卒論口述試問の意味を問い直す

2018-02-06
あの時の先生の言葉
今もなお自らの心の礎
ゼミ生の卒論口述試問に及び・・・

文学部出身の僕にとって、卒論は生き方を賭した一大行事であった。執筆の際に最後の清書がかなり難航し、ほぼ3日間にわたって徹夜状態が続き、朦朧とすると好きな音楽をかけて歌を唄い覚醒させ、ペンだこの疼きに耐えながら書いた記憶が蘇る。そしてまた口述試問に臨んだ際に、指導教授が実に繊細に自らの論を読んでいて、仔細な誤字の指摘はもとより、自らも十分に理解していない論の展開を詳細に質問され、そこで初めて自分はこのような論を書きたかったのだと悟った記憶がある。その約20分間ほどの指導教授との対話を、僕は今でも克明に覚えている。そしてその後、現職教員である時も、研究者を再び志した折も、その記憶を礎にして歩んできたように思っている。

今や、その卒論口述試問を僕自身が行う立場となった。何より僕が恩師に施してもらったように、徹底的に「卒論を読む」ことを念頭に置いて指導しているつもりである。その読んでいる過程において、個々の学生の4年間の成長が手に取るようにわかってくる感覚がある。その長所と短所、思考の傾向、嗜好の如何なども含めて、日常で対話し関わってきたものが言説化されているようでとても興味深い。人は誰しも個性があり、得手不得手もある。それを自他ともに客観的に捉えて発展させたり補足したりして初めて成長が期待できる。大仰に述べるならば、ゼミで卒論に向き合うということは、その後の「生き方の傾向を予測する」に等しいのであると思っている。やはり僕自身の卒論を振り返るに、今のような「生き方」への傾向があったのだと納得しつつ、ゼミ生の「生き方」に向き合う午後であった。

大学の学びを考える
今こそあらためて卒論の意味を問い直す
22歳でとりあえず、それまでとこれからの「生き方」を言説として捕捉するということ。


スポンサーサイト
tag :

「締め切り」ありて人は生きたり

2018-02-01
卒論提出締め切り日
一つの生き方のモデルパターン
人生にももちろん「締め切り」があるゆえに

本学部の卒論提出締め切りは、「1月末日17時」と定められている。私立大学と比べれば時期も1ヶ月以上遅く、入試が2月下旬からという国立大学の特権であるようにも思う。「17時」となっているのはあくまで予測であるが、学部「教務学生支援課」が窓口として提出受取をしていた名残であろう。現在は指導教員まで直接提出となってはいるが、僕自身はこの「17時」という締め切り時間が大変重要であると思っている。その大きな理由は、社会は学生時代に考えもしないほど「事務的」であるからだ。思い出されるのは、母校の卒論締め切り。学部事務所が「15時」で閉まってしまうゆえ2日間ある卒論提出日の2日目の「15時」に遅れたら「留年」の憂き目を見ることになる。実際に「15時」前後に事務所に”飛び込もう”として叶わず、留年をしてしまった人を知っている。仲間内では「ともかく15時前に事務所に入る」ことが重要だとされ、当時手書きだった卒論では、事務所内の机で「あとがき」を書いている学生もいたという未確認の目撃情報もあった。

「卒論」の価値自体が既に多くの大学で、過去よりも軽視される傾向にあるように見受けられる。だがやはり「卒論」とは、その人の「大学4年間の生き方」そのものではないかと思う。課題の見つけ方、調査・検証の方法、執筆する作業過程、論の主張などあらゆる要素に、その人の個性が表出することになる。また本日の重要なテーマである「締め切り」もまた然り、逆算をして行動できる段取る力が試されているように思う。社会に出て職場に出ると切に理解できるが、「締め切り」の背後には、多くの人の「次の仕事」が控えている。その進行に思い遣りを持てば、「締め切り厳守」は必定となる。また自戒を込めて記すが、「締め切り」間際まで踠いていて果たして「良いもの」に仕上がるのであろうか?甚だ疑問に思うことも多い。まずは「形にする力」も社会で生きていく大きな要素ではないだろうか。短歌などは、踠けば踠くほど「悪く」なることも少なくない。

