FC2ブログ

松明を次の人に手渡すために

2021-04-02
「小説はいま何かに役立つものではない、
 新型コロナに小説が役立つわけもない、
 しかし、健全な社会のためには小説はなくてはならない。」
(早稲田大学入学式における村上春樹氏の祝辞趣旨より)

新年度となって、初登庁・初出社などのニュースを多く目にした。早朝から先月卒業したゼミの卒業生に、お祝いのメッセージを送る。各自がどんな気持ちでそれぞれの職場に赴いたであろうか。たった1日の違いであるが、この日から先月とは違う顔になったわけだ。既に立派な社会人であり教師なのである。巣立った鳥の翔ぶ空までは行けないが、気になるのが親心。メッセージを送ったことで「平常心を取り戻せた」という趣旨の返信に喜びを覚えた。自らの研究や教育がどれほど社会に貢献しているか?それはこの卒業生たちの活躍が証明してくれるように思う。多くの資材となる力を持たせて、大きな空に羽ばたかせたのである。

夕刻のTVニュースで、母校の入学式の光景を観た。特に出身学部の式には卒業生でもある村上春樹氏が登壇、祝辞を述べたと知った。映像ではなくニュースがその趣旨を文字で流したものだが、冒頭に記したようなことを村上氏は述べたと云う。僕の前述した思いに重ねるならば、「健全な社会に必要な短歌を持たせた人材を社会に送り出した」ことになる。また村上氏は「古代から『文学』という松明を次の人に手渡し続けてきた」という趣旨のことを述べた。僕もまた「自らの手にする松明の火をゼミ生らに手渡した」ことになる。最新式の聖火トーチは消えない技術で造られようが、「文学の松明」は2020年を迎えた今、社会にかき消されるかもしれない危機にある。しかし僕らは諦めない、ゼミ生らにも手渡した松明の炎を燃やし続けたい。宮崎ならば特に、煌々と燃える松明の火を信じて。

松明を持った卒業生らの活躍を祈念し
新年度もまた学生らの心に火を灯す
まずは足元の「短歌県みやざき」が明るくなるために。


スポンサーサイト



tag :

常に広き世界を見よー「簡単便利」では学びにならず

2021-03-22
「常に広い世界を見よ」
中学校恩師の言葉
苦労は買ってでもせよ

卒業の季節、あちらこちらからそんな便りが届く。大学学部での教え子が教員になって各校種で卒業生を送り出す、それこそが「教師冥利の上に教師冥利を重ねる」ような思いで受け止めている。何より教師になるには採用試験を突破するとか、授業技術を身につけるのみならず。大学学部の4年間で「教師」を名乗れるだけの人間的な成長こそが、大切であると考えている。よって「机上のゼミ」ではなく、教育現場と連携した経験や多分野の人々との出逢いから学ぶべきことを大切にしている。学生にとって、大学での内輪の学びや採用試験受験生のようになって試験勉強のみに勤しむ方が断然に楽であろう。だが育った卒業生の様子を見るに、現場に行くまでに何を学んでおくべきかは明らかだと思う。

端的にいえば僕のゼミは「簡単便利」ではない。県内各学校との連携、県の実施する諸行事への参加、短歌関連の企画への参加、附属図書館創発活動への取り組み等々、皮肉な物言いをするならば「面倒臭い」のである。だが広く長い目でこれを考えて欲しい、「教員」になってから、さらに長い人生を歩む上で「今」しかできない貴重な経験を提供していると自負している。僕が中学生時代に3年間担任であった国語の先生は、日頃から「常に広い世界を見よ」と教えてくれた。「広い世界」を経験するには、決して楽ではなく苦難も伴う。しかし敢えて苦しい道を歩むことで、その先の人生が明るく開けてくる。先生はそんなことを見据えて、自らの経験を踏まえ僕らに執拗に語ったのだろう。僕が先生から学んだことを、今また学部生らに伝えている。できるだけ多くの経験をしてこそ二次試験にも自信を持って臨むことができ、教員採用試験にも合格するのは自明のことだ。

「狭き門苦き道を歩む」
教科書だけを教えるのが教師ではない
人間が人間に向き合うことを忘るること勿れ。


tag :

