FC2ブログ

なぜ温暖化対策が語られないのか?

2020-09-09
「総裁選」「代表選」などで政策提案
「温暖化対策」を掲げる候補は?
今や「国民の命と安全」のためには・・・

メディアはこぞって「総裁選」そして「代表選」についての報道に躍起である。しかも少なくとも公正な「選挙」であるはずだが、既に結果を見越したような論調の報道が殆どである。国政選挙での投票率が大きな問題となっているが、そこに至る以前の政局の過程で既に「選挙にもならない選挙」が横行している「田舎芝居」を見せられては国民の関心が高まるはずもない。ましてや「総裁になる確度が高まった人物」の「叩き上げ的経歴」が喧伝されると、支持率が上がってしまうというから「民度」の極端な低さも露呈してしまっている。小学校で教わった「国民主権」という理念、国民一人ひとりが政治を選択できるという構造は明らかに形骸化している。その「衰退」にメディアも加担してしまい、疑問を投げかける候補には何を恐れてか冷ややかで、まったく「権力の監視」にはならないほどに堕落してしまっている。

宮崎県内では椎葉村で大規模な山体崩壊とも思える土砂崩れで、4名の人々が未だ行方不明である。派遣されていた大阪県警機動隊の隊員らも派遣され、大規模な捜索が続行中である。それにしても、政府はこれにどう向き合っているのだろう?今回の台風10号において、九州在住であれば大きな生活上の脅威を覚えた人々が多いのではないだろうか。今年だけでも7月の九州豪雨で熊本県、昨年は長野県、一昨年は岡山県、ここ数年で水害にあった国民の方々は数知れない。もし政治の役割が「国民の命と財産を護る」ことにあるとするならば、「次期総理」になる人物は筆頭にこの対策に言及してもよいようにさえ思う。もはや、世界的規模で軍事に加担している時間などない。「ミサイル防衛」などと寝言を言っている間に、地球温暖化の脅威が僕らの生活を脅かすのである。少なくとも、自然と共存する文化を持つ列島からは、この脅威から国民を護ろうとする為政者が現れるべきではないのだろうか。

今も地球は暑い暑いと悲鳴をあげている
生命体が存在できる条件を人間自身が壊してきてしまった
「人類的世界観」のある指導者は世界を見渡しても少ないのだが。


スポンサーサイト



tag :

力を持つ側の理性

2020-09-03
なお頻発する米国の差別的対応
「暴徒は鎮圧する」と為政者は言うのだが
根本的な原因は分断社会の構造にあり

為政者はたいてい自らの政策の否は喧伝することもなく、これほどの成果が上がったとしか口にしない。むしろ負の部分には意識がいかない、といった方が実態に近いのかもしれないが・・・。政策には必ず正負の両面が伴うはずだが、恐ろしいのはその両面が社会にジワリと浸透してしまうことである。現米国大統領となってから、米国内の様々な「分断」が促進されてしまったことは多くのメディア等が既に伝えている。そんな社会の中で警察官による黒人に対する過剰な対応が、大きな社会問題となっている。しかし根本的な原因に大統領が言及することはなく、「暴徒は鎮圧する」というのみで「暴力的制圧」という偏った方途しか示すこともない。新型コロナ対応が、世界各国の中でも大変に杜撰であったのも偶然ではあるまい。その原因を「ウイルスを撒き散らした国」と批判する図式は、前述したことと類似している。

「暴徒化」し破壊行為や略奪などに走るのは、もちろん大前提として否定されるべきものだ。メディアもその様子だけを喧伝するのだが、実は大勢はしかるべき手段と方法で抗議デモを行っている人々がいるであろうことを考えるべきではないか。鶏か卵かの論理ではないが、暴徒化するから過剰に鎮圧するのか?過剰な暴力的な権力行使があるから暴徒化にまで至るのか?簡単には二分できる問題ではない。しかし、考えるべきは「権力」を持った側こそが理性的に対応してこそ、平和な社会が築けるのではないか。「学校」という社会の中でも必然的に「教師」は、「権力」を持つ存在である。過去には、部活動指導を始めとして「権力」を駆使した暴力的対応も横行した時代もあった。新任教師の頃に多くのものが持つ「舐められてはいけない」という向こうっ気が、「力による制圧」へ向かわせることがないわけではない。だが「学校」とは「理性」とは何かを教え、「知性」を学ぶ場である。個々の児童生徒が「平和」に暮らせる「社会」を目指すのが、教師の役割であることはいうまでもない。

ハワイへの修学旅行引率経験では
同僚教師の公然とした「権力行使」に冷ややかな市民の眼が
あの当時の米国の理性はどこに行ってしまったのであろうか。


tag :

