サンタさんへの手紙

2014-12-23
「そうだ!私は子どもですって、
 手紙を貼って寝ればいいんだよ!」
 子どもの豊かな想像力に敬服。

今年もXmasが近づいた。サンタクロースを信じるや否や、という子どもたちへの調査結果などをWeb上で見た。ここでは、その結果を問題にするのではない。肝心なのは年齢を問わず、「夢」をどう考えるかということである。昨年も小欄で紹介したXmasのベストセラー『サンタクロースって、いるんでしょうか?』(1977偕成社・2013改訂114刷)には、こんな記述がある。「ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、そのカーテンをいっときひきのけて、まくのむこうの、たとえようもなくうつくしくて、かがやかしいものを、みせてくれるのです。」と。

冒頭の子どもの発言は、ある保育園での出来事の記事。子どもが「先生は大人だから、サンタさんからプレゼントもらえないの?かわいそう〜。」先生は答えて「じゃあ、子どもみたいなパジャマで寝れば、もらえるかな?」子ども「でもからだが大きいからわかっちゃうよ」先生「じゃあシャツに足まで入れて小さくなれば大丈夫かな」子ども「シャツがのびちゃうからダメだよ。」などというやり取りの後、冒頭のように「手紙」という手段を子どもが発案したという内容であった。まさに「信頼と想像力と詩と愛とロマンス」に満ちた話である。

どうも最近、ファンタジーの世界を甘く見ていた自分に気づいた。何事も現実的発想で処理し、世相に対して憤り、効率化に躍起になりノルマを課して自分を責め立てていた。「たとえようもなくうつくしくて、かがやかしいもの」など、見ようとはしていなかったのではないかと気づかされた。それを前段に記した子どもの豊かな想いの話が一掃し、心を洗い清めてくれたようであった。先日もゼミの忘年会で、「ディズニーランドは好きかどうか?」という話題になったとき、「教員として遠足の引率で行った際には、あまり楽しめなかった。」と答え、その上で「所詮は、人造物だから。」と付け加えて、ゼミ生に驚かれた。そう、これは僕がまったく「心が荒んだ大人」になってしまっていた証左であろう。「カーテンをいっときひきのけて、まくのむこう」に存在する「夢」を忘れてしまっていたような気がする。

「文学で想像力を」と標榜するのなら
「詩と愛とロマンス」もお忘れなくである。
こんな子どもの想像力を活かすためにも、豊かな未来社会を創らねばなるまい。
スポンサーサイト
tag :

里山と絵本と狂言鑑賞

2014-03-22
花も咲き始めた里山で、
絵本の世界に心癒され、
古典芸能に笑い興じるひととき。

現在の赴任地に来て以来、季の節目ごとに訪れている里山がある。「木城えほんの郷」そこには巷間の喧騒をいつしか忘れさせてくれる、癒しのひとときが待っている。車で小1時間ほど走り、次第に山と渓谷の際にある「落石注意」の看板が目立つ道をひた走る。その道の風景そのものが、異世界への入口を十分に感じさせてくれる。いつしかファンタジー満載の空間へ僕らを誘う。

絵本はただ何となくページを繰っていてもいいのだが、著作者の原画を見ることで更に深い興味が湧き立つものである。この日は、『ますだくん』シリーズや『パパカレー』・『「けんぽう」のおはなし』などで著名な武田美穂さんの原画展が開催されていた。登場キャラクターの愛くるしさ、描画素材への関心、巧妙な立体的描写など、絵本のみではわからない「絵画」の魅力が存分に味わえた。

星が輝き始めたら「開演時間」という妙の中で、「お花見狂言会」を鑑賞。昔話に曰く「冬の間に山に籠っていた「サ(田のこと)の神」が、人々に田んぼの作業を始めるように知らせるために里に下りて来る。その「サの神の座る場所」という意味から、「さくら」という名をつけて人々はお花見を始めるようになった。」という。その他様々な花に囲まれ、人々は「まれ人」の芸能者を招き、神を讃え大地の恵みと人々の幸せを祈願するという世界を現実に再現したのが、この狂言会である。

茂山狂言会の方々によって、「鬼瓦」「水掛聟」「蝸牛」の三演目が水のステージの輝く星空の下で演じられた。里山に響く狂言の所作・台詞や笑い声を、神も照覧。天空と山々の自然と僕たち鑑賞者が一体となって、狂言の演じ手に視線を注ぐ。未だ寒さも堪えるのであるが、「たき火」の暖もよろしく、笑いを発することで心が温かく穏やかになるのが自覚できた。古典芸能の本来的な意味とは、実はこうした自然との共生を求めたものなのではないかという思いを、新たに発動させてくれるステージであった。

里山にあるファンタジーの現実。
この逆説に満ちた空間がとても好きだ。
自然の神に出逢うために、今後も節目ごとに訪れたい。
tag :

ジオラマの魅力

2013-12-26
手に取れない世界を凝縮して、
眼前に展開するジオラマの世界。
ときにその精巧さに驚くことがある。
現実をコンパクトに再構築する行為。
そこのある想像力と柔軟で豊かな心。

再び絵本の話である。あべはじめ作の『クリスマスのよるに』(BL出版2013年)では、母親と二人暮らしの少年が、一人でクリスマスイブを過ごし不思議な体験をする物語である。そこで焦点となるのが、机上にあった"スノードーム"である。硝子玉の中に降雪の光景を再現した、コンパクトなジオラマである。そこで少年が体験したこととは・・・?

