世界に問われている。


tag :

「悪気はなかった」から問題なのだ

2021-02-12
2021年にして「女性蔑視」の思考
周囲の人が漏らす「悪気はない」発言
根本的な意識がないそのことが大きな問題

どうやら辞任ということになりそうだが、オリンピック・パラリンピック組織委員会会長のあるまじき発言は、世界にあらためてこの国の精神的な後進国ぶりを露呈してしまった。長い目で見れば1964年東京オリンピックで戦後復興の姿を示し、高度経済成長により電気製品や自動車産業などを中心にした経済活動で世界でも名だたる先進国となった。だがその威光もバブル崩壊後の「失われた10年」を経て、様々な分野での失墜が目立ち2000年以降になってより内向きさを増した延長上に、今回のような問題が露見しているようにも思う。とりわけこの20年ほどで、「グローバル化」などと叫びながら社会の根底にある思考の支柱が成熟するどころか、偏り傲慢に空洞化し蔓延り続けているような印象だ。

発言が波紋を拡げる中で会見の謝罪態度はもとより、辞任しようとする者が後継を指名して託すということそのものを世界がまた見つめている。新型コロナ禍で開催自体が危ぶまれる窮地にあって、ここでこそせいぜい50代ぐらいまでの女性こそが会長に就任すべきと思う。また辞任する会長の周囲の人々がメディアに答え口を揃えて言うことに「(本人は)悪気はなかった」がある。この擁護だか弁明の論調が通ると思っている周囲の人々の思考も大きな問題だ。「悪気がない」なら許されるのでは決してない、そのような「意識」や「思考」であることそのものが余計に問題なのだ。今でも学校の部活動からプロスポーツに至るまで、旧態依然な事例が後を絶たないのは、こうした「悪気のなさ」を容認する馴れ合いな年功序列と密室談合の体質そのものが生み出しているのではないか。当事者たちとしては、様々な「恩恵」が過去にあるのだろう。それならば尚更、「恩恵」のためにもその都度に諌める態度が必要だったはずだ。未だ多くの国民が世界の先進国だと思っているが、世界で大きく後退している思考の未成熟な社会であることを、僕たち一人ひとりが自覚せねばなるまい。

オリンピック精神の本質を
どう受け止めているかが問われている
政治的な意図にあらず、参加するアスリートたちと世界の人々のために。


tag :

世界の人々が心高鳴る音楽を

2020-11-26
「日本古来の伝統を取り入れたり
 復興を高らかに叫ぶのではなく
 普遍的な世界の人々が心高鳴る音楽にしたかった」
(NHK連続テレビ小説「エール」裕一の台詞より)

コロナ禍で途中の撮影が中断し、本来は9月中に終幕のはずであったNHK連続テレビ小説「エール」が大詰めを迎えている。たぶんラストは1964年(昭和39年)の「オリンピックマーチ」(東京五輪入場行進曲)であろうと予想はしていた。当時を生ライブで観ていない僕らでも、映像などを通じて誰もが心の中に響くその音楽。モデルとなった古関裕而さんは開会式当日に、スタジアムに招待されていながらなかなか観客席で自らの作曲したマーチが流れるのを聞くのを恐れ、トイレに籠もったという逸話さえありドラマでもその様子が描かれていた。謙遜な行動はさておき、戦中には戦意高揚させる作曲に携わったことで戦後に曲を書くことに極限の苦悩をした作曲家が、世界平和のために書いた渾身の一曲であったわけである。

ドラマ内では「闘魂こめて」(ジャイアンツ球団歌)を作曲した譜面を見ながら裕一が歌う場面もあり、僕自身も「紺碧の空」「栄冠は君に輝く」とともに人生に刻まれた古関の楽曲があることが再確認された。昭和が築いたONを中心とする野球文化、そして甲子園への熱い想い、それとこれらの曲は誠によく適合して僕自身の野球熱を高めてきてくれた。誰しもが聞いて心高鳴る曲、それは日本人という枠に止まらず世界の人々を意図されていたことが冒頭の裕一の台詞によって描かれた。1964年(昭和39年)東京五輪は戦後19年目という時間的距離感の中で、戦地で犠牲になった世界の人々への鎮魂と広島・長崎への核兵器使用への警鐘など、世界的な視野での平和の祭典であったと考えたい。などと思うと「TOKYO2020」はどうなのだろう?「日本」が開催する利権的な強調や復興宣言という内向きの発信ばかりが喧伝されているようで、冒頭に記した裕一の信念とは反転したようなテーマを感じざるを得ない。果たして既に延期となっているこの大会を、コロナ禍に苦しむ世界がどう受け止めていくのだろうか。