今年も平和の鐘が鳴る

2020-08-10
「新型コロナウイルス感染症が自分の周囲で広がり始めるまで
 その怖さに気づかなかったように・・・」
(長崎市田上富久市長の2020年「長崎平和宣言」より)

今年もまた「平和の鐘」が打ち鳴らされ、午前11時02分長崎では平和の深い祈りが捧げられた。新型コロナウイルス感染拡大によって、平和記念式典に一般の人々の参列はなく関係者の方々のみ。しかし長崎の街では至るところで多くの人々が75年前の惨禍で命を落とした人々を哀悼し、その世界に類を見ない凄惨な過ちを二度と繰り返さぬよう祈りを捧げる。ニュース映像でもその光景が報道されたが、その街の人々の意識こそが長崎の「平和の鐘」の響きに含まれているものだ。既に8年前のことだが、初めて平和記念式典に参列した僕は、そんな長崎市内の空気とともに永遠の平和に何ができるかと誓った。生で間近で高校生らが打つ「平和の鐘」、その響きは僕を九州で仕事をさせようとする神の号令でもあった。

75年間という歳月が流れるが、未だに「核兵器廃絶」へ世界的な先導者となり得ていないこの国の情けなさをあらためて思う。もちろん多くの人々が、誠心誠意な努力を続けていることも知っている。だが広島も長崎も、当地に深い当事者意識と祈りと誓いが聳り立つのだが、国は表面的で空虚な言葉を垂れ流して意識の低いその場凌ぎを繰り返すだけだ。あらためてこの9日が、開催されていれば「東京五輪2020」の閉会式当日であると知った。その場は長崎にとって、この上もなく平和宣言を世界に発信する場であったように思う。だが華燭な祭典には、そのような真の平和の意識が伴ったのであろうか?。昨日の市長と国の責任者の言葉を比較すれば、その想像は容易につく。冒頭に記した市長の言葉で言えば、今もなお「その怖さに気づかない」ふりをしている国に、僕らは暮らしている。新型コロナを「戦火」に喩えるならば、また「繰り返される過ち」なのかもしれない。

今更ながら、広島・長崎こそが五輪開催地になるべきでは
「もし核兵器が使われてしまうまで、人類がその脅威に気づかなかったとしたら」
(前掲、田上市長「長崎平和宣言」より)
この比喩に至るだけでも長崎市長こそを政治家と呼ぶのだろう。


tag :

世代を超えて訴える人と「頭の悪い政治家」

2020-06-04
「いまここで命を賭して戦う!」
「いや!10年後もまた起こる」
「16歳のお前!社会を変える方法を考えろ!」

出勤が遅番で朝のワイドショーを観ていた妻からメッセージがあり、米国のデモの最中に世代を超えて置かれた状況を訴え合う人々の映像を観て涙が出たと云う。昼休みにTwitterを見ると、それらしき投稿を発見して僕自身もその切実さに涙が出た。「ここで死んだっていい!いまここで声を上げて戦うんだ」と叫ぶ45歳。だが31歳の男は「俺たちの時代では何も変わらなかった!10年後に同じことが起こる。こんなやり方では何も変わらないんだ!」と訴えて、16歳の少年に詰め寄り「お前たちの世代でやり方を考えろ!」と叫ぶ。ロス暴動から28年の時が過ぎ、米国はオバマ政権の時代を経てもなお人種差別に起因する民主化デモが暴動となり、さらには略奪等にまで及び今回はコロナ禍のストレスまでが一要因となり厳しい状況が続いている。

内田樹氏のTwitterにこう述べられていた。「まず誰でもいいから敵を作って、そこに憎しみを向けることで支持層を固めるのは世界中の『頭の悪い政治家』に共通する手法ですが」と云う。さらには「国益より自己保身を優先させた大統領」として「米国史上例外」であると批判している。このような構造主義的な理解をすれば、この手の政治家がいづこにもいることに容易に気づく。「敵を作る」際にはメディアを存分に活用し、所謂「印象操作」などには長けている。考えてみれば、幼い頃に同様の手法でクラス内で幅を効かせていた奴らがいたことを誰しもが思い出すだろう。「知的」であることの方が「悪」のように見なし自らが学ぶことを怠り、より深く学ぶ姿勢を批判し「敵」とすることで、自らの保身にのみ躍起になる。世界がこのような愚劣な発想に席巻される21世紀とは何なのだろうか?世界に影響力の大きな米国の行方は、追従するこの国の将来の問題であることを、僕たちは「知的」に肝に銘じるべきだ。