オンライン卒論発表会

2021-02-11
自己が取り組んで来たテーマ
どのような方法でどのように向き合ったか
人生の糧になるひとつとして

今こうして小欄を書いている筆者の眼には、PC越しの窓から電線に鳥たちが肩寄せて集まる姿が見える。あれほど自由に大空を飛べるはずなのに、なぜひと所にしかも横一線に「密に集まる」のかと思う。近くの枝とか家の屋根にいる連中が、次第に加わり横並びに羽を休めている姿はある意味で面白い。人生を自己の選択で歩み、何にどう向き合うか?鳥たちが身を寄せるような「電線」のような場所が人にも必要なのだろう。県独自の緊急事態宣言は解けたが、この期にあたりオンラインによる卒論発表会が開催された。国語専攻の学生たちによる、4年間の集大成である。いま「しゅうたいせい」と打ち込んだら「主体性」と変換された。「ゅ」を打ち損ねたのであるが、もちろん「主体性」ある人生の船出のための卒論と言えるかもしれない。

個々の内容については小欄での紹介を控えるが、10分間のプレゼンの中に主要な取り組みを凝縮した発表が続く。具体例を挙げて語るにはかなり焦点化した発表が求められ、本来ならば最低20分程度の発表時間が求められるところだ。僕自身の経験からいうならば、卒論には学部から次の社会へ向かうための「志」が込められて然るべきと思う。そのような意味で各自が自己の殻を破り、新たに躍動するための鄭重な場である。その主張が強ければ強いほど、概要という骨組みのみならず苦闘の取り組みの実情を話したくなる。縮約や要約できる力も社会で問われているが、徹底的に向き合うという姿勢も卒論に関連しては求めたくなる。オンライン開催はそれはそれで効はあったが、あらためて概要か焦点化具体化かという点では、多くを考えさせられる機会であった。

明日へ翔ぶための卒論として
あくまで電線のように横並びではなく
個々の生きる発露であることを教員は受け止めるべきであろう。


tag :

ゼミ「=苗床」で伸びるために

2021-01-30
「ゼミ」=「Seminar(ゼミナール・独語)」
「seminariumu(ラテン語)=苗床」の意味
若く活き活きとした穂を伸ばすために

1月末日は卒論提出〆切であるとともに、現2年生が3年生からの2年間所属する「ゼミ(研究室)」を決定し届出を提出する期限でもある。この日も「卒論が完成して教務に提出に行きます」と報告に来てくれる学生もいたが、これまでの暗中模索と対話の2年間が思い返されて感慨深かった。自らの卒論が今でも研究の基盤になっているように、大学教員は学生の人生の大きな糧に向き合っているのだとあらためて責務の重大性を思う。ゼミの2年間は学生の思考の方法や傾向にも大きな影響を及ぼし、その後の「生き方」にも少なからず示唆的である。どのような方法で卒論と向き合うかで、どんな教員として現場で働くことになるのかが直結した課題だと思うゆえである。

冒頭に記したように、僕の恩師がよく「ゼミ=ゼミナール」の意味が大切だと話していた。ドイツ語で「ゼミナール」、予備校の名称にも使用される語であるが、語源はラテン語の「セミナリウム」で「苗床」という意味がある。「ゼミ」に参加すれば、種子から芽を出しすくすくと苗として成長していくべき場である。僕自身は恩師のお陰をもって、大学受験も研究への問題意識も多様に成長させてもらった。のみならず「人としていかに生きるか」を考え、その基礎を養う場ではないかと体験的に思う。単に卒論のみならず多様な世界と出逢う機会に繋ぐ、生きるための交流の場でもある。卒論を書き終えたゼミ生との関係性を思うに、そんな成長こそが何よりも嬉しい。

今年も指導教員届に署名・捺印をもらいにくる学生が
選択と出逢いに感謝と使命を思い
若き苗をすくすくと成長させたい。


tag :

窮地は熟考より初動

2020-10-16
緊急事態にどのようにするか?
熟考していては事態に置いていかれる
まずはなんでも動きながら考えていく

物事の前提や枠組みが整わないと動けない人がいる。学部の時にレポートや卒論に向き合った時に、前提となる定義や論の枠組みありきで考えてしまっている自分を発見した。定義や枠組みは、むしろ論の中身の考察により形になってゆくものである。また形式にとらわれるあまり、「序」から先に進めない人も少なくない。小学生が「作文(最近はこの用語を使用しなくなっているが)用紙」を与えられて、書き出しから悩んだり、1・2行で動けなくなるのはよくあることだ。むしろ書くべきは「一番言いたいこと」でよい、もとより文章は言いたいことを書いて、次第に「序→本→結」と構成を組み立てていけばよいはずなのだ。教育実習生も学習指導案の段階で「授業ができない」と悩む様子が観て取れる場合が多い。

