「なぜ戦争はなくならないのか」ー金子兜太の一言

2017-08-11
「ここ青島鯨吹く潮われに及ぶ」
(青島海岸・金子兜太の句碑から)
ただ一言「『物欲』の逞しさです。」と

角川『短歌』8月号の別冊付録に「緊急寄稿 歌人・著名人に問う なぜ戦争はなくならないのか」がある。小冊子ゆえ最大12行ほどの語数で、何人もの歌人・著名人がこの「問い」に答えている。そんな中で御歳98歳になる俳人・金子兜太さんは「一言で答えさせてください。『物欲』の逞しさです。」で始まるわずか3行の文を記している。さすがは俳人、この素朴な答えにはむしろ大きな説得力がある。「物欲」は自ずと「金欲」をに連なり、豪奢が豪奢だと自覚できなくなる負の連鎖が生じ、他人を傷つけても自らが物理的に「得」をする方法を選択してしまう人間の弱さが垣間見えてくる。

金子兜太さんは、「あらゆる欲のうちで最低最強」と続け、「制御不能」で「付和雷同」を生みやすいゆえに、「人間の暮らし」が「武力依存を募らせる因」であるといった趣旨を記す。考えてみれば、現代社会で「不安」を覚えるすべての事例が、こうした点に根本があるようにも思われる。少なくとも文学に向き合えば、「物欲」が「最低」であるということに気づくことができ、「制御」しつつ他者に左右されることなく確固たる「自分」を持つことができる。そして「自分」を持ちつつも、それが傲慢ではないか?と常に「自己」を鏡に映して省みる必要もあろう。歌人・俳人らが標題の問いに敏感に反応するのは、こうした豊かな心をことばにして社会という「鏡」に問いかけているからである。

幼き「物欲」の卑劣
いまあらためて一人ひとりが考えるとき
金子兜太さんの逞しい筆の文字に学ぶ
スポンサーサイト
tag :

「いとし子」を偲ぶ対話

2017-08-09
本学部附属小学校の門を入れば
必ずこうべを垂れる碑がそこにある
「いとし子」を偲びていま・・・

長崎原爆の日、また”かの夏”が来た。先月も紹介したが竹山広の「水のへに至り得し手をうち重ねいづれが先に死にし母と子」の歌があらためて今朝から脳裏に反芻されている。竹山の歌は「生の怒りは、定型に収まらない」として、「字余り」「語割れ・句またがり」において「必然性があった。」とする島内景二氏の画期的な指摘を紹介しつつ、伊藤一彦先生が本日付「ふらんす堂」の短歌日記に歌を詠んでいる。昨日の小欄に記した「記憶」という点でいえば、既にかの大戦を忠実な「記憶」として留めている方々は、少なくなってきている。いやむしろ、それだけに未来に向けて「平和」を願う立場として、こうした竹山の「生の怒り」「生の描写」のことばを、我々が一人ひとりが反芻し続けることが求められる。ここに引用した竹山の歌の状況が、「あなた」と「母」であるとしたら、という想像をするだけで耐え難い「怒り」に心が揺れるのは、私だけではあるまい。

本学部附属小学校には、冒頭に記したような碑が建立されている。教育実習生についても出勤すると必ず碑の前で祈るようにと話がある。正直なところ私も教育実習担当になるまでは、碑の存在は知っていたものの、そこに手を合わせることはなかった。頻繁に附属小に足を運ぶようになった昨年今年に至っては、私も訪れた際には必ずこうべを垂れ手を合わせ「いとし子」を偲ぶようにしている。先日宮崎日日新聞に、この「いとし子」を偲び平和を願う主旨を書いた附属小の児童の文章が掲載された。するとその犠牲になった「いとし子」の先輩にあたる市民の方から、学校に葉書が届いたと校長先生が実習事前指導で紹介していた。1945年5月11日、宮崎への大空襲によって、集団下校中であった附属小の児童12名が犠牲になった。葉書は、その3月まで同班の班長を務めていた方からの重い言葉であった。「いとし子」の碑があることによって、12名の「後輩」そして今の児童にとっての「先輩」(新聞掲載文章には、そう書かれている)として、向き合う対話がここに成立したのだ。「平和を願う」などと簡単に言うのみならず、自らが集団下校中に空襲を受けたらという、あってはならぬ「過去の事実」に自分を起ちあげて想像することが何より必要だということだろう。