分断を利用する政治
訴え合う一人ひとりの悲痛な叫び
平和は僕たち個々の日常から創るしかないのである。


tag :

暴力は暴力しか生まないー米国を憂える

2020-06-03
警官による強権的な拘束
死亡してしまった男性の弟さんの叫び
「暴力はやめろ!兄は決して帰らない」

米国30都市に及ぶというデモとエスカレートした暴動・略奪等のニュースを観て、涙が出るほどに悲しくなった。ある黒人男性の拘束に際し、警官が膝で首を強引に押さえつけて呼吸困難になった男性は病院に搬送されたが命を落としたと云う。抵抗が過剰であるはずもなく、武器も所持していなかった男性をなぜ警官はここまで強権的に押さえつけたのか?と不思議に思うのは一面的な捉え方で、米国では今でも人種差別的な強権的な取り締まりや拘束は後を絶たないのが現実であると、ある米国の有名な俳優のTwitter投稿は訴えていた。「これがアメリカだ!」とされたその投稿の動画には、眼を背けたくなるような、あまり抵抗もしない人々に警官が暴力を浴びせる場面がいくつも映し出されていた。

この事態に及び米国大統領も「力づくで押さえ込む」策のみである。州兵の派遣も辞さない構えであり、さらなる強大な武力で民衆を押さえ込もうとしている。暴力を暴力で上塗りして行こうとするようなこの政策で、事態が収拾するとは到底思えない。民衆のさらなる抵抗が続けば、米国版「天安門事件」になりかねない事態を深く憂える。国際情勢の上でも米中は相互に非難し合うのだが、相互に民衆の反発(中国は香港の民衆運動を)を力で押さえ込もうとしている。いずれの図式でも暴力は暴力しか生み出さず、相互の国の民衆たちの幸福は遠のき、さらには国際情勢の緊張感が高まる最悪な方向を招きかねない。米中の子どもじみた喧嘩と国内情勢の渦中で、親米甚だしき日本として何かできないのだろうか?よもや「米国大統領支持」などあり得まい。韓国や豪州、さらには独国・英国などと手を携えて、米中両国の僕らのような民衆のためにも、暴力的な指導者の方向性に歯止めをかけるのが役目ではないのだろうか。

コロナ禍の中のさらなる人災
世界に拡がるイライラをいかに鎮めるか
文学を研究する者として聲とことばの力を信じていたい。


tag :

わかっちゃいるけど水戸黄門

2020-05-17
昭和の勧善懲悪時代劇
月曜夜8時45分に悪は退散させられる
「田舎じじい」は権力を公正公平に

幼少時代を「昭和」に育った身として、月曜夜8時のTVチャンネルは必ず「水戸黄門」に合わされていた。シリーズとして「江戸を斬る(西郷輝彦の遠山の金さん)」や「大岡越前(加藤剛)」を挟む場合もあるが、いわゆる「勧善懲悪」時代劇が家庭の定番であった時代である。子どもながらに何の疑いもなく、これらの時代劇を観て、結構爽快な気分にさせられていた記憶がある。「天下の副将軍・水戸光圀」が諸国を旅して農民などが横暴な政治に苦しんでいる背景に、土地の豪商と悪辣な代官が結託し様々な利権を獲得するために暗躍する姿があからさまに描かれていた。もし虚構の物語として見なければ、江戸時代は全国津々浦々に悪政がはびこり、将軍家にはいつも利権を貪られる危機に瀕していたことになる。(初回などで光圀が江戸に乗り込む旅に出る口実は、将軍家の諸問題の場合が多い)

だが、そうした真実を翳した虚構論は置いておくとして、市井に悪がはびこることや権力構造の継承のうちには必ず腹黒く暗躍する人間どもがいることを「物語」として描いていたのは確かだろう。その「懲らしめる」べき悪を「水戸黄門(光圀)」は、自らの権力を謙虚に包み隠し、悪に対して徹底的な調査諜報活動を実践し(弥七という実に優れた「忍び(忍者)」を特捜の最前線に置く)、苦しむ庶民の生活感覚に寄り添い(迫害を受けている家庭に逗留したりする)、悪辣非道な政治を格好のタイミングを逃さず、自らの権力を最後の最後で善用して庶民を救い地域の政治を刷新する。前述した「江戸を斬る」や「大岡越前」も似た構造であり、「金さん」は江戸の奉行にして大工など扮して活動し、「越前守」も庶民が出入りする居酒屋などの常連であることが多い。いずれも「庶民感覚」を失わない姿勢を崩さない、今の時代にも求めたい社会を護るヒーローなのであった。「昭和」に育った我々が30年余りの「平成」を挟み、こうした時代劇に描かれた私利私欲の悪行を「現実」の政治に見るとは思ってもいなかった。「水戸黄門」ならば、「副将軍」として天下の安泰を「正義」で解決してくたのであるが。