先日、NHKBS3の歴史番組「選択」を観ていると、次のような内容に出演する歴史家らがみな賛同していた。「緊急事態に熟考する戦国武将は必ず滅ぶ」というものだ。テーマとして秀吉の「中国大返し」が取り上げられていたが、明智光秀の謀反で織田信長が本能寺に倒れた後、西の山陽方面に出陣していた秀吉が、わずかの時間で大阪に帰還し、謀反者の光秀と対峙する体制を整えたというもの。「緊急事」の初動でまずは動きに動き、行動の中から事態の成り行きを考えていったということだろう。学習でも「理解」が十分でなければ「朗読」ができない、という訳ではない。声に出す行動を繰り返すことで、解釈の「理解」が進むのである。前提・定義・先行を考えようとするのは大切であるが、「今」すべきこと・できることに向き合い、動きながら考えることも忘れないでいたい。

ゼミ卒論指導で嘗ての自分に出逢う
一番書きたいもの・書くべきものから
附属図書館の秋の夕暮れは趣がある


tag :

ゼミの原点を創った卒業生たち

2020-07-19
恩師の命日に
今年はオンラインで集合
みんな家庭を持ちながら各分野で活躍する

修士・博士後期課程でお世話になった指導教授が急逝されて、この日で13年の月日が経った。あまりにも急に危篤となり研究室の仲間から連絡を受け、暑い夏の日に高校の部活動をさておき地下鉄の階段を駆け上がり病院へと走ったあの日は忘れようがない。その年の四月当初、指導教授から電話をいただき大学の講義を代講してもらいたいという依頼をいただいた。教授の専門とする『更級日記』の演習科目と卒論指導をする特殊演習で、その責任の重大さを痛感しつつ精一杯力を尽くして担当した。特に後者の卒論指導の学生たちは、既に3年次から教授を慕って仲良く集まる連中で不慣れな僕をすぐに受け入れてくれた。当初は前期のみで夏合宿から教授が復帰する繋ぎ役のつもりであったが、前述したように先生は帰らぬ人となってしまった。

教授を失った悲しみが癒えぬうちに学生らと夏合宿に行き、平安朝物語の魅力について深夜まで酒を呑んで語り合った。その勢いで後期も活発な卒論発表と議論の連続で、彼らは自分らで対話を拡げて卒論執筆の不安を乗り越えて行った。「大学は自学の場である」とはよく言われることだが、彼らのような姿勢に仕上げることが大学の意義ではないかとさえ思う。指導教授の学生の発言を尊重する姿勢が、彼らのような理想の学生を育てたのだ。それから13年間、毎年この時季になると先生の墓参と偲ぶ会を開いてくれている。今年はコロナ禍にあって、埼玉での墓参は断念、偲ぶ会もオンライン開催となった。各自が幼い子どもらもおり画面上に顔を出したりもして、むしろオンラインが大変に有益だったようにも思う。各自の予定で途中退席も可、最後まで呑んで語り合った僕を含めた男子3名の中では、オンラインなら忘年会もできそうだという話になった。まずは感染拡大が進む首都圏在住の彼らの安全を祈りつつ、宮崎の晴れて来た夜空に指導教授の顔を思い浮かべる宵の口であった。

喋ってなんぼ!何でも対話する雰囲気
その内なる「我」を捕捉する時間でもある
指導教授から継承した「中村ゼミ」の原点たる姿勢である。


tag :

巣立つ鳥の羽ばたくをみるーLINEのたよりに寄せて

2020-07-04
卒業生からの連絡は嬉しい
教員としての苦労や投稿短歌のラジオ紹介など
そしてさらに大学院で学ぶ者たちも

LINEという連絡ツールが普及したことは、様々な功罪があるように思う。10年ほど前であれば学生との連絡はメールであったため、学生側もそれなりの書式と用語で丁寧に相談や依頼を送信してきたものだ。その領域を護ろうとせんがために、LINEは学生たちとしないという選択肢もあるだろう。しかし次第に学生たちの生活様式が大きく変わったのか、メールをしてもなかなか返信が来ないようになった。それがLINEの普及と同時期であるのは自明であった。僕も考えをあらため学生や卒業生とLINEで連絡をするようになった。利点は何といっても、現役学生以上に卒業生と日常的に連絡ができることだ。多くが教職に就いているために、時期をみて激励の言葉や赴任した地域で自然災害があれば安全を問いかける連絡ができる。卒業年次ごとのゼミ生グループLINEもあって、一斉に近況を訪ねることも容易だ。