傷と苦悩の中から世界平和を願うこと
現況はあらゆる面で何かを踏み違えてはいないか
降るコロナ昭和は遠くなりにけり


tag :

Aか?Bか?のち新たなるCたる社会へ

2020-11-09
「青か?赤か?」という選挙人獲得州ごとの地図
当選確実となったバイデン・ハリス陣営の演説は
幸せで豊かな公平で不正のない民主主義の社会へ

アメリカ合衆国大統領選の情勢は大詰めで、バイデン・ハリス陣営が当選確実となって勝利の演説を行った。その内容を聴いていて、忘れ去られていたものが取り戻せたような気になってある種の感激を覚えた。黒人女性初の副大統領候補のハリス氏の弁舌は実に惹き込まれる具体例から語り出され、自由と民主主義を取り戻すことができる歓喜の笑顔に満ち溢れていた。またバイデン大統領候補の顔つきや言葉には、選挙戦最中には見られなかった精悍なものがあり、新しいアメリカ合衆国へ向かうことができる力強さを感得できた。

選挙戦開票中に見る獲得選挙人の州ごとの青と赤の勢力図は、今回に限らないが東西両海岸が「青」の民主党支持が獲得し、中西部において「赤」の共和党支持が多く獲得する分断社会が可視化される。都市部と山間部での意識の差は、アメリカ合衆国だけの問題ではないが、あからさまな政治意識の違いにはいつも考えさせられる。しかし今回は西海岸から山間部側のネバダ・アリゾナ・ニューメキシコ・コロラド州などでは「青」となった。ウィスコンシンやミシガン州の中部での獲得も大きいいであろう。問題はこの選挙戦のみならず、分断が蔓延った合衆国をいかに再建するかであろう。世界の主導者が合衆国という図式を含め、この超大国が「分断」をこれまでは世界中にばら撒いてしまった。さすれば「青か赤か」という二者択一ではない、新たな「色」を世界が希求しコロナ後の真に新たしい社会を築くべきと強く思う。

しかし「不正な選挙だ」と
未だ「分断」を煽る情けない男
「AかBか」としか考えらえない思考をまずは是正すべきである。


tag :

「青か?赤か?」否、すべてを引き受ける

2020-11-06
「肯定も否定もできない」
「ポジティブかネガティブか」
二項対立のどちらかにしか行けない危うさ

開票が続く米国大統領選も大詰めを迎えているようではあるが・・・問題はこの選挙の「結果」ではなく、その先の米国社会が「分断」から「共生」の社会へと生まれ変わることである。選挙戦そのものが相手側の誹謗中傷にまみれた感があるが、まずは選挙中に大きな暴力的な対立がなくて幸いだった。しかし問題はこれからで、双方の支持者が共に幸せな生活ができる「民主主義」と「自由」の象徴たる米国を取り戻す必要がある。そのためにも「青か?赤か?」の二者択一ではなく、すべてが引き受けられる社会を創らなければなるまい。「勝ちか負けか」その先にあるフェアな精神、それがスポーツ大国でもある米国の目指すべき道であり、世界平和のための先導者となるべきであろう。

二大政党制であるゆえ、「青か?赤か?」の選択が迫られるのは制度上仕方のないことだ。だが実際の社会では二項対立で色分けされることそのものが、「差別」の根源になるのは自明である。最近、学生と接する際に二項対立思考でしか物事を考えない傾向があり危うさを痛感している。講義で和歌短歌や物語を読む際も、「これはネガティブなもので」と線引きをした上で解釈や批評をする。先行研究で引用した論文を「肯定か否定か」で捉えようとする。和歌短歌に表現された人心は「寂しくもあり、嬉しくもある」というように、揺れ幅があって解釈が多様にできてこそ名歌たる所以となる。「○か✖️か」は大学入試の影響も大きいように思うが、人生の選択において両極にしか振れない思考は誠に危ういのではないだろうか。昨今の社会状況を見るに「普通の人だったのに」という人が凶行か自傷に至るケースの根本を見るようで、大変に心配な現象と考えている。

二者択一でない「和」を学べるのが文学
「勝ち負け」の先に見える僅かな希望
「勝敗」とは何か?など様々なことを考えさせられる。


tag :

「拍手喝采は人を愚かにする」米国大統領選を憂える

2020-11-05
「拍手喝采は人を愚かにする道なり。
 つとめて拍手せよつとめて喝采せよ。
 渠(かれ)おのづから倒れん。」(緑雨警語より)