昭和時代劇の背後に「ロッキード事件」の現実
「昭和」は「正義」を護るヒーローがいた
今こそ「国民主権」の「印籠」を翳すときなのだろう。


tag :

スラック(余剰資源)が生きてくるのだが

2020-04-12
「Slack 1〈ロープ・針金・ねじ・ベルト・結び目などが〉緩んだ、緩い、たるんだ
 2(・・が)不注意な、いいかげんな、怠慢な、だらけた
 3 のろい、遅い、ぐずぐずした」(『ランダムハウス英和大辞典』より)

自家用車の半年点検整備の時期となった。いつものディーラーへと赴き、待機時間にも極力人との接触は避けながら約1時間の点検や補充をしてもらう。その都度、車の価値やあり方について再考する機会ともなる。日常的な運転をしていて忘れてしまうことであるが、ハンドルやブレーキのいわゆる「あそび」こそが安全で円滑な運転を支えている。ハンドル動かしたなりに左右に曲がる車とか、ブレーキが極端に効いてしまう車は追突の可能性や高速走行において恐ろしい動きが容易に想像される。ハンドルを動かしても、ブレーキを少し踏んでも、「動作が伝わらない」部分があることで、僕たちは予防的判断や行動を微細な線上で実行できている。その効用は自動車教習所の講義で、大抵は説かれることだろう。過剰な緩みやいいかげんなものにならない「スラック」こそが、交通事故を予防する大きな構造上の作用であることを再確認すべきであろう。

内田樹氏はTwitter上で「『スラック』のあるシステムは危機耐性が強い」ということが「パンデミック」によって「わかった」という趣旨を投稿していた。21世紀となってから「対費用効果」とか「余剰削減」が声高らかに喧伝され、世界の様々な「システム」から「スラック」が削られ続けてきた。感染が拡大した諸国で「医療崩壊」ととなるのは、「平常時」に合わせた削減が断行され、「危機的状況」への投資を削減していた可能性が拭えない。医療現場の最前線も研究現場でも、あくまで「最悪の事態」を想定して資源を構築しているか否かが、このような事態になって可視化されているということだろう。昨晩もNHKで「クラスター対策」の最前線で奮闘する研究者たちの現場に密着したドキュメンタリーを観たが、昼夜を問わず情報の収集・分析・計算など、彼らの奮闘ぶりには深い敬意を抱いた。だがさらに各地方にも、こうした専門の研究者が配属され各地域の「クラスター」に対応すれば、中央の疲弊も防ぐと同時に各地域を護り抜くことができるのではないかと痛感した。各県1校はある「国立大学」は、まさにこんな事態のために設置されていたのではないのか。残念ながら「余剰削減」が促進してきた「国立大学法人」においても、この難局において地域をできる得る限り護り抜く使命があることを自覚しつつ、歩もうとは思うのであるが。

「無駄」は危機的状況で作用する
難局を乗り越えるために
施策してしまった愚策を乗り越えつつ危機に向き合う最前線がある。


tag :

対話と協働が阻まれるはなぜ

2020-03-18
換気の悪い密閉した空間
概ね50人以上の集団として
会話などができる適度な距離

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、公共の場所等で避けるべきことは概ね冒頭に記した3点ということになろうか。このガイドラインに即して、小中学校の卒業式なども参列人数や次第・時間の短縮などの措置が取られて実施されているようだ。休校によりこの時期の大切な授業が未消化のまま、時間だけを先に進めなければならない小中高校の先生方のお気持ちはいかばかりかと思う。僕のゼミの卒業生たちも教育現場にいるものが大半だが、やりきれない気持ちで日々の学校勤務をしているに違いない。児童生徒に限らず、外出自粛などで家にだけ籠っている高齢の方々など、人と話せない苦痛はかなり心身にこたえるのではないだろうか。人間にとって対話と協働は、生きる上で大変に重要な活動である。

大学でもふと4月からの講義に目を向けると、冒頭の3条件が揃う機会が多いことになる。昨今は特に「アクティブ・ラーニング」と称して、教員が一方的に喋る講義は時代遅れで、学習する学生たちが話し合いや作業などの活動をすることで、講義の課題を自ら発見し創造的な解釈・意味づけをし現実に活きた力を身につけるという方式が推奨されている。要は一方的に教員が喋る講義ならば、VTRをネット配信しても実行できるわけだが、会話と活動を施した学び方となると教室に学生たちが集まらないとできない。皮肉にも今回の新型コロナの感染予防においては、こうした対話と協働の学習方法こそが避けるべきものとなってしまっている。元来が孤独な人間が生きる意味は、多くの人々と対話・協働することだろう。まさにこのウイルスは、人類の根本的なあり方へ警鐘を鳴らしているのかもしれない。