あらためて竹山の短歌を読みたい
ことばはリアルにかの夏を再現する
今日も長崎で平和の鐘が鳴る

tag :

囲う言葉・分断する言葉

2017-07-14
「ほんとうか?うそか?」
「思うか?思わないか?」
囲う言葉・分断する言葉・・・

TVで「バラエティ番組」と呼ばれるものを見ると、これは「事実か?事実でないか?」「ほんとうか?うそか?」といった二者択一の問いに対して、出演者が「まる」か「ばつ」かと札を挙げる場面などが目につく。元来、「バラエティ」という分野そのものの意味にも疑問を呈したくなるが、昨今は特に、見せ掛けの「教養」を売り物とした番組も多いように思われる。出演者はもちろん番組の演出上において様々な札を挙げて、その場を盛り上げる役割を担っているのだろう。意図的に外した札を挙げたり、「教養」も覚束ない”役柄”の出演者が唯一の「正解者」となって、番組上の効果としては「面白い」ということになる。だがふと目線を引いて考えてみると、多様性の時代といわれながら、ある意見に対して「賛成か?反対か?」という二者択一の思考に視聴者が陥り、囲う側と排斥される側という分断的思考を助長している気がしてならない。

こうした思考がはびこり始めたのは、忘れもしない「郵政民営化に賛成か?反対か?」を掲げた劇場型選挙からである。その後も「敵」を意図的に作り上げて、自らの囲う側を「正当化」して多くの得票をするという方式の選挙がつい最近でも行われている。政策の詳細や自らの「生活」そのものへの影響よりも、その「敵」がどうしようもないことを印象付けて、往々にして囲った側が「圧勝」するのがオチである。何がそうさせるのかは様々な要素があろうが、水戸黄門型勧善懲悪を、むしろ悪用したやり口ではないかと思うことがある。世知辛い世相に待望の権威的なリーダーとして脚光を浴びて出現し、「悪徳代官」役の物語を醸成し自らの「正義」を主張して選挙で「印籠」を民に翳すのである。どうも世間は、こうした風潮に慣らされてしまってはいないのだろうか?学生たちが実施する「模擬授業」でも、「筆者の意見に賛成か反対か」と問う内容があると、こうした世相の浸透度が「教育」以上に高いことに危うさを覚えるのである。

「虚構にある真実」をどう考えるか?
「思うけど思わない」は矛盾と切り捨てていいのか?
むやみに浸透する「分断する言葉」を僕たちは注意深く拒んでいかなければならない。
tag :

新たな価値を生み出そうー政治についても対話で

2017-07-03
都議選投票日の東京
何も変わらぬ晴れた宮崎
母との対話で生み出されたものは

元東京都民として、都議選のゆくえが大変気になっていた。生まれ故郷であり長きにわたり住んできた街、そのあり方には多くの疑問も抱かざるを得なかったが、やはり故郷は代え難い思いを抱かせるものだ。東京五輪を3年後に控え、さらに情勢が変化してきた巨大都市において、今後はどのような政策が展開するのか?このことが自らのあり方にも、大なり小なり関係してくるという当事者意識が必要ではないかと思ったのである。それはもちろん、今も東京の実家には両親が住んでいるからであり、その「生活」そのものが自分の「生活」とも密接に関係しているからに他ならない。

