自立する三十一文字の育てるは

2017-11-01
ゼミでの課題対話
大学院における対話演習
そして宮崎大学短歌会が育むもの


怒涛の10月も晦日を迎えた。最終日にふさわしく、ゼミから大学院講義に短歌会まで、学生たちと語り合う時間が続いた。思考をうちに閉じ込めず、頭の中にあることは表現して他者の前に晒してこそ、自己の言動が確立していく。この自明なことを思いのほか実行しないでいる人々が、最近多くいるように思う。自己完結、否、完結さえもしていなにのに、己の土俵の中でだけ相撲を取り凝り固まる。さすれば思考は凝固し偏り、寛大さを失い己の利害を指標とする言動に陥る。弱点を指摘されることを忌避し、言動に瑕疵があれば言い訳ばかりが口をついて出てくるようになる。こうした傾向を持てば将来、教育現場や社会に出た折に、児童・生徒や顧客対応において大きな過失に繋がる可能性があるだろう。学生時代こそ失敗を恐れず自らを他者に晒して、真摯に自立する姿勢に向かうことが肝要だ。

こうしたことを考えると、短歌会の活動はその分野の開拓のみならず、上記のような自己開拓にも有効だと常々思っている。己の心と向き合いその機微を拾って表現し、他者からの批評を受けて自らをより掘り下げて深く理解していく。頼るものは三十一文字の一行の自立のみであり、言い訳はなしであるのが前提である。出詠したすべての歌が公平な土俵の上で、無記名ゆえもあるが忌憚なき意見が浴びせかけられる。そこに妥協や偏向もなく、ただただその歌をどのように読むか、そしてどうしたらさらによい歌になるか、といった前向きな対話の場となる。文学が人間性を涵養するとするならば、歌ほど有効に作用するものはないようにも思えてくる。幸い宮崎大学短歌会の学生たちは実に前向きである。未だ結成して1年に満たないが、11月の大学祭で教室を借りて会誌などを閲覧・配布するスペースを設けるよう動き始めている。閉鎖的になりがちな昨今の社会環境の中で、誠によい学生たちと巡り会えたと思っている。

自己表現と対話
どのように学生が成長するか
理屈と言い訳抜きの現場に大学教員として立ち続けたいと思う。


スポンサーサイト
tag :

ありがたきはただゼミ生の信

2017-10-25
伊藤一彦先生短歌日記(ふらんす堂)
「宮大の男女の学生が仕事をきびきびこなしているのが・・・」
誠にありがたきお褒めの言葉

子を見れば親がわかる、などと世間では言われる。長年、中高の教員をしてきた僕にとっては誠に深い実感がある。「子」は「親子」のみならず、たぶん「学校」では「子を見れば担任(担当)がわかる」であろうし、「会社」では「社員を見れば社長がわかる」なのであろう。当方は学会大会開催に集中していたが、「党員を見れば党首がわかる」のもまた然り。党員の信を得られない党首は戦略も誤り、党員たちが離れて独立したりもする。やや迂遠をしたが、となれば「ゼミ生を見れば指導教授がわかる」ということにもなろうか。冒頭に伊藤一彦先生の短歌日記の趣旨を一部紹介したが、誠に過分なお褒めの言葉をいただいたと思っている。そしてこの日は、伊藤先生からお電話までいただき、そこでもまた「ゼミ生」たちの仕事ぶりをお褒めいただいた。

赴任5年目、ゼミ生が有意義な学生生活を送るにはどうしたらよいか?と様々に模索してきた日々であった。「ゼミ」たるや週1回全員が集まって卒論を始めとする中間発表を繰り返すのが基盤である。まずはその場で学年を超えて忌憚なく意見を言い合える環境を創ることが重要だと考えてきた。「意見を言わないのは発表者に失礼」を合言葉に、ゼミ内をさらに2分割3分割した小グループで対話の練習をする。そこで得られた積極性は、そのまま採用試験の面接や集団討論に活かされる。さらには、僕自身が関わる様々な行事に参加してもらうことである。学内のみに留まらず、地域社会の様々な方々と交流する機会を積極的に設ける。大学近隣の小学校2校へは週1回朝の読み聞かせに足繁く通う学生たちがいる。市内で開催される歌会に参加する学生もいる。また県立芸術劇場との連携事業では、出演や裏方を存分にこなしてくれた学生たちがいた。そんな「現場」で培われた人間性が、この度の和歌文学会大会の運営委員として発揮されたように思う。同窓の先輩からは「懇親会の司会を学部生がやるのは前代未聞」などとも、また研究者仲間からは「私も宮大に赴任したい」と言う人も。2次会も含めてこれほど学会の先生方と親密に接した学部生は、僕も今まであまり見たことはない。