日本社会を、いや世界の未来を左右しかねない米国大統領選挙の開票が進んでいる。4年ごとに報道で知識は得るものの、州ごとの「選挙人」獲得という制度をはじめ、二大政党制でどちらかが「敗北宣言」をするなど、日本の「選挙」からすると理解し難いことも少なくない。それでも世界において「民主主義」と「自由」の象徴的な国での先導者を決める選挙として、むしろ理性的な姿勢も歴史の中では見られて来たわけである。アメリカ発祥のスポーツ競技に見るように「フェア」な精神が、どこかにあったはずだ。しかし今回はどうだろう、双方の中傷合戦や罵詈雑言の大放出セールのような野鄙な選挙戦が展開して来ている。その結果においても、「一方的な勝利宣言」など、「俺様」な発想は止まるところを知らない。

米国大統領の選挙戦を観ていると、スポーツの試合かのような拍手喝采が目につく。「ヒュー」なる高い声をあげ応援グッズを翳し、宣伝文句の書かれたプレートを掲げる。いかにも「何も考えずに陶酔せよ」とでも言わんばかりの支持者の熱狂ぶりが観て取れる。そこで、冒頭に記した斎藤緑雨の言葉を思い出した。拍手喝采にも種類があり、心から賞讃している場合もあれば、社会的体裁でする場合も少なくない。特に後者を勘違いする輩が多いのが、世間一般ということだろう。また面倒臭いことを考えないでいる楽な「世界」に居住するために拍手喝采をする人々がいることを、今回の米国の現状が示唆している。理性的な判断なき偏向した拍手喝采、球場でビールで泥酔し現状や組織体制を顧みずに贔屓チームを応援する付和雷同な観衆と同質なもののように思う。緑雨曰く「つとめて拍手喝采」をすれば、当事者は「おのづから倒れん」とあるが、この理屈が通らないのならば世界の大国そのものが倒れかねない。

熱狂は妄信となり体制を内部から崩壊させる
「裸の王様」のさらなる暴走に世界は付き合うのか
新型コロナとともに世界史の大きな転換点に我々は立たされている。


tag :

なぜ温暖化対策が語られないのか?

2020-09-09
「総裁選」「代表選」などで政策提案
「温暖化対策」を掲げる候補は?
今や「国民の命と安全」のためには・・・

メディアはこぞって「総裁選」そして「代表選」についての報道に躍起である。しかも少なくとも公正な「選挙」であるはずだが、既に結果を見越したような論調の報道が殆どである。国政選挙での投票率が大きな問題となっているが、そこに至る以前の政局の過程で既に「選挙にもならない選挙」が横行している「田舎芝居」を見せられては国民の関心が高まるはずもない。ましてや「総裁になる確度が高まった人物」の「叩き上げ的経歴」が喧伝されると、支持率が上がってしまうというから「民度」の極端な低さも露呈してしまっている。小学校で教わった「国民主権」という理念、国民一人ひとりが政治を選択できるという構造は明らかに形骸化している。その「衰退」にメディアも加担してしまい、疑問を投げかける候補には何を恐れてか冷ややかで、まったく「権力の監視」にはならないほどに堕落してしまっている。

宮崎県内では椎葉村で大規模な山体崩壊とも思える土砂崩れで、4名の人々が未だ行方不明である。派遣されていた大阪県警機動隊の隊員らも派遣され、大規模な捜索が続行中である。それにしても、政府はこれにどう向き合っているのだろう?今回の台風10号において、九州在住であれば大きな生活上の脅威を覚えた人々が多いのではないだろうか。今年だけでも7月の九州豪雨で熊本県、昨年は長野県、一昨年は岡山県、ここ数年で水害にあった国民の方々は数知れない。もし政治の役割が「国民の命と財産を護る」ことにあるとするならば、「次期総理」になる人物は筆頭にこの対策に言及してもよいようにさえ思う。もはや、世界的規模で軍事に加担している時間などない。「ミサイル防衛」などと寝言を言っている間に、地球温暖化の脅威が僕らの生活を脅かすのである。少なくとも、自然と共存する文化を持つ列島からは、この脅威から国民を護ろうとする為政者が現れるべきではないのだろうか。

今も地球は暑い暑いと悲鳴をあげている
生命体が存在できる条件を人間自身が壊してきてしまった
「人類的世界観」のある指導者は世界を見渡しても少ないのだが。


tag :

