FC2ブログ

ゼミの原点を創った卒業生たち

2020-07-19
恩師の命日に
今年はオンラインで集合
みんな家庭を持ちながら各分野で活躍する

修士・博士後期課程でお世話になった指導教授が急逝されて、この日で13年の月日が経った。あまりにも急に危篤となり研究室の仲間から連絡を受け、暑い夏の日に高校の部活動をさておき地下鉄の階段を駆け上がり病院へと走ったあの日は忘れようがない。その年の四月当初、指導教授から電話をいただき大学の講義を代講してもらいたいという依頼をいただいた。教授の専門とする『更級日記』の演習科目と卒論指導をする特殊演習で、その責任の重大さを痛感しつつ精一杯力を尽くして担当した。特に後者の卒論指導の学生たちは、既に3年次から教授を慕って仲良く集まる連中で不慣れな僕をすぐに受け入れてくれた。当初は前期のみで夏合宿から教授が復帰する繋ぎ役のつもりであったが、前述したように先生は帰らぬ人となってしまった。

教授を失った悲しみが癒えぬうちに学生らと夏合宿に行き、平安朝物語の魅力について深夜まで酒を呑んで語り合った。その勢いで後期も活発な卒論発表と議論の連続で、彼らは自分らで対話を拡げて卒論執筆の不安を乗り越えて行った。「大学は自学の場である」とはよく言われることだが、彼らのような姿勢に仕上げることが大学の意義ではないかとさえ思う。指導教授の学生の発言を尊重する姿勢が、彼らのような理想の学生を育てたのだ。それから13年間、毎年この時季になると先生の墓参と偲ぶ会を開いてくれている。今年はコロナ禍にあって、埼玉での墓参は断念、偲ぶ会もオンライン開催となった。各自が幼い子どもらもおり画面上に顔を出したりもして、むしろオンラインが大変に有益だったようにも思う。各自の予定で途中退席も可、最後まで呑んで語り合った僕を含めた男子3名の中では、オンラインなら忘年会もできそうだという話になった。まずは感染拡大が進む首都圏在住の彼らの安全を祈りつつ、宮崎の晴れて来た夜空に指導教授の顔を思い浮かべる宵の口であった。

喋ってなんぼ!何でも対話する雰囲気
その内なる「我」を捕捉する時間でもある
指導教授から継承した「中村ゼミ」の原点たる姿勢である。


スポンサーサイト



tag :

巣立つ鳥の羽ばたくをみるーLINEのたよりに寄せて

2020-07-04
卒業生からの連絡は嬉しい
教員としての苦労や投稿短歌のラジオ紹介など
そしてさらに大学院で学ぶ者たちも

LINEという連絡ツールが普及したことは、様々な功罪があるように思う。10年ほど前であれば学生との連絡はメールであったため、学生側もそれなりの書式と用語で丁寧に相談や依頼を送信してきたものだ。その領域を護ろうとせんがために、LINEは学生たちとしないという選択肢もあるだろう。しかし次第に学生たちの生活様式が大きく変わったのか、メールをしてもなかなか返信が来ないようになった。それがLINEの普及と同時期であるのは自明であった。僕も考えをあらため学生や卒業生とLINEで連絡をするようになった。利点は何といっても、現役学生以上に卒業生と日常的に連絡ができることだ。多くが教職に就いているために、時期をみて激励の言葉や赴任した地域で自然災害があれば安全を問いかける連絡ができる。卒業年次ごとのゼミ生グループLINEもあって、一斉に近況を訪ねることも容易だ。

苦労多き教職の現場におり赴任2〜3年までには、様々に難渋していることも少なくない。僕自身の経験でもそうだが、職場内で相談できる範囲とそうでない範囲が明らかにある。そんな状況でLINEでゼミ生だった頃のように相談をできるのは、大変に意義深いことと思う。先日も卒業生からラジオ「文芸選評」の「イチオシ作品」に投稿短歌が選ばれたという嬉しいニュースが舞い込んだ。学生時代から短歌に目覚め、教職に就いてからも短歌創作を続けている成果があからさまになり、僕としては嬉しい限りである。また大学院に進学した卒業生からは、修士論文に向けた相談を受けた。東京の大学院であるが遠隔講義が続いていることもあって、宮崎に留まり院生生活を続けている。そんな境遇を逆手に取り、宮崎の短歌教育現場をフィールドに研究を進めたいという相談内容であった。こちらも僕としては大歓迎、東京の大学院の指導教授も僕が懇意にしているので、連携ある修論指導に関われて嬉しい限りである。このような状況もLINEというツールがあってこそ垣根を低く展開するものか、などと効用を実感する今日この頃である。