「政治について語る」ことには、様々な考えを抱く人がいる。「語っても仕方ない」と思うのか、「自らの生活には関係ない」と思うのか、それを避ける人々も少なくない。様々な選挙の投票率を見るたびに、人々に当事者意識がないことを非常に残念に思うことが多い。だがよく考えれば、確実に自らの一票が「生活」に反映しており、その代価として人々は税金を支払っている。自ら政治を選べる権利であること、そしてまた本来は議員さんに意見が述べられること、そこに民主主義があることを今一度考えるべきではないのだろうか。そんな訳で、従前から都議選に関しては母との電話で様々に対話してきた。それを繰り返していると、何がどのように自らの「生活」に跳ね返ってきているかが、わかってくるのである。新たな価値を生み出すことを目的とするのが「対話」であり、それを「生活」の中で実行することを、もっと教育の段階から習慣づける必要があるように思う。

「答えが一つ」を学び手が待っている旧態依然の授業
「新たな価値」を自らが他者と対話して創り出すこと
「生活」の様々な場面で「対話」を持つ重要性が問われている。

tag :

「スピード感」より冷静沈着

2017-01-05
強引に左側から抜き去る車
先へ行けば到着時間はそう変わらず
空吹かしによる「スピード感」は危ういだけでは・・・

一般道50 Km制限で「登坂車線」が用意されている箇所でのこと、後ろに付けていたワゴン車がその車線を利用して僕の車を強引に抜き去った。通例では僕が左によけるべきなのかもしれないが、特段遅過ぎもせず走行していただけに、そのワゴン車の行為が妙に愚かに見えた。さらにはスポーツタイプの外国車も追随して来たので、2車線区間は残りわずかであったが左側によけて1車線に絞られる間際で、奴さんを見送った。しばらく走ると1車線区間でマイペースな農家の方らしき軽自動車が走行していて、すぐさま僕の車は奴らに追いついた。強引な危険さ、加速時に使用する過剰な量の燃料、果たして奴らの「スピード感」は必要なものなのだろうか?などと考えながらハイブリッド車の計器に目をやり、燃料消費を控えて排出ガスを抑制して走ることを旨としている自己の「冷静沈着」を自覚するのであった。

カーラジオからは仕事始めで東証大発会の音声が流れ、ダミ声の政治家が聞き心地の悪いコメントをしている。そして他のニュースでも政治家の声が流れる。そこで口にされる語彙として目立つのが「スピード感をもって」である。彼らの中で一つの流行になっているとも思えるほど、様々な分野で最近耳にすることが多い。もちろん類義語として「迅速な対応」があるのは周知のことである。もちろん緊急事態であれば「スピード感」ある「迅速な対応」が求められるのは自明であるが、殊に「経済」に関して強引な追い越しに類する「スピード感」など必要なのかという疑問を抱いてしまう。むしろ冷静沈着に無駄な燃料消費を抑えて、地道に足元を見て国民一人ひとりが真の「幸福」を感じられる社会であるべきではないのか。待てない・余裕のない・穏健でないことの先には、疲弊した結末しか見えないのは、僕のような運転者だけなのであろうか。

「急いては事を仕損ずる」
思考が「沈着」する時間を待てるということ
冷静さを欠く強引な「飛翔」を唱えても「酉」は喜ぶまい。
tag :

定式化社会が失っているもの

2016-12-09
定式化・マニュアル通りの社会
いつでもどこでも同じ味のファーストフード
いつしか人の感情まで整序されやしないのか?

馴染みのお店で四方山話をしていて、他のお客さん1人を含めてこんな話題になった。バイトというのは学生時代に社会や人間関係を知る大変有効な機会であった筈だが、現在はマニュアル通りの定式化した勤務や対応で、そのあり様も変わったのではないかと。現にファミレスでの閉店時間への対応で、納得がいかない状況に遭遇したことがあるという実例も聞かれた。その結果、職場でも大学などでも、機械的なマニュアル化された対応をする人物が増えたのではないかという世間への愚痴を語る機会となった。またSNSを眺めていると、知り合いの大学教授が学生の卒論指導の”ドタキャン”に対して憤りを覚えたという投稿が見られた。メール連絡をすれば何でも許されるという感覚や、そのメールの文面の”心なき”書きぶりに対しての怒りであるが、多くの研究仲間の方々が共感する書き込みをしていた。世代間の問題というのみならず、この社会は便利になる一方で何か大切なものを確実に失っていると実感した。