自らの仕事量を客観視する
「忙しい」現実社会では必須の自己管理力
人生には誰彼例外なく「締め切り」があることを忘れてはなるまい。


tag :

自由対話読みの効

2018-01-31
定番教材の定番実践を乗り越えろ
名作の奥深さに挑むということ
「対話」に参加してこそ見える自己の読む傾向

年度内ゼミ最終回。4年生は「人生で最後のゼミ」と感慨深けにいつもの演習室に集まった。「最終回に何をするかは4年生が決めるように」した結果、定番教材の「自由対話読み」を実施したいということになった。これまでにもゼミ内で、「走れメロス」「ごんぎつね」「注文の多い料理店」などの小中学校の定番教材を実践して来た。「自由対話読み」とはまさに名の如く、「自由」な発言が全員に保証されていて、どんな着眼点からでも出された「読み」に随所に反応し、自らの意見も表明し、「読み」を多様に深めていく集団討論的な方法である。他者の意見を「納得」して頷くだけでは参加したことにはならず、その都度その都度の対話に自らが「参戦」することが肝要である方法である。

個々の様々な「読み」が提出され、自己の「読み」も俎上に上げることで、ようやく自らの思考の傾向を知ることができる。その基盤となるのはあくまで「個人の読み」なのであるが、それを内に籠めておかないことが重要である。中高の国語授業でよくある光景として、発問して回答を求めると「誰々と同じです」という回答で済まそうとする生徒がいる。だが果たしてその「誰々」の意見と自らの意見は、本当に「同じ」なのだろうか?それを「ことば」にして引き比べない限り、本当に「同じ」か細部は「違う」のかという相対化はできない。「読む」ということは、自己本位な思考を相対化することに他ならず、こうした議論の場で黙っているのは「謙虚」なのではなく、大変自己本位な「傲慢」だと心得るべきであろう。些細なことでも思ったら表明する姿勢こそが、教育の場でも社会の場でも必要な基本姿勢であることは言うまでもない。

高校国語総合定番教材「羅生門」
自由対話読みが暴いた教材の背景とは
またひとつゼミの思考展開の方法が確立した。


tag :

ゼミ納めー討論力は1日にしてならず

2017-12-20
卒論の最終発表
そして納会へと
語るちから聴くちから

年内ゼミの最終回は、4年生の卒論最終発表。発表者も他の者も忌憚のない意見を出し合える雰囲気がある。「他者の発表に意見を言わないのは、聴いてないに等しく失礼にあたる。」という姿勢を前提としている。昨今の若い者は、こうした討論を「怖い」といって忌避する者が多いと云うが、まずはこのリアルな対面の討論でこそ、人間的なコミュニケーション能力を養う根本があるように思われる。

ゼミ後の夜は納会へ。ここでもまた今年1年を振り返りながら、さらに様々な話題を忌憚なくやり取りする。現職教員をやっている卒業生2名も駆けつけてくれて、話題もまた豊富である。今年のゼミは和歌文学会の開催を中心に実に多忙を極めた。その渦中で4年生は教員採用試験を乗り切り、自分なりに将来への道を拓いた。前向きにいかに自分と向き合うか、そんな意志を起動させる仲間こそがゼミの仲間ではないだろうか。夢ある将来へ向けて、様々な発想を語り合う宵の口であった。

討論力は日常の姿勢から
多様に語り合う環境を創ること
コミニケーションそしてノミニケーション。


tag :

批評し主張するちから

2017-12-13
「事物の善悪・是非・美醜などを評価し論じること。
 長所・短所などを指摘して価値を決めること。」
(『日本国語大辞典第二版』見出し「批評」より)

卒論作成もいよいよ最終段階の時季となった。大学学部の提出締切は1月末日と決められているが、ゼミでは新年成人式連休明けに「仮提出」をするという慣例で、ここ数年間の指導をしてきている。最終提出後の「口述試問」において、基本的な次元で改めて欲しいことや十分な批評性がなく「論文」として問題がある場合などがあっては修正ができないために、敢えて正式な提出期限に3週間ほどの余裕を残し、先に僕の方で査読する方式を採用している訳である。主張やそれを表現する「論文」においては、やはり誰が読んでも理解のできる「普遍性」も必要になろう。ゼミ内で内輪の議論をしていると、個々の研究内容は概ね検討はつくので、ついつい馴れ合いから文章表現を「内向き」に叙述しがちである。「普遍性」の原点はせめて、これから同学部にやってくる顔も知らない多くの後輩たちにも役立つよう、何らかの主張を客観的に伝えようとする意識が求められる。