全世界的な危機にも自国の利己的な発言もあり
国境などを超えた対話と協働が必要だったはずなのだが
人類として僕たちは生き方を見直す時なのかもしれない。


tag :

誤魔化されるなー真実を見定める眼

2020-02-15
「本心を見やぶられないように、話をそらしたり
 でまかせを言ったりして、その場やうわべをとりつくろう。」
(デジタル大辞泉より)

新型コロナの流行についてもそうだが、個々人の情報の精査が求められる時代である。過去においても新聞紙面の情報が、個々の新聞社の方針もあり同じ視点で書かれている訳ではないことはみんなが周知のことであった。広く言えば小欄にこうして書き連ねていることもそうだが、あくまで個人の恣意的な見解に他ならない。「新型コロナ」について専門家であるわけでもなく、社会的な情報の信憑性についても一個人の視野の内なるものである。という前提に立てば、Web上に制限なく流される様々な「ニュースらしき代物」について十分に吟味するのが自己防御の第一歩である。

いま「代物」と書いた。辞書項目の一番目には「金銭に換えることのできる品物」(『日本国語大辞典第二版』)とある。その商品にどのくらいの価値が付けられつかは、公共な社会的通念や個々の集合体の合意で形成される。定価というのは、あくまで元来は「言い値」に過ぎない。インフラ整備も社会的保証も医療衛生の保全も、基本的に国家や社会を信用することができた時代は、過去のものとなってしまった。それが「過去」だと多くの人が気づかないように、公共の場での「誤魔化し」が横行している。幼少の頃に意地汚い輩が自らの利のために、価値基準を恣意的に誤魔化したことが思い返される。既にそんな次元の「誤魔化し」が顕然と社会の中に横行する。あなた自身の情報精査が、必須な世知辛い世の中を自覚するしかないのである。

「正確に恐れよ」という医療識者の言葉
国内の感染の実態やいかに
誰が21世紀にこんな社会を希求したのであろうか。


tag :

閉鎖ゆえの欺瞞

2020-02-14
島国ならではの安易さ
いつも「対岸の火事」と思ってはいないか
「新型」ウィルスに向き合う世紀

昨日のニュースを観て大きく局面は進行したのだろう、と思った。新型コロナウィルスによる国内初の死者(海外渡航歴なし)の報、さらにはタクシー運転手の方とか経路が不特定多数の感染者が複数出始めた。多くが1月中に症状が出ている方々で、複数の医療機関を受診したりしていることも気になる。潜伏期間や発症後の検査段階での時間経過から逆算していくと、既に国内に多くのウィルスが感染の可能性を持って存在しているのではないだろうか。メディアを含めたこの社会があくまで武漢からの帰国者とかクルーズ船の乗船者ばかりに注目して来たが、個々人が接する環境にもウィルスがあるかもしれない、という防御への意識が無さ過ぎたのかもしれない。小中学生のウィルス名を使った他人への揶揄など論外であるが、この国の検疫など保健衛生的な基本意識の低さが、今まさに露呈しているのではないだろうか。

「新型」といえばほぼ10年ほど前になろうか、「豚インフルエンザ」が夏季において大流行し蔓延し、9月新学期の学校行事などが次々と中止される事態に見舞われたことが思い出される。あの折の記憶でも「海外渡航歴」にばかり目くじらを立てて、「水際対策を徹底する」などと厚労大臣が豪語していたが、気づいてみたら国内で爆発的な感染が起こっている事態であった。夏季休暇中に担任をしていたクラスの生徒らが感染した、という報に「パンデミック」関係の書籍を読み漁ったことも思い返される。この10年前の社会的「経験」が、今回にも何ら活かされていない気がする。鎖国が解かれて150年以上が経過したこの島国は、海の向こうからやって来るものを「外敵」と見なし「黒船」のごとく騒ぐのであるが、実の伴わない「竹槍」的な対応しか未だにできないかのようだ。それは検疫官の感染という事態に、象徴的に表れていると思うのであるが。

金を拠出すれば有効な対策ができるのか?
政治も行政も向き合い方をあらためるべきでは
西洋化・国際化が欺瞞でしかないのでは、今まさに試されている。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>