せめてまずは僕自身が関わっている学生たちには、このような感覚から脱した思考を持ってもらいたいと日々願って行動している。この時季になればコートやマフラーを纏って目上の人の部屋に入ったり、説明を聞いたり話したりすることが「失礼」であるということ。大学構内で飲食をしながら歩いているということなど、それなりに「大人」への言い方ではあるが、僕は指摘するようにしている。こうして随所で意見をすることこそが、学生のためを思っているということになろう。そしてまた講義やゼミで意見を言わないことにも、警鐘を鳴らすことが多い。「意見を言わない」ということは、相手の発言を理解していないことであり大変失礼なことだ。さらには自らの「意見」を言わない人は、決して「己」というものがわからない。思い込み独善的になれば、自ずと生活も潤滑にはならず、下手なプライドで凝り固まってしまう。ちょうどこの日も来る日曜日に出場するイベント「短歌甲子園」の歌に対して、参加者である学生たちと意見を交わしていてそれを実感した。ちがった読み方ちがった発想に出逢って対話するということ。そのイレギュラーな反応へ如何に対応するかが、社会であり人生であろう。

感情がどこかに飛んだ説明的社会
「ことば」と「こころ」を取り戻すには
まずは眼前の学生たちと真摯に向き合うということ。
tag :

「自分の身に・・・」という想像力

2016-11-13
戦争体験者が次第に減る必然
「平和」を語り継ぐためには
ことば・短歌・想像力をあきらめないこと

「世界情勢はまったく読めなくなった」などと喧伝するのは簡単だが、果たしてそうなのであろうか?日本でも以前からそうであるが、選挙は「選挙」であって政権実務とは違うというのが実情であろう。(もちろん皮肉である)この世界情勢は僕たちに、思い込み偏向した思考をすることの愚かさを教えようとしているのかもしれない。「TPP」一つ取ってみても、「自由貿易」によって「解放」され、それぞれ「内側」の利益が失われると考えがちだが、立場によってはむしろ「自国保護」への敷石になる可能性もある。早期にこの方針を進めたい輩の思惑は、実はそんなところにあるのかもしれない。いずれにしても、あらゆる可能性を考えて柔軟に対応できる思考が求められているのであろう。

「戦争体験」を実感として持っているか否かは、もちろん重要である。だがしかし、「平和」が続いてきたからこそ、「体験者」が減って来るという必然もまた事実である。幼少時に戦争を経験した母と話していると、「今の若者はあの苦しい体験をしていない」といった趣旨のことを言うことがある。もちろんこれは母に限ったことではないが、「体験者」は絶対的にその「事実」を知る上で優位であるのは間違いない。「戦争」でなくとも「体験した人」が「体験しない人」に、「これは体験しないとわからない」と言うことは一般的によくあることだ。日常諸雑事ならばそれは「体験」すれば済むのであるが、「戦争」の場合はもちろん「体験しろ」というわけにはいかない。それゆえに大切なのは自明ながら「想像力」なのではないかと思う。特に三十一文字を限りとする短歌を読むには、この「想像力」が不可欠である。短歌が長い歴史の中で伝統的に「社会詠」(防人歌など)が存在するのは、こんなところに理由があるのかもしれない。

地元の方々と平和を考える
理論より実践という小説家の存在の講演
あらゆることを「自分の身に・・・」という想像力をあきらめてはならない。
tag :