数年前に「短歌県の教員養成」と大学案内に記した
僕が育てたい教員像を叶えてくれる卒業生
自らの指導教授にも卒業後の方が多大にお世話になったことを思いつつ。


tag :

愛好と背離からの志

2020-06-17
教員になろうとした動機は?
「国語」にしようとした要因は?
好きゆえにこの授業では?と背離する心も・・・

教員養成系学部で学生を育てるにあたり、肝要な第一は各自の教育経験を相対化することだと思う。多くの者が小中高校の教育を経験しているが、当然ながらそれは限定された一校で(転校等で複数の場合もあるが)特定の先生からの教育で育って来るわけだ。学習指導要領によって最低限の線は保証されているとはいえ、学級経営も授業方法も出会った先生によって大きく違うのは必然である。となれば自分が経験してきた教育は、一般論の中でどれほどの傾向の位置付けができるかを知る必要がある。だが入学してくる学生に対応すると、自分の教育経験の中にある授業方法などが当然であると捉え、非常に強い固定観念として根付いていることに気づかされる。こうした意味において、この国の「教育効果」は非常に定着率が高いことにもなろう。

ゼミで3年生の課題発掘をしているが(現在はオンライン)、やりたいテーマの中には「(国語)教員志望」の動機などが関係している傾向がある。なぜ「国語が好きなのか?」、大きな動機として素晴らしい「国語の先生」に出逢っている経験があることが少なくない。昨日もそのような話題になって、「僕自身は出会った教員へのアンチテーゼで生きてきた」ような趣旨を学生たちに話した。素晴らしい先生にも出逢ったが、一方で「この授業は改善しなければなるまい」という志を起動させる教員ともたくさん出会ってしまった。それは教員になってからも続き、同僚の教員の授業への姿勢を見るに、一般的な通念から改善しなければ「国語教育の未来」は暗いと思うことがしばしばであった。それゆえに現職教員をしながら大学院へ入学し、研究の道を志たところがある。この日は多くのゼミ生の多くが「暗記・暗唱」を強いる学習活動に大きな嫌悪感を抱いていることがわかった。だがそれは「目的や方法」を改善し学習者の主体性を重視すれば、反転して有効な方法へ可能性を開く。(「日本語で遊ぼう」などの教育番組は有効であったという意見も複数)特に『百人一首』などの和歌の場合、身体化・音声化を繰り返すことで「やまとことば」の美しさを存分に味わうことができる。「目的・方法・効果」について学習者に明示しない授業は、指導者自身もそれが理解できていないことも多い。ゆえに「自分の経験」のみで「音声化」を嫌悪していてはならないということである。

高校の授業から背離したい経験
「反面教師」あっての僕の研究への道
みんなが「正解」の授業をできるわけではないことは心得ておくべき。


tag :

仕方なくで思考停止しないー卒業生の言葉

2020-05-29
対面講義をする効用は何か?
遠隔講義にも多々利点あり
卒業生との交流で教えられること

緊急事態宣言の解除という状況を受けて、大学では「原則遠隔講義」を継続しつつ対面講義を今後はいかに融合して再開していくかという議論を進めることになった。3月以降、じっくりと考える間も無く「走りながら」という感覚で遠隔講義に移行する対応を進め、講義を開始して3週間ほどが経過した。巷間でも自粛を余儀なくされていた商業施設や飲食店の再開、しかし報道に拠れば簡単に客足が戻るわけでもないという嘆きも聞かれる。さらに九州圏内では北九州市でさらなる多くの感染者が確認され、同市内に所在する大学では6月からは対面講義実施を決めていたが、やむなく遠隔講義を延長せざるを得ない決定を下したことも知った。公の言う「解除」「収束させた」「抑え込んだ」という文言をわれわれ巷間の民も精神的に求めてはいるのだが、決して実態は気の抜けない状況が依然として身近にあることを忘れてはなるまい。個々人が、今も眼の前にある感染危機に向き合う姿勢を崩すべきではあるまい。