1・2年生の学生たちを見ていると、まだ高校までの丸暗記的学習習慣が抜けないと痛感することがある。先日も講義でスクリーンに映し出した「要点」を漏れなくノートに丸写しすることに”だけ”頭が向いている光景を目の当たりにした。その「要点」は講義までに読んでくるべき課題図書に詳述してある内容と違いなく、その理論を腑に落ちる段階まで引き上げる「思考の昇華」を講義内で課題を与えてまさに「思考」すべく頭を使うべきなのだ。映し出された「要点」について、まさに批評的にその価値づけをするように講義は仕組んである。何の疑いもなくただ与えられたものを内容も精査せずに写し取るいう「作業的歯車的思考」では、これからの時代は通用しない。何より「自分の頭で考える」(判断し価値づけする)ことが求められるということだろう。その点、昨晩も行われた宮崎大学短歌会の活発な議論は実にこのような頭の使い方が身につく機会である。その根本と延長上に短歌の「対話性」があるのと同時に、「牧水短歌甲子園」で展開する「批評性」が大きく作用しているように思われる。

「主張」をするための「判断と価値づけ」
疑問点を質問しないというのは相手方に失礼な行為である。
「批評性」を遠ざけようとする世相に抗う気概を学びてこそ生きる力となる。


tag :

自立する三十一文字の育てるは

2017-11-01
ゼミでの課題対話
大学院における対話演習
そして宮崎大学短歌会が育むもの


怒涛の10月も晦日を迎えた。最終日にふさわしく、ゼミから大学院講義に短歌会まで、学生たちと語り合う時間が続いた。思考をうちに閉じ込めず、頭の中にあることは表現して他者の前に晒してこそ、自己の言動が確立していく。この自明なことを思いのほか実行しないでいる人々が、最近多くいるように思う。自己完結、否、完結さえもしていなにのに、己の土俵の中でだけ相撲を取り凝り固まる。さすれば思考は凝固し偏り、寛大さを失い己の利害を指標とする言動に陥る。弱点を指摘されることを忌避し、言動に瑕疵があれば言い訳ばかりが口をついて出てくるようになる。こうした傾向を持てば将来、教育現場や社会に出た折に、児童・生徒や顧客対応において大きな過失に繋がる可能性があるだろう。学生時代こそ失敗を恐れず自らを他者に晒して、真摯に自立する姿勢に向かうことが肝要だ。

こうしたことを考えると、短歌会の活動はその分野の開拓のみならず、上記のような自己開拓にも有効だと常々思っている。己の心と向き合いその機微を拾って表現し、他者からの批評を受けて自らをより掘り下げて深く理解していく。頼るものは三十一文字の一行の自立のみであり、言い訳はなしであるのが前提である。出詠したすべての歌が公平な土俵の上で、無記名ゆえもあるが忌憚なき意見が浴びせかけられる。そこに妥協や偏向もなく、ただただその歌をどのように読むか、そしてどうしたらさらによい歌になるか、といった前向きな対話の場となる。文学が人間性を涵養するとするならば、歌ほど有効に作用するものはないようにも思えてくる。幸い宮崎大学短歌会の学生たちは実に前向きである。未だ結成して1年に満たないが、11月の大学祭で教室を借りて会誌などを閲覧・配布するスペースを設けるよう動き始めている。閉鎖的になりがちな昨今の社会環境の中で、誠によい学生たちと巡り会えたと思っている。

自己表現と対話
どのように学生が成長するか
理屈と言い訳抜きの現場に大学教員として立ち続けたいと思う。


tag :