力を持つ側の理性

2020-09-03
なお頻発する米国の差別的対応
「暴徒は鎮圧する」と為政者は言うのだが
根本的な原因は分断社会の構造にあり

為政者はたいてい自らの政策の否は喧伝することもなく、これほどの成果が上がったとしか口にしない。むしろ負の部分には意識がいかない、といった方が実態に近いのかもしれないが・・・。政策には必ず正負の両面が伴うはずだが、恐ろしいのはその両面が社会にジワリと浸透してしまうことである。現米国大統領となってから、米国内の様々な「分断」が促進されてしまったことは多くのメディア等が既に伝えている。そんな社会の中で警察官による黒人に対する過剰な対応が、大きな社会問題となっている。しかし根本的な原因に大統領が言及することはなく、「暴徒は鎮圧する」というのみで「暴力的制圧」という偏った方途しか示すこともない。新型コロナ対応が、世界各国の中でも大変に杜撰であったのも偶然ではあるまい。その原因を「ウイルスを撒き散らした国」と批判する図式は、前述したことと類似している。

「暴徒化」し破壊行為や略奪などに走るのは、もちろん大前提として否定されるべきものだ。メディアもその様子だけを喧伝するのだが、実は大勢はしかるべき手段と方法で抗議デモを行っている人々がいるであろうことを考えるべきではないか。鶏か卵かの論理ではないが、暴徒化するから過剰に鎮圧するのか?過剰な暴力的な権力行使があるから暴徒化にまで至るのか?簡単には二分できる問題ではない。しかし、考えるべきは「権力」を持った側こそが理性的に対応してこそ、平和な社会が築けるのではないか。「学校」という社会の中でも必然的に「教師」は、「権力」を持つ存在である。過去には、部活動指導を始めとして「権力」を駆使した暴力的対応も横行した時代もあった。新任教師の頃に多くのものが持つ「舐められてはいけない」という向こうっ気が、「力による制圧」へ向かわせることがないわけではない。だが「学校」とは「理性」とは何かを教え、「知性」を学ぶ場である。個々の児童生徒が「平和」に暮らせる「社会」を目指すのが、教師の役割であることはいうまでもない。

ハワイへの修学旅行引率経験では
同僚教師の公然とした「権力行使」に冷ややかな市民の眼が
あの当時の米国の理性はどこに行ってしまったのであろうか。


tag :

今年も平和の鐘が鳴る

2020-08-10
「新型コロナウイルス感染症が自分の周囲で広がり始めるまで
 その怖さに気づかなかったように・・・」
(長崎市田上富久市長の2020年「長崎平和宣言」より)

今年もまた「平和の鐘」が打ち鳴らされ、午前11時02分長崎では平和の深い祈りが捧げられた。新型コロナウイルス感染拡大によって、平和記念式典に一般の人々の参列はなく関係者の方々のみ。しかし長崎の街では至るところで多くの人々が75年前の惨禍で命を落とした人々を哀悼し、その世界に類を見ない凄惨な過ちを二度と繰り返さぬよう祈りを捧げる。ニュース映像でもその光景が報道されたが、その街の人々の意識こそが長崎の「平和の鐘」の響きに含まれているものだ。既に8年前のことだが、初めて平和記念式典に参列した僕は、そんな長崎市内の空気とともに永遠の平和に何ができるかと誓った。生で間近で高校生らが打つ「平和の鐘」、その響きは僕を九州で仕事をさせようとする神の号令でもあった。

75年間という歳月が流れるが、未だに「核兵器廃絶」へ世界的な先導者となり得ていないこの国の情けなさをあらためて思う。もちろん多くの人々が、誠心誠意な努力を続けていることも知っている。だが広島も長崎も、当地に深い当事者意識と祈りと誓いが聳り立つのだが、国は表面的で空虚な言葉を垂れ流して意識の低いその場凌ぎを繰り返すだけだ。あらためてこの9日が、開催されていれば「東京五輪2020」の閉会式当日であると知った。その場は長崎にとって、この上もなく平和宣言を世界に発信する場であったように思う。だが華燭な祭典には、そのような真の平和の意識が伴ったのであろうか?。昨日の市長と国の責任者の言葉を比較すれば、その想像は容易につく。冒頭に記した市長の言葉で言えば、今もなお「その怖さに気づかない」ふりをしている国に、僕らは暮らしている。新型コロナを「戦火」に喩えるならば、また「繰り返される過ち」なのかもしれない。

今更ながら、広島・長崎こそが五輪開催地になるべきでは
「もし核兵器が使われてしまうまで、人類がその脅威に気づかなかったとしたら」
(前掲、田上市長「長崎平和宣言」より)
この比喩に至るだけでも長崎市長こそを政治家と呼ぶのだろう。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>