宮崎に赴任する以前に母校で非常勤講師をしていた折、指導教授の代講で卒業論文を指導した学生たちがいる。既に卒業して干支で一回りの年月が経過するが、毎年7月の指導教授の命日に合わせ、墓参と懇親の会を開催している。今年はいかにするかとグループラインの気の利いた便りが届いた。結論として各自が無理をしないためと、先の状況は見えないこともあり、「リモート飲み会」にしようという結論になった。各自各様の職業に就き家庭も持って意識の高い市民として暮らしている彼らの姿には僕自身の学びも多く、母校の偉大さの恩恵だと思うことがある。今回のLINEのやり取りからもまた、僕自身が刺激を受けた内容がいくつもあった。特に遠隔講義への取り組みや学部の方向性の決定に苦労しているという僕の発言に対して、「遠隔だと対面みたいな授業はできない!と思考停止に陥っている」場合があることを指摘して、状況に即応し自らの講義のあり方を見直す機会にすることが肝要ではないかというLINE会話の流れになった。コロナ禍の中にあっても、過去を省みつつ未来を進取に模索する姿勢、彼らは卒論指導の中で常にそのような徹底した対話を繰り返していた。時にぶつかり合いながら、とことん絡まった糸を解こうとする。この卒論指導のあり方は、僕自身の大学教員の原点である。今回もすっかり僕が励まされ、あらためて卒業生に感謝する機会となった。

思考停止しないために
「走りながら」も理性を失わないこと
「仕方ない」のではない、新たな時代に生きているだけである。


tag :

だから教育は対面なのさ

2020-05-13
「対面性・ライブ性でしか伝えられないもの」
オンラインゼミで「対面性」なき対話にて
なぜ「学校」にライブ性は必要なのか?

遠隔授業がはじまり2日目、オンライン同時双方向の会議システムを使用しゼミを実施した。連休中に「オンライン新歓」と称し宵のうちに各自の家で約2時間ほど、新たにメンバーに加わった3年生3名の歓迎会を実施した。メンバーでシステムで対話するのは2度目となる。前回よりはだいぶ慣れた感はあるものの、システムで話すにはそれなりの制約がありコツが必要になる。我々の年代からすると、若い学生たちはネット環境にも慣れていると思いがちであるが、どうやらそうでもないらしい。長きにわたる「家にいよう」という状況も相まって、平板で立体性がなくアイコンタクトもできず香りもない画面上の対話には、少なからずストレスを感じているようである。ゼミではこの現在われわれが抱え込んだ問題そのものを、文学・コミュニケーションや国語教育の視点からの対話を行なった。

「人という字は人と人が支え合っている」と云う、嘗て「金八先生」が言っていたことが思い出されるが、「学校」には授業で学ぶ内容のみならぬ「人間」として「対面」することにこそに意味がある。休校の小学生の多くが「早く学校に行きたい」と言うのも、本能的に「対面」の身体感覚を求めているのである。「当たり前」であった「対面性」が剥奪されたいま、ようやくわれわれはそのありがたさに気づいたのかもしれない。オンラインシステムになると、対面ゼミよりも個々の発言に注目が集まる。だが参加者個別同士の「小さな対話(身体性を含めた)」はすることができず、議論は一定の方向にまで行くのだが、煮詰まり感まではいかないもどかしさがある。あらためて「話す聞く」の重要性についてもゼミ生から指摘があったが、「対面性」に依存し甘えて、われわれは「音声言語」を疎かにしていたのかもしれない。ラジオ放送のスポーツ中継アナウンサーは高度な伝達能力があり、言語とコミュニケーションの問題を考えさせられる。音楽の「ライブ性」を含めて、僕たちが希求している大切なものを再考すべき時なのだろう。

帰宅して妻とのかけがえのない究極のライブ性・対面性
結婚1周年を、さながら家をレストランのように仕立ててくれて
妻と「生きる(Live)」ということの幸せ


tag :

オンライン新歓の宵

2020-05-05
オリエンテーションで面談して以来
オンラインも整い遠隔による3年生の新歓
自宅の壁を背景にゼミ生たちと語り合う

3月の卒業式前後から、ほぼ途絶えることなく大学の新型コロナ対応に全精力で向き合って来たので、ゼミ生の「今」になかなか声を掛けてあげることができないでいた。もとより僕ら大学教員は、研究・教育・管理運営・地域貢献の4本柱を偏ることなくというのが理想であろう。だが時と状況に応じて各方面に波が出てしまうのも、人間としていた仕方ないとも思う。とはいえ中高現職教員の経験が長い僕にとって、やはり第一義に置きたいのは「学生」である。こうした意味では、大学学部全体の対応に向き合うのも、個々の「学生」らのためと自分に言い聞かせている。大学授業が始まるに始まらない状況下で、ゼミ生たちは健康に留意した生活をし、どんな不安を抱えて過ごしているか?この日は、オンラインで各自の家で新入3年生の「新歓」を開催した。