学会荷物の残りを再び研究室へ
そしてこの日のゼミは、この運営についての対話
教員志望のゼミ生たちは将来、学校行事で子どもたちから深く信頼される教師になると確信した。

tag :

研究室はいま倉庫なり

2017-10-19
和歌文学会第63回大会資料など
会員配布用の封入も完了して
デスク以外今はただ倉庫のごとし

研究室の機能とは何か?もちろん自らの研究をする書斎、研究対象の資料の保管庫、ゼミ生が研究課題を対話し思案する学びの場、広く多くの学生たちと対話する交流の場、概ねそんな風に日常から考えている。やはり論文や評論を書くには、その場でそのPCによって行いたいし、大型本資料を始め研究に必要な書籍の多くがそこにある。だがぞれは自宅の書斎とも兼ねられることであるが、代え難きものは学生との交流の場であるということだ。自らの学生時代を振り返ってもやはり恩師の研究室での交流から学ぶことが多かった。それを継承したいという意志が大きいせいか、なるべく学生たちが対話しやすい環境を創ることを日頃から心掛けている。こうした意味で中心たる長机には物品を置くこともなく、常時ゼミ生の人数ぐらいで対話活動ができる空間として活用している。

だが、この研究室を使用し始めて5年目、いまは初めて特別に物品倉庫と化している。それも今週末の学会で必要な配布資料から何から、すべてを研究室に格納しているからである。長机上には会員に配布する大切な資料を順列になったまま並べてあり、予備資料を含め他には掲示物、文房具、ファイルなどと必要な物が山積である。しかしよくこれだけ格納できたものだと、あらためて研究室の面積がそれなりにあることを実感している。まあ常時10名ぐらいで対話できる空間であるゆえ、こうした用途に使用した際に違った見方ができるのも面白い。その研究室の状態同様に、どうも大学関連のことに手が回らない状態が続いている。もちろん講義は学生たちのためにベストにこなしているが、どうも事務的な作業などが滞ってしまっている。それもこの週末まで。一生に一度の経験として、ご容赦願えればと思っている次第である。

開催まであと2日間となった
準備も大詰めを迎えている
腹を据えて多くの会員のために力を尽くすのみである。


tag :

作業要領を学ぶこと

2017-09-05
800部に近い書類の封筒詰め
折り込み詰め込み確かめ封を閉じる
いよいよ和歌文学会大会案内の発送へ

1週間近く宮崎を不在にする前に最終校正を終えて、その間に印刷業者の方が懇切丁寧に案内書類や封書を仕上げてくれていた。この日は昼からゼミ生たちを研究室に集め、封入作業を開始した。800部近い部数の書類が物理的にどの程度のものになるか、作業はどの程度の時間を要するか、いずれもそれなりに想像力を働かせても、体験のないものは実感が持てないものである。夕方に郵便局が集荷に来るまでに、いかに作業を完了させるか。ゼミ生ともども物理的にも精神的にも、聊か過酷な作業がしばらくは続いた。当初は様々な話題に触れながら作業をしていたが、次第に無言になっていく。内容物が確実に封入されているか、点検をしながら先の見えない作業が続く。

学校の教員というのは、日常的にこうした作業をこなす必要がある。試験問題の折り込みから保護者会資料等々、部数は担当学級数とか学級の人数分ながら、やはり時間内に完了できる「作業スキル」が求められる。「国語」担当の場合は特に「問題文」で紙幅を多くとるので、試験の折り込み作業は他教科よりも困難な場合が多い。だいたい「国語」と「英語」が試験問題の枚数が一番多く、数学はたいてい一枚物であることが多いものだ。作業時間という意味では、問題の物理的分量がそのまま採点に要する時間に比例する。職員室で夜遅くまで採点している教員は、国語か英語だという思い出がある。現場の話はともかく、ゼミ生たちも次第に封入作業の要領を心得てきて、後半はペースがかなり上がった様子が伺えた。どうやら僕自身が予想した時間に違うことなく、作業は無事に完了した。