僕も少年の時から、ジオラマが大好きであった。高級なものは身近にはなかったが、「サンダーバード秘密基地」の模型が、自分で作れもしない年齢ながら欲しくて、母親に組み立ててもらった記憶がある。その基地からは1号から4号までの救助機が出動動作をし、宇宙ステーションである5号は、針金に支えられ基地上空に浮いていた。サンダーバードは、「災害救助」がそのストーリーの要であるから、出動以後はテレビで見たものを再現するか、自分の中で「物語」を創作してミニカーを使用したりして、「救難」する物語を想像し再現していたものである。

僕が研究する平安朝和歌にも、ジオラマが登場する。洲浜や屏風絵といった類のものがそれで、その虚構の光景を基にして、作歌するという行為がなされる。自然を一旦はコンパクトな把握できる世界に凝縮して、それを如何にも自然そのものであるかのように言語で再構成するという芸術的作業である。書物の中の文字文化のみならず、人間は鳥瞰的な世界観を立体的に再現し言語と関わらせることで、豊かな心と想像力を練磨してきたといってよい。

いま読んでいる書物に、次のような一節を見つけた。「カチカチに固まった身体で精密な運動をすることはできない。」その書物でも指摘されているが、「思考」でもまったく同じことが言える。柔軟な心があってこそ、精密に物事を考え判断することができるのだ。精巧なジオラマを生み出す精緻な作業にも、たぶん手先のみならず想像の柔軟さが求められているはずである。そこに僕たちは、世界観を感得できるゆえに、そのコンパクトな"虚構的現実"に魅せられるのであろう。

絵本の中の豊かで温かい心のあり様。
いま国語教育で必要なのは、こんな部分かもしれない。
Xmasを過ごして得られた感情の機微。
絵本によって、また新たな自分の心の方向性に気付く。
いつも童心を忘れぬ無邪気さの中に身を置いていたい。
tag :

『サンタさんありがとう』のあたたかさ

2013-12-25
「クリスマス・イブのひになりました。


 プレゼントをつつみおわったサンタさんがいいました。
 「さあ、これでじゅんびがすっかりできた。
 くまさんもきれいにリボンをむすんで、
 でかけるしたくをしなくちゃね」


 くまさんはそーっと、サンタさんにちかづくと
 サンタさんにいいました。
 「ぼく・・・ずーっと、サンタさんといっしょにいたい。
 なんでもおてつだいするし、
 いいこにするから、
 ここにいてもいいでしょ?」

『サンタさんありがとう』(長尾玲子さく・福音館書店1998年)より



クリスマスイブの夜には、悲喜交々の物語がある。
最近出逢ったクリスマス絵本の中で、最も心の温かくなる一品から。
ロマンスやファンタジーの世界を、冷めずに享受する素直な心。
子どものみならず、大人が失ったものを取り戻せる時間。
就寝前にいまいちど読んでみた。

豊かな夢が見られた。
朝になって嬉しいこともあった。
絵本が教えてくれる世界観を大切にしたい。

冒頭に引用した「くまさん」はどうなるのか?
ぜひご一読いただきたい。



tag :

紅葉とえほん

2013-12-02
意図せず秋の風情に出逢う。
道すがら紅葉が美しさを増して行く。
もしや目的地は最高に見頃ではないかと期待を抱く。
絵本の世界を純粋に求めたら紅葉のご褒美までも。
俗界を忘れさせてくれるえほんのある”桃源郷”に再び。

5月にはアーサー・ビナード氏、9月には俵万智氏の講演があって訪れた「木城えほんの郷」を再訪した。「三度目の・・・」の成句のごとく、”まさにこの時”というほど紅葉が見頃であった。春・夏に続き「秋」の里山を満喫。駐車場前にある村の小学校の傍からして素朴な樹々の紅葉が美し過ぎる。ついついそれらを観賞しつつ歩みは緩やかとなり、「えほん館」に行くまでにかなりの時間を費やした。

だがそれは、「えほん世界」に没頭する自覚なき伏線なのであった。何事も効率第一で直線的に進むだけがよいわけではない。予定の枠組に囚われず緩やかに歩む心こそ、”豊かさ”を生み出すのであろう。一度も腕時計や携帯(通信・時計機能と言った方が正しい。カメラとしてのみ使用していたということ。)を見ずに存在し続けられる”とき”を得られるというのが、この里山における”正の呪縛”なのであった。それは”桃源郷”の入口たる洞窟のごとき空間であった。

ランチをとりながらも、販売しているえほんが気になる。心が次第にファンタジーへ向かって揺さぶられる。いくつかのえほんキャラクターが、僕に話し掛けて来る。その声は、世界で此処にしか存在しない天使のごとき声である。ときに師走1日でもあり、クリスマスの雰囲気漂う作品たちが、尚一層情緒的な心へと誘導する。

開催期間となったばかりの企画展は、「長尾玲子の刺繍絵本の世界展」。糸により刻まれた繊細なデザインと色彩感覚が見事だ。展示された作品も『サンタさんとこいぬ』『サンタさんありがとうーちいさなクリスマスのものがたり』(福音館刊)などで、自ずと年の瀬に思いを致すことになる。刺繍の美しさに加えて、そのストーリーの温かさ。クリスマスは「ちいさな」ことであってもこのように夢を抱いて過ごしたい、と思わせるような心のストーブのような作品群であった。

その後、えほん図書館でも時を忘れて物語世界を旅した。既知のえほんの再読もまた愉し。そしてまた新たな邂逅を遂げたえほんもたくさん。えほんは、その時の自身の心を、ファンタジー世界上に鏡のように浮かび上がらせてくれる。何の不安や心配もなく、その物語は優しく僕に語り掛けてくれる。まさに時を忘れて閉館時間直前となっていた。

帰り際に「水のステージ」へ。
黄昏時の其処は、里山を囲んだ山の際に美しい雲がたなびいている。
目の前にはすすきが微弱な風に揺れていた。
心が大きく動いた一日。
あらためて絵本の収集を決意した日でもあった。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>