時間になると僕が作成している「(オンライン)パーソナル会議室」に、次々とゼミ生たちの画面が起ち現れて来た。通信状態などにも支障はなく、各自の発言も聞き取りやすい。何よりは全員が元気で顔を覗かせてくれたのは、この上なく嬉しい瞬間であった。今までの日常であれば、至近の焼肉店などで新3年生の歓迎会などを行っていたのだが、あらためて共通な環境に身体を置くことの重要さも感じることになった。オンラインは最初ということもあり、3年生はまだメンバーになったばかりで、飲み物・食べ物を嗜みながらという雰囲気には成りづらかったようだ。会話の話題もある一人が発言した内容に焦点化され、2人のみの対話とか総員6人が個別グループ化はしづらい。常に自らの至近からの映像を全員がPC画面で見ている訳で、会の最中にも「欠伸とかできないね」というゼミ生の発言もあった。感触としては、常に各自が発言の如何を問わず「出演」しているといった趣きである。それだけに対面の焼肉店での会とは異なり、親しみの度合はやや低めとならざるを得ない。約2時間、何はともあれ「話せる」ゼミの輪があることを全員が確かめられたことは、大変に有意義な時間であった。

事務的・建前的・仮面的な趣き
時間概念なども変質するような
「人間」として何が重要なのかをあらためて考えている。


tag :

現場で生きるちから

2020-02-08
思うことは徹底して吐き出し対話する
自分の考え方に信念と自信を
ゼミ発現場で生きるちから

全国的な傾向として、小学校を中心とした教員不足が顕である。各都道府県の採用募集人数はかなり多く、ここ数年間がピークを迎えている統計上の数字だ。臨時講師の人材も不足しており、退職者を再び現場に引き戻す動きも少なくない。このような現状から地域に貢献する国立大学法人教員養成系学部の責務は自ずと重いものがある。端的にいえば「採用試験に合格する教育」をする役割ではなく、「即戦力で現場で活躍できる教員」を養成する大きな使命を背負うことになっている。そこで考えるのは、「即戦力」とは何か?という問題意識だ。プロスポーツであれば、「技術・体力・適応・持久」などの総合的なちからでシーズンを乗り切り結果の出せる存在ということになろうか。スポーツのように「自由契約」の道があるわけではない教職において、「プロ」とは何かと考える。

この3月で教員養成学部に就任して丸7年となる。ゼミの卒業生は宮崎県を始めいくつかの県で、小中高いずれかの教員に就職した者が大半である。大切なのは自立して羽ばたいてくれているかを考えるとともに、学部のゼミで学んだ諸事がいかに現場で生きているかを知ることであると思う。単に「国語の授業」ができるのみならず、様々な人間同士の対応力、つまり社会性が教員にとって大きなちからであるという僕自身の信念は常に揺るがない。よって学部在籍時には「何の役に立つのか」わからない、いや「分かるはずがない」体験を多く施すように心がけている。そこに対話して自分自身の存在を示し、融和しながら主張できるちからが育つように思う。予定調和な建前の教員養成ではなく、学部時代のあらゆる経験を通した「学び」を自らのちからとして現場で生かしているか。卒業生との対話は、常に僕自身の養成の在り方が「プロ」であるかどうか?を問い返して来る。

卒業してからの付き合いこそ
待った無しで問われている養成
卒業生はいつまでもゼミの一員として、これからもよろしく。


tag :

中村学校の教師たち

2019-12-28
ゼミ卒業生の忘年会
「このメンバーで学校を創ったら・・・」
現場でも人間性豊かな教師たちよ

大学も仕事納め、役職上の勤務時間があるので研究室で雑事を終わらせ、読みたい書物に目など通す閑かな時間を過ごすことができた。大学での時間は、この10月から特に常に動いているようで心静かになることも稀になっていた。だが、自己の中で落ち着く時間を創らねばならないと、こういう日には思い直すものだ。夜はゼミの卒業生たちが市内で集う忘年会を開き、その席に楽しみに出向いた。就任7年目ゆえに初年度の3年生から数えて今年の4年生で6代目、卒業後はほとんどが現場で小中高の教員をしている。出身県に帰って教員になった者もいるが、この日に集まることができたのは10名ほど。他県出身者でも宮崎に教員として残った者もいて、宮崎愛に満ち溢れたメンバーであると自負できる。