嘆くな黙るな閉じこもるな

2016-11-11
「驚愕の結果だ」と嘆けば
自分の世界に閉じこもるだけだ
マイケル・ムーアの提案に僕たちが学ぶこと

米国大統領選挙の結果、トランプ氏が当選したことに波紋が広がっている。日本への影響は如何になどと、この国のメディアも喧しい。この当選結果という「事実」は、日本はもちろん世界中の多くの国々への影響がとてつもなく大きい証でもある。それは、誰もが「今まで通りにはならない」という類の不安と恐怖を覚え、予想不可能な時代の幕開けを感じさせるのである。「TPP反対論者」であるトランプ氏当選の翌日、この国の国会では「TPP法案」が可決している。直面する私たちの暮らしは、これからどのような混迷に曝されるのであろうか?一向にわからないのだが、唯一わかっていることは「考えてもみないことが起こる」ということぐらいだろうか。大仰にいえば「2016」はやはり「歴史」の大きな転換点になるかもしれないし、またならないかもしれない。ただ世界的に「将来像」がまったく描けない時代になったということか。

米国の社会派映画監督として著名なマイケル・ムーア氏が、「Morning After To-Do List (一夜明けた朝のすべきこと一覧)」をSNS上に掲げた。冒頭にその一部を示したが、やはり「現状」を「事実」として受け入れることから、明日への道が開けるという趣旨であろう。この「結果」はまったく「驚愕」でも「ショック」でもない。「奴はただのジョークじゃなかったんだ。そして支持を得て強くなっている。メディアに住む生き物で、メディアが作り上げた生き物だ。」と述べている。そしてこの「当選」という「事実」の要因は、「民主党・共和党の両方に無視された人たちの、既存のシステムに対する復讐心や怒りが大きくなっている。」とも言う。そこに出現し「両方の党をぶち壊す」と豪語する存在が大きな支持を得たということだ。敗北したヒラリー氏が嫌われている要因こそが、この「既存のシステム=既得権益・癒着」なのである。よって事前の世論調査で支持を表明しない「サイレント マジョリティ」が多かったということのようだ。特に教育レベルに関わらず「白人男性」にこうした支持者が多かったと、米国在住の僕の親友も実感している。そして所謂「メディアの頽廃が生み出した劇場型政治」の集大成であり、「投票したい候補者がいない」という状況は、既に日本でも以前から続いている。我々も「驚いている」場合ではなく、既に「トランプ」に匹敵するが表面的には浮上しない「破壊者」を選んで来てしまっているのではないか。21世紀とは、個々人が個々の幸せを実感できる時代ではなかったのか?それ自体が「既存のシステム」だったことを、この米国大統領選の結果は語っているのだろう。

「選挙劇場」で見せた「野蛮や狂気」は実行されるのか?
明日が見えないなら「今日」を生きる
東の空を見れば今日も朝陽が昇る、せめてそれだけは「確実」な世界であって欲しい。

*マイケル・ムーア氏の記述における日本語訳は、「HUFFPOST 日本版」より引用及び参考にしていることをお断りしておく。
tag :

米大統領選開票直前にして

2016-11-09
「嫌われ者」同士の対決
投票したい候補がいない
米国はいづこへ向かはむとしているのか・・・

長きにわたり選挙戦が展開した米大統領選も投票日を迎えた。空前絶後の「嫌われ者」対決、中傷合戦の繰り返し、果たして世界の牽引者たる米国の舵取り役が、このような過程を経て決定していいものだろうかと、首を傾げたくなることばかりの日々であった。少なくとも現大統領のオバマ氏が候補であった際の、あの他国民であっても「変革」に希望を求める興奮など微塵もない。オバマ氏が民主党候補としてヒラリー氏と闘った折には、まだ「黒人初」か「女性初」かという米国新時代を窺わせる光明が見えた。米国在住の親友に言わせると、ヒラリー氏は「既得権益の塊のような存在」だとして、民主党支持者の間でも嫌悪される傾向にあると云う。そして東海岸都市部であっても、自宅前に「トランプ氏」支持の看板を掲げる家も多いと云う。「東海岸都市部」と言ったのは、ニュースなどでの「赤」「青」の色分けでお馴染みのように、両海岸地域の都市部で「民主党支持」、面積の広大な中西部地域では「共和党支持」という米国の二極化にも微妙な異変が起きているように感じられるからだ。だがしかし、僕自身もそうなのであるが、まさか「ジョーカー」の札が大統領になるとは、微塵も考えないという先入観が実は危ういことなのかもしれない。