疲労感を抱えてまた近所の公共温泉へ
よく会う初老の方が、どのように温浴するのが身体によいかと語りかける
動作・作業・生活の所作にも適切な「要領」があるものだと温もりながら考えた。
tag :

宮崎で育ったちから

2017-08-30

首都圏で活躍する卒業生たち
社会の荒波に揉まれながらも
宮崎で学んだ力と仲間たちの思い出

非常勤先の集中講義のために上京。先月、別件でメールをもらっていた卒業生が、他のもう一人の卒業生にも連絡をつけてくれて、宮崎における二人の教え子たちと東京で再会した。赴任して講義やゼミなどを担当し2期目にあたる彼らが、現実社会に巣立っている話を聞くのは、何事にも代え難く教師冥利に尽きる。一人は中学校教員として現場の教壇に立ち、夏休み中も部活指導が多く陽に焼けた表情が凛々しい。もう一人は出版社勤務で教科書を編集しており、様々に苦労はありながらも、子どもたちが学校でその教科書で学ぶ姿に希望を見出し日々の仕事に勤しんでいる。いずれも「教育」「人」「文学」に深く関わりながら社会人となっている姿を見るのは、誠に嬉しい思いであった。

二人の近況を聞きつつも、こちらからは宮崎の後輩たちの様子や大学の変化など、四方山話に花が咲く。二人が口々に言うのは「宮崎に行きたい」という思いであった。母校というのはそういうものであるが、「大学」のみならず「宮崎に」と言うあたりが特長ではないかと思えた。首都圏に来てからも二人は居酒屋へ、「地鶏炭火焼」とか「宮崎銘柄焼酎」などを食べに行くことがあるのだと云う。少なくとも東京の大学で学んだ者が、卒業後に東京の郷土料理を食べたいなどという思いを持つことなど皆無ではないか。もとより東京の郷土料理とは何か?卒業生たちが大学のキャンパスと同様な価値で「宮崎の海が見たい」というようなことを言うのは、まさに二人を四年間育てたのは、大学であるとともに「土地」なのであるという思いを知った。これこそが地方大学の大きな価値ではないだろうか。

講義やゼミで語ったこと
「ことばと対話を大切に」
そんな姿勢をあらためて卒業生の中に見る時、大きな責務を覚えるのである。
tag :

協働する声・協働で養う力ー高校でこそ表現学習を

2017-08-04
「あなたは自分の声を知っていますか?」
実は誰よりもそれを知らないのかも・・・
ゆえに他者とともに協働する声を出してみよう

今年度になって3回目となる高鍋高校探求コース訪問、今回は夏合宿中の授業にお邪魔した。今回はゼミの4年生を帯同し「詩の群読」に取り組むことで、「よむ」ことへの自覚を高めようという狙いであった。「よむ」という行為は、決して自己完結するものではない。従来の「詩の授業」を考えてみても、教科書の「活字」を一方的に受信しようとするのみで、自ら表現することは少なかったゆえ、定式的で技術的な「よみ」にしか至らず、「詩」を自ら「よみたい」という意欲には至らない場合が多かった。振り返るならば、今回参加してくれたゼミ生たちも、大学に来て僕の企画する「群読」に参加して初めて、「詩を読む」自覚と魅力に覚醒したのだとあらためて考えた。「表現」することで「理解」は促進され、「理解」することで「表現」次元が昇華するというわけである。高校生ともなると、特にこの「表現」学習に対して怠慢にならざるを得ない環境が、いずこの高校でも見られる。それゆえの協働活動の実施である。

概ね上記のような趣旨を高校生に簡潔に話した後、ゼミ生の「詩の群読」を披露。「どんな点に工夫があったか?」や「どんな言葉が印象に残ったか?」を、班ごとに対話してホワイトボードに書き出す。「群読」という「方法(やり方)」を、理論的には「説明」しない。「群読」は「群読」を享受することでしか、その意欲は起動しないと考えるゆえである。その後、詩の「一行目」をゼミ生が読んで、「インスピレーション」を感じた詩に出会ったら、班ごとに自らが群読を創る詩に立候補する。さながら「イントロクイズ」式の「詩の選択」方法である。担当する詩が決まると、30分間で班内活動。まずはどのように4人(3人)の声を配当するかなど、群読の基本構想を机上で考える。15分が経過したら、その成果を実際に「声」にしてみる。「活字」に閉じ込めていたのではわからなかった詩の力と、自分たちの声を出逢わせる。敢えて30分間という限定した時間設定にすることによって、「理解」から「表現」に至る緊張感が生まれる。その後、各班ごとに発表となり、お互いの詩の理解を十分に他者に表現する機会となった。