ありがたきはただゼミ生の信

2017-10-25
伊藤一彦先生短歌日記(ふらんす堂)
「宮大の男女の学生が仕事をきびきびこなしているのが・・・」
誠にありがたきお褒めの言葉

子を見れば親がわかる、などと世間では言われる。長年、中高の教員をしてきた僕にとっては誠に深い実感がある。「子」は「親子」のみならず、たぶん「学校」では「子を見れば担任(担当)がわかる」であろうし、「会社」では「社員を見れば社長がわかる」なのであろう。当方は学会大会開催に集中していたが、「党員を見れば党首がわかる」のもまた然り。党員の信を得られない党首は戦略も誤り、党員たちが離れて独立したりもする。やや迂遠をしたが、となれば「ゼミ生を見れば指導教授がわかる」ということにもなろうか。冒頭に伊藤一彦先生の短歌日記の趣旨を一部紹介したが、誠に過分なお褒めの言葉をいただいたと思っている。そしてこの日は、伊藤先生からお電話までいただき、そこでもまた「ゼミ生」たちの仕事ぶりをお褒めいただいた。

赴任5年目、ゼミ生が有意義な学生生活を送るにはどうしたらよいか?と様々に模索してきた日々であった。「ゼミ」たるや週1回全員が集まって卒論を始めとする中間発表を繰り返すのが基盤である。まずはその場で学年を超えて忌憚なく意見を言い合える環境を創ることが重要だと考えてきた。「意見を言わないのは発表者に失礼」を合言葉に、ゼミ内をさらに2分割3分割した小グループで対話の練習をする。そこで得られた積極性は、そのまま採用試験の面接や集団討論に活かされる。さらには、僕自身が関わる様々な行事に参加してもらうことである。学内のみに留まらず、地域社会の様々な方々と交流する機会を積極的に設ける。大学近隣の小学校2校へは週1回朝の読み聞かせに足繁く通う学生たちがいる。市内で開催される歌会に参加する学生もいる。また県立芸術劇場との連携事業では、出演や裏方を存分にこなしてくれた学生たちがいた。そんな「現場」で培われた人間性が、この度の和歌文学会大会の運営委員として発揮されたように思う。同窓の先輩からは「懇親会の司会を学部生がやるのは前代未聞」などとも、また研究者仲間からは「私も宮大に赴任したい」と言う人も。2次会も含めてこれほど学会の先生方と親密に接した学部生は、僕も今まであまり見たことはない。

学会荷物の残りを再び研究室へ
そしてこの日のゼミは、この運営についての対話
教員志望のゼミ生たちは将来、学校行事で子どもたちから深く信頼される教師になると確信した。

tag :

研究室はいま倉庫なり

2017-10-19
和歌文学会第63回大会資料など
会員配布用の封入も完了して
デスク以外今はただ倉庫のごとし

研究室の機能とは何か?もちろん自らの研究をする書斎、研究対象の資料の保管庫、ゼミ生が研究課題を対話し思案する学びの場、広く多くの学生たちと対話する交流の場、概ねそんな風に日常から考えている。やはり論文や評論を書くには、その場でそのPCによって行いたいし、大型本資料を始め研究に必要な書籍の多くがそこにある。だがぞれは自宅の書斎とも兼ねられることであるが、代え難きものは学生との交流の場であるということだ。自らの学生時代を振り返ってもやはり恩師の研究室での交流から学ぶことが多かった。それを継承したいという意志が大きいせいか、なるべく学生たちが対話しやすい環境を創ることを日頃から心掛けている。こうした意味で中心たる長机には物品を置くこともなく、常時ゼミ生の人数ぐらいで対話活動ができる空間として活用している。

だが、この研究室を使用し始めて5年目、いまは初めて特別に物品倉庫と化している。それも今週末の学会で必要な配布資料から何から、すべてを研究室に格納しているからである。長机上には会員に配布する大切な資料を順列になったまま並べてあり、予備資料を含め他には掲示物、文房具、ファイルなどと必要な物が山積である。しかしよくこれだけ格納できたものだと、あらためて研究室の面積がそれなりにあることを実感している。まあ常時10名ぐらいで対話できる空間であるゆえ、こうした用途に使用した際に違った見方ができるのも面白い。その研究室の状態同様に、どうも大学関連のことに手が回らない状態が続いている。もちろん講義は学生たちのためにベストにこなしているが、どうも事務的な作業などが滞ってしまっている。それもこの週末まで。一生に一度の経験として、ご容赦願えればと思っている次第である。