果たして民主主義が機能しているのか?そんなことさえも問われている現状だと、あるTVニュースのレポートで観た。「投票したい候補がいない」のが本音であり、積極的に「この人に託したい」から投票するわけでもない。そんなシラけた選挙の状態は、今や米国だけのことではあるまい。そんな世相を反映してか、それとも傍若無人な候補が祭り上げられるからか、強権発動的で知性の鎧を被らず、破壊的な言動を繰り返す候補を「頼もしい」と感じてしまう風潮が世間には見え隠れしている。同時に「何をしても社会は変わらない」と考える保守的な発想に依存し、半ば「諦め」を伴った発想で自虐的な生活に甘んじてしまう。我が国でも「ニート現象」に始まり、「晩婚化」などの諸相は、将来の社会に希望が見出せないからに他ならない。すると原因は「外敵」にありと誤った情勢を煽り、「内側」のみを護ることに躍起になり、過去の栄光を取り戻そうと燃費の悪いエンジンを空ぶかしする指導者が支持されるようになってしまう。さすがに我が国では「ジョーカー」ほどの人物は登場しにくいのだろうが、その要素を持った人間が既に指導者的な位置で跳梁跋扈していることを、僕たちは忘れるべきではないだろう。

「米国主導」それ自体が過去なのでは
だが「リーマン」の折のような多大な影響の怖さ
国内情勢を含めて他人事ではない、と僕たち一人ひとりが思うことがまずは肝要だろう。
tag :

口先だけの「全力で」

2016-05-16
被災地に対して「全力で・・・」
政治資金釈明会見でも「〜のために全力で・・・」
本当に成果をあげる人はそのような言い方はしないのでは・・・

「全力で・・・」という言葉遣いが、とても気になった。冒頭に記したような状況で、政治家がたいそう安易に使用しているように思えたからだ。その言葉が真実であるならば、被災地の方々の苦労はまだまだ軽減されるであろう。熊本に関係する友人たちの行っているボランテイアやTV報道での様子を見る限り、政府や自治体では不十分な力を個人個人の力で補っているように見える。これで政治が「全力」なのだとすれば、大きな過誤と言わざるを得ないであろう。また苦しい言い訳のみしか出てこない政治資金に対する釈明会見でも、「今後は都民のために全力で・・・」などと言って会見を締めくくる。選挙当時はまだ東京都の有権者であった僕としては、まったく憤慨せざるを得ない知事の政治姿勢である。(もちろん彼には投票していないが、それだけに)そして最後には「20年五輪」をちらつかせるのだが、果たしてこのような感覚の知事の元で行われる世界的イベントが適正に実行されるとも思われない。その「五輪招致」にさえ「金」が動いた、という報道さえあるのだから。

真に成果を出す者は、決して「全力で・・・」などとは言わない。例えばイチローのインタビューで、そのような語彙を聞いた覚えがない。試合に対する万全な準備や食事に対する仔細な注意など、イチローの野球に対する姿勢・生活は万全であるが、それは「全力で・・・」というのとは違う柔軟な感覚で、自己を磨く極意があるように思う。彼は出演しているCMでも「人の真似をしていたのでは先には行けない。」言い、「未来は自分で作るもの」と語るのである。時間量だけを費やせば成果が上がるのかといえば、そうでもあるまい。質の高い行動で結果につながる方法を採った者こそ、道を拓くことになるのだろう。1日のうちでも、集中できる時間は限られている。どれだけ質の高い仕事を、そのうちでこなすことができるかが成果となる。要は「全力で」と語る人に、成果は程遠いということだ。どこか余裕がある、どのように攻められても対応できる、イチローの打撃・走塁・守備には、そのような構えが備わっているように思う。

丹念に冷静に鋭敏に
誰しも有限たる時間をどう使うか
「全力で・・・」が詭弁や嘘であることを、僕たちは歴史から十分に分かっている筈だ。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>