あらためてゼミ生の群読力に納得
教師とは常にこの「理解」と「表現」作用を自ら実践すべき
「受験」という矮小な学力観から大きく探求し羽ばたいてほしいものである。
tag :

親子と師弟とそれぞれの

2017-07-26
親の中に発見する自己
親身で親和的な師弟関係
いずれにしても話せる間柄でありたい

世間一般でも多いことのように思うが、どうも母親と電話などで話していると苛立ってしまう場合がある。いけないこととは知りながら、ついついそんな状態に陥ることがある。家電品や携帯にWebの扱い方などを説明しなければならない場合などが契機になる。自分はわかっていても、なかなか母親はわからないのであるから、丁寧に説明すればいいものを、電話という声だけのコミニュケーションツールで、こうした説明をするのは、よほど緻密に段階を追って喋る根気が必要だ。こうした契機から苛立ちモードになると、次第に母親の性格・行動の中に自分自身のそれを発見することがある。とりわけ「自分自身としては直そうと思っている部分」であったりすると、なおさら苛立ちが倍増してしまう。心理学的に「親を乗り越える」ことで一人前になるといった考え方があるが、たぶんこれまでの人生で自分自身を改善しようと思った部分を、まさに「性癖」として親のDNAの中に発見すると、その「自分自身」に苛立ってしまう構図がそこにある気がする。

教員採用試験一次も終了し前期末でもあるので、夏のスタミナ焼肉ゼミ会を開いた。(土用丑の日であったが)現4年生とは入学時から指導教員であったこともあり、例年以上に親和的関係にある。自分が大学生だった頃を考えてみれば、指導教授と自由に何でも話せる関係になるには時間を要したように思う。研究室のみならず、こうした会の中で話す機会こそが、その親和性を養う時間である。また卒論テーマの論議のみならず、様々な体験を通してゼミ生が人間的に成長する過程が大切だと実感している。小中高校の様々な現場での機会に連れ出すこと、社会人の方々とともに様々なイベントに参加すること、そこで短歌をはじめとする貴重な世界に生で触れることで、若い力は伸びていく契機を掴む。これは同時に僕自身も、こうした機会に参加することを重視して、様々な人々との交流を大切にすることに他ならない。ゼミ生の姿にどこか自分を発見し、そこに誤りを含めて考え方の傾向を見る。いずれにしても、建前で覆い隠すことのない親身で親和的な関係を築けたらと常々考えている。

向き合う人の中に発見する自分
それこそが相手の立場でものを考える原点でもある
「親身」「親和」とは何か?あらゆる人と人との関係で考えておきたいことだ。

tag :

受け継ぐゼミの志

2017-07-18

自由闊達に発言する
各自が表現して考えを深める
そしてまたよく酒を呑む

大学院の恩師がこの世を去って10年目となった。病のことを知らされてから数ヶ月での急逝、僕たち院生はもとより、学部生で卒論ゼミであった学生たちのショックは甚だ大きかった。その卒論ゼミを急遽代講させていただき、彼らが卒論を提出し卒業するまでを、経験もない僕が担当することになった。5月の連休や夏休み中に、彼らが卒論の題材としている文献を読み漁り、恩師ほどではないまでも、何とか「指導」できるまでの次元に至ろうと死に物狂いで努力したのも、今では懐かしい思い出となった。そして恩師もお呼びしようと計画していた夏合宿。1月の卒論提出を経て、2月には京都に中古文学を巡る卒業旅行も実施した。このあまりに急な経験が、僕のゼミ指導の基本に据えられている。

当時の学生たちとは、恩師の命日であるこの時季に毎年欠かさず会うことにしている。その時間設定やお店の予約など、毎年のことながら彼らの中の女子たちが用意周到にこなしてくれる。また当時からそうであったが、会えば忌憚のない談話が次から次へと展開する。まさに彼らの20代をそのまま、僕も付き合わせてもらった感覚である。ゼミ生の多くは仕事に向き合いながらも家庭を持ち、子育てなどの話題も頻繁に話されるようになった。中古文学を自由闊達に語っていたあの頃と同様に、彼らとの対話から学ぶことも多い。紛れもなく僕自身が今もゼミで求めることは、彼らとの時間を起点としている。