苦労多き教職の現場におり赴任2〜3年までには、様々に難渋していることも少なくない。僕自身の経験でもそうだが、職場内で相談できる範囲とそうでない範囲が明らかにある。そんな状況でLINEでゼミ生だった頃のように相談をできるのは、大変に意義深いことと思う。先日も卒業生からラジオ「文芸選評」の「イチオシ作品」に投稿短歌が選ばれたという嬉しいニュースが舞い込んだ。学生時代から短歌に目覚め、教職に就いてからも短歌創作を続けている成果があからさまになり、僕としては嬉しい限りである。また大学院に進学した卒業生からは、修士論文に向けた相談を受けた。東京の大学院であるが遠隔講義が続いていることもあって、宮崎に留まり院生生活を続けている。そんな境遇を逆手に取り、宮崎の短歌教育現場をフィールドに研究を進めたいという相談内容であった。こちらも僕としては大歓迎、東京の大学院の指導教授も僕が懇意にしているので、連携ある修論指導に関われて嬉しい限りである。このような状況もLINEというツールがあってこそ垣根を低く展開するものか、などと効用を実感する今日この頃である。

数年前に「短歌県の教員養成」と大学案内に記した
僕が育てたい教員像を叶えてくれる卒業生
自らの指導教授にも卒業後の方が多大にお世話になったことを思いつつ。


tag :

愛好と背離からの志

2020-06-17
教員になろうとした動機は?
「国語」にしようとした要因は?
好きゆえにこの授業では?と背離する心も・・・

教員養成系学部で学生を育てるにあたり、肝要な第一は各自の教育経験を相対化することだと思う。多くの者が小中高校の教育を経験しているが、当然ながらそれは限定された一校で(転校等で複数の場合もあるが)特定の先生からの教育で育って来るわけだ。学習指導要領によって最低限の線は保証されているとはいえ、学級経営も授業方法も出会った先生によって大きく違うのは必然である。となれば自分が経験してきた教育は、一般論の中でどれほどの傾向の位置付けができるかを知る必要がある。だが入学してくる学生に対応すると、自分の教育経験の中にある授業方法などが当然であると捉え、非常に強い固定観念として根付いていることに気づかされる。こうした意味において、この国の「教育効果」は非常に定着率が高いことにもなろう。

ゼミで3年生の課題発掘をしているが(現在はオンライン)、やりたいテーマの中には「(国語)教員志望」の動機などが関係している傾向がある。なぜ「国語が好きなのか?」、大きな動機として素晴らしい「国語の先生」に出逢っている経験があることが少なくない。昨日もそのような話題になって、「僕自身は出会った教員へのアンチテーゼで生きてきた」ような趣旨を学生たちに話した。素晴らしい先生にも出逢ったが、一方で「この授業は改善しなければなるまい」という志を起動させる教員ともたくさん出会ってしまった。それは教員になってからも続き、同僚の教員の授業への姿勢を見るに、一般的な通念から改善しなければ「国語教育の未来」は暗いと思うことがしばしばであった。それゆえに現職教員をしながら大学院へ入学し、研究の道を志たところがある。この日は多くのゼミ生の多くが「暗記・暗唱」を強いる学習活動に大きな嫌悪感を抱いていることがわかった。だがそれは「目的や方法」を改善し学習者の主体性を重視すれば、反転して有効な方法へ可能性を開く。(「日本語で遊ぼう」などの教育番組は有効であったという意見も複数)特に『百人一首』などの和歌の場合、身体化・音声化を繰り返すことで「やまとことば」の美しさを存分に味わうことができる。「目的・方法・効果」について学習者に明示しない授業は、指導者自身もそれが理解できていないことも多い。ゆえに「自分の経験」のみで「音声化」を嫌悪していてはならないということである。

高校の授業から背離したい経験
「反面教師」あっての僕の研究への道
みんなが「正解」の授業をできるわけではないことは心得ておくべき。


tag :

仕方なくで思考停止しないー卒業生の言葉

2020-05-29
対面講義をする効用は何か?
遠隔講義にも多々利点あり
卒業生との交流で教えられること

緊急事態宣言の解除という状況を受けて、大学では「原則遠隔講義」を継続しつつ対面講義を今後はいかに融合して再開していくかという議論を進めることになった。3月以降、じっくりと考える間も無く「走りながら」という感覚で遠隔講義に移行する対応を進め、講義を開始して3週間ほどが経過した。巷間でも自粛を余儀なくされていた商業施設や飲食店の再開、しかし報道に拠れば簡単に客足が戻るわけでもないという嘆きも聞かれる。さらに九州圏内では北九州市でさらなる多くの感染者が確認され、同市内に所在する大学では6月からは対面講義実施を決めていたが、やむなく遠隔講義を延長せざるを得ない決定を下したことも知った。公の言う「解除」「収束させた」「抑え込んだ」という文言をわれわれ巷間の民も精神的に求めてはいるのだが、決して実態は気の抜けない状況が依然として身近にあることを忘れてはなるまい。個々人が、今も眼の前にある感染危機に向き合う姿勢を崩すべきではあるまい。