宴席で話題が展開するうちに、「このメンバーで中村学校を創ったらどうなるかな」と云う者がいた。中高の専科教員はどうするか(全員が中高免許は「国語」であるから)という現実的な問題はさておき、同じ苗床で育った者同士が教育現場を構成したら、さぞ連携の取れた学校になるだろうなどと楽しい想像ができた。話題は展開し「教師の人間性」について語り合うことに。僕自身が目指している教育のあり方として、「教師」こそが「人間性」「社会性」に長けているべきだという信念を持っている。ありがたいことに、ゼミを卒業した者たちの多くがこの意識が高いことに、この宴席の場で気づくことができた。ただ教員免許を取らせ、教師としての資質だけを養成するのみならず。大学生活はまさに生涯の「人間性」を涵養する場として、貴重な「苗床(「ゼミ」というドイツ語のラテン語の語源)」であることを、あらためて肝に銘じる宵の口であった。

「誰が教頭か主任か」などの想像も
彼らの力で宮崎の教育を変えて行け
この素晴らしき教師たちとのありがたき出逢いに感謝。


tag :

大学生を社会へ送るために

2019-10-18
昔より校種が少しずつ後ろへ
選挙権もあり運転免許など規定の年齢に
大学生を社会人として送り出すために・・・

昨今は「大学にも保護者会があるんです」と友人に伝えると、いたく驚かれた。どの世代頃までの感覚なのだろうか?大学生にもなれば親離れして、息子・娘の立場から入学式や卒業式をはじめとして「大学には来るな」と言った立場で親に告げるのが一般的な時代もあった。だが今や大学入試でも「保護者控室」の容積もそれなりの大きさが必要であり、入学式・卒業式ともなれば兄弟姉妹や祖父祖母をはじめとして家族全員で来場する姿も珍しくはない。ある意味で世代間の繋がりを見る気がして意義も感じながら、社会人への扉となる大学ではどのような意識に育てるべきかと考えることもある。少なくとも就職し教員などになり初出勤する際には、保護者が同伴することはないだろうに・・・

高校生は昔の中学生のように、大学生は高校生のようになった、という見方をする年配の方の話を聞くことがよくあるように思う。「18歳選挙権」となった今、その投票率の問題などとも関連があるかもしれない。ゼミ生を指導していて思うのは、教員採用試験の合否も「他に依存しない自立した意識」を持てるや否やが、大きな境界ではないかと思う。端的に言えば「自分で生きていく」という意識である。それはもちろん他者の立場を慮り、自らの言動を客観的に観ることができる視点が育っているということでもある。いつの時代も年代論として、年配のものは若者を頼りなく変質したものと観てきたのかもしれない。こんなことを考えつつ、単に職業的に就職を叶えるだけが大学としての責務ではないことを、心に刻んでおきたいように思う。

「大人」とは何か?
子どもたちに向き合う教員として
東アジアや欧米とも比較して多視点で考えてみたいと思っている。


tag :

何であるかより、どう生きるか

2019-10-01
生きるのは職業のため
否、どう生きたいかを叶える場所や仕事を
新しい1年間を生きていく

職業選択もまた「どう生きたいか」ということも、簡単には判るものではない。過去と違って生涯一職業という社会的通念もだいぶう薄くなって来た。「脱サラ」などという語彙で特に強調せずとも、自ら独立したり自ら学び直したり生き方は自由である。教員採用試験の年齢制限も撤廃され、現在は多くの地方自治体で何歳からでも教員への道が開かれている。もちろん、大学学部や大学院の社会人入学も一般的である。こうした意味で、広い視野を持って社会的にも柔軟な思考の教員がもっと増えてもよい。安定や楽チンを求めるのが教員にあらず、自らが「どう生きたいか」をいつも模索している意志が大切ではないか。

卒論の中間発表会が国語教育講座で実施された。今期4年のゼミ生は9名。前期の間に模索して来た卒論テーマをプレゼン形式で発表し、同学年の他のゼミや後輩3年生たちとの対話して新たな発見を求める時間だ。卒論は、単に大学卒業のための「単位」ではないと思う。まさにその取り組み方にこそ、「生き方」が表れるのではないか。何にどうのような問題意識を持つか?それをどのような方法で解決していくのか?どのぐらいの精度と緻密な分析ができるか?そしてテーマに「生きた情熱」はあるか?教員や社会人となって「どう役立つか?」も大切であるが、小さくまとまる必要もあるまい。「役立つ」かどうかではなく、どんな状況・事態にも対応できる「生き方」を身につけるための過程であるように思う。

社会へ送り出す最後の砦
二十数年間の自分をそこに載せる
僕自身も今日から、新たな「どう生きるか」が問われ始める。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>