恩師が導く僕自身の定点観測
穏やかな笑顔で今も見守ってくれている
「教育」に携わり人に接するこの上ない幸福の時間。
tag :

盤を反対から見ること

2017-06-28
藤井四段14歳の29連勝
対局の休憩の一場面に
物事の見方について考える

公式戦29連勝の歴代新記録を樹立した最年少棋士藤井四段の活躍がめざましい。こうなると将棋などは年齢ではないのかと、様々な思いが駆け巡る。どのような生育過程で、どのように思考力や想像力を育んできたのか。たぶんそれほど「特別」ではない習慣の積み重ねによって、あの境地に到ったのではと「教育」を考える身としては思いたくなる。将棋のことには明るくないが、その先見性とか戦略性は、小手先の技術や工夫などではきっと養えないと思うからである。些細な「見る」の積み重ねが、どの道にも求められるのではないかと勝手な予想をしている。

TVでその様子が報じられていて目にしたのだが、対局の休憩時に藤井四段は相手側から盤を見ることがあると云う。これは先ごろ引退した加藤一二三名人の「必殺技」でもあると聞く。素人目に見れば「反対側から盤を見たところで何も変わらない」と思うかもしれないが、あれほどの境地に達すると何か違う風景が見えるということだろう。この単純にして素朴な「見る」行為こそが、大きな意味を持つことは、様々な分野でも同じであるようにも思う。著名な文学教材を反対側に立って見て読むということから、新たな視点を見つけ出す興奮に酔い痴れたいと思うのである。

ゼミであらためて読む「ごんぎつね」
定番教材ほど固着した読みになりがち
反対から、いや三百六十度から見ようとする柔軟な思考を持ちたいものである。
tag :

後退か前進か受験勉強

2017-06-06
貴重な体験から学ぶこと
知識を積み上げる地道な勉学
総合的に成長するためには・・・

教育実習期間を終えて、多くの学生が大学に戻ってきた。個々に貴重な現場での体験を通して、また一皮向けた成長が見えることを期待して迎えたい。だが一方で来月に控えた教員採用試験に向けた「受験勉強」に関しては、どうしてもこの2週間は停滞せざるを得ない状況となる。「実習」に関しても精魂込めた授業づくりや学級活動をせねばならず、一方で「受験勉強」も気になるというダブルバインドの渦中で、うまい精神的な均衡が必要なのも事実だろう。だがしかし、特に「就職」が関係した「受験」において、僕は「人間的な総合力」が必要ではないかと常々思うのである。基礎的知識や技能を問う一次試験を通過したとて、二次試験での面接・集団討論・場面指導・模擬授業などではやはり現場での経験がものをいう。それだけに臨時採用講師で現場経験を積んだ人々の方が新卒より強いのも必定である。それだけに新卒学部生が為すべきことは、限られた期間とはいえ「実習」なのではないかと思うのである。

様々な受験熱の高まりが社会慣習化したことで、小中高各校種が「受験予備校化」している現場が多く見受けられる。特に「高等学校」の場合はそれが顕著で、「学力」=「受験の力」という矮小な教育観がはびこっている。小中学校ならまだ各教科で「育てたい力」を意図した授業が展開するものの、地域によってはやはり「高校受験」「私立中学受験」を意識せざるを得ない状況も珍しくはない。もちろん都市部を中心に所謂「お受験」と称した「私立小学校受験」熱も高くなり、ある意味で「異常」とも思える状況も散見される。僕自身も正直なところ「私立中学受験」の体験者であるが、それだけに「受験」中心の学力観に対する抵抗は強い。少なくともその「抵抗」の具現化として、中学高校時代はとことん運動部に所属して青春を謳歌したことを誇りに思える。大学受験前は7月の「国体予選」の試合にまで出場して、担任諸氏は「(高いレベルの)大学などは無理」と諌めたが、その抵抗ある言葉を再び力に変換し、志望大学に現役合格をすることができた。「部活動」あっての「現役合格」であると僕は今でも信じている。

座学では身につかない人間としての力
現場や実体験から学んで一回りもふた回りも大きくなる
4年生には「大きな前進」があったと力強く語りかけてみたい。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>