宮崎に赴任する以前に母校で非常勤講師をしていた折、指導教授の代講で卒業論文を指導した学生たちがいる。既に卒業して干支で一回りの年月が経過するが、毎年7月の指導教授の命日に合わせ、墓参と懇親の会を開催している。今年はいかにするかとグループラインの気の利いた便りが届いた。結論として各自が無理をしないためと、先の状況は見えないこともあり、「リモート飲み会」にしようという結論になった。各自各様の職業に就き家庭も持って意識の高い市民として暮らしている彼らの姿には僕自身の学びも多く、母校の偉大さの恩恵だと思うことがある。今回のLINEのやり取りからもまた、僕自身が刺激を受けた内容がいくつもあった。特に遠隔講義への取り組みや学部の方向性の決定に苦労しているという僕の発言に対して、「遠隔だと対面みたいな授業はできない!と思考停止に陥っている」場合があることを指摘して、状況に即応し自らの講義のあり方を見直す機会にすることが肝要ではないかというLINE会話の流れになった。コロナ禍の中にあっても、過去を省みつつ未来を進取に模索する姿勢、彼らは卒論指導の中で常にそのような徹底した対話を繰り返していた。時にぶつかり合いながら、とことん絡まった糸を解こうとする。この卒論指導のあり方は、僕自身の大学教員の原点である。今回もすっかり僕が励まされ、あらためて卒業生に感謝する機会となった。

思考停止しないために
「走りながら」も理性を失わないこと
「仕方ない」のではない、新たな時代に生きているだけである。


tag :

だから教育は対面なのさ

2020-05-13
「対面性・ライブ性でしか伝えられないもの」
オンラインゼミで「対面性」なき対話にて
なぜ「学校」にライブ性は必要なのか?

遠隔授業がはじまり2日目、オンライン同時双方向の会議システムを使用しゼミを実施した。連休中に「オンライン新歓」と称し宵のうちに各自の家で約2時間ほど、新たにメンバーに加わった3年生3名の歓迎会を実施した。メンバーでシステムで対話するのは2度目となる。前回よりはだいぶ慣れた感はあるものの、システムで話すにはそれなりの制約がありコツが必要になる。我々の年代からすると、若い学生たちはネット環境にも慣れていると思いがちであるが、どうやらそうでもないらしい。長きにわたる「家にいよう」という状況も相まって、平板で立体性がなくアイコンタクトもできず香りもない画面上の対話には、少なからずストレスを感じているようである。ゼミではこの現在われわれが抱え込んだ問題そのものを、文学・コミュニケーションや国語教育の視点からの対話を行なった。

「人という字は人と人が支え合っている」と云う、嘗て「金八先生」が言っていたことが思い出されるが、「学校」には授業で学ぶ内容のみならぬ「人間」として「対面」することにこそに意味がある。休校の小学生の多くが「早く学校に行きたい」と言うのも、本能的に「対面」の身体感覚を求めているのである。「当たり前」であった「対面性」が剥奪されたいま、ようやくわれわれはそのありがたさに気づいたのかもしれない。オンラインシステムになると、対面ゼミよりも個々の発言に注目が集まる。だが参加者個別同士の「小さな対話(身体性を含めた)」はすることができず、議論は一定の方向にまで行くのだが、煮詰まり感まではいかないもどかしさがある。あらためて「話す聞く」の重要性についてもゼミ生から指摘があったが、「対面性」に依存し甘えて、われわれは「音声言語」を疎かにしていたのかもしれない。ラジオ放送のスポーツ中継アナウンサーは高度な伝達能力があり、言語とコミュニケーションの問題を考えさせられる。音楽の「ライブ性」を含めて、僕たちが希求している大切なものを再考すべき時なのだろう。

帰宅して妻とのかけがえのない究極のライブ性・対面性
結婚1周年を、さながら家をレストランのように仕立ててくれて
妻と「生きる(Live)」ということの幸せ


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>