開催まであと2日間となった
準備も大詰めを迎えている
腹を据えて多くの会員のために力を尽くすのみである。


tag :

作業要領を学ぶこと

2017-09-05
800部に近い書類の封筒詰め
折り込み詰め込み確かめ封を閉じる
いよいよ和歌文学会大会案内の発送へ

1週間近く宮崎を不在にする前に最終校正を終えて、その間に印刷業者の方が懇切丁寧に案内書類や封書を仕上げてくれていた。この日は昼からゼミ生たちを研究室に集め、封入作業を開始した。800部近い部数の書類が物理的にどの程度のものになるか、作業はどの程度の時間を要するか、いずれもそれなりに想像力を働かせても、体験のないものは実感が持てないものである。夕方に郵便局が集荷に来るまでに、いかに作業を完了させるか。ゼミ生ともども物理的にも精神的にも、聊か過酷な作業がしばらくは続いた。当初は様々な話題に触れながら作業をしていたが、次第に無言になっていく。内容物が確実に封入されているか、点検をしながら先の見えない作業が続く。

学校の教員というのは、日常的にこうした作業をこなす必要がある。試験問題の折り込みから保護者会資料等々、部数は担当学級数とか学級の人数分ながら、やはり時間内に完了できる「作業スキル」が求められる。「国語」担当の場合は特に「問題文」で紙幅を多くとるので、試験の折り込み作業は他教科よりも困難な場合が多い。だいたい「国語」と「英語」が試験問題の枚数が一番多く、数学はたいてい一枚物であることが多いものだ。作業時間という意味では、問題の物理的分量がそのまま採点に要する時間に比例する。職員室で夜遅くまで採点している教員は、国語か英語だという思い出がある。現場の話はともかく、ゼミ生たちも次第に封入作業の要領を心得てきて、後半はペースがかなり上がった様子が伺えた。どうやら僕自身が予想した時間に違うことなく、作業は無事に完了した。

疲労感を抱えてまた近所の公共温泉へ
よく会う初老の方が、どのように温浴するのが身体によいかと語りかける
動作・作業・生活の所作にも適切な「要領」があるものだと温もりながら考えた。
tag :

宮崎で育ったちから

2017-08-30

首都圏で活躍する卒業生たち
社会の荒波に揉まれながらも
宮崎で学んだ力と仲間たちの思い出

非常勤先の集中講義のために上京。先月、別件でメールをもらっていた卒業生が、他のもう一人の卒業生にも連絡をつけてくれて、宮崎における二人の教え子たちと東京で再会した。赴任して講義やゼミなどを担当し2期目にあたる彼らが、現実社会に巣立っている話を聞くのは、何事にも代え難く教師冥利に尽きる。一人は中学校教員として現場の教壇に立ち、夏休み中も部活指導が多く陽に焼けた表情が凛々しい。もう一人は出版社勤務で教科書を編集しており、様々に苦労はありながらも、子どもたちが学校でその教科書で学ぶ姿に希望を見出し日々の仕事に勤しんでいる。いずれも「教育」「人」「文学」に深く関わりながら社会人となっている姿を見るのは、誠に嬉しい思いであった。

二人の近況を聞きつつも、こちらからは宮崎の後輩たちの様子や大学の変化など、四方山話に花が咲く。二人が口々に言うのは「宮崎に行きたい」という思いであった。母校というのはそういうものであるが、「大学」のみならず「宮崎に」と言うあたりが特長ではないかと思えた。首都圏に来てからも二人は居酒屋へ、「地鶏炭火焼」とか「宮崎銘柄焼酎」などを食べに行くことがあるのだと云う。少なくとも東京の大学で学んだ者が、卒業後に東京の郷土料理を食べたいなどという思いを持つことなど皆無ではないか。もとより東京の郷土料理とは何か?卒業生たちが大学のキャンパスと同様な価値で「宮崎の海が見たい」というようなことを言うのは、まさに二人を四年間育てたのは、大学であるとともに「土地」なのであるという思いを知った。これこそが地方大学の大きな価値ではないだろうか。

講義やゼミで語ったこと
「ことばと対話を大切に」
そんな姿勢をあらためて卒業生の中に見る時、大きな責務を覚